ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

カテゴリ:山遊び( 8 )

小川山キャンプ

前半の家作り作業を放置して、後半の岩登りANDトレランキャンプの聖地・小川山へ一路車を走らせる。

途中下車して、犬同宿オッケーのペンションに1泊。詳細は家内のブログ




朝、キャンプ地の近所にある村一軒だけのスーパーの前で集合。買い物を済ませて、廻り目平キャンプ場へ。以前は日本のクライミングのまほろばだった小川山も、今はルートクライマーも減り、閑散としているが、キャンプ場としても一級品なので、シーズンには人が絶えない。で、思い切り外して、閉場間際の平日に会社の仲間と恒例のキャンプ。

テント設営もそこそこに、ギア着けてクライミングへ。超初心者コースガマスラブの下部にトップロープをセットし、新米の同僚をイジメる〜003.gif

b0229636_12511915.jpg

photo Thanks to Mr.Ichihashi

b0229636_12512059.jpg

photo thanks to Mr.Ichihashi

新米でも、俺らよりずっと上手い可愛くないヤツも。天気もサイコーで、賑やかに終了。

でっ、これからが本番。キャンプ命のスタッフが美味いキャンプ料理の為のセッティング。ワシは、今回ピザを焼く事にした。

b0229636_12512145.jpg


まずは石窯造営。仲間の市っちゃんが前回ココでキャンプした時に見つけた絶好の天板になる石を載せて、斜面の地形を利用して、隙間を土で塞いで出来上がりました。初めてにしては及第点のクオリティ。奴隷諸君良く頑張った。ワシはアレコレと指図するだけ。^o^

b0229636_12512355.jpg


まずは火加減を見る為に、リンゴ焼き。焼きリンゴでは無くて、スキレットに砂糖とシナモンを掛けた薄切りリンゴを載せて、石窯オーブンで炙る。評価はまずまず。

b0229636_12512431.jpg


時間が掛かる牛スジトマト煮込みモッツァレラ載せは先にオーブンに放り込む。

b0229636_12512561.jpg


いよいよ、ピザを焼いてみる。温度も上がって、いい感じ。

b0229636_12512662.jpg

Photo thanks to Mr.Ichihashi

二枚目、三枚目と焼くに従って、連携が上手く働き出し、手早く、旨く焼けるようになる。

b0229636_12512787.jpg


そして、メイン会場のティピーの中に次々と宴の料理が運び込まれて、酒が回り、酒池肉林!大量のカツオの叩きに始まり、築地の本格天ぷらが香ばしい胡麻油の匂いと共に次々と揚がって来る。コッチも準備出来たので、ピザをバンバン焼いて回す。超充実のキャンプ料理。その後、デザートに至るまで見た事無い料理が次々出てくる至福の時。頃合いを見計らってトロトロの牛スジ煮込みを持ち込むと、酒が進む進む。最後は飯責め状態で、まだまだ出て来る料理を尻目に寝袋に転がり込んで寝た。

b0229636_12512857.jpg


翌日は小雨で、トレラン(トレールランニング=山の中走り回る競技)は中止。こうなると、朝から再び飯責め状態。元パン職人が2人もいるので、ささっと生地を捏ねて石窯オーブンでパンを焼く。昨日のトマトソースを使って具材タップリのスープを作り、パンに浸けて食べる。鶏の胸肉が回って来たので、野菜と一緒にダッチオーブンで蒸焼き。ジューシィで美味しい。

b0229636_1251297.jpg


ある意味養豚場と化してしまったキャンプ場に、これだけの仲間が集うのは発起人の市っちゃんのお陰。有難う。美味しかったよ。またやろうね。くっ、喰い過ぎた。

帰りに伊那でサイクルショップをオープンした後輩の店にお邪魔して帰った。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2012-11-07 07:59 | 山遊び | Comments(0)

白滝谷沢登り

久しぶりに比良の沢に入った。

今回はマイミクのみっちゃんさんのリクエストで、明王渓谷の白滝谷へ。以前から楽しいと聞いていたので、登りたかったけど、比較的易しいという事で、ほっちゃっておいた感がありますが、今回チャンスを頂いたので、みっちゃんさんの友達Iさんもご一緒してもらいました。

さらに、スペシャルゲストにうちのスルスミを加えて、3人と1頭で行く事に。因みにスルスミは奥の深谷、口の深谷と経験してるので、明王渓谷の主要3谷をこれで制覇。ワンコとして
は例が無いかも知れない。カッコイイ~。

そんなこたあどうでも良いから、早く水遊びやで~オトン。ちゅコトで、9:35坊村のバス停に集合です。着替えてたら、みっちゃんさん達を乗せたバスが到着。女性軍の着替えを待って林道をスタート。今日も暑い。牛コバまで約30分。途中植物に詳しいみっちゃんさんの解説を聴きながら歩いてると、あっという間に登山道入口に到着。桂の葉が枯れて3日程経つと
カラメルを焦がしたような甘いとっても良い匂いがする事を勉強。得した気分。

登山道を5分程で、入谷地点の木橋に。スルスミはテンション上がって、はよ、はよ言うし。バタバタ靴を履き替えて水に浸かります。ホエー、気持ちええ~。谷は明るくて、とても良い渓相。緑と水と青空のコントラストが素晴らしい。

前半は滝と言う滝は無く、2~3mの落込み程度の段差が続く。で、中間地点を経過した辺りからぼつぼつ滝が見え始める。全部直登したら、結構なグレードになるんじゃないか?って思いながら、巻く所は巻いて、スルスミと上で、トップロープ垂らしながら、女性軍が上がって来るのを待つと言うパターンでクリアしてゆく。

ゴルジュの手前でお昼ご飯。スルスミは牛皮のおヤツを貰って、ご満悦。ワシは定番の辛ラーメンを作って喰う。おねえさん達はおにぎりを頬張って、お腹が膨れた所で、最後のセクションを攻める。綺麗な斜瀑はスルスミも楽しそうに登って行く。最後の夫婦滝に到着。でっけえ。25m位かな。ここは滝見台まで巻いて全貌を確認するだけでお終い。登山道との合流点にある河原で泥を落として靴を履き替えて下山。

ちょっとだけ天気雨が降ったけどずっと晴れで、楽しい沢登りでした。みんなを堅田の駅まで送って解散。スルスミは車の中で爆睡でした。その夜は夢も見ずに、死んだ様に寝てました。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-09-01 01:13 | 山遊び | Comments(0)

富士山に行って来た

今回もまた、カヤックの作製はおっ放っといて、うちの若い衆連れて、富士山へ。

2年ぶり。仕事が終わってから渋滞の東名を東へ。夜中の3時半に富士宮口5合目に到着。6時半にスタート。結局、途中でダレて、10時頂上到着。剣が峰から降りて、浅間神社の境内でラーメン食べてたら、同じコースを2時間で登って来たおばちゃん2人組に、「写真撮って~!」って言われ、お話聞いたり、ブラジル人組と盛り上がったり、年100回登頂している人の4年連続の成功記念日に遭遇したり、アメリカ人4人組と降り一緒でワイワイと、盛り沢山。2時にお風呂に入って、高速へ。7時間掛かって大阪へ。チカレた~。
コメント
コメント

スルスミ母2009年09月22日 23:47
登頂おめっとうさん。
しかし、なんちゅう写真や。
おとはん、歳、考えや~(笑)

そらこ2009年09月23日 00:30

するすみさん、
ファンキーな色使い
ステキですね~

Keikiola2009年09月23日 00:37
長いこと行ってないです、富士山。
最後に行ったのは10年以上前。
MTB担いで行ったなぁ~。
運転徹夜で、メチャメチャきつかった。

をゝゑ2009年09月23日 07:16
あれま。富士山って、3時間半で上れるんだ。
登山道は単調で退屈だとか、
登るよか、眺める山だとか、
はよく聞くけど、
時間までは知らなかった。
一度は行きたいと思いながら、けっきょく登ったことはなく…。

そら、見てたら、登りたくなりますわなぁ。カッコいいしねぇ。

あたし的に富士山と言えば、
南ア・塩見岳のご来光登頂で、雲海に浮かぶそのテッペンを
左方向からの逆光気味の光線で拝んだ記憶が蘇えります~

思いのほか間近に富士山がおわしまして、
なんだか、雲に浮かぶ、「東大寺大仏殿」の屋根みたいだと感じた、
その記憶が鮮明です。
キレイでした、そりゃもぉ。

なんにせよ、富士はニッポン1のヤマ。
目のクロいうちに一度は登ります…です

登頂おめでとうございました



するすみ2009年09月23日 08:29
> スルスミ母さん

ハイハイ。今回は終電後に迎えに来てもろたんで、頭上がらん。

するすみ2009年09月23日 08:35
> そらこさん

色使いは何も考えんと、タンスの中から引っ張り出して持って行くねん。せやから、現場で、ありゃりゃと言うことになること、しょっちゅう~。良く見ると、こりゃマズイわなぁ。

するすみ2009年09月23日 08:38
> Keikiolaさん

今度、スキー担いで、春に行かへん?登頂時間最短のコースやし。滑りも堪能できまっせ。

するすみ2009年09月23日 08:46
> をゝゑさん

この富士宮コース、最短で富士山に登れる登山道なんで、日帰りの人が多いです。9月に入って小屋が6合目から上、全部閉鎖してしまってから行くと、静かでエエっすよ。裾野に温泉もあるし。目の黒いうちと言わず、ひょろっと行って、へっと登ってくらさい。

Keikiola2009年09月23日 09:38
スキー担いで行きたいと思って、既に10年以上です。
行きますか!?

nob2009年09月23日 11:08
凄いわ!偉いわ!感心やわ!
我が家は平地でしか、生きてゆけない家族やから、日帰りで富士山登頂なんて、尊敬です。
金剛山見たいに、ロープウエー有ったラ、付いていくのに・・・・。

するすみ2009年09月23日 14:22
> Keikiolaさん

ほんじゃ、来年のGW明けは予定入れといてな。鬼が笑う~。

するすみ2009年09月23日 14:37
> nobさん

〉富士山にロープウェイあったら

僕もいつも人に言ってます。富士山にロープウェイかエスカレーター付けたら、ごっつい儲かりまっせ。nobさん、出資者募ってベンチャーやりませんか?これ出来たら途中の要らん山小屋が全部廃業して、山が綺麗になるし、世界遺産に登録して世界中から観光客が押し寄せます。一人1万取っても、みんな乗るやろな。

なほちん2009年09月23日 21:24
お疲れ様でした
私が行ったときは人だらけでしたよ
いいなー静かな富士山。人少なかったらワンコも一緒に行けますかねー。
また富士山談義しましょ


するすみ2009年09月24日 00:04
>なほちんさん

人は結構おったで。ワンコも一緒に行けると思うで。ワシ、別に雪無かったらどうでもエエねん。今回は若い衆が登ったことないから言うんで、連れて行ったまでやねん。スキー滑れへんのやったら、ほんまドーでもエエ山やで~。一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿ってね。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2009-09-22 21:26 | 山遊び | Comments(0)

二つの沢登り

暑い夏は、やっぱ沢登りに限りますな。

ちゅうことで、2週連続で、もちろんホームグランドの比良山系。

ただ、2回ともそれぞれメンバーが真逆の構成。

方や、宴会大好き、お気楽派。こなた、ガッツ剥き出し体育会系。両方共前夜秘密基地泊。

お気楽派は例によって、遅くまで飲めや歌えや。酒と料理(ゴーヤチャンプルとナーベーラーアンブシー)が出て来る、出て来る。マイミクのみっちゃんさんは三線の名手。歌は世に連れ、世は歌に連れ。オキナワンな夜はふけてゆく。

体育会系は、明日の予定に気もそぞろ。バタバタと飯喰ってサッサと寝てしまう。おいおい、もうちょっと飲まへんか?

お気楽派はやれ自家製梅酒、手前味噌、エコトイレに大ウケ。話しは尽きない。宴会のみの参加者もいるし、語る、語る。

体育会系の朝は、7時から。起き抜けにパンを頬張りながら道具のチェック。ハーネス、ザイル、カラビナ等ガチャガチャ言わせて7時半には出発。8時現地着8時半スタート。全く無駄の無い動き。

お気楽派はゆっくり朝飯。のんびり用意。朝から豚汁とご飯。腹ごしらえは万全。お昼のおにぎり握り、ひとしきり梅干し談議。あーでもない、こーでもないとザックに詰め込んで、ばっちりフルメイク。だっ、誰か判らん現地着で、すでに10時を回る。

一方、体育会系は全く足を止める事なく、次々とテクニカルな滝やボルダーを越えて9時半には最初の核心部分を抜ける。ザイル操作も速い。オーバーハングをものともせず、ガシガシ登って来る。全く手間要らず。遅れたら休憩無し。全体が足を止めるのは遡行図を確認する時のみ。行動食と水を手早く摂る。情報が確認できれば、ワン、ツー、スリー、ムーブ!

お気楽派は出発前のトイレと化粧直しに余念が無い。バカ話しをしながら、チンタラ取り付きまで歩く。「栗や!秋やね~。虫や!あれ何?ブナの木?ふ~ん。」とおしゃべりが続く。沢の水が冷たいっちゃあ、キャー、キャー。蛙が跳びはねたっちゃあ、キャー、キャー。万事がエンジョイアブル。

その頃体育会系は、お気楽派の5倍の行程を一気に突き進み、比良山脈最高峰武奈ヶ岳の頂上へ。4時間ほぼノンストップ。頂上で行動食の残りを喰って、今度はトレールランニングシューズに履き換えて、古い地図にしか載ってない頂上直下の支稜を細川の集落に向けて約1時間で駆け降りる。
お気楽派は、これは登れん、巻く!の繰り返しで、滝は全部で3つ登ったかな?お昼ご飯をゆっくり食べて、軽く昼寝してから第2ラウンド。でも、ちょっと登って、そろそろ時間切れ。最後の簡単な斜瀑を登ってオシマイ。遊歩道をのんびり歩いて帰る。

どちらも温泉に浸かったのが4時頃。お気楽派は近くのカフェでお茶してから、お風呂。体育会系はお風呂の後に天下一品でガッツリ、ラーメン唐揚げ定食。

どっちも久しぶりに休日を堪能。どっちかと言うと昔は体育会系の登りばっか。お気楽派の登りを楽しめるとは思いも寄らなかった。歳は喰うもんで、隔世の感があるね。そのうち気持ちだけ体育会系の頑固ジジイになって行くんやろな。当分はどっちも楽しみたいね。
コメント
コメント

Keikiola2009年08月20日 10:57
僕、お気楽派ぁ~。
また、遊びに行きたいですわ。
BUSはクラッチが滑ってます、スベスベです。

みっちゃん2009年08月20日 13:00
わたしゃーガッツリ体育会系にはなれないっす。
秋もお気楽派でよろしくお願いしま~す!
体育会系のS島さんには「あそこならザイルいらなかったでしょー?」とまで言われました!いりますよっ!!怖いじゃないですか~!

するすみ2009年08月20日 15:34
> Keikiolaさん

お気楽派脱皮中のするすみでっす。次はポルシェのクラッチかな~?

するすみ2009年08月20日 15:53
> みっちゃんさん

そうそう、安全第一。今度はリードして、ビレイもしようね~。

なほちん2009年08月20日 21:00
スルスミちゃんも行ったんですか?

涼しそー

をゝゑ2009年08月20日 23:41
ぅーーーー
混ぜてほすぃなぁ>シャワークライム
まいにち遅くまで、ビラとポスターと電話の壁を攀じっとります>総選挙
武奈に突き上げるっちゃあ、奥の深谷でしょうか。
なちゅかすぃっす
沢っちゃぁ、
なんつったって、冷やしソーメンっっ


>気持ちだけ体育会系の頑固ジジイ
なってますよ、じゅうぶんこっちは

フェルト・シューズの手入れだけはしときます

シット・ハーネスとエイト環とヘルメットも
(懸垂下降

あと、膝カップ入りの革なレーシング・パンツも~


するすみ2009年08月21日 00:44
> なほちんさん

するはお休みです。富士山はどのコース?

なほちん2009年08月21日 00:47
> するすみさん
富士宮口からです

するすみ2009年08月21日 00:58
> をゝゑさん

お疲れ様~。いよいよ本番っすねぇ。お身体ご自愛下さい。

今回は八幡谷という登竜門的な沢です。テクニカルな小滝が多い、ちょっと技量を問われる沢登りになります。武奈の本当に直下まで水がある楽しい登りです。9月もまだ登れまっせ。

Eboママ2009年08月21日 22:25
おぉ~!楽しそうですね~~~
両極端な二つのグループ、どちらも実に楽しそう

しかし体育会系の方たちはすごいパワフルですね~
ファイト~~~!一発!!のCMみたい

するすみ2009年08月22日 01:36
Eboママ さん

ええ、やっとどちらも楽しめるようになって来ました。寄る年波ってぇやつですかね。ほっ、ほっ、ほ(横丁のご隠居さんの気分で)
[PR]
by blacklabsurusumi | 2009-08-20 09:25 | 山遊び | Comments(0)

ヘクサイコー

ワハハ~、超面白い沢やった。

仲間と比良の裏にあるヘク谷に行ってきた。朝、下坂下のバス停で集合して、ちょっと歩いてから取り付きへ。入口は、ほんとに、これがあの沢かと思う位にチョロチョロ。半信半疑で登って行く。

5分も登るといきなり小滝の連続。次から次に出てくる。20分程登って最初にザイルを出した滝に出る。あっしがトップで登り、ビレイセットしてから4人を上げる。みんなクライマーとしてはそれぞれの分野で経験があるので、早い早い。最後を上げてザイルを捌いていると、すぐに動き出す。こうでなくちゃ。

滝は全て直登のつもりが、抜け口にチョックストンが挟まったヤバイ滝で敗退。腹立つわ~。捲く。5~7mくらいの滝が数えるのも飽きる位に出てくる。チョーキモチイイ~。途中でいやにガマガエルの番が沢山おって、ホールドや思て掴んだらカエルやって、滝つぼにドッポ~ンが約1名。笑ろた、笑ろた。

ここの特徴は、ずっと苔むしてるけど、全然暗くない。岩は多分安山岩。逆層が結構あって変な体勢のレイバックで登るところが続出。中間で15mの滝が出てきて、腕に自信のある若手がトップを引く。18mが続いて出てくると思いきや、2段目の15m。やっと最後に出てきたのが18mの本物。前日の雨で少し水量が多かったとは言え、悔しい。これも次回の課題に。

途中で分岐の確認に手間取ったが、GPSで確認して終点の小女郎ヶ池に到着。そこからはトレランシューズに履き替えて一気に下まで駆け下りる。ゴール手前の堰堤で体を冷やし、車へ。終わってからは秘密基地で焼肉の打ち上げと、文句無く楽しい夏の終わりを飾る山行だった。

コメント
コメント

をゝゑ2008年09月08日 19:43
ぇえなぁ~
いきたいなぁ♪
ハーネスも、フェルト・シューズも、カラビナもストリングスも、
ペツルなヘルもハンマーも、
でぇ~んぶ、とったぁるんやけど、
仲間おらへんし、行けへん。
口の深谷、奥の深谷、死にそうな貫井谷。
比良は、いろいろ行きましたッ
リードしてもらってばっかしでしたけどww

…目の黒いうちに、もっぺん、行きたいです。
社交辞令やのぉて、ほんま、いっぺんでぇえし、
連れてってください。



するすみ2008年09月09日 10:46
> をゝゑさん

な~に~っ、貫井~?あんなとこよう行くな~。さぶいぼ立って来た。どっか明るい沢行きましょ。シフト表送りますんで、平日に仮病使って休んでくらはい。いつでも行きまっせ~。秘密基地にも泊まって欲しいし。ビレイのやり方だけは思い出しといてね~。

をゝゑ2008年09月09日 17:51
仮病!?
いつもやってんの、なんで知ってるんや~(爆
秘密基地、なんぼでも泊まりまっせーーー

つか、沢もしたいし、チャリもご一緒したいし♪

…なかなかいいオトナは休めないしなぁ(T_T)
[PR]
by blacklabsurusumi | 2008-09-08 19:29 | 山遊び | Comments(0)

赤坂谷

でへ~っ!暑っ!っちゅうことで、愛知川の上流、赤坂谷に行って来た。

久しぶり。やっぱ、1夏に1回は行きたい沢。ラムネ色の水に真っ白い花崗岩が良く似合う、鈴鹿の谷。

暑い大阪を夜中に出て、着いてから朝5時まで宴会。七輪がバカウケ。グダグダと空が白むまで飲み明かす。

ちょっと遅くなって出発。今日はツメカリは無理かな。でも、ほとんど初心者に近い連中だけど、ベースの体力あるので、ちゃんとついて来る。聞けば、女の子3人とも山岳系のクラブ出身。わし、体育会系ニガテやねん。でも、こんな時は使えるね。平均的なコースタイムよりちょっとだけ早い。やるやん。

時間見てたら、ツメカリ行けそうだったけど。まぁ、無理はせず、最短の帰路へ。昼飯喰って、マッタリしてたら魚釣って、キャーキャー。

山越え諦めて、谷を降り、カラコシの分岐から踏み跡を辿って、どんぴしゃで赤坂の入口に到着。河原でまたキャーキャー言いながら、ヒル取って貰って、手当して。沢登りお約束の図。車に戻って、ヒルをお持ち帰りしないようにチェックして、温泉へ。渋滞の中を京都まで。駅で解散。

久しぶりに楽しい、犬抜きの川遊びやった。
コメント
コメント

スルスミ母2007年08月14日 22:53
犬と嫁やろ~(:_;) お土産は汚れもの…。

をゝゑ2007年08月15日 00:01
洗濯ぐらいジブンでしなさいッ(_≧Д≦)ノ彡バンバン

…て、沢かぁ…そーゆー選択もあったんですね…
湖岸は暑かったです…

じーまみ2007年08月15日 01:03
ラムネ色の水・・・
そんな綺麗なんですか~

するすみ抜きの、アウトドアなんて珍しいですね。
そういえば、スルスミが沢で、流された時の、およいだ目、思い出しました
あの時は、するすみとコミュニケーションとれてましたよ。確実に!!

毎日、暑いですねぇ、ほんとに。
自転車出勤で、職場行くのに汗だくになります

するすみ2007年08月15日 01:08
催事運営お疲れ様です。

帰りに坊村の明王渓谷あたりでも十分涼んで帰れますよ。次に朽木にお出ましの際は、是非トライしてみてください。

ちなみに、洗濯は95%洗濯機がやって、取り入れとタタミは私がやりました。ソーラーエネルギーで温まった洗濯物を汗してたたむのは、洗濯機に放り込んで、干すより辛いっす。まっ、しゃーないか?


するすみ2007年08月15日 01:12
じーまみさん

スルスミは一度行って、アブにチ○チ○刺されて、大変な思いをした所だったので、赤坂谷は今回ご遠慮いただきました。

お~っ、赤のキャノンは働いているかい?

ごっちゃん2007年08月16日 14:22
沢いいですね~するちゃんが必死で泳いでたの思い出しました。あの時沢登り初だったので皆こんな思いしてやってるんだーと弱気になりました。
また四国まで来たらそのまま別府に渡ってうちまで遊びに来てください 

をゝゑ2007年08月16日 18:02
ウラヒラは…口深とか奥深とか…
えっげつないのはヌクイ谷、行きましたッ
もちろん、吊ってもらって。

ヌクイはションベンちびりました。
けど、ツメきれば武奈ピークに出るじゃあ、ないですかあそこ。
夏空のもと、シアワセいっぱいなハイカーの中を、突然下のヤブから出現して、おまけに金具がちゃがちゃ、ズブ濡れで歩いてて、ヘンなカオされたのがシアワセでした~

するすみ2007年08月16日 21:58
ごっちゃんさん>>

あん時の明王渓谷は大増水だったよな~。スルスミが必死こいて泳いでも流されて、面白かったけど。秋になったら九州帰りたいな。その頃はタイから戻ってる?

ををゑさん>>

奥深はとっても綺麗な谷で、大のお気に入りです。口深は、出だしでいきなり前歯を折り、最後のダラダラとした平流歩きが
嫌いで、あそこはパスしたいです。ヌクイ谷は、知りません。相当マニアックな谷のようですが、クライミングの要素が強そうですね。名著:近畿の山・日帰りの谷にも載ってませんでした。沢として源頭をツメて頂上でトップアウトなんて、一番楽しいパターンですね。昭文社の地図を見ると、葛川から真っ直ぐ武奈ヶ岳に突き上げている沢ですけど、危険転落とか書いてあります。八幡谷と似てますけど、距離が短い分、傾斜が立っているようですな。記録探してみます。

をゝゑ2007年08月16日 23:19
お節介ですがググりました↓
http://www.ceres.dti.ne.jp/~noguring/kurobe/report/report/report0013R.htm

「僕がまだ学生だった頃、所属していた山岳会(京都大学山歩会)の先輩たちから、ここ比良山系貫井谷の悪名はよく聞かされた。 … だから僕の頭のなかでは、貫井谷は化け物のような印象を植え付けられていた…」と、書いてあります。

たしかに、肩幅しかない長い溝にじゃんじゃん水が流れていて、落とされたら5~6m下の滝壷に落ちそうだったり、陰険な谷で、とにかくこわくてこわくて仕方なかったことを憶えていて、その名は忘れられません。よく帰ってこれたなぁ、とも。
マグロみたいな僕を連れて行ったヤツもエラかったです。

心してヤマしてくださいね。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2007-08-14 11:28 | 山遊び | Comments(0)

初泳ぎ

本年初の沢登りに行ってまいりました。

場所は以前から気にかかっていた、ワンコ向けの沢を偵察に。会社の若い衆と一緒だったが、肝心のワンコは家内が連れて行ったらアカンということで、置いてきた。以前、奥の深谷に連れて行ったら、あんた犬に何したん?!って言われ、よく見るとお腹傷だらけ。あぁ、滑滝で5m位流したって言ったら。えらい怒られて、危険地域への持ち出し禁止令が出てまった。

ほんでもって今日の偵察に。場所は裏六甲。有馬口から10分位のところ。結構綺麗な沢やった。林道も横を並行して通っている、超お手軽コース。ドロップ&プールが続き、滝も3つ程ある、ボルトも打ってあるので直登攀可能。1ヶ所、ゴルジュをへつってオーバーハングのチョックストンを越える楽しい滝があるので、犬はハーネスで吊り上げることになる。でも全部高巻き出来るので、水量次第でご自由に。ただ堤が3ヶ所出て来るのが興醒め。
最後の滝で今期初泳ぎ。もっと水量があれば、シュートに入って滝壷に勢い良く吐き出される。でも、天気も良く、温かい一日だったので楽しく終われた。
コメント
コメント

おけい2007年05月16日 21:28
雪とたわむれていらっしゃるかと思ったら、
次は水ですか!?
一気に季節が変わった感じですね。

次回はワンコも一緒に行けたらいいですね

ごっちゃん2007年05月16日 21:35
きれいなとこですね~ワンちゃん喜びそう。
そういえば私も一回ワンちゃん流されそうになってるの見ましたよ(笑)必死に犬掻きしてましたね!かわいかったです。


nob2007年05月16日 21:42
沢登り、なかなか魅力的ですね。でもNOBにはちょっとハードルが高すぎて、出来そうにないです。
せいぜい、滝畑ダムですね。
又、夏にはカレーとナンとサラダにビールで、川遊びしませんか?

するすみ2007年05月16日 21:43
おけいさん

お久しぶり。その、最後に付いているキラキラはなんなんですか?!もしかしてそれって、このコメントを書く枡の上にある絵文字とか言うやつに入ってるの???今度教えて下さい。でも、おっさんは使えんか。

えぇ、えぇ、今、水と雪の狭間を行ったり来たりです。来月あたり富士山で雪は締めにしようと思ってまして、暑苦しい夏が来たら、犬連れて沢の水を浴びてます。んで、約4ヶ月程耐えたらまた雪が降るので、山に入ります。暑いの嫌いなもんで。

するすみ2007年05月16日 21:55
ごっちゃんさん

お~、そういえば。あれは明王渓谷やったな~。なんしか、ごっちゃんと行くと荒れた条件が多い。いつぞやの御岳も死ぬとか言って吹雪の中でじっと立ち止まって動かんし。あのワンコが流された時も前日の大雨で水かさが大変なことになってたし。嵐を呼ぶ女!きゃ~、かっこいい~。って、一緒に行ったらえらい目に遭うので、参加をご遠慮願うこともありますので悪しからずっ!外輪山はワラビの次は何や~?

nobさん

あっ、それいいっすね~。ビールとナンとカレーとサラダって。沢は登らなくていいので、宴会&キャンプもできる河原がありますから川遊びに行きましょ、行きましょ。

をゝゑ2007年05月17日 14:39
おぉ!沢の季節、到来ですねぇ~もうそんな時期なのかぁ。
下界ではうだる暑さ、なのに滝に打たれて震える…ヘンタイのスポーツ、沢。

ソーメンも喰いますよね~沢ではなぜか。水ばんばん使えますし。
フェルトシューズからハーネス、カラビナとヘルメット、ハンマーに…そういや必ずアロハ着てましたな、当時は…その他道具一式は隠し持っております。
ただし、ザイルはナシ(いっつも吊ってもらってたもんで(^^;
比良もいいっすけど、スズカあたりもいい鴨。

いずれワンコといっしょに吊ってください。

おけい2007年05月17日 21:21
え~まだ雪と遊べるんですか

で、絵文字は全然難しくないですよ
コメントを書く左上に黄色い
「絵文字」ってのがあるでしょ?
それをクリックしたら、絵文字一覧が出るから、
お好きなのをクリックするだけですよ

クリックした時は絵文字じゃなくて、
指示記号らしきものが挿入されるだけみたいですね。
でも確認画面を押すと、絵文字がでますよ。
最近出来たサービスみたいですね。
気付いたらあったから。

おっさんと言わずたまに使ってみてくださいね

nob2007年05月18日 07:50
するすみさん、宴会できる河原に是非連れてって下さい
アミ、7月の10日位から授業は午前中だけ。
平日でも近くならいけます。
楽しみにしてます。

するすみ2007年05月19日 21:08
ををゑさん

やはり、沢はひとつ間違えば変態の遊び。できればカーっと暑い日がベスト。真夏に黒部の沢で危うく低体温症になりかけた記憶ありますね~。とんでもなく綺麗な沢やったけど。今年は一度、犬連れ、家族連れで楽しい沢やりませんか?

おけいさん

おおきに。恐々使ってみます。そういえば、夏にまたKYOTO-LOCOがあるとちらっと情報入ってます。真偽の程は?

NOBさん

平日の7月のシフト決まりましたらご連絡します。スケジュール詰めましょう。

おけい2007年05月20日 01:15
LOCOの噂はありますが、
まだ何も決まっていないようですよ!

をゝゑ2007年05月21日 19:17
LOCOって…
勝手に道路にペンキで字を書いて怒られたイベントのことですか?
私もぜひ怒られてみたいです♪

あっそうそう、本チャンのバンク走らせてもらえる話。
某ムッチーにインサイダーしようとしましたが、走行はプロ以外、公式試合やその練習に限られる、とのこと。つまりは学校とか、そのテの登録団体に限られるのが原則、とのことでした。
ただしどの場合でも「原則」というのがミソらしく、なにかの機会には走れますよね…イベントとか…という問合せには、否定はされませんでした。真ん中の芝生んトコは、うっとこのムスメも陸上でお世話になってましたし。
そんなことで、即攻はムリのようですが、引き続きアンテナ張っときます、てなことでごカンベンとリカンベント


するすみ2007年05月21日 22:13
ををゑさん

いや~、なんか大変な事、押し付けちゃって、申し訳ないです。気長に待ってますので、その節は宜しくお願いします。

そ~なんですよ。風のHPでLOCOやるって言うから、言い出しっぺの人が本気なのかちょっと気になってます。この世界、つい最近知ったので、前回の大会とか雑誌で見る程度で現物を見てないので、多いに楽しみにしているところです。シングルスピードが閉鎖されたトラックの世界から街乗りの世界に開放されて、今急激に増殖しているのが、ただのサブカルチャーで終わるのか、市民権を得るのか、この辺のイベントの方向性に大きく左右されそうなんで、ワクワクしてます。僕としてはどっちの方向に進んでも良いと思ってますが、できれば、広く一般に受け入れられる形で成功してもらいたいなと期待しています。東京のイベントは官憲から中止勧告があったようで、どうも良く思われていないのが現状のようですな。ブレーキ必要論が鍵なんですかね、やっぱし。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2007-05-15 02:27 | 山遊び | Comments(0)

大山縦走登山

  久しぶりに大山を縦走してきた。今年は雪が少ないと言われていたが、どうして、結構しっかり稜線上に付いていました。微風快晴の絶好のコンディション。冬山お初の女の子2名とコンテ初めてのバリバリクライマーを連れてのピークめぐりだったけど、皆クライミングの経験があるので、すぐに意味を理解し、スムースに楽しめた。
  剣が峰からユートピアまでの冬限定コース。ナイフリッジに緊張する場面もあったけど、無難にこなし、元谷まではトラバースに尻セードを織り交ぜ、キャーキャー言いながら一気に降りて、女子組はスノーシューで大山寺までラクチン歩行。初心者には盛りだくさんの内容で楽しかったようだ。
  こんな仲間との山行もまたいいもんだ。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2007-02-07 22:59 | 山遊び | Comments(0)