ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

カテゴリ:セルフビルド( 274 )

家作り備忘録248 A selfbuilder's note

今週は区の自治会がある週末。後で家族が来るけど、一足先に電車でゴー。
b0229636_21142941.jpg

キウィの受粉が進んでいる。すでに結実した枝は鈴生り。
b0229636_21143045.jpg

先週建て込んだ型枠を外す。上半分は綺麗に打てたが、下半分はジャンカ(穴空き)がいくつか。砂利少な目でセメント練って、穴を塞ぎ、余分なセメントのはみ出しをダイヤモンドホイールで削り取って、寸法を出す。
b0229636_21143155.jpg

とりあえず雨水タンクの容れ物兼、デッキの土台が粗方出来た。
b0229636_21143152.jpg

タンク容れを掘った土の山を崩して、周辺の土地を10cm程嵩上げした。
b0229636_21143291.jpg

b0229636_21143221.jpg

家族がやって来た。
b0229636_21143336.jpg

雨水タンクを再度高圧洗浄機で中を洗って、バランスを見てロープを掛けて、ユンボで収める。
b0229636_21143367.jpg

二個目を入れる時にちょっと引っ掛かったが、
b0229636_21143422.jpg

きっちりに収まった。これで水が入ると、内側から外に強力な圧力が掛かるので、コンクリの枠が内側に倒れる心配が無くなる。デッキの基礎としても安心。配管をして循環システムを作る。屋根から雨樋を伝ってタンクに貯めて、再びデッキの屋根に設置する太陽熱温水器に行って、お風呂に回るお湯になる。オーバーフローはデッキの前に掘る池に入る。そのオーバーフローは菜園に回り、それでも溢れる水は最後に側溝に排出される。
b0229636_21143450.jpg

池の穴掘りをして、側壁を整えて砂利を敷いて、今日は終了。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-05-28 16:23 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録247 A selfbuilder's note

先週の週末は、休みが日曜だけだったので、今週は金曜日お休みに変則週末。
b0229636_15531209.jpg

朝一ミョウガ畑を見に行って、新芽を抜いてきた。真っ白な根っこの方は、そのまま齧っても全くエグ味も無く、歯ざわりも良い。何で今までこれを喰わなかったのか悔やまれる。午前中は、セメント用の砂利と砂を買いに行って積み込み、積み降ろしで終わった。
b0229636_15531329.jpg

さて、先週組んだ雨水タンクの鉄筋に、内側から型枠を立て込む。土の壁と型枠で、薄いコンクリ壁を作り、その上に繋げる形で100mmの枠を載せる。今日は、古い型枠を切ったり繋げたりして立て込みまでやった。それから角パイプを縦に入れて、型枠を内側から外に突っ張り棒を噛ませて、長い辺の中弛みを抑えるところまで。
b0229636_15531382.jpg

雪でバキバキに折られた酢橘の木が、花を付けた。ダメージの大きな枝は、葉っぱを出すのが精一杯だけど、軽傷の下の枝は花まで付けてくれた。後は受粉を待つばかり。
b0229636_15531499.jpg

昨日型枠の立て込みが終わった、地下半分の土壁との隙間にコンクリを流し込む。ちょっと薄すぎたかも。足りないところでは隙間が開いているかも。後で塗り込むことにして、先に進む。今日は、地上側の型枠を立て込む。
b0229636_15531432.jpg

今年の山椒は、虫の受粉のタイミングがズレたのか、実の付きが悪い。
b0229636_15531575.jpg

朝一から地上側の型枠を完成させて、ミキサーで練ったコンクリをどんどん流し込む。容積計算の通り、ポルトランドセメント6袋ぴったりで収まった。気持ちいい〜。水が引くまで後片付け。
b0229636_15531527.jpg

水が引いたところで、鏝で綺麗に均し、ツルツルに仕上げた。
b0229636_15531681.jpg

ブルーベリーがだんだん形になってきた。今日は早めに上がって、走ろうか。

Took Friday off to finish the hole. Skeleton of the hole was set last Sunday. On Friday morning, went to purchase sand and pebbles for the wall of the hole. The morning was over by loading and unloading of the sand and pebbles.

Form started to fix for the lower part of the hole. A bit too thin wall but still hold the wall of the hole, however, cement was poured in to the thin space between soil and wall of the form on Saturday.

Once filled, upper portion of the form was started to fix. While fixing the form, lower wall was beginning to harden. By the time upper portion fixed, the lower wall half cured. Normally it'll take about 24 hours completely cured.

The last day of the week begins with pouring cements in to the upper form. The form was filled by noon. While the cement in the form half dried. Took trowel out to the form and smothered the top surface of the wall.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-05-21 15:11 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録246 A selfbuilder's note

連休明け。今週は月一土曜日出勤の日。で、作業は1日だけ。
b0229636_15435177.jpg

今日は1日晴れの予報。雪が記録的に多かった今年の冬。屋根からの雪でグチャグチャに潰されたキウィの棚も、元どおり組み直して、元気に花を咲かせてくれた。連休明けに恵みの雨が降って、庭の木々が元気良く生い茂る。マルハナバチが盛んに授粉作業に来てくれている。ありがたいことだ。
b0229636_15435235.jpg

先週掘って、砂利を敷いておいた雨水タンクの穴に入り、叩き締める。ある程度水平が取れたところで、基準の高さに水糸を張り、水平を取る。
b0229636_15435216.jpg

対角線に張った水糸の基準高から、砂利の表面に一定の深さを確保して、浅いところは、砂利を動かして均す。もう一度、床面の砂利の上に真っ直ぐな合板を置いて、水平を見て、均して、天面との深さが一定になったことを確認。
b0229636_15435395.jpg

砂利の上にセメントを流し込んで、均し、表面を面押しで綺麗に整え、四隅に鉄筋の棒を打ち込む。
b0229636_15435394.jpg

それを基準に、中間の支柱を均等に分割した位置で打ち込む。若干被り厚を取りながら、内側にワイヤーメッシュを支柱に立て掛けて、固定する。まだ柔らかいセメントに支柱やワイヤーメッシュの先を少し潜り込ませている。今日出来るのはここまで、来週までに床面のセメントが乾いたら、型枠の取り付けに移る。
b0229636_15435477.jpg

ブルーベリーの受粉が進んで、結実した花は役目を終え、ポロポロ落ちてゆく。小さいがブルーベリーの形をしている。来週は型枠作りからか〜。

Hole dug last week for accommodating rain water tanks dried completely as we had no rain during the week. Curved a bit of the wall of the hole to adjust its size.

Pebble spread last week also adjusted its height to the level thread set across the rectangular hole. Once level set, pour cements over the hole. The bottom of the hole also needed to level out by pressing down appeared on its surface. Then smooth out its surface by trowel.

While the cement curing, placed steel rod on each corner and in between. Rods anchored connected by steel wire mesh. That's all I could do for the day.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-05-14 14:59 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録 245 A selfbuilder's note

ゴールデンウィーク後半。というか、途中で色々遊びを入れ過ぎて、作業が全く進まなかった7日間。

DAY4

b0229636_17294034.jpg

雨水を貯めるタンクをオークションで落として、和歌山の田辺まで引き取りに行った。でへ〜、遠かった〜。でも、タンクは非常にコンディションの良いもので、水飴が入っていた容器だそうです。内側から外側に向けての圧力に強い、鉄の枠付きです。
b0229636_16454720.jpg

型枠に屋根用の柱を固定するアンカーを取り付ける。

DAY5

b0229636_16454757.jpg

今日は、友達が誘ってくれたので、山菜採りに出かけた。お目当はコゴミ。タラの芽と双璧を成す春の山菜の代表。群生地に足を踏み入れると、香りの良い青海苔みたいなコゴミ。若干開き気味だったが、それでも穂は柔らかく食べ頃。
b0229636_16454849.jpg

午前中で、結構採れた為、午後はデッキと雨水タンクの基礎用に砂利を買いに行く。
b0229636_16454850.jpg

その夜は、コゴミのお浸しに、山菜採りの師匠から教わったコゴミのお好み焼き。キャベツの替わりにタップリ入れてシャキシャキの歯応えを楽しむ。青海苔が要らない!(^o^)

DAY6

b0229636_16454970.jpg

型枠に段差がある部分は、コンクリの堰き止め板を、高さに合わせてそれぞれ入れて行く。
b0229636_16454923.jpg

型枠が規定の高さより高い場合は、そのまま使い、流し込む位置の片側にマスキングテープで印を付ける。
b0229636_16455019.jpg

型枠の床と接する桟木にコンクリートネイルを打ち込む。だんだんガッチリしてきた。
b0229636_16455021.jpg

手摺りの芯材として、13mm径の異形鉄筋を150mmづつ高さをズラした位置で、基礎の鉄筋に固定する。
b0229636_16455155.jpg

型枠にコンクリートをどんどん流し込んで行く。突き棒で、少しづつ隅々まで押し込んで、その後、型枠の壁を軽くハンマーで叩いて回る。コンクリートがきっちり端っこまで入るよう、ここはゆっくり、丁寧に。

DAY7

b0229636_17103812.jpg

型枠に入れたコンクリートが乾く間、次の作業に。デッキの基礎作り。いきなり図面のミスが発覚!帰って作り直し。とりあえず、基礎の鉄筋を組む。
b0229636_17103981.jpg

手曲げで、10mmの異形鉄筋を四角に曲げる。13mmの比べたら簡単だが、24本となると、さすがにシンドイ。
b0229636_17103956.jpg

13mm径の脚に行灯形に組んで、デッキの土台になる。機械で曲げて無いので、真っ直ぐ組めないのを無理矢理カタチにする。

DAY8

b0229636_17104070.jpg

硬化時間を少し多めに見て、型枠を外す。なんとか思うような形が出来た。型枠を外す時はいつもドキドキする。今回は、少しづつネコ車で、丁寧に入れていった為、ジャンカ(鬆)は出来なかった。型枠が古い割には、壁面が綺麗だったのか、コンクリートの表面がスベスベに仕上がっている。
b0229636_17104047.jpg

Pコンを抜いて。
b0229636_17104118.jpg

その穴にコンクリートのキャップを埋め込む。接着剤は、エマルジョン系の基剤にセメントを混ぜたもののようだ。
b0229636_17104191.jpg

乾いたコンクリートの枠に掘り出した残土を埋め戻す。ここら辺の土は非常に栄養豊富な腐葉土で、買い手がつく程、質が高い。けど、ゼロエミッションを目指すので、売らない。
b0229636_17104254.jpg

押し固めながら規定位置まで、ぎゅうぎゅうに詰める。
b0229636_17104298.jpg

埋め戻し完了。
b0229636_17294115.jpg

友達夫婦が立ち寄ってくれたので、夕方まで話し込んで、風呂に行く前になんとか砂利を敷き終える。

DAY9

b0229636_17294172.jpg

前の日に砂利を敷いておいたから、朝イチからコンクリ枠に差筋アンカーを打ち込んで、鉄筋メッシュを敷いて、被り厚を十分取りながらコンクリを流し込む。鉄筋メッシュは砂利の流れ止めにもなって、こんな傾斜面のコンクリ打ちでも、結構精度が出せる。
b0229636_17294117.jpg

朝イチからやったので、昼前から午後にかけて降った雨の後に、ちょうどタイミング良く鏝で表面仕上げが出来た。冬の事も考えて櫛目を入れて仕上げた。時間をかけて表面を均したから、割と綺麗に仕上がった。完全に乾いたら、滑り止めの塗料を塗ろうかと思っている。

DAY10

b0229636_17294288.jpg

朝見ると、猫の足跡は無かった。乾くと、あんまり綺麗じゃないなぁ。まぁ、塗ったら隠れるか?(^o^)
b0229636_17294252.jpg

久し振りに大矩を出して来て、とりあえず基礎とは関係無いが、基礎の下に埋め込む雨水タンクの位置出しをする。
b0229636_17294312.jpg

桟木で作ったインジケーターを基点に打ち込む。
b0229636_17294450.jpg

ユンボで掘って、
b0229636_17294449.jpg

砂利を敷き詰めるとタイムアップ。長い休みも終了。
Day 4

Picked a couple of water tank up with driving 8 fucking hours. The tanks holding 1.2 tons each will be buried under the deck facing south.

Resumed to plant some anchors for pulling down entrance pillars among the skeleton.

Day 5

Went on sourcing bubbles and unloaded near the deck area. Add some form plate along with skeleton.

Day 6

Form completed. Installed small plates between forms to block cements overflow into offsetting frames.

Mixed cements with a mixer. The mixer helps me out far effficient than a hand mixer. Mechanically mixed cements filled the forms slowly but far faster than manually mixed ones. Slow enough not to push forms to be deformed. Once filled the forms up. Then push cements down at every corner with a steel rod to exterminating cavity completely. In addition, hammered the wall of the form slowly killing micro cavities.

Day 7
Soils dug out returned to the bottom of each slope frame cell. Stomped firmly. Spread pebbles on the soil packed. Again stomped firmly. Preparing for deck base, bent steel rods to square.
Stacking 3 pieces of squarely bent steel for one set to form skeleton of the base with 13mm diameter rod per inside corner. Built totally 8 sets.

Day 8

Drilling holes along with slant line on slope frame wall. Total another 8 set of extension rods anchored on the wall. The put steel wire mesh spread on the extension rods poked out from both side
which also preventing pebbles from sliding.

Poured cements on the tightly pressed pebble filled the slope.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-05-07 16:05 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録244 A selfbuilder's note

今年の連休は10日お休みします。

DAY 1

b0229636_19073726.jpg

今回の連休中は、ユンボが借りれたので、手を付けて無かった外構作業を中心にやります。この図面は、エントランスへのスロープ。まず、コイツから着手。
b0229636_19073848.jpg

まずは、ユンボで設置予定地をガシガシ掘って行く。このミニユンボはヤンマー製で、コマツのシフトに慣れているから、操作から覚える必要あり。レバーにベタベタと動作を書いたガムテープを貼って行く。
b0229636_19073839.jpg

だいたい掘った。細かい端っこは、スコップで修正。
b0229636_19073916.jpg

ユンボのブルドーザーで、ひたすら均す。砂利と砂とセメントを買いに行く。土曜日もやってると思ってた砂利屋さんが祭日で休みと判って、閉店間際に買いに行って、ギリギリセーフ。積み降ろしでくたくた。基礎用の砂利を入れて、ユンボで固めて終了。

DAY 2

b0229636_19073956.jpg

コレも借りたセメントミキサー。すごい兵器だ。砂と砂利とセメントを放り込むだけで、あっという間に攪拌終了。(^o^)どんどん流し込める。
b0229636_19073974.jpg

一転俄かに掻き曇り、雷雨となり、一時中断。
b0229636_19074040.jpg

3:00に雨が上がって、再開。ミキサーのおかげで、快調に進む。ピンコロを置いて浮かせたワイヤーメッシュが少し被るくらいで敷き詰める。
b0229636_19074071.jpg

敷き終わったら、踏み板に乗って、表面を均す。メッシュにハンドルが着いた優れもので、ペタペタとコンクリの表面を押すだけで、砂利が沈み、モルタルだけ浮いて来る。それを後ろに着いた合板で滑らかにしてくれる。ツルツルに仕上がった。
b0229636_19074197.jpg

黄木蓮が満開。
b0229636_20041853.jpg

後付けだが、ワイヤーメッシュの下を潜らせて、L字に曲げた鉄筋を打ち込む。
b0229636_20041826.jpg

コレが固まると、基礎の配筋の全ての拠り所になる重要な作業。本日終了。

DAY 3

b0229636_20041988.jpg

朝起きて、硬化の具合を見に行くと、猫の足跡が。
b0229636_20041906.jpg

久しぶりにハッカーで鉄筋を固定。まずコの字の踊り場用に曲げた鉄筋を留めて行く。
b0229636_20042085.jpg

手すりの配筋迄終わらせて、
b0229636_20042081.jpg

スロープの上端を示す位置にチョークラインで墨を打つ。
b0229636_20042122.jpg

コンクリの被り厚を見込んだ位置に揃えて、均等な距離に反動ドリルで穴を開け、差筋アンカーを叩き込む。この上にワイヤーメッシュが乗る。
b0229636_20042132.jpg

セパレーターにPコンを着けて、型枠固定用のコンクリネイルを用意する。
b0229636_20042257.jpg

前回、本体の基礎を作った時に貰い受けた古い型枠にセパレーターを組み込み、取り付けて行く。
b0229636_20042265.jpg

本日、ここまでで終了。

Ten days straight off this so called golden week. Drew two new partial plan for exterior construction.

Day 1

My friend Hiroshi rented me his backhoe, an excavator. First half of this long weekend will be devoted to build the entrance slope. Dig out about a foot deep , 1.5 by 2.5m wide ditch by the backhoe. Stomped bottom of the ditch by the heavy machine. Spread up to 40mm size pebbles to fill 1/3rd of the ditch. Then stomped again on the pebbled ditch.

Day2

Prepared cement, sand and finer sized pebbles the day before. Rented also concrete mixer from Hiroshi-san. This quite effective machine helped me shortening certain amount of time. Filled another 1/3rd of the ditch with concrete. Planted L shaped steel rods for anchoring the frame of the slope on the slope base.

Day 3

Once dried in the next morning, found that a cat walking on the wet cement. Ha, ha. Connected steel stakes to the planted rods. Skeleton of the slope finished eventually. The skeleton must be buried under cements. Must stay certain distance away from surface as well.

Drew a line on the side wall of concrete base indicating gradient of the slope. Along with the slant line, dig 10mm holes in certain pitch and plant anchors with extension rods. These rods holds steel mesh enhancing sturdiness of the concrete surface of the slope. The mesh pushing down the pebbles under the cement surface.

Pitching up form for concrete frame holding soil and pebbles sliding down. Spacers holding forms tight together and the core become part of the skeleton structure later.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-04-30 18:19 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録243 A selfbuilder's note

そろそろ花粉も終わりかなぁ、と思ったら、黄砂がPM2.5を乗せて飛んで来た週末。
b0229636_15430011.jpg

我が家のシンボルツリーである黄木蓮が満開に。いきなり全開するので、辺りが急に華やぐ。
b0229636_15430063.jpg

先週に引き続き、コンセント回路の接続。水周りと和室を一括り、リビングを1基増やして6基で一括りにした2回路を終わらせる。
b0229636_15430107.jpg

風呂に行くまでに時間があったので、洗面所に続く廊下の天井板を打つ。
b0229636_15430175.jpg

中途半端だが、分電盤に集まる各回路からの配線が纏まる位置の仕様を決めかねて真ん中までで一旦終了。
b0229636_15430227.jpg

朝一ワラビを採りに行ってきた。今年は不作だが、いつもの場所から一段上がった土手の上に柔らかい新芽が出てた。
b0229636_15430211.jpg

玄関アプローチへ延びるスロープをコンクリで打設する鉄筋を曲げる作業。来週から連休中に取り掛かる下準備。曲げ位置をディスクサンダーでマーキングして、
b0229636_15430335.jpg

4mの異形鉄筋を3つに折る。前回使ったのが4年前。力が逃げない様にと、作った治具に固定して曲げていたが、
b0229636_15430383.jpg

2本目を曲げている途中で、ハンドルが折れてしまった。
b0229636_15430415.jpg

仕方ないので、治具を修正して、手曲げの棒と固定枠で曲げることに。ラチェット式のベンダーの何倍か力が要るけど、あと1本と少しだから、手曲げでいった。主筋は出来たが、立ち上がり筋は短いので更に力が要る。折れ線にグラインダーで深く切目を入れて、曲げ易くしたらなんとか8本曲った。
b0229636_15430478.jpg

めちゃくちゃお腹が空いたから、ひよこ豆のデリ風サラダを作って、ガツガツ喰う。全部喰うつもりが、半分でお腹いっぱい。食えなくなったもんだ。
b0229636_15542378.jpg

コンセント系の配線が終わって、照明系に移る。丸型と角型の引っ掛けシーリングを分岐までの長さに応じてカット。結線までしてまとめておく。
b0229636_15542454.jpg

照明の種類をどうするか決まっているところから天井に10mmのドリル穴を空けて、引っ掛けシーリングをタップで固定。トイレと脱衣所が終わってタイムアップ。さて来週からコンクリの打設工事が始まる。重労働なので体力が持つか?スタミナが心配。

Hazy yellow sand bearing particles micro 2.5 from China's annoying me causing lots of sneezing.

Resumed to wire two new circuits. One connecting outlets around sanitary plus traditional Japanese room. Another connecting total 6 of outlets in the living room.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-04-23 15:07 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録242 A selfbuilder's note

今週は、月曜日に重機の荷受けがある予定で休み取ったら、土曜日の朝に先方から持って来ていただきました。
b0229636_16102958.jpg

先週の続きから入って、ダイニングの収納棚に棚板を入れ終わった。同じ単純作業が続くので、ちっとも面白くない。でも、気合い入れて、黙々と、だな。
b0229636_16103055.jpg

で、日曜日は終日晴れの予報。海津大崎の桜が満開で、たいそう見頃らしい。久しぶりにカヤックを出して来て、漕いで見に行こうか?でも、軽トラしかないし、斜めに積んだら、間違いなく引き摺る位デカい舟。ウチにはなんでか2人艇と日本に多分数艇しかない3人艇だけがある。両方共6mを超える。今から1人艇を作っているヒマは無いので、それはいずれ作る事にして、とりあえず今ある2人艇を軽トラに載せる方法を考えようか。そういえば、長尺物の材料を買いに行くつもりで用意した単管パイプとジョイントがある。
b0229636_16103073.jpg

その名もジョイント工業が出している単管パイプ用の結節金具をサイズに切った単管と繋げていくだけ。風呂上がってから夜に怪しい音を立ててカチャン、カチャン言わせながら組み立て。超簡単。ガッチリ組み上がった。
b0229636_16103131.jpg

こんな感じ。違法積載物掲載車輌。2人艇でも最長のこの機種は、カヤックがズラリと並んでいる高木浜の駐車場でも、かなり目立つ。珍しい艇を見に来る人が多く、そのオッさん達捕まえて、積み降ろしを手伝わせた。わはは〜。(^o^)
b0229636_16103173.jpg

桜は、前日の昼に降った、雹のおかげで房から叩き落され、満開から1/3減。でもまだまだ綺麗ですな。
b0229636_16103216.jpg

で、いつものマキノ高木浜に行くと、会社の連中が前日からキャンプしていて、カヤック10艇位とSUPが5枚位、総勢20名位で押し出す。「いや〜、昨日はエライ目に会いましたよ。」と、ゴルフボール大の雹にテントを破られないか、ワクワクしてキャンプしてたらしい。変なヤツら多いです、ウチの会社。でも、久しぶりのカヤックでの花見、楽しかったです。
b0229636_16103214.jpg

午前中に花見を切り上げて、飯食ってから午後は、1階の板の間と玄関を1回路としてコンセントの結線作業。午前中にカヤック漕いで、若干疲れが出た?早目に切り上げて、風呂へ。
b0229636_16103384.jpg

ウチのシンボルツリーである黄木蓮が咲き始めた。
b0229636_16103341.jpg

今日はダイニングとキッチンのコンセントを配線。電力消費量を考えると、熱源を多用するキッチンは独立配線が多いので、簡単。ただし、あんまり使わないけど、使うと一気にアンペア数を喰う熱源を使う箇所は、慎重に分散しておいた方が良い。ダイニングにアイロン台を設ける箇所は別回路にした。
b0229636_16103389.jpg

軒に近いキッチンの配線は、投光器入れて、這いつくばって作業。かなり腰に来る。昨日のカヤックの動きも合わさって、腰がちょっと変な感じがする、早目に上がって、マッサージでも行くか。

Shelf needed to be filled today as I have to move on to wiring up stairs. Actually, simple repetition of cut, plain, and fix, just boring. However, every detail must be marked the highest score at any time. Kept concentration high enough.

Went to the lake north for kayaking. Probably haven't paddled for about 5 years. Needed kayak carrier. Built one with steel pipe and joints . Pretty much sturdy. The best season for watching cherry blossoms spreading all along the north of mother lake. Great view from kayak on the water. Had enjoyed the view with my friends paddling kayaks or stand up paddle boards.

Returned home and resumed to wire outlet's circuits at second floor. 7 outlets went to one circuit on the southern side room. Allocation of power consumption needed to be well thought. Heat source at dining or kitchen is considerably heavier. But not around utility spaces. According to expected consumption, number of outlet decided naturally.

Wiring at attic requires awkward position. Lower back ache must be avoided.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-04-17 15:13 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録241 A selfbuilder's note

雨の週末、土曜日働いて月曜日お休みの変則休日。
b0229636_17483392.jpg

日曜日の朝、起きて基地の桜を見ると、いきなり8分咲き。来週には満開になり、散り始めかもしれない。途端に暖かくなって、霧雨が降ったり止んだり。
b0229636_17483487.jpg

先週設置した玄関の下駄箱兼クロークの天井付近に、壁面の末端隠しの飾り垂木を打つ。下側をオフセットにして、壁面の羽目板上端を隠す仕舞いに収めた。まず半端の長さを上から下まで。端材を充てるので要尺が上がる。
b0229636_17483409.jpg

昼過ぎから会社の同僚夫妻が見学に来たので、案内して、少し話しして帰った。珪藻土を塗ったトイメンの壁を少し残して今日は終了。
b0229636_17483590.jpg

我が家のスダチは、どうやら生き延びたみたいだ。
b0229636_17483518.jpg

葉っぱの根元にまた小さな葉っぱが生えて、先端の大きな葉っぱが寒さと雪の圧迫でダメージを受けても、次が控えている。凄い生命力だ。代謝を促す為に、茶色くなったり、欠けている葉っぱは、この小さな葉っぱの先端から摘み取り、青葉だけ残した。なんとか元に戻るといいなぁ。
b0229636_17483640.jpg

翌月曜日は、朝一、秘密のパラダイスにタラの芽の様子を見に行った。本番は来週だな。
b0229636_17483611.jpg

でも、まぁ、手ブラで戻るのもシャクなので、ちょっと陽当たりの良い薮を回って、少し集めてみた。開き過ぎかなと思ったが、トゲが全く出てないので、今晩の晩御飯で天ぷらにしてもらおう。
b0229636_17483742.jpg

ついでに薮から細めの竹を切り出して、屋根からの雪でグチャグチャになったキウィの棚を修繕。位置が悪いのは解っているけど、今年の収穫が終わって位置を見直そう。
b0229636_17483772.jpg

先週、棚板を仕入れたが、放置っ放し。自動カンナ盤を掛けるのが面倒だったから。重い腰を上げて、20枚程掛けて、垂木に2枚づつ乗せて、エアネイラーで打っていく。組み立てが出来たら端を面取りして、棚に入れてみる。
b0229636_17483869.jpg

こんな感じ。結構な収納量になりそうだ。でも、直ぐにいっぱいになってしまうんだろうけど。切りの良いところで本日終了。そろそろ連休にまとまった仕事をする段取りを考えないと。

Resumed to finish walls at entrance. Filled western face with cedar wall panels. Climbed up to ceiling and covered edge of wall panels with cleanly planed crosspieces. Part of decoration. Some needed notch cutting. These cedar panels might need painting. I would like traditional stain with black steel powder. Will leave it this way for a while.

Back down to dining. As I had little time the next day, decided to fix shelf plates. About 16mm thick cedar boards bought about a month ago needed to go where they should be. Planed them and cut to sizes. Joined 2 panels by crosspieces to make one shelf panel. Filled 1/3rd of the shelf by noon and left for my house dogs waiting for a walk.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-04-10 17:04 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録240 A selfbuilder's note

月末の金曜日がプレミアムフライデーという事らしいが、普通に働いて、基地へ。
b0229636_16115380.jpg

会社の同僚が日本ミツバチの養蜂をやりたいとのことで、巣箱を置かせろという。まあ、あてにならんけど置いてみたらと言ったら、本当に置いていった。しかも、バッチリ誘引ホルモンを出すキンリョウヘン蘭をぶら下げて。手前のワシが以前置いてから放置している巣箱と比べると、非常に良い出来。ミツバチが入ったらワシの巣箱にも入らんかなぁ。期待せんと待っとこ。
b0229636_16115420.jpg

さて、先週下地処理して良く乾いた石膏ボードに、ようやく珪藻土を塗ることに。どうしても買わないといけない道具は、プロ向けの道具屋で揃えて、コテ板だけ作成。軽さ、腰、洗いやすさで、コーティングしてある1mm厚の鋼板。ユニットバスの窓を抜いたところから切り出した、石膏ボード付きのヤツをダイヤモンドカッターで切り抜き、石膏を剥がす。桟木の余りを使ってグリップを作る。かるくて強い。
b0229636_16115472.jpg

プラバケツにコテ2種類、コテ板、ミキサーアタッチメント、電動ドリル、左官用柄杓、スポンジ等。
b0229636_16115533.jpg

今回は、このケイソウクン。中を開けて、計量しながらプラバケツの中に放り込んでいく。触ると、冷んやりしていて、後で壁を触った時にも同じ冷んやり感がある。繊維質の骨材が沢山入っている。水との混合比は重量比で10:8。最初なので、規定の量をキッチリ計量して入れる。
b0229636_16115511.jpg

水を7割程いれて、ミキサーで硬めに混ぜて、10分程放置。時間経過後に、残りの水を少しずつ入れて、伸ばしていく。練り上がりはソフトクリームらしいが、それがどれ位柔らかいのか?見当も付かないので、9割入れたところで、触ってみる。分からん。とりあえず全部入れて、少し柔らか目でも、乾燥時間が充分確保出来るから良いだろう。
b0229636_16115604.jpg

天井にマスキングして、床にはマスキングテープにシートが付いたヤツで養生。床の真ん中は、余ったブルーシートを敷いて、露出面を消す。シートの一部をガムテープで押さえて、準備完了。
b0229636_16115671.jpg

二時間が施行時間の限界なので、一気に塗った。当初考えていたよりはるかに良く伸びる。端を細かく塗って、真ん中を大きく動かす。石膏ボード一枚塗ったら感覚が判った。コテの腹で塗る感じか?どんどん塗れていく。途中の写真を撮る暇が無い。と言うか、新しい技術を習得する時は、面白いので、時間がアッという間に過ぎる。予定の面積を塗ったけど、余ったので、玄関の石膏ボード全部塗って、さらに余った珪藻土を修正用に残し、均一に仕上げる。ゴムのヘラが大活躍。
b0229636_16115787.jpg

翌朝、ニラが芽を出している菜園の草を取って、雪で倒れた囲いを戻す。博多人にとって、ニラは特別な野菜。コレ無しにモツ鍋は食えない。鍋に出汁とモツを入れて、ニラを鍋の倍の量入れて、食う。だから、ニラは沢山育てないといけない。
b0229636_16115799.jpg

水分を多く含んだジョイント部分を除いて、だいたい乾いたので、玄関の正面奥に靴箱兼クロークのフレームを設置。早朝から棚板の入込みを切り出し、ピタピタに設計してある枠を作りながら押し込む。折角塗った珪藻土を傷付けないように、更に5mm程幅を狭くして、そ〜っと押し込んだ。上手く行った。壁にかすり傷一つ付けずに収まった。奇跡や。来週から1階の照明とスイッチの配線に入る。

Resumed to fill entrance eastern face with diatom plaster. Bought a couple of bags for trial. I was about to plaster the earth on the wall inside any storage normally out of sight. Once I got used to spread diatom, maybe able to move on to exposed walls covered by gypsum boards.

Mixing rate was 5:4. Put diatom 5 and 3.5 into a plastic bucket. Mixing it to a bit thick and leave it for 10min. So that the chunk sucks moisture evenly. Then add the rest of water and mix it again. Instruction says finished touch is like soft ice cream. How ca I tell them?

Before mixing diatom plaster, masked entire edge. Trowels and service board's ready. Plastering diatom went real smoothly. Got used to how to use trowels on every spreading. An hour later, I guess I was beating pros. Spreading diatom thin and smooth. Very smooth touch. In about 3.5hours finishing all of eastern wall at entrance.

While waiting for drying the wet wall, went outside waking my little farm. The next morning started with fixing shoe storage. It was like a miracle that even a tiny scratch was left the newly plastered wall while fixing the storage.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-04-02 15:07 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録239A selfbuilder's note

今週末も金曜日お休みの木曜夜発。天気は上々だけど、花粉の飛散も多いはず。世は腐界に入った。
b0229636_14474923.jpg

下駄箱のフレームを作ったはいいが、後々の工程を考えると、玄関周りの壁面構成を済ませておかないと、取り付けが非常に難しくなる。まずは、内玄関唯一の窓に枠を着ける。縦長の横滑り出し窓にキッチリ嵌め込む枠を、荒材だけど、桧の特一等で作る。自動カンナ盤は、先週刃を研いでおいたので、ツルッツルに仕上がる。仕上げカンナ不要。面取りだけやって、切り揃え、コーナークランプで押さえ、下穴を開け、固定する。枠内側の周囲は約1mmしか余裕を見てない。
b0229636_16121876.jpg

かなりキツキツだったけどぴったりフィット。柾目の桧は木肌が本当にきれいだ。アングルに開いたネジ穴に専用のビスをねじ込み、ガッチリ固定。当て木をして、軽く叩き込んだ程にぴったりだったから、ネジ無くても良かったけど、いずれ暴れるから、押さえ込む。
b0229636_14475096.jpg

午後は、石膏ボードを買いに行って、建て込み、珪藻土塗りの下地作り。
b0229636_14475092.jpg

翌朝目地とネジ頭が沈んだ分が痩せて、凹んでいる。痩せた分を補って、
b0229636_14475152.jpg

グラスのメッシュテープを貼り、
b0229636_14475191.jpg

目地の補充と割れ防止にメッシュを充填剤で埋める。今回は試しに市販の充填剤を使ってみたが、どうやらエマルジョン系の基剤に骨材とあるのは、平たく言うと、木工ボンドに石膏を混ぜただけのようだ。これなら、3kgで2-300円の詰め替え用ボンドに、石膏ボードの屑をすり潰して混ぜたら出来そうだ。1/10位の原価かなぁ。比率をちょっと試してみるつもりだが、一階の壁面全部コレでいけそうだな。
b0229636_14475296.jpg

ナイター営業して、とりあえず内玄関の壁面を全部建て込んだ。
b0229636_14475243.jpg

石膏ボードは後で建て込みした分を、翌朝目地処理して、
b0229636_14475339.jpg

乾く間に、菜園の畑起こし。EM発酵した堆肥を漉き込む。
b0229636_14475395.jpg

ついでにタイヤを交換して、作業に戻る。もう雪は降らないだろう。後片付けをして、今日は早く帰って走りに行こうか。来週は、目地が完全に乾いているだろうから、珪藻土塗りとできれば玄関の下駄箱建て込みまでいきたいなぁ




Resumed to build shoe stock, however, had to finish wall before that.

Went local hardware store to get gypsum boards. Filled the wall behind the shoe stock and wall facing west at entrance. Joint between walls needed to be filled with glue containing gypsum powder. Then sealed the gap with FRP mesh tape.

The next day after joints completely dried, and receded more than I imagined, filled the dents again with glue.

While drying the gap, I was working on building window frame, one at inner entrance. 'Polished' surface of the frame with planer. My new one's adjusted by pro produces very thin film out from spruce board surface. Fairly contented with this perfect flat planer with extremely sharp blade.

Made this frame with less than 2mm allowance on the inner square. A bit tight, but fitted with the aluminum framed window.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2017-03-26 14:02 | セルフビルド | Comments(0)