ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

カテゴリ:養蜂( 2 )

養蜂の夢2

以前、もう5-6年も前だろうか、いずれ基地に住んだら養蜂をやろうと決心して、巣箱を設置したことがあった。

キンリョウヘン蘭という蜂誘引ホルモンを出す花を置いて、蜂を待ってみたが、結局偵察蜂の飛来だけで、捕獲までに至らなかった。
b0229636_07154980.jpg

それがイキナリ向こうからやって来た。会社の同僚が、街中の住宅地密集地で飼い始めたところ、家族の抵抗にあって泣く泣く基地に置いていった。というのはウソで、イキナリ設置して、後から置いといたよ〜っと、メール一本で、了解も無しに捨て子状態。まぁ、いいけどさ。気心知れてる奴だしね〜。
b0229636_07154915.jpg

かなりガッチリ張り綱まで張って、重箱六段の高層マンション風。中は以前写メ見せてもらってた。既に4枚程の巣が垂れ下がって活発に営巣状態にある巣箱。

最初、逃亡の可能性が大だと思い、居なくなればその時と思っていたが、いざ観察を始めると、本 に書いてあった事や、新たな発見があって、これは定住してもらえまいかと思うようになって来た。
b0229636_07155067.jpg

外仕事から帰って来る蜂に判り易いよう、巣箱は基地のシンボルツリーである黄木蓮の下に設置。木蓮の葉っぱが大きな日陰を作って、入り口は明るい南向き。巣箱の前は芝生状の草地と優良物件であることは間違いない。後は蜜源が半径2km以内にあれば問題無く定住するはずだ。して欲しい。
b0229636_07155059.jpg

日中は、頻繁に働き蜂が往来して、入り口付近は活況を呈しているが、出入りそのものは非常に整然としていて、指揮系統の整った軍隊そのもの。家作りの作業の手を休めて、巣箱の前で観察する時間が長くなった。いずれ、まだオーナー権を主張する同僚が採蜜にやって来るだろう。その楽しみとは別に、この不思議な生き物日本ミツバチの生態は、面白過ぎる。出来れば、来年の春に分蜂して、新たなコロニーを形成するまで観察したい。

Being a beekeeper

5-6years ago, I've tried catching a bee colony. Fixed up beekeeping box and set a sort of orchid spread hormone attracting Japanese bees. However, all I could observed was just several scouting bees. Not successful of collecting the queen who leads her entire colony to the box.

However, the dream of being a beekeeper came true all of the sudden. A colleague of mine caught a bee colony this spring, but his family opposed to keep the colony at their home. So, he came to my bat cave and left the beekeeping box at one night. He later told me that he shifted the location of the colony into my garden. It was like hit and run! Well. I should have been lucky in this case, I know.

Carefully negotiating about ownership of the colony, I won the new colony's ownership. Can't wait for coming spring.

I told him that still be very patient till the colony settles. We do not know if bees can find their honey source. If enough of honey source was found, they'll stay. Otherwise, Japanese bees dryly abandon their current home and move to find a new home. So far they look satisfied with new home. But be ready.

Their new home is located under the symbolic tree of my bat cave. Shades of the tree covers the box well enough. Lawn in front's well mowed not to block bees flying in and out. I found bees were like jet fighter on a aircraft carrier. Catapulted from front deck of the box and coming back. And the elevation angle is always the same. About 30 degrees. Quite interesting to watch.

Gathering honey may be on autumn, like September, I guess. By then, will report to you all again.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-06-19 06:37 | 養蜂 | Comments(0)

養蜂の夢

秘密基地の畑の植え付けが終わった。

今年は、サントリーから出ているイタリア系トマトを4種類。長いのや、デッカいのや、普通のロマトマトなんかコミ込み。それに、去年作ってとっても美味かった加賀太胡瓜。後は大豆と、ジャム用にルバーブ。フキの一種だけど、甘く煮てパイやジャムの定番。それと、韓国青唐辛子。これは、アジアンな料理には万能。

ほんで、一息付いたので、今年やりたかった事の一つを片付ける。

降って湧いた畑の話しにあたふたして頓挫していた日本ミツバチの養蜂。プランは年明け位から練出して、やれピザ窯や雨水井戸だの浮気のし放題だったので、忘れかけてたけど、この前HCで杉の足場板が安売りしてたので、ジッと見てたら蜂の巣箱を思い出し、もろもろの間隙を縫って、ちまちま作ってたら、今日やっと完成。

養蜂は小さい頃からの夢でした。子供の時分はとにかく虫博士。原色昆虫図鑑が擦り切れる位見ていた。将来は虫と暮らす。養蜂なんてその最たるもの。勿論、蜂蜜大好き。打算たらたらで始めるつもりやけど、虫を毎日眺めながら、習性を学び、共生できたらええ事尽くめではないかい。てなわけで、今話題の日本ミツバチに挑戦してみようかと。

絶滅が危惧され、洋蜂(和蜂:日本ミツバチに対して)に追いやられ、野性種としての習性ゆえ飼育が難しい(巣箱が気に食わんとすぐに集団脱走する)ので、養蜂家に見向きもされなかったけど、ポリネーション(授粉作業)の観点からも見直され、最近にわかに脚光を浴びている。日本ミツバチのサイトは多く、情報は微に入り細に入り入る。写真の巣箱は最近のスタンダード、重箱型巣箱。 グループの多少に応じてサイズを変更出来る。掃除もしやすい、給餌もしやすい、外敵に攻撃されにくい等の利点から、最もポピュラーになりつつある。

最後の写真。巣箱の前に置いてあるのがキンリョウヘン蘭。東洋蘭の一種で、日本ミツバチの帰巣を促すフェロモンと同じ物質を出すと言われ、2月のオークションで、やっと花芽付きのやつを落とした。順調に育って、もうすぐ開花の予定。開花を待って、巣箱に蜜蝋を塗り付け(日本ミツバチの養蜂家から貰った)て、心当たりの場所に設置してみようかと。

来てくれるかな~。
コメント
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-05-03 16:16 | 養蜂 | Comments(0)