ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録231 A selfbuilder's note

先週明けの大雪で被害が出ていないか心配しながら、駅からきれいに除雪された道を基地へ。被害の状況は、朝になってからしか判らないけど、とりあえず、敷地外で長靴に履き替えて、ママダンプを取りに玄関まで。
b0229636_16573274.jpg

湿雪は重く、手荒に捏ね回したママダンプが、朝見ると破損していた。なんとか基地の玄関までの道を確保して、軽トラを掘り出し、基地に入れた。
b0229636_16573254.jpg

翌朝はスッキリ快晴。思った通りに、キウィの棚とその下にある雨水井戸が雪の重みで壊れていた。ここは想定内だったので、雪解けまで放置。その他見廻りしたが、基地のデッキ、トイレの屋根、ピザ窯の屋根も大丈夫。予め雪掻きして前にスペースを取っていた室外機や給湯器も問題無かった。
b0229636_16573350.jpg

半日雪掻きして、午後から作業に入り、夕方迄に北側の切り妻壁の板貼りが終わった。残りの板を計算してみると、30枚程足りない。基地の外壁を貼った杉板の余りが屋根裏に積んであったのを思い出し、取りに行って、合わせると、問題無く使える。とりあえず40枚切り揃えて使う。
b0229636_16573381.jpg

建築中の家は、すっかり雪は落ちている。5寸勾配にして良かったのは、こういう時だ。
b0229636_16573429.jpg

板の調達が目処をつけられたので、屋根裏に潜り込み、ひたすら壁板貼り。半分まで貼り終えたところで、タイムアップ。

Anxious about how bad the status of heavy snow fallen last week. Couldn't tell damage till the next morning. Changed my shoes with long rubber boot to pick my snow dump left near the door of my bat cave. Plow through the wet heavy snow. Took me about half an hour to get to the door, only 5m away.

The next morning, clearly fine, sun shone through the window half blocked by fall snow from cornice. Kiwi shelf totally covered by snow from the roof of the house in building. Rainwater well under the shelf as well. Piled up snow way beyond my height let me give up digging for rescue the shelf and the well.

Resumed to fill the gable end wall on north side. Started by noon and finished by dusk. And needed some wire connection for electric supply.

Sunday morning started with carrying left over of ten years old spruce panel used when outer wall of my bat cave filled. Calculating total yield of ceiling panel taught me about 30 pieces of panels short. 40 panels should be enough for the replacement including allowance.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-01-29 16:10 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録232 A sel... 家作り備忘録230 A sel... >>