ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録227 A selfbuilder's note

皆さん、新玉の年を共に迎えられる喜びに感謝します。

暖かい年の瀬を基地で、相変わらず家作りが出来ている。タイミング良く、エントランスドアが姿を見せ、新しいステージへの扉が開かれた喜びを感じています。
b0229636_04432087.jpg

年末の仕事を半日で切り上げて基地に入った翌日、なんとか形にしたエントランスドアに仮の取っ手をつけて、旗蝶番の差し込み側を取り付ける。朝早くから作業開始したものの、デカい割には、極めて取付に神経を使うドアの作成に無謀にも挑んでしまった自分を呪いながら、細かな調整を繰り返して外枠になんとかドア本体を押し込んだのが、前日に近所のヒデさんにお願いしてた約束の時間の数分前。基礎施工の時の悪夢が蘇る。でも、前に進むしかない。焦っていたので、その過程の写真を撮り忘れる。何の為の備忘録。
b0229636_04432079.jpg

寝かせて取付た時には、トラップドアの蓋を開ける様に、スッと持ち上がり、これならイケると思ったのが、立てて取付てみると閉まらない。ウッソ〜っ!落ち着いて、当たりを確認すると、3個着けた一番上の蝶番が外側に開いている。仮固定して戻した時にズレて、5mmほど当たりが出てしまった。原因は、取付のズレに加えて、枠自体が傾いでいる事。仮固定した時にヒデさんに、基準になる外枠を固定する間柱を差し込む溝とズレている事を指摘して頂いて、合わせてみたが、枠の矩(カネ=四隅の直角)はもっと壁寄りだと分かった。そこで、当たりの5mm分、隙間のある壁側に押し付ける様にしてネジ止めすると、当たりが1mm程になって、無理するとドアが閉まった。ふい〜っ。なんとか行けそうや。それから、塗装を剥ぐように当たり分をカンナで削って、スイ〜っとドアが開閉できるまで調整。なんとか目処が立った。
b0229636_04432112.jpg

基地入りした夜は、到着していたロフトの天井板を二階に上げる作業を終えて、風呂に入り、恒例になった近所のヤスオさんとこの忘年会。いつもながら、プロ級の方が演奏される大宴会の中、知った顔の人達、知らない顔の人達と、飲んで、語り合い、楽しい夜が過ぎて行く。
b0229636_04432106.jpg

ヒデさんとドアの取付をしていたら、お向かいのサキちゃんが、「餅搗きしているのでおいで。」って。ヒデさんに取付を手伝ってもらったお礼も慌しく、作業の手を休めて、立派なログハウスのデッキに置かれた臼の横で、ネパールからのお客さんが搗く餅の返しを手伝う。近所の大工さんが作った臼の台が見事なので、パチリと一枚。コレが一番安定した台の形。来年はウチでも餅搗きしたいなぁ。この台作ろう。
b0229636_04432294.jpg

なんとか収まったドアに、調整して削った部分を再塗装して、乾いている間、取っ手を加工。カチカチの堅木ならではのやり方で。下穴を開けて、10mmのタップを切る。ネジ穴に接着剤を入れて、
b0229636_04432288.jpg

3/8インチの長ネジを無理矢理ネジ込む。ガッチリ効いたネジにスペーサーとワッシャーを噛ませて、
b0229636_04432392.jpg

裏側にボルトを貫通させて、ナットで固定。長ネジの余りをグラインダーで落とす。取っ手はイイ感じで着きました。そこへ家族が全員揃って、今からお正月休暇です。皆さん、今年もどうぞよろしくお願いします。

A happy new year to all.

Setting up a door maybe the most challenging job as a part of building house. While installing hinge on the flat table, it looks working. Smooth as a trapdoor moving. However, once it stands and screwed down the outer frame. All went wrong. The door tilted, the outer frame deformed. Slowly removed issues one by one. Tilted outer frame needed to be pushed to the wall side on upper end so that deformed square was corrected. Still, top bar and the side frames needed to push and pull for micro adjustment. Then, the heavy door tilted about 5mm at first turned to be 1mm after the whole square of the outer frame corrected. But another side of the hinge, the door frame top end needed to be planed for better action. The entire adjustment needed the whole day. Exhausted after repainted the planed edge twice before sunset. But,yes, the door is working. While waiting wet paint drying. Installed the door knob. Drilled pilot holes first on the quite stiff oak bar. Then threaded 9mm tap hole. Screwed down 3/8 long bolt with some glue for stopping loosening. A bit wider bolts sit firmly in the holes would never be pulled out now. Cut out excess. Then put some beewaxed spacers covered exposed bolts. Tied the bolts down on the door frame. The door looks right now.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-01-01 03:28 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録228 A sel... 家作り備忘録226 A sel... >>