ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

カテゴリ:養蜂( 3 )

養蜂の夢 その3

前回、いきなり夢が叶って、我が家に日本ミツバチがやって来てからはや4カ月。本日、その目的の第一である採蜜にこぎつけました。
b0229636_21175897.jpg

元々、会社の同僚が、街中の家で飼えなくなって、秘密基地に持ち込まれたものが、初夏から晩夏にかけて大きく巣を拡張して、群としても拡大し、理想的な強群に育っていました。ただ、それで蜜を順調に集めているかというと、消費量との需給バランスもあり、そうで無いケースもあることから、巣の天板を開封してみるまでドキドキでした。
b0229636_21175918.jpg

結果から言うと、蜜はタップリとたたえられ。極めて順調な採蜜が出来た事、なによりでした。その同僚家族も呼んで、二家族で和気藹々と初採蜜を楽しみました。
b0229636_21175903.jpg

まず、重箱型の巣箱の1段目に新しい巣箱を足して、これから切除する分を補います。同僚の足元にある箱がそうです。
b0229636_21180063.jpg

それから、天板を切除して、蜂が蝋着けしている板を取り外します。刀身の長い薄い刺身包丁で切り離す。なかなか頑丈に着いていて、外すのに苦労した。何事も初回は判らないことだらけ。
b0229636_19475946.jpg

エアーコンプレッサーで、巣に絡んでくる蜜蜂を吹き飛ばしながら、最上段の巣枠を切り離して行く。
b0229636_21180176.jpg

そして、最上段を切除して、スッポリ収まるプラケースに入れて、巣箱から離れたところで、さらに巣を外枠から切り離す。
b0229636_21180165.jpg

蜜たっぷりの巣が、プラケースの中にドサッと落ちて、蜂蜜が甘い香りを辺りに撒き散らす。皆んなチョットづつ舐めて、「おぉ〜!」と全員が漏らす。普段、まず絶対に食べる事の無い非加熱の生蜂蜜。しつこく無いサラッとした甘さ。後で、パンに浸けて食べたら、いくらでも食べられる。自然の甘さの美味いこと。至福の味である事は間違いない。
b0229636_21180218.jpg

巣を切り終わった蜜の着いた刺身包丁や、蜜の着いた巣屑は元々の採取者であるミツバチに還元して、綺麗に舐めて貰う。今回は、想像するに、貯蜜された約1/3を頂き、残りはまた来年まで、越冬用のエネルギー源として群が存続する為の残す。ミツバチから言わせれば、蜜盗人の勝手な理論というが、このまま採蜜せずに巣が土台まで到達すると、群が崩壊の危機に瀕してしまう。我々パラサイトの人間が、その群の存続を維持するお手伝い賃として、ある意味ヤクザ的に掠め取る蜂蜜。大事に消費したい。

Being a beekeeper. 

Four month has passed since my colleague dropped the bee hive on my bat cave garden. Ever since the colony's became very strong and everything went right. Adding up two new box for the extended colony. Total six boxes so far and still growing. Probably the entire colony holding about 25000 to 30000 honey bees with one diligent queen. 

Previous report of my colleague found the hive reached almost fifth which is second to the ground base of the hive box. One thing scares the 'owner' is the bee hive reached to the bottom. As the control room is located always at the bottom. So, before the hive end reached to the bottom, owner must add another box at the bottom and cut off the top box with honey stored hive. 

First, lift up the entire hive and place a new box carefully avoiding crushing honeybees. Then, cut out top plate with knife. The top plate was tightly sealed by bee wax. Slowly slicing the bee wax away from top notch box. Once opened the top, blown off bees around by air compressor. Then again, cut the top notch out from the second top. 

Very sweet smell of honey's spread out from the hive box. Once removed the top notch, quickly push the box in a plastic case. Honeys sticking on the knife and broken hive was left in front of the hive boxes for honey bees sucking up. Later on, we found not a single bit of honey left at the crumbs of bee hive. Perfectly recycled. 

The hive boxes went quiet right after we have removed the top notch. Not a single bee was trying to sting us working around the hives. We have retreated from the site and started removing hive from the box.  First, inserted tip end of bamboo stick for removing long bamboo stick holding the hive. With pulling out the stick, hives inside went free but still each side end sticking with the box frame by beewax. Cutting away the whole beehive from the frame, dropped 6 plates of hive into the plastic box. The honey's not thick as I imagined. Still need sugar rate of the honey higher for long storing. Otherwise it'll be fermented faster under normal temperature. 

Put everything back to normal conditions except terminating pupae of a moss eating bee hive which already intruded under the basement of the hive box. These pupae is deadly intruder for the Japanese bee colony. Basically those bugs are scavengers. If total escape happened, these bugs cleaned the hive up, and the new colony will come into the empty home. Their intrusion is so vicious that still active colony my be driven into disasters. Owner must alway be very careful not to allow the intruders coming in.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-09-03 20:29 | 養蜂 | Comments(0)

養蜂の夢2

以前、もう5-6年も前だろうか、いずれ基地に住んだら養蜂をやろうと決心して、巣箱を設置したことがあった。

キンリョウヘン蘭という蜂誘引ホルモンを出す花を置いて、蜂を待ってみたが、結局偵察蜂の飛来だけで、捕獲までに至らなかった。
b0229636_07154980.jpg

それがイキナリ向こうからやって来た。会社の同僚が、街中の住宅地密集地で飼い始めたところ、家族の抵抗にあって泣く泣く基地に置いていった。というのはウソで、イキナリ設置して、後から置いといたよ〜っと、メール一本で、了解も無しに捨て子状態。まぁ、いいけどさ。気心知れてる奴だしね〜。
b0229636_07154915.jpg

かなりガッチリ張り綱まで張って、重箱六段の高層マンション風。中は以前写メ見せてもらってた。既に4枚程の巣が垂れ下がって活発に営巣状態にある巣箱。

最初、逃亡の可能性が大だと思い、居なくなればその時と思っていたが、いざ観察を始めると、本 に書いてあった事や、新たな発見があって、これは定住してもらえまいかと思うようになって来た。
b0229636_07155067.jpg

外仕事から帰って来る蜂に判り易いよう、巣箱は基地のシンボルツリーである黄木蓮の下に設置。木蓮の葉っぱが大きな日陰を作って、入り口は明るい南向き。巣箱の前は芝生状の草地と優良物件であることは間違いない。後は蜜源が半径2km以内にあれば問題無く定住するはずだ。して欲しい。
b0229636_07155059.jpg

日中は、頻繁に働き蜂が往来して、入り口付近は活況を呈しているが、出入りそのものは非常に整然としていて、指揮系統の整った軍隊そのもの。家作りの作業の手を休めて、巣箱の前で観察する時間が長くなった。いずれ、まだオーナー権を主張する同僚が採蜜にやって来るだろう。その楽しみとは別に、この不思議な生き物日本ミツバチの生態は、面白過ぎる。出来れば、来年の春に分蜂して、新たなコロニーを形成するまで観察したい。

Being a beekeeper

5-6years ago, I've tried catching a bee colony. Fixed up beekeeping box and set a sort of orchid spread hormone attracting Japanese bees. However, all I could observed was just several scouting bees. Not successful of collecting the queen who leads her entire colony to the box.

However, the dream of being a beekeeper came true all of the sudden. A colleague of mine caught a bee colony this spring, but his family opposed to keep the colony at their home. So, he came to my bat cave and left the beekeeping box at one night. He later told me that he shifted the location of the colony into my garden. It was like hit and run! Well. I should have been lucky in this case, I know.

Carefully negotiating about ownership of the colony, I won the new colony's ownership. Can't wait for coming spring.

I told him that still be very patient till the colony settles. We do not know if bees can find their honey source. If enough of honey source was found, they'll stay. Otherwise, Japanese bees dryly abandon their current home and move to find a new home. So far they look satisfied with new home. But be ready.

Their new home is located under the symbolic tree of my bat cave. Shades of the tree covers the box well enough. Lawn in front's well mowed not to block bees flying in and out. I found bees were like jet fighter on a aircraft carrier. Catapulted from front deck of the box and coming back. And the elevation angle is always the same. About 30 degrees. Quite interesting to watch.

Gathering honey may be on autumn, like September, I guess. By then, will report to you all again.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-06-19 06:37 | 養蜂 | Comments(0)

養蜂の夢

秘密基地の畑の植え付けが終わった。

今年は、サントリーから出ているイタリア系トマトを4種類。長いのや、デッカいのや、普通のロマトマトなんかコミ込み。それに、去年作ってとっても美味かった加賀太胡瓜。後は大豆と、ジャム用にルバーブ。フキの一種だけど、甘く煮てパイやジャムの定番。それと、韓国青唐辛子。これは、アジアンな料理には万能。

ほんで、一息付いたので、今年やりたかった事の一つを片付ける。

降って湧いた畑の話しにあたふたして頓挫していた日本ミツバチの養蜂。プランは年明け位から練出して、やれピザ窯や雨水井戸だの浮気のし放題だったので、忘れかけてたけど、この前HCで杉の足場板が安売りしてたので、ジッと見てたら蜂の巣箱を思い出し、もろもろの間隙を縫って、ちまちま作ってたら、今日やっと完成。

養蜂は小さい頃からの夢でした。子供の時分はとにかく虫博士。原色昆虫図鑑が擦り切れる位見ていた。将来は虫と暮らす。養蜂なんてその最たるもの。勿論、蜂蜜大好き。打算たらたらで始めるつもりやけど、虫を毎日眺めながら、習性を学び、共生できたらええ事尽くめではないかい。てなわけで、今話題の日本ミツバチに挑戦してみようかと。

絶滅が危惧され、洋蜂(和蜂:日本ミツバチに対して)に追いやられ、野性種としての習性ゆえ飼育が難しい(巣箱が気に食わんとすぐに集団脱走する)ので、養蜂家に見向きもされなかったけど、ポリネーション(授粉作業)の観点からも見直され、最近にわかに脚光を浴びている。日本ミツバチのサイトは多く、情報は微に入り細に入り入る。写真の巣箱は最近のスタンダード、重箱型巣箱。 グループの多少に応じてサイズを変更出来る。掃除もしやすい、給餌もしやすい、外敵に攻撃されにくい等の利点から、最もポピュラーになりつつある。

最後の写真。巣箱の前に置いてあるのがキンリョウヘン蘭。東洋蘭の一種で、日本ミツバチの帰巣を促すフェロモンと同じ物質を出すと言われ、2月のオークションで、やっと花芽付きのやつを落とした。順調に育って、もうすぐ開花の予定。開花を待って、巣箱に蜜蝋を塗り付け(日本ミツバチの養蜂家から貰った)て、心当たりの場所に設置してみようかと。

来てくれるかな~。
コメント
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-05-03 16:16 | 養蜂 | Comments(0)