ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

2017年 04月 30日 ( 1 )

家作り備忘録244 A selfbuilder's note

今年の連休は10日お休みします。

DAY 1

b0229636_19073726.jpg

今回の連休中は、ユンボが借りれたので、手を付けて無かった外構作業を中心にやります。この図面は、エントランスへのスロープ。まず、コイツから着手。
b0229636_19073848.jpg

まずは、ユンボで設置予定地をガシガシ掘って行く。このミニユンボはヤンマー製で、コマツのシフトに慣れているから、操作から覚える必要あり。レバーにベタベタと動作を書いたガムテープを貼って行く。
b0229636_19073839.jpg

だいたい掘った。細かい端っこは、スコップで修正。
b0229636_19073916.jpg

ユンボのブルドーザーで、ひたすら均す。砂利と砂とセメントを買いに行く。土曜日もやってると思ってた砂利屋さんが祭日で休みと判って、閉店間際に買いに行って、ギリギリセーフ。積み降ろしでくたくた。基礎用の砂利を入れて、ユンボで固めて終了。

DAY 2

b0229636_19073956.jpg

コレも借りたセメントミキサー。すごい兵器だ。砂と砂利とセメントを放り込むだけで、あっという間に攪拌終了。(^o^)どんどん流し込める。
b0229636_19073974.jpg

一転俄かに掻き曇り、雷雨となり、一時中断。
b0229636_19074040.jpg

3:00に雨が上がって、再開。ミキサーのおかげで、快調に進む。ピンコロを置いて浮かせたワイヤーメッシュが少し被るくらいで敷き詰める。
b0229636_19074071.jpg

敷き終わったら、踏み板に乗って、表面を均す。メッシュにハンドルが着いた優れもので、ペタペタとコンクリの表面を押すだけで、砂利が沈み、モルタルだけ浮いて来る。それを後ろに着いた合板で滑らかにしてくれる。ツルツルに仕上がった。
b0229636_19074197.jpg

黄木蓮が満開。
b0229636_20041853.jpg

後付けだが、ワイヤーメッシュの下を潜らせて、L字に曲げた鉄筋を打ち込む。
b0229636_20041826.jpg

コレが固まると、基礎の配筋の全ての拠り所になる重要な作業。本日終了。

DAY 3

b0229636_20041988.jpg

朝起きて、硬化の具合を見に行くと、猫の足跡が。
b0229636_20041906.jpg

久しぶりにハッカーで鉄筋を固定。まずコの字の踊り場用に曲げた鉄筋を留めて行く。
b0229636_20042085.jpg

手すりの配筋迄終わらせて、
b0229636_20042081.jpg

スロープの上端を示す位置にチョークラインで墨を打つ。
b0229636_20042122.jpg

コンクリの被り厚を見込んだ位置に揃えて、均等な距離に反動ドリルで穴を開け、差筋アンカーを叩き込む。この上にワイヤーメッシュが乗る。
b0229636_20042132.jpg

セパレーターにPコンを着けて、型枠固定用のコンクリネイルを用意する。
b0229636_20042257.jpg

前回、本体の基礎を作った時に貰い受けた古い型枠にセパレーターを組み込み、取り付けて行く。
b0229636_20042265.jpg

本日、ここまでで終了。

Ten days straight off this so called golden week. Drew two new partial plan for exterior construction.

Day 1

My friend Hiroshi rented me his backhoe, an excavator. First half of this long weekend will be devoted to build the entrance slope. Dig out about a foot deep , 1.5 by 2.5m wide ditch by the backhoe. Stomped bottom of the ditch by the heavy machine. Spread up to 40mm size pebbles to fill 1/3rd of the ditch. Then stomped again on the pebbled ditch.

Day2

Prepared cement, sand and finer sized pebbles the day before. Rented also concrete mixer from Hiroshi-san. This quite effective machine helped me shortening certain amount of time. Filled another 1/3rd of the ditch with concrete. Planted L shaped steel rods for anchoring the frame of the slope on the slope base.

Day 3

Once dried in the next morning, found that a cat walking on the wet cement. Ha, ha. Connected steel stakes to the planted rods. Skeleton of the slope finished eventually. The skeleton must be buried under cements. Must stay certain distance away from surface as well.

Drew a line on the side wall of concrete base indicating gradient of the slope. Along with the slant line, dig 10mm holes in certain pitch and plant anchors with extension rods. These rods holds steel mesh enhancing sturdiness of the concrete surface of the slope. The mesh pushing down the pebbles under the cement surface.

Pitching up form for concrete frame holding soil and pebbles sliding down. Spacers holding forms tight together and the core become part of the skeleton structure later.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-04-30 18:19 | セルフビルド | Comments(0)