ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録268 A selfbuilder's note

以前からどうしても見たかったセルフビルドの理想像を見に、茨城まで行ってきた。
b0229636_23581637.jpg
セルフビルドの大作と言えば、四国にある沢田ハウスが有名だが、この巨大空間を一介の民家に持つ「落日荘」のオーナーは、設計から施工まで一貫して、素晴らしいアイデアと理念でご自宅を建築されている。セルフビルドを志す者が目標にすべき全てを持っているプロジェクトと言って過言ではないと思う。
b0229636_00213143.jpg
こちらが母屋。
b0229636_00222106.jpg
こちらが離れで、
b0229636_00231150.jpg
この長屋門を中央にコの字型をして、落日荘の名の通り、夕陽を望む真西を向いて設計されている。春分、秋分の日、つまりイクイノックスに正面の山の頂上に夕陽が沈むパースペクティブになっている。ほぼ建物の外観は出来上がっているが、完成にはまだまだ日数を要するとのこと。公共性を持つ部分が多くを占めるこの建物。ある意味、日本のセルフビルドを目指す者にとって、勿論そうでない人々にも、その圧倒的な規模、精神性はサグラダファミリア的な意味を持つ。
b0229636_07450736.jpg
ご主人の設計や理念の素晴らしさは前述の通りだが、木工・大工仕事の大部分を奥様が担当しているという例は、他に例を見ない。しかも、その技術の習得実践は、ご主人とこの落日荘を建て始めてからというのが特筆。建築を始めて既に11年が経っているが、基礎の鉄筋作りから始めて、建前、内部外部の大工仕事と奥様の手に掛かった部分は非常に多く、しかも極めて高い精度の仕事をされる。実際にお会いして、その人柄に触れると解るが、何とも明るい面と非常にシャープに物事を判断する面が同居したこちらも素晴らしい人格だ。この二人、奇跡のカップルと呼べる。上の写真は奥様作の道具棚だが、それ自体実用性にも優れた視覚的にも楽しい作品で、曼荼羅を見ているようだ。彼女の蒐集趣味は極めてマニアックで、それら文物が所狭しと並んでいる全ての調度や棚は彼女の作品で、招き猫の為に一部屋あるが、空間配置は見事なものだ。
b0229636_08155033.jpg
膨大な蒐集物は、東西に長い建前の廊下、天井、壁面のあちこちに所狭しと並んでいる。一種の博物館の様相がある。
b0229636_08381874.jpg
こういう軒下の角に見る伝統的な木組みや壁上の意匠は彼女の作品で、精度を極めて高い次元で突き詰めている。
b0229636_13131819.jpg
ここは、宴会スペースで、掘り炬燵になっている。上は、この建物の特徴的な採光窓だが、この建物はとにかく明るい。内への採光は勿論、夜間の外への光の横溢が素晴らしい。設計とはかくあるべきかと。それまで、細部の仕様にばかり目を向けていた自分が、きわめてちっぽけな物を作っているような気がしてしばし呆然としてしまった。
b0229636_19134402.jpg
今回は、この目でこの落日荘を見て、今後の参考にするべく勇んで乗り込んだが、結果は、余りにも次元の違う発想と技術に圧倒され、打ち拉がれて帰って来た。良い経験と言えばそうだが、インパクトが大きすぎて、頭の中が混乱している。当分うなされるだろう。

[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-10-15 23:53 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録269 A sel... 家作り備忘録267 A sel... >>