ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

2017年 03月 12日 ( 1 )

家作り備忘録237 A selfbuilder's note

冬型が緩みかけの週末。厚着して、京都のお風呂屋さんへ駆け込む。
b0229636_15430202.jpg

いつも京都で乗り換え中に入ってる大正湯さん。ココだけは外せない。昭和の雰囲気を残しつつ、薬草風呂とサウナがあっても公衆浴場京都均一料金。ありがとう。
b0229636_15430304.jpg

朝起きて、庭の雪がどのくらい減ってるか、見てみたら、ウチで唯一柑橘系の木、酢橘がエライことに。積雪の重みで枝葉がつぶれ、主幹が折れている。接木の合わせくらいしっかり巻き留めて、副え木で支える。実を付けるまで5年かかり、やっと7年目の去年、ある程度の収穫が出来るようになった矢先。何とか生きて欲しい。
b0229636_15430388.jpg

玄関のエントランススペースに入れるガラスを探してたら高さは足りないが、横幅が3mm程広い複層ガラスが屁みたいな値段でオークションに出てた。とりあえず押さえておいて、届いてみたら、なんと、保護フレームを外すとぴったり外枠にハマる。
b0229636_15430452.jpg

早速、内外のフレームを作り、挟み込みで収めることに。
b0229636_15430483.jpg

晴れたり曇ったりの天気だが、何とか塗料も乾いて、2回塗り。
b0229636_15430563.jpg

上の隙間は壁板を抱き合わせで埋めて、フレームをネジ固定。
b0229636_15430524.jpg

外壁との隙間をコーキングで埋めて、
b0229636_15430617.jpg

ガラスと外枠は、マスキングの後コーキングして、ヘラで均して仕上げた。
b0229636_15430603.jpg

ナイター営業して、玄関の上、忍者部屋の床下に天井板を貼り付けて、今日の作業終了。
b0229636_15430738.jpg

次の朝は、作業手順から、耐力壁の打ち付けを一枚入れる。誠にめんど臭い話だが、これだけは構造強度に関わるので外せない。天井板を打った時に隙間を空けていたので、難なく収まった。
b0229636_15520791.jpg

長物の材が入れ難くなったけど、ここ以外に打てないので仕方ない。コイツの為に、この通りの壁が他と違う設えになる。
b0229636_15520736.jpg

昨日打った玄関天井に、飾り垂木を打って、釘を隠しつつ、強度アップ。今日はここまで。

No spa, no life. Taking public spa means a lot to me. This retrospective spa gives me great relaxation before leaving for hard work on building my house.

Bought a real reasonable double pane window without frame. The size of the windowsill was just a bit larger than standardized window outer frame. However, I knew it'll fit in my outer frame fixed at entrance facing east. As I calculated, the windowsill barely fit in the outer frame.

Then I built a bit smaller sized frame holding the window pane from inside. Painted twice while sky was fine. Fixed the inner frame. Masked and corked. Pretty good.

Filled entrance ceiling with cedar plates. Placed bearing wall at entrance side. Reinforced ceiling plate by crosspieces. That was all I could do the weekend
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-03-12 15:09 | セルフビルド | Comments(0)