ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録226 A selfbuilder's note

天皇誕生日が金曜日の3連休。世間ではクリスマスの週末。雨に打たれながら基地への道を自転車で。
b0229636_17534357.jpg

木工用ボンドで固めた格子を一旦枠から外す。枠のホゾ穴と格子の受け側に木工用ボンドを塗って、そこにホゾと格子の端を差し込み、ドア用のPONYクランプで固定。場所によって締め方を適当に変えて、縦横の寸法通りの位置まで締め込んで、止める。たぶん木工用ボンドが乾いたら、寸法が狂っているだろうけど、許容誤差内に収まることを祈って24時間養生。
b0229636_17534406.jpg

ドアに合わせて外枠を作る。ドアと外枠は蝶番で繋がるだけだが、色々と付帯する小細工が必要になる。まず、ドアの厚み分を受けて、ピッタリドアが収まるように、外枠に桟木を入れて、ドアを受ける。この桟木が閉まっている間に、外気をシャットアウトする。上と左右は同じ構造で長さが違うだけ。敷居となる下の板は、桟木と同じ厚みで彫り込み、室内側はスロープに削ってある。
b0229636_17534473.jpg

面取り、サンドペーパー掛けが済んだら仮組みして、サイズ確認。確認が済んだらもう一度バラしてペンキ塗り。建具の許容誤差が構造体の1/3位か?寸法出しに精度が求められる。
b0229636_17534542.jpg

翌日はペンキが乾いてからコーキングの準備。マスキングテープを貼りまくる。
b0229636_17534625.jpg

ドア本体側にもマスキングしてコーキング。外気を遮断するドアには隙間があってはならない。という位目止めしても、漏れはあるもんだ。省エネ住宅を目指して、開口部の目止めは慎重にやる。これが後からの光熱費にかかってくる。
b0229636_17534680.jpg

コーキングが済んだら下穴を明けて、四隅をネジ止め。
b0229636_17534790.jpg

玄関に置いてみて、ガタつきを調べる。
b0229636_17534850.jpg

外枠の幅に合わせて、ダイヤモンドグラインダーでコンクリ面を均し、水平を取る。凄い煤塵。
b0229636_17535030.jpg

コーキングが乾く間に、ドアの取っ手を作る。楢の板材を取った端材からテーブルソーで切り出して、カンナで削る。サンドペーパーを掛けて、丸みを出す。
b0229636_17535024.jpg

サンドペーパーでツルツルにしたら、蜜蝋を荏胡麻油に溶いて、湯煎しながら、手で揉む様に染み込ませる。灰色がかった楢の取っ手が、落ち着いた茶色に仕上がった。玄関ドアに乗せて色味を確認。コーキングも茶にして、全体的な色調の統一が出来て来た。
b0229636_18133759.jpg

こんな感じの仕上がりを考えて、丸く削った桟木の端材に置いてみる。もう少し低い方が出っ張り感が無くて良さそう。ボルトで固定する前に、少しずつ切りながら、操作性との兼ね合いを考えて、決めていこうか。
b0229636_18133891.jpg

コーキングが乾いた様なので、外枠をドアに被せてみる。5mm大きく作って、縦横の隙間がそれぞれ約2mm。良い具合に収まった。
b0229636_18133931.jpg

旗蝶番を取り付ける。左右があるので、何も方向性を書いてない蝶番を頼んだら逆向きが来た。取り敢えず着けてみる。穴をルーターのヤスリで削って、ワンサイズ大きめ目のアタマを持ったネジでそのまま使おう。左右兼用は穴に皿が切って無いだけの様なので、大した差は出んだろう。旗蝶番は取り付けが簡単なので重宝する。
b0229636_18133948.jpg

今週はここまで。取り付けは年末になった。それでは、

Very merry Christmas to you, everyone!

On Christmas weekend, commuting under cold rain to my bat cave.

Resumed to build entrance door. Removed latticework by crosspieces cured during last week. Adjusted joints and glued on lattice ends, tenons and mortises. Fixed by PONY clumps.

While waiting for being cured, started building outer rim of the door. Simple enough but needed to be equipped several necessities. The rim blocks outside temp changes as well as dust. On center of the rim plate a crosspiece
divided inside and outside. Bottom plate was the only exception which cut out height of crosspiece
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-12-25 17:03 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録227 A sel... 家作り備忘録225 A sel... >>