ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録260 A selfbuilder's note

金曜日にお休み取ったけど、土曜日にイベントが入って、実質1.5日位の作業時間。先週に引き続き、収納週間。
b0229636_16430150.jpg

猿の襲来を受けて、庭のトマトとキュウリがグチャグチャにされた。ブルーベリーもかなりやられたが、一つだけ猿がすごいと思ったのは、ブルーベリーの真ん中の辺りにアシナガバチが巣を掛けていたのが、猿にムシり取られていた。蜂の子が餌食になったのだと思う。恐るべき雑食性。相当反撃されただろうが、屁とも思ってないのだろう。石を投げつけても、ボス猿は反撃の態度を示す。この凶暴な性格。やっぱり台湾猿との混血なのだろう。身体も大きい。この辺の集落での被害は猿が一番酷い。行政に任せても無駄かもしれない。
b0229636_16430228.jpg

b0229636_16430231.jpg

さて、洗面所横の壁面収納から。何に合わせるのか?一番背の高い歯ブラシを入れたコップ。歯磨き粉のチューブ。一番背が低いハンドクリームの容器等。適当に基地にあるもので高さを調整して棚板を着ける。
b0229636_16430351.jpg

鏡の真横辺りに高さを取って、置いてみる。バラバラと落ちないように最低限の高さのフェンスを取り付ける。使い勝手に合わせて変更を加えて行くしかない。
b0229636_16430311.jpg

リビングの絵画用壁面収納は、照明隠し用のプレート付き。
b0229636_16430403.jpg

手順が前後するが、先に壁面照明用のタップを取り付けて石膏ボードをネジ止め。そろそろ照明をどうするか決めないと、壁面の構成がやりにくい。照明カバーの図面引くか?
b0229636_16430419.jpg

土曜日は一日イベントだったので、夕方に足らない石膏ボードを仕入れに行っただけ。日曜日は、午前中重い床材を二階に上げる作業で疲れた。午後から板の間に羽目板を貼り、ここにも壁面収納を入れた。収納の支えだけ入れて、周りの羽目板を貼って行く。
b0229636_16430540.jpg

囲炉裏の上座、背中側に、コップ棚を入れた。お銚子と猪口を置いても良いかな。座って、手の届く位置に設置。
b0229636_16430514.jpg

壁面の照明用タップと、コンセントを着けて、今回はここまで。日曜日はこの辺りにしては、かなり暑い一日だった。
b0229636_16430652.jpg

駅に向かうコスモス畑は、今年は種を蒔いて無いのか?あまり花がついていない。

Resumed to make wall storages for traditional Japanese room. 9 sectioned shelf barely fitted in the recessed wall. Just temporarily fitted in which later painted with clear stain. 

Also made two simple shelves for paintings. One 12 sectioned shelf for some Buddhism art. One for holding flower vase. And one for holding misc hygiene gadgets at washing basin. 

Cutting wall panel out at these recessed storage shelves. Plaster boards needed to place while panel first, then cutting out marked area for recessed. That helps avoiding breaking up fragile narrow ends. Wood panels needed to be cut first at recessed hole, then push each shelves in and place boards afterward. No need to worry about breakage. 

[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-08-20 16:01 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録261 A sel... 家作り備忘録259 A sel... >>