ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

カテゴリ:溶接( 3 )

野鍛冶復活プロジェクト その2

クラウドファンディングも多くの支持を頂き、成功裡に終わり、いよいよ、プロジェクトが一般に向けて公開の運びとなりました。
b0229636_16514110.jpg

その前に、懸案だった火床(ほど)を新しい物に作り直しました。メンバーのふじたんが作ってくれた火床は、シロッコファンを動力にパイプを通ってロストルに空気を送り込む仕掛けです。
b0229636_16514162.jpg

更に、鍛冶場オーナーの知り合いの左官屋さんに壊れていた天蓋の側面を修理して頂き、メンバーで綺麗に掃除、片付けを行いました。
b0229636_16514212.jpg

そうして、ついに火入れ式の日を迎えることが出来ました。
b0229636_16514266.jpg

親方が玉串の奉天を行い。火入れの儀が厳かに行われました。儀式は不肖私めが執り行ないました。(^-^)/
b0229636_16514297.jpg

火入れの儀に続き、親方とふじたんが奉納の雛型を初めての作業として作りました。
b0229636_16514344.jpg

雛型は、鎌と蔵の鍵の対で出来ており、
b0229636_16514399.jpg

今後の発展と、安全を祈願して、横座の右手壁上に、鍛冶の神様から頂いたお札と一緒に供えられます。
b0229636_16514386.jpg

其々が自分の出来る事を持ち寄り、「びわ湖高島・野鍛冶復活プロジェクト」の船出です。皆さん、今後ともよろしくお願いします。

With successfully being budgeted by cloud funding, financially our project ' Reactivating old blacksmith at Takashima city in Shiga prefecture' is now ready to launch.

Before open for public, members gathered tidying and cleaning the facility. While, one of our members replaced old fire bed with a new one. Also a friend of owner, a plumber fixed broken fire bed cover voluntarily.

We celebrated the first fire setting on the furnace. I organized the ritual as Shinto priest. For preying our safety as well as successful project running, we held Shinto ritual for the celebration. At the end of the ritual, two blacksmiths forged miniature a scythe and a key for traditional Japanese warehouse which implying prosperity.

The miniature key and scythe put together on a pedestal and retracted in a sacred box up above the fire bed.

All the members gathered in front of the workshop. We all welcoming your visit to the monthly event as well as you support for the project. God bless our future. Thank you.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-04-17 16:14 | 溶接 | Comments(0)

野鍛冶復活プロジェクト

長年の夢だった、鍛冶体験が叶うということで、基地の近所の廃業された鍛冶屋さんを訪れた。
b0229636_16450053.jpg

こんな感じの古い炉があって、もう何十年も使われていなかった。有志が集まって、復活させようと動き出し。亀岡のHさんと、基地の同じ区内に住む鉄工芸作家のFさんが文化財としての野鍛冶屋さんを残そうと呼び掛けが始まった。野鍛冶とは、農機具を中心に、生活用具を頼まれては作る、田舎の便利屋さん的な鍛冶の事で、この鍛冶屋さんは、鉈、鍬、鋤を中心に、色々と作っておられたようだ。
b0229636_16450012.jpg

皆んなで掃除して、
b0229636_16450017.jpg

炉の周りを整備して、
b0229636_16450131.jpg

b0229636_16450161.jpg

b0229636_16450228.jpg

記録を取って、
b0229636_16450246.jpg

火入れをして、実際に稼働させることで、文化的な価値を追体験するという、ワシにとっては夢のようなプロジェクト。
b0229636_16450240.jpg

実際に打たしてもらった。えれぇ感動。以前は鞴(ふいご)を使っていたが、今回は修復が間に合わずに、ブロアーを使って、コークスで熱し、鍛鉄から焼戻しまで。簡単な火打体験。いずれ、新居の内装、カーテンレールや手摺、ドア、窓枠なんかを作るつもり。現代の炉は、もっと効率良く火入れ出来て、整形も寸法通りに出来る。しかし、この原初的な炉の形態と機能を知ることで、古い建物や農機具の文化的な価値をより正確に知る指標を得ることができる。また、それを後世に伝えていくことの責務もある。このプロジェクトはいずれ、クラウドファンディング等を利用してきちんとした予算を組み、、多くの人に知って貰う手立てを講じる予定。そのメンバーとして、参加出来たことは、大きな意味がある。
b0229636_16450324.jpg

鉄工芸作家のFさんが、見事な手捌きで作品を作っていく。得難い人材を擁して、プロジェクトは大きく動き出した。参加者は皆んな鍛冶が好きと言う理由だけで参加しているので、出来ることをサッサと分担して、自分から動き、アッと言う間に、稼働させることが出来た。ここでの仲間意識は得難いものとなった。次の日程が楽しみ。

Reactivating of an old ironworks

A friend of mine informed me this long waiting project through Facebook. Visited a small workshop of a blacksmith used to build farmers' equipment a couple of decades ago. We call this type of blacksmith as 'Nokaji' in Japanese. Literally it means field blacksmith. But actual meaning should be a handy blacksmith. They'd built farmers equipments mostly by order. However, as time went by, to make a living, most of them started mass productive style.

The workshop we are trying to renovate used to produced equipments with some distinctive features. Recorded or took pictures of hammers, pliers and misc tools.

Cleaned and tidied dusty floors up. Dig a square hole and buried an big anvil right beside the furnace. Carefully set the location of the anvil. Actually, to find the best position, we've dug several times to adjust the anvil's location. Since the position decides efficiency of hammering objects which leads to better performance. Once decided position of the anvil, cleaned a air duct made of about 2 inch diameter steel pipe connected with an industrial blower behind the furnace. Head cover of the furnace also damaged a 1/4 of the lower part. Repaired the lower part with soil mixed with hay to make fermented wall plaster. The plaster fill blank part of the head cover of the furnace. The core of the wall made of bamboo sticks carefully coiled by thin linen rope. The core layer of the furnace hood will hold the fermented plaster lasts unbelievably long under huge temperature differences.

Once all's set, filled soil bed of the oven with a bowl of coke right over the jet on another end of the blower pipe. Put bunch of tiny kindle and cut charcoal to start fire. Then provide fresh air by the blower. Once the fire became stable, put some iron bar to test the furnace. The bar's shown its hot red color pretty soon, like in 5 minutes. Then immediately hammered to shape. One of the project member is a professional blacksmith making wrought iron fixtures. So it was like a magic that a straight bar became an art in a moment. While red hot iron turned to be like a melting candy bar, even I could hammered it to shape. The moment of hammering iron to shape drove me to a new world. Struck me with a huge impact of joy. Better to prepare new gears.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-12-03 15:58 | 溶接 | Comments(0)

鉄をくっつけたい

という事で、昨日、今日の2日で溶接の技能講習、試験を受けて来ました。結果はなんとか合格。
b0229636_23415527.jpg



今回受けた溶接の種類はガス溶接。一般に酸素アセチレン溶接というやつです。

b0229636_23492294.jpg


昔からやりたかったけど、環境が整わなくて諦めてた。やっと基地が出来て、長年の夢が叶う事に。

ただ、溶接と言っても、色んな溶接があって、金属同士をくっつけるだけならアーク溶接、つまり高圧電流を流してスパークさせるヤツが一番強力なんだけど、体に良く無いと言うか、いつも感電と閃光で目を痛める危険性が付きまとうし、溶断と言って、金属板を自在に切る能力が無いので、両方を併せ持つガス溶接にしました。

とりあえず、作りたいガラクタはいっぱいあって、まあ、ボチボチ作る予定です。あと、金属部分の補修や板金なんかも技術的には可能になるので、色々と挑戦してみたいと思ってます。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-03-09 18:26 | 溶接 | Comments(0)