ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録236 A selfbuilder's note

土曜日出勤、月曜日休みの変則週末。明日は午前中「風と土の工藝」を見に行くので、早朝作業後出発の予定。早よ寝よ。
b0229636_15482039.jpg

朝一作業の段取り。まだ塞いでいない1Fの天井に使う垂木を寸法に切り、飾り垂木にカンナを掛け、羽目板を天井幅に合わせて切り揃えると丁度9:30。
b0229636_15482002.jpg

駅前の物産センターに立ち寄り、パスポート購入。¥1000で立ち寄り放題。約30ヶ所の工房やアトリエが解放されている。
b0229636_15482184.jpg

今回の目的は、このエリアでは唯一船大工として生計を立てている俣野広司さんの工房にお邪魔することだった。カヤックを作り始めて同じエリアにカヌーを作っている人がいるとは聞いていたが、本人にお会いして話を聞いてびっくりの連続。ほとんどベクトルが同じ人なのだ。woodenboatという隔月刊の雑誌があるが、全くその内容を具現化していると言ってよい方で、そんな人が間近にいたなんて、なんでもっと早く工房を訪ねなかったのか、不明を恥じるしかない。同じ語彙を持ち、同じ言葉を話し、同じ志向を持っている。濃いグレーのツナギも同じなら、いつも被っているハスクバーナのウォッチキャップも同じと、今日被ってなくて良かったと思うくらい、こと船作りの志向には似通った人物。しかも、企業秘密と言いながら、知ってることは何でも教えてくれる。こういう人を本物のプロだと思う。自分の持っているもの全部晒しても全く動じない。素人が真似するなら真似してみろという大きな自信と技術を持った人。知り合いになれて良かった。人との邂逅でこれほど貴重なものはついぞ無かった。風と土の工藝に感謝したい。
b0229636_15482145.jpg

工房巡りから帰ってからは、作業に戻り、段取りを付けた材料をバシバシ打ち付けて行く。
b0229636_15482244.jpg

トイレの天井が終わって、
b0229636_15482265.jpg

ちょっと遅くなったが、洗濯場兼脱衣所の天井も終わらせることに。
b0229636_15482205.jpg

朝起きて、庭に出ると、梅の花が咲いていた。今週中はまた雪の予報で、次々に花が咲くのは、中旬以降だろう。
b0229636_15482313.jpg

今日も天井貼り。一部配線を入れながら、ロフトの渡り廊下の下側を塞ぐ。今週はこれでタイムアップ。来週はもう少し残っている箇所を塞いで、回路を組める。l
b0229636_15482375.jpg

来週はこの雪も融けて無くなっているかな?

Got a professionally fixed planer. Planed surface of spruce crosspiece touches real smooth.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-03-06 15:01 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録237 A sel... 家作り備忘録235 A sel... >>