ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

カテゴリ:セルフビルド( 312 )

家作り備忘録26 A selfbuilder's note

地鎮祭

我が家を建てるに当たって、地鎮祭をする事に決めた。ワシ、とある神社の最下級の神主の資格持ってます。学生の時、人類学の論文を書くのに、ちゃんと神道の所作を学んでおこうと思い、京都の官幣大社で神職の養成講座を受講。その時のオマケで貰った資格を、やっと使える日が来た。まぁ、今まで人の祭祀を司る事は考えなかったからね。御利益ゼロだろうし。^_^;

今回の地鎮祭用に装束を新調した。と言っても、高価なんで自分で縫った訳だけど。なんか簡単そうやし。

b0229636_10473818.jpg

反物を屁みたいな値段で、オークションで落として。
b0229636_10474022.jpg

裁断。
b0229636_10474148.jpg

手縫いはしんどいので、ミシンを使う。
b0229636_10474294.jpg

アイロン掛けて、ついでに糊で固める。カンターチが便利。

反物の幅は約38cmだけど、これは大人の男性の腕の一関節とほぼ同等の長さで、この生地幅を縦方向に並べたパーツを縫い合わせれば和装のボディが出来上がる。この幅は縫い代込みだから、良く考えられている。カヤックを自作していて知ったけど、イヌイットも同じようにヒジから指先までを一つのグリッドとして、各人オーダーメイドのカヤックを作る。細かい部分は手のひらの長さや指の幅何本という形で決めて行く。このエスニック・メジャメントから逸脱しないことで、楽な立ち居振る舞いが出来るように生活環境を作り上げて来た。同じように尺寸法というコードが日本人の生活様式を知らず知らずに支配しているのだろう。

こんなん作ってる時が一番しゃーわせ。ワシ、長いこと会社の生産部門で縫製の加工管理の仕事してたから、寸法図見たら大体構造が理解出来ます。狩衣はかなり簡単な部類のガーメントだな。あっ、そう言えば、この装束もそうだけど、和装って型紙を使わないようですねぇ。色んなサイト調べたけど、出て来ない。マスプロの製品は知らないけど、多分グリッドが決まっているので、身長を聞いてオーダーメイドで職人が作るんだろうな。まぁ、開口部や横幅は誰が着てもユッタリしてるから問題無いか。後は下帯や小物でフィッティングを調整するようです。だから、着付けという服を人に合わせる事を目的とした技能が発達したんだろうね。これもヒューマンセントリックな考え方が面白い。
b0229636_10474339.jpg

b0229636_10474447.jpg

ついでに小物を2点。笏と高烏帽子。
b0229636_10474612.jpg

b0229636_1047473.jpg


足元はやっぱ浅沓が正式です。ついでに作っちゃいました。上下パーツの接合は接着剤と和紙に膠で固める方法じゃないかと思うんだけど、カヤックの接合方法と同じくシニュー(動物の腱で作った縫合用の糸)で固定、縫合ラインにグルーブを入れてフラッシュ。人工漆で固める。浄衣の共生地にパンヤを詰めて、足の甲を保護する枕を入れる。不恰好だけど、一応脱げない。ベースの型をウォルディーズから採ったのが正解だった^o^

b0229636_10475662.jpg



今回の装束は、浄衣と呼ばれる白い(実際は生成りだけど)装束で、神主なら大宮司から新米の禰宜さんまで皆同じに着れる、オールマイティな祭祀用の服装。スタイルは狩衣(かりぎぬ)で、広く祭礼で使われるモードだ。元々、その名前の通り狩猟用なので、袖口に上下共ドローコードが付いていて、絞れるようになっているし、動き易い。神官のそれはほぼ飾りになっているようだが、指貫(さしぬき:袴の一種)の裾はだいたい絞ってあります。蹴鞠の装束に似ていますね。下着として大帷(おおかたびら)という襟が表から単(ひとえ)の重ね着に見える服を着て、足袋を履けば衣装は出来上がり。後は、烏帽子と笏(しゃく)を持てばそれなりに見えます。今回使った生地は縮緬なので、本来は襦袢用かな?ちょっと腰が無いんで、仕上げに糊いっぱい使わないと張りが出ない。どうせ二度と使わない装束だからバリバリに仕上げましょう。!(^-^)/

b0229636_10474897.jpg

b0229636_1047496.jpg

b0229636_10475178.jpg

b0229636_10475464.jpg


装束類が出来たところで、祭祀用のサイト作り。祭壇を作り、北から南を向いて設置。小物を用意して、忌竹を調達。御幣を藁縄に差し込んで吊るす。祭壇の上は一番上が神籬(ひもろぎ)つまり、神の依代(よりしろ)。まぁ、御休み処のようなもの。その神を饗応する供物が並ぶ。簡単に言うと、神道は教義神道を除けば、基本アニミズムの世界だから、神は何にでも宿る。その神の力を借りて日常の困った事や、果ては政治までコントロールしようとする。まぁ、為政者の思惑は置いといて、我々庶民はこれから起こる大工仕事での無事と安全というささやかな御利益を、饗応と祝詞で神をもてなして、その対価として貰おうという儀式がこの地鎮祭。やってる本人は別として、家族はこれで日本人的に安心するかな?まぁ、するでしょう。今回の祝詞(のりと)はちょっと欲張って、関係各方面の神達かなりの数にお願いするので、結構長くなりました。祝詞(のりと)はその語義の通り「祝いのコトバ」。諸説あると思うが、そう理解するのが一番合ってると思う。これでもかというくらい褒めちぎっている。規模が大きくなると巫女の舞や雅楽までついておもてなしするけど、予算の関係で今回はカット。^_^;こんなもんかな?
b0229636_104752100.jpg


式次第と祝詞を書く。と言ってもワードのプリントアウト。^_^; 祓い詞(はらいことば)をカンペに書いて笏に貼り付ける。
b0229636_10475357.jpg


進行をリハーサルして準備オッケー。さあ、やりますか。(続く)

To begin with whole procedure of building my house, I've decided to hold a ground breaking rite.

Sounds pretty strange but I'm a certified Shinto priest. The lowest of rank though, I was certified being priest when attended one week course given at a big shrine in Kyoto. I took the course for learning Shintoism so that I could back up my knowledge on anthropological thesis.

To prepare the ritual, I had to sew my costume. They called Kariginu:jacket and Sashinuki:pants The style of jackets and pants were originally used for hunting in ancient time. Both had draw cord at cuffs on jacket and hem on pants.

My experties with garment production supervisor helped me sewing this ritual garments. The construction of the jacket is rather simple. Traditional Japanese sewing style do not require patterns. Since fabric width determines basic grids of garment styling, the rest of sequence of garments sewing are length adjustment and fine tuning of openings unless user were Sumo wrestler. While simplicity of garment required specialist for fitting to be presentable. Garments must be adjusted for user in formal situation. Sounds quite human centric tradition, doesn't it?

Sourcing fabric wasn't so difficult. Bidding on yahoo auction, I've got 5 rolls of white kimono fabric. Made of silk with textured surface. Traditional fabric in northern Kyoto prefecture. Chirimen the name stands for shrunk surface. Very drapy. So soft that I needed corn starch glue when ironing to give it a little stiff touch.

Some ritual accessories needed to make. Wood stick Shaku. The stick replaced sword originally expected as formal during ritual. Probably rulers scared their inferior's coup. Then Eboshi the hat. This hat shows his rank among peers or priests. And the shoes. Shoes for formal occasion is wooden one called Asagutu. Which also hand made by me. Cutting out from good smell of Japanese cedar. Glossy lacquered with black paint. Inserting instep pads called Makura as pillow.

As for the color of ritual clothing. I've chosen the one I can use at any ritual. So the garment color must be white or non-scoured natural cream which is the color of undyed silk. Whatever the rank you are, white is omnipotent in Shintoism like yellow garment for Buddhism. Dalai Lama shares same color with a neophyte kid.

Shintoism is basically animism. So gods reincarnate everywhere. We invite gods to our site. Praise them, feed them, then ask for what we desire. Writing Norito as god praising song without melodies. Cutting white papers to determine sacred crease. The white paper also cut to shape for Himorogi where gods' reincarnate.

Then, everything seems to be ready. OK. It's show time!

(To be continued)
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-02-19 08:29 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録25 A selfbuilder's note

基地地方は今週も雨または雪の天気。でも、まあ例年に比べれば少ないし、根雪にならない。

b0229636_2255497.jpg


外からデッキまで材木を運んで、一本づつ刻み作業を地味に続けている。刻み始めた頃に比べれば、ずっと手際も良くなっているし、仕上がりも綺麗になってる。今は横架材の刻みだから、柱などの垂直材の配置を決めるホゾやカマを一本に沢山彫らないといけない。その為、横架材の刻みが常に垂直材の刻みをリードする。土台を刻み終えると、1階部分全ての垂直材の番地が決まる。管柱だけで84本。これに間柱などの壁面補強材が入り、開口部の枠材が納まる。まだまだこれからだ。

b0229636_22555169.jpg


構造材の刻みをやる朝の定番メニュー。朝からガッツリ食べて、一日中刻みマシーンになる。それでも4本彫れればいい方。ここで間違えると後が大変なので、土台伏図とにらめっこしながら、番地を一つ一つやり終えたら消し込んで行く。間柱の要不要と継手の形状を確かめながら、納まりを都度ゲージに合わせて嵌合をチェックして行く。地道な作業だが、土台がもうすぐ刻み終えるところまで来た。

b0229636_22555392.jpg


後、4本。勝手に設計士に修正を加えられた南北方向の刻みは、墨付けをやり直してから刻みに入るので来週かな?

b0229636_22555467.jpg


夜には車で20分位の山の中にある温泉に入るのが、唯一の楽しみ。そこはドカ雪が降ってた。4駆の軽トラは圧雪路を軽快に登る。一日の疲れを癒してくれる温泉に翌日のパワーを充電してもらおう。

b0229636_22555695.jpg


恭一さんの倉庫に窓や戸口等の開口部が出来上がってた。もうすぐ完成?

We have less snow than average year.

Nothing new. I've been working on cutting joints on the base beams. These beams accept pillars every 910mm. Supporting pillars slides in between pillars. According to this 910mm grid, the basic scheme of Japanese houses are constructed. We do not use nails for joints of pillars with beams done only by tenon and mortise. These joints must be precise and secure. To check firm joints, apply mold for each shape after cutting tenon or mortise. So cutting beams takes more time than pillars. Thus a mortise decides location of each pillar. Several more beams left, finally.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-02-17 22:52 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録24 A Selfbuilder's note

3連休なので金曜日の夜から基地へ。時間に余裕があるこんな時に、いつもあったら便利だけど、後回しになってたモノを。先ずは、デッキの電源取り付け。
b0229636_20442225.jpg

壁に導入管の穴空けて、
b0229636_20442441.jpg

電線剥いて
b0229636_20442512.jpg

防水タップ取り付け。通電チェックして、103ボルト。OK。
b0229636_20442681.jpg

出来上がり。^o^

この程度の配線工事、サッサとやっといたら良かった。これでイチイチ延長コードのドラム持って回らんで済む。

思ったより早く出来たんで、調子こいて、便利グッズをもう二品。
b0229636_20442886.jpg

丸ノコ保管ベース。いつも斜めに置かれて、安全カバーと刃に負担が掛かってる丸ノコもこれで安心。
b0229636_20442942.jpg

刻み作業の定番メンバー、ノミ3本、玄能、手鋸、墨壺が収まるお道具箱。

この二品は新しい作業台で作成。快適!細工物はワークベンチに限る。(^-^)/
b0229636_20443173.jpg


現場監督は朝から全開!

b0229636_2044325.jpg

その後、監督業を放棄して昼寝。

b0229636_20443337.jpg


この3連休、基地地方の予報は雪マーク。確認図面で変更が無かった東西方向の土台を刻む。この作業やってる時に一番大工さん気分が味わえる。管柱や間柱、継手の位置関係を図面と確認しながら、フンフン鼻歌混じりになってやってたら、
b0229636_20443577.jpg

あちゃーっ!失敗こいた〜っ!切らんでもいいとこ切ってもた〜。今回もラッキーな事に軽傷で済んだから良かったけど、注意せな。

ようやく確認図面との照合も終わり、柱、桁、梁の発注が出来る運びとなった。実は、柱の長さを計算していたら、ここにも建築士のおにーさん勝手に寸法変えてて、せっかく3mの定尺に収まるよう歩留まり考えて図面引いてたのに、7cm程足りないっ!慌てて建築士に連絡取ったところ、「7cmくらい低くなっても問題ありませんよ。」だって。大丈夫かなこのおっさん。まぁ、結構適当に建ててもええことが判って、気が楽になったのは良しとしようか。これも建築士と相談出来るメリットか?全部自分でやってたら、細かい事気にし過ぎて、胃に穴が空くかも。ただでさえ胃潰瘍持ちやのに、いい加減にして欲しいで、ホンマ。

b0229636_20443668.jpg


作り付け家具のええ本見つけた。日本では伝統工芸の指南書で素人に解りやすく書いたものは皆無に近い。あったとしても、職業訓練校の教科書くらいで、およそ懇切丁寧とは言い難い。文化の違いか?英文のものなら、いくらでも出て来る。ただし玉石混交だが。ネットの書評を丁寧に読むとほぼ間違い無く欲しいレベルの本に行き当たる。治具の作り方や精度の簡単な出し方が沢山載ってて写真の解説が多い本が良いと思っている。残念ながら日本ではお目に掛かることは稀だ。

3days off. Fixing something you can't touch while busy. I've installed waterproof outlet on the pillar of my wood deck where I usually spend during my carpenter job. Drilling a hole for protective tube. Peeling off sheathed cord. Connecting with outlet tap. Checking voltage. There! As a certified electric engineer, this kind of rearrangement of circuit connection is easy.

To make things easy around working space, I've fixed 2 pieces of goodies. One is chip saw base. Without this base, fragile plastic safety cover and saw itself hitting ground. Another is a simple tool box for cutting equipment such as chisel, hammer, hand saw, and ink pot.

Finally, reconciliation with registration data, I've requested estimation for pillars and beams. Before finalizing pillar length, I was shocked with the architect has changed my scheme on pillar sizing about 3inches longer. Called him up and asked why. He said about 3inch shorter will not be any problem for final evaluation of building my house. Oh, well. Then I don't have to worry about minor change. Probably less than 1% allowance tolerated.

On searching fixture textbook, Amazon provided me a good one. To find a good textbook for traditional fixture building technique in Japanese is literally impossible. It's just a cultural difference. Japanese only transfer technical knowledge through oral interpretation not by written text. So, if you want to learn the technique, you have to be an apprentice of a master builder. No other choice. However, in English, you can choose the best fit out from variety of books. I think good textbook contains how to make various jigs and many visual introduction of technical detail. I was lucky to have this one.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-02-11 12:56 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録23 A selfbuilder's note

大雪警報の為に、先週の分もと気負って出かけて来たけど、結構いろんな雑事に追われて、本命の大工仕事は捗らなかった。

b0229636_1658258.jpg

b0229636_16582670.jpg

b0229636_16582854.jpg


それでも、今回は造作用の丸ノコが手に入ったので、作業自体は綺麗に出来た。基本的に刃物は、本体よりも刃そのものが切れるかどうかに掛かっているので、新しい刃に替えたら切れるに決まっている。丸ノコの刃に関しては、大工仕事中で最も多用するので、種類は無数にあり、グレードも様々。5年前に基地をリフォームした時に買った一般向けの丸ノコに比べると、すでに隔世の感がある。刃は別にして、当時鉄だった台座はアルミに代わり、しかもテフロン加工してあるので、軽く、最小限の力で取り回せる。オガクズは安全カバーの排出口から後ろ向きに出て来るので、墨線が隠れずに常にガイドを見失なわない。まだまだあるが、書き切れない。半日使って、作業を一通り終えた時の疲労感がまるで違う。ともすると、すぐにキックバックして暴れる丸ノコのイメージは完全に払拭された。それは、刃の進歩にも言える。出来るだけ切断面の抵抗を減らすように、テフロン加工は勿論、レーザースリットを入れて接触摩擦で発生する熱と空気を逃がす。驚くほどスムースに進む。チップソーの歯数も増えて、抵抗を抑えてあるので、切断面も格段に滑らかになった。これで安全性と加工精度がかなり向上する。買って正解だった。

b0229636_16582947.jpg



天気が良いので、花が咲く前に梅の枝を剪定。工事範囲に干渉する部分が出て来たので、併せて残す枝、落とす枝を選り分けて、かなりバッサリ。構想の中では、玄関アプローチに梅の花のアーチが出来る予定。梅の実はちょっと減るかも。

b0229636_16583080.jpg

b0229636_16583212.jpg



剪定作業をしていると、カワイイ小鬼さんが来て、厄除けの豆撒きをして行ってくれた。今年は赤鬼のお父さんも一緒でした。Kさんファミリーありがとうございました。

b0229636_16583381.jpg


翌日は早起きしてパンケーキ作り。20年振りに、迫力のあるアメリカンパンケーキが食べたくなって、3段のフルーツ大盛りに炒ったピーナツとメープルシロップをタップリ掛け、つなぎにホイップクリームをドバドバ入れた。完食はかなりシンドかった。

b0229636_16583425.jpg


こちらもセルフビルドで、倉庫を建築中の近所の木工作家・健一郎さん。現在基地周辺ではワシんとこも含めて3軒の自邸自給が進んでいるが、一番後発だった健一郎さんとこがトップに踊り出た。程なく完成する予定。影も形も無いワシんとこはいつ出来るんやろう?

Covering last week's behind, I've tried harder than usual, however,not much I could make. I bought a new chip saw which works incredibly well compared with the previous one. Japanese carpenters mostly rely on this device tremendous amount on cutting job. Chip saw improved so rapidly that my previous one became out of date so soon. Safer and more sophisticated. I can expect a lot more advancement on my procedure.

My plum trees are interfering the crease of foundation of my house. Selecting which one to leave, took me about a half of the day. In my mind, arch of plum blossam appears in spring time inside of the entrance approach.

Yesterday was the beginning day of spring on lunar calendar, old Chinese New Year's Day. A neighbor across the street came to my cabin to cast evil out of my property with throwing soy beans. This traditional ritual carried out by the family since they've moved in this area. So hard to have such a nice neighbor. Hopefully, this tradition last long even after kids grown up.

In our area, we have 3 self-building house including mine. Shinichiro-San, a rising star of wood cabinet builder who started building a warehouse for storing his vast collection of precious natural wood board. Mines hasn't even started digging, however, he's already finishing his one within a week or so. I sometimes imagine quitting current job and finishing my house sooner which I can't. Big dilemma. Give me a lot more days off!
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-02-04 15:41 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録22

基地周辺は大雪警報が出て、やる事一杯あるんだけど、電車で行くと帰れなくなるので、今回はパス。車は嫁が淡路島に鯛飯を喰いに行くとかで、使えない。お家で磨墨とお留守番。

こんな時は普段やっておかなければ、困る事を再考。とりあえず、図面関係の見直し。建築確認で少し仕様が変わったのに合わせて、引き続き図面の引き直し。

b0229636_134577.jpg


これは基礎伏せ図。すぐに直面する問題なので、直接載る土台や、補強金物、型枠の位置関係を整理して盛り込んだもの。これを見ながら、上下水道の配管の位置関係を考える。

建物と言うと大工工事が中心になるが、家として機能するには設備が必要となる。設備とは業界用語で配線や配管を伴う工事一切を指す言葉だ。つまり、人間で言うと、血管や呼吸器等の循環器系の部分。電気を通し、水やお湯を使えるようにする事。これが機能して初めて家として使い物になる。

b0229636_134646.jpg


設備の施工工程をまとめてみる。ブレーンストーミングして断片化した工程を順に繋げて行くのは、KJ法と同じだけど、エクセルを使ってセルにカットアンドペーストしながらアイデアを整理して行くのは楽しい。

今回、家作りに当たって、電気工事士の資格を取得したが、水道工事は資格取得が経験者に限られ、一般人には手が出せない。上水道の配管をどうするか迷った。全工程外注無しに暗雲が漂う。しかし、技術の進歩は目覚ましく、これを簡単に解決する方法が見つかった。さや管ヘッダー方式と呼ばれる配管方法がそれで、シチメンドクサイ水勾配を計算しながらの塩ビ管、鉄配管はすでに時代遅れの上、このさや管ヘッダー方式だと素人にも簡単に工事ができる。さや管は自由自在に曲がるから、接続する位置に向って簡単に繋げられる。接続はワンタッチでヘッダーと呼ばれる集合管に差し込むだけ。そこから再び分岐して行く。しかも、さや管に使われる架橋ポリエチレンは衛生的で強度も高く、何よりサビも出ない。下水道に関しては、構造が簡単なので、太めの塩ビ管での配管は難しく無い。排水も効率良く流れるように、施設配置を設定。水量の多い順に:風呂ートイレー洗濯機ー台所と排水することにした、水勾配さえ適正であれば詰まることはまず無いんじゃないかな。

基本自宅内での設備工事には一切役所も口出し出来ないので、自己責任(当然、セルフビルドであれば全ての責任は自分で負う訳だが)で設備の設置が可能だ。しかし、電気を引き込む段になって、安全にバランス良く配線が出来ていないと、電力会社から引き込みを拒否される。それと、オール電化にしたので電気設備図面を描いて申請しないといけない。オール電化にしたのは、一般家庭で200Vの単線だけど動力が得られるからだ。エネルギーを単一化して、電力会社の言う経費を「お得にする。」ことには興味は無い。屋根による集熱と床暖房、簡易太陽熱湯沸かし器、ロケットストーブによる掘り炬燵と、設計士さんが知らない隠し玉が用意してあるので、かなりの燃費削減が見込める。オール電化の比じゃありません。

b0229636_134737.jpg



昨日はちょっとオシャレなドッグカフェにお邪魔。人間用のランチも結構いけました。

b0229636_134850.jpg


そして今日は、磨墨の10年来の幼馴染、黒ラブのレオン君に超久し振りに公園でバッタリ。楽しい再会でした。

Weather forecast says it'll snow real heavy in northern Shiga prefecture this weekend. Accessing to my "Bat cave" shall be a little difficult. So, I've decided to stay at home and rethinking about designing my house.

Shown picture is redrawn over view of foundation with several construction elements. Including allocation of reinforcement bolts, wood panel mould scheme, and base log allocation.

With reviewing this picture, I've revised connection of drain pipe system. People may have impression that building a house means carpenter work, generally. However, building a house is orchestration of everything. Especially water and electricity supply system play a major role of making house as an anatomy, other than carpenter work. It's like cardiovascular system of human body.

Filling cells with fragmented ideas on spread sheet like Excel helps me composing sequence of building water supplying system. You can legally build your own water supply system by yourself in your own property. At your own risk, of course.
However, water supply pipelining used to be needed quite a craftsmanship. But recently cross-link polyethylene pipe connection system replaced the old one drastically. A device called header work as a hub for this system distribute water through the plastic pipe. Connection is easy with push and pull joint parts. Anyone can handle it without technical difficulties. Clean, durable, and easy, while well insulated with sheath construction. Heat loss is very minor.

Drain pipe installation is rather easier. As long as keeping proper gradient, sewage runs. Setting proper draining order helps avoiding congestion. Larger volume of sewage comes first. Order like, bath,toilet,washing machine, then kitchen.

I'll probably apply package supply program of electricity which you can't have contracts with other energy supply companies. The only reason for applying this program is that you can have twice as high voltage as normal supply program. Which let you use industrial standard machine at your house. Other merits are very little. Major consumption of energy for a house is generating heat without question. For this purpose, I've got some secret weapons such as passive solar panel system and water heating system for bath tub both on the roof. Other than that, rocket stove helps warming feet under dining table. Each heating unit will be installed as a fixture inside of the wall or roof so that you can't recognize from outside. In living north of Lake Biwa, those weapons help us saving a lot of energy cost while producing less warming gas.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-01-27 15:51 | セルフビルド | Comments(4)

家作り備忘録21

建築確認書類を読み直してみた。これが、今後の家作りの指針になるものだし、どの範囲まで逸脱して、好き勝手が出来るかを見極めないといけない。

建築士のオニーサンは、ワシの図面を法的に根拠のあるもの(主に強度設計の面で)にモディファイして役所に出してくれてるので、チョコチョコ元々の構想と違った部分が図面上見られる。

b0229636_143039.jpg

土台伏図

b0229636_143165.jpg

梁伏図

大枠は大差無いけど、強度の関係で入れたかった部材の寸法や設置方向の変更部分は、補助図面の基礎伏図、土台伏図、梁伏図、小屋伏図、その他各部の納まり図を引き直す事になる。役所に届けを出すのは、どんな外見になるかという事を主眼に置いた図面と強度計算書の二つがメインなので、実際にその外見になるにはどのような構成にするかは、補助図面を中心に動いて行く。というか、建築確認書類では家は建たない。

b0229636_143262.jpg



日本の大工さんは元々、板図という一枚の平面図に構造材の配置を盛り込んだ図だけしか描かない。それと尺棒という長い木に立面方向の寸法を書き込んで、後は棟梁の頭の中に描いた家のイメージを伝える事で建てて行く。その差配で家が建つのは素人にとって驚きだが、棟梁には細かい納まりから家の全体像までありありと見えているという。スゴイ事だ。ハウジングメーカー請負の大工さんには、その必要が無いから、本当の大工さんは減ったと言われる。

補助図面を引き直したら、すでに買ってある部材も含めて材料表の見直しをして、予算も変更される。建築確認書類の通りにやれば、最低限の強度しか取らなくても家は建つ事になっているから、ワシが組んだ予算よりずっと安く上がる。けんど、法的に問題の無い範囲で材料の質を上げたり、補助的な部材を入れるつもりなので、そのやり繰りを考える必要がある。

後は、家作りのコンセプトに合致する材料が調達出来るかだが。テーマは「めんどくさい家」だから、その基本方針を体現出来る材料となる。この家作りが上手く行って完成して、移り住む頃には、定年間近となるので、老後をどう過ごすかと言うのが最大の関心事。健康に天寿を全うするにはどうするか?死ぬ間際までキチンと身辺自立して生きるには、生活の中で常に体を動かし、頭を使う事じゃなかろうか。

朝起きたら、まず雨戸を開け、季節に応じて窓のアタッチメント(網戸とか)を調整、寒ければ薪をくべ、火を熾し、湯を沸かす。食事を摂り、片付けをし、掃除をする。畑に出て、作物に手を入れ、収穫する。日中はそれぞれが一日の仕事をこなし、風呂にお湯を取り、食事を作り、戸締りをしてまた眠る。その日々の生活の中で、大きく導線を取ったので、家の中を動き回るにも数歩多い。アルミサッシではなく、木枠の窓なので数手所作が多くなる。常に少しづつ体に負荷を掛け、それが当たり前の生活になる仕掛けを作る。それに、安全性と省エネ性能を盛り込む。快適ではないかもしれない。でも快適性って、気持ちの問題だから、数値で測れるものでも無いし、「快適だ〜、快適だ〜。」って言ってりゃ、快適になるんじゃなかろうか?住めば都って言うでしょ。^^;

作り付け以外には家具を出来るだけ置かない。ユーティリティスペースを広く取る。キッチン以外で連続した動きを分断する。つまり、何かしようと思ったら手順を考え、2つ以上の場所を経由しなければ行動が完結しないような什器設定にする。そうする事で、歩数を稼ぐ。急な雨が降って来たら大変そうやな。でも楽しそう。^o^

b0229636_143381.jpg




今日は、恭一さんに誘われて、長浜にあるエコワークスと言う大工集団の作業場にお邪魔して、木枠のサッシ作りを見学させてもらった。とても良いペアガラスのアルミサッシが中古で手に入ったので、これを木枠のサッシに作り変えるとのこと。大工さん指導のもと、墨付けして、プレーナー掛けからホゾ切り、組み付けまで。
b0229636_142881.jpg


木はやっぱり良い。アルミは一度形を変更すると全く使えないけど、木枠はある程度の自由度があるので、簡単に作り変える事が出来る。そして、木枠そのものもプレーナーやホゾ切り機械で綺麗な木肌に生まれ変わる。自分の構想にドンピシャに嵌る加工技術を実際に見れたのは、かなり幸運な事だった。これで、開口部のメドが立つ。後は図面引いて納まり考えたら良いだけなんで、大幅に進捗。恭一さんに感謝せな。

On reviewing registration file, I've found some discrepancies with my original design. This means I have to redraw scheme on foundation and other over view of pillar allocation. While, revising bill of material and estimation accordingly. Authorities are only interested in 2 points. One, how cross cut side view of a house looks like. Two, structural resiliency. However, required schematic design pictures are useless for building a house.

Traditional Japanese carpenters draw just a brief picture of pillar allocation. This simple over view and a yard stick is sufficient enough building a house for a Japanese carpenter. Which sounds quite amazing but complicated whole structure of a traditional Japanese house is clearly drawn in his mind.

Concept for building my home stands for "clumsy house". By the time we move into my new house, we will be about to retire. Our main concerns will be how we live our pension life healthy. Care taken life sounds miserable. To live a healthy life, I've set some tricks on my house design. Living in my house needs a little hassle. Extra move enforce us minor physical burden which accumulates to be a good exercise for an older person. So that I can live without care taker's help till the end of my life.

I've visited a workshop in Nagahama today. The guy I've introduced on my last blog runs this workshop. One of carpenters has shown us how to fix an window frame. The whole procedure was quite stimulating. Knowing wood as far versatile material than aluminum sash changed my entire scheme of building opening fixtures such as windows and doors. Thanks Kyoichi-san invited me to the workshop!
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-01-20 08:49 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録20

b0229636_16475284.jpg


やっと建築確認が下りた。建築士のオニーサン、結構慎重派で敷地の下見やらなんやらで、11月に話し始めて1ヶ月半掛かった。ワシのケースはかなり稀で、素人が自分の設計を通す為に有資格者を利用して、施工まで自分でやるのは初めてだったらしい。あと施工管理、つまり法的に建築確認通りに建てているか見張っているのも、有資格者でないとダメらしく、それも依頼する事に。まぁ、これはアドバイザー料みたいなもんやね。お金はかかるけど、建築士さんは抜け道色々教えてくれるので、要らん労力使う事考えたら安上がりかも。中間検査と完了検査にも立ち会ってくれる。

b0229636_16475438.jpg


んで、これを見えるところに掲示しろと言う。日本人って責任追求好きやね。しかし、雨ざらしで向こう2年もつかな?

b0229636_16475628.jpg

b0229636_16475798.jpg

b0229636_1648581.jpg


建築確認が終わったので、先週の続き。ワークベンチの前面にメカニカルバイスを取り付けた。縁木に凹みを刻んで雌側のプレートを面一で嵌め込む。下側に下穴を空けて、ぶっといコーチスクリューと言うボルトとネジのあいのこみたいなヤツで4ヶ所ガッチリ固定する。

b0229636_1648795.jpg


取り付け完了〜。^o^後はパーティクルボードを使って、小物や手道具を入れる引き出しを付けたら完成やね。

b0229636_16481080.jpg


明日から又、ミゾレと雪らしいけど、余りに基地内が手狭になった為、基礎の型枠を外の資材置き場に移動してブルーシートでシッカリカバーして来た。

同じセルフビルド仲間の恭一さんの紹介で、とっても波長が合う資材販売をして頂ける会社の社長さんと会う事が出来て、材料調達に明るい兆しが見えて来た。防蟻剤の入って無い塗料や、木質チップを圧縮して作った断熱ボード、高周波乾燥で材木が死んでしまう話し等、目からウロコの内容がポンポン出て来る。こんな人が同じ湖北に住んでいるというのは、かなりラッキーだと思う。早速、材料表を再検討して見積もりを貰う事にしよう。

For my dear foreign subscribers, I'll put summery of my note as follows. Please pardon my grammar!

Finally local authorities acknowledged my registration of building my home. I have submitted it through a certified architect. Took me about a month and a half. Normally it should be about a week. Since, in Japan, self builders' registration is quite a rare case. Authorities are dubious about armatures building their own home. So they checked through all the detail. I've waisted quite a bit of my valuable time. Anyhow, I can start digging very soon.

When you have started working on fixtures such as doors, windows and etc, it'll be quite time consuming. Precision required. While,you need a little bit of concentration. To make it easier, I have build this workbench. Hopefully,it'll work right. For the final procedure, attachment installing, the mechanical vise was a headache. Needed offset cutting on the front fringe board, spacers attached and cut in "v-shape" groove before installing the heavy vise weighs more than 20kg.

I've met an architect who deals construction material. This guy sells strictly environment oriented materials only. Nice to know someone like him. I'll finish my bill of material very soon. Will ask for estimate on my bill. Probably I'll place order to this guy.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-01-13 09:17 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録19

b0229636_15592550.jpg


今年の正月休みはちょっと長めに取れたので、暮れはヤスオさんとこのパーティーがてら3日居て、一端家に帰って、年を越した。

b0229636_1559282.jpg

b0229636_15593078.jpg

b0229636_15593498.jpg


暮れまでに土台だけ組んだ。材は取り壊した小上がりからの使い回し。棚板や引出しまで作って、キッチリ要尺が収まった。歩留まりが良いと気持ち良い。

b0229636_15593668.jpg

b0229636_15595811.jpg


天板のドッグホールを丸にするか四角にするかで悩んだが、出回っているストッパーに丸が主流の様なので丸に決定。墨付けして左右2列づつ配列。こんだけ空いてりゃかなりの仕様に対応出来るやろ。下の写真に出ている杖の頭みたいなヤツは、ホールドダウン金物。ドッグホールに差し込むだけでクサビの原理で平板の頭を抑え込む仕組みの道具。極めてシンプルかつ使い勝手に優れている。シェイカー家具等の木工の伝統が生み出した知恵。素晴らしい。こういう単純で使い勝手の良い道具は時代を超えて生き残るんだろうな。作業台を使う方向に行かなかった和の指物とは違う進化を遂げている。

b0229636_15595962.jpg


片側に全幅を利用したダブルハンドルのサイドクランプを付ける事に。長尺物の固定とストッパー替りに。

b0229636_160068.jpg


とりあえず、やっつけで下段に道具の収納を付けて、今日のところは終了。来週には前面にメカニカルバイスを取り付けて、一応完成させる事にしよう。それが出来れば、いよいよ造作物の製作に取り掛かれる。

b0229636_160196.jpg

b0229636_160133.jpg


2日の夜半から降り始めた雪は膝下まで。磨墨は朝夕遊び疲れて、夜はストーブの前を占拠して、死んだ様に寝てます。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-01-05 14:45 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録18

b0229636_21124478.jpg


基地はホワイトクリスマス。

b0229636_21124892.jpg

b0229636_21125168.jpg


先週に引き続き作業台の天板作り。かなり当て木をして叩いてたつもりだったけど、ボルトに締め上げが甘かったのか上下の暴れが大きく、一度グラインダーとサンディングで粗方の凸凹を取る。

b0229636_21125481.jpg


それでも矩尺を当てて隙間を確認すると、ご覧の通り。光がダダ漏れ。

b0229636_21125696.jpg


それが、細かいカンナ掛けでここまで。とりあえず、今日はここまで。

b0229636_21125957.jpg

b0229636_2113116.jpg


イブの朝は2〜30センチの積雪。磨墨は全開で雪遊び。久しぶりにスイッチが入ったようやね。その後は全開で昼寝に入る。薪ストーブの前を占領して大イビキでした。

b0229636_2113342.jpg


ある程度平滑面を確保できたので、設計寸法に両端を切り落とす。

b0229636_2113522.jpg


長手方向の端にはかなり堅い材を考えていたが、ホームセンターには適当な材が見当たらない。そこで、ついに禁断の材に手を出す事を決定。この板は4年前に隣の敷地に立っていた直径70センチを超える巨木だが、風雪での倒木を危惧する所有者の依頼で伐倒のしたもの。枝と幹の一部は薪にしたが、素性の通った幹の中心部分5メートル程を2本に切り分け、それを全て二寸五分に挽いて貰った。全部で13枚。それを庭に積み上げて、トタンを掛けるだけで自然乾燥。表面は風雪と日焼けで汚れている。早速、表面に電動カンナを掛ける。

b0229636_2113746.jpg


小楢特有の斑が入った綺麗な木肌が見えて来た。思ったより虫喰いの穴も少なく、なにより節が全く無い。板材に挽く時に、何人かにその木をどうするかと聞かれて、薪にすると言ったら、勿体無いから板に挽けと言われた。その気になって、近所の木工作家の小田切さんに相談したら、堅木を挽いてくれる製材所さんに手配して頂いた上に、引き取りから乾燥の積み上げまで親切に全てやって頂いたおかげです。今思うと、お願いして本当に良かった。これは素晴らしい財産になった。
ただ、何も道具も無い素人にとって、その素材を使えるレベルまで研ぎ出すには、かなりの苦労が要る。堅い。とにかく堅い。しっかり研いだつもりのカンナも柾目の通った建材とは違い、複雑に目が入れ替わる木肌からは小さな削りクズしか出てこない。

b0229636_21131122.jpg


何とかここまで平滑面を出し、耳を落として、材として使える状態に持って来た。仏師では無いので、仏様を木から掘り出すという感覚は毛頭無いが、木工のプロが堅木を様々な作品の部品に切り分けて行く過程に、ちょっとでも触れる機会に恵まれた気がする。こんな瞬間に自分の中で、消費者から生産者へのパラダイムチェンジを感じる。それが、何かを作っていて、最もドキドキする瞬間だ。これがあるから物作りは止められない。

b0229636_21131388.jpg


さて、材料はほぼ揃った。設計通り出来るか?なんくるないさ〜。

b0229636_21131625.jpg


作業の手を止めて、槌音がするので、ご近所のSさんの現場へ。壁貼りが進んでました。手伝いもせず、口ばっかりで邪魔して帰って来ました。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2012-12-24 19:39 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録17

胃潰瘍の初期治療で、ピロリ菌を洗い流す薬を1週間飲み続けると、劇的に胃の痛みが治まった。次は年明けまで薬を飲み続けて、再び胃カメラ。そこで完治宣言と行きたいところ。

1週間振りに家作り再開。で、土曜日は建築士と会って建築確認の最終打ち合わせ。基礎に取り掛かるのは年明けになりそうだ。雪が少ないといいなぁ。

b0229636_18313722.jpg


打ち合わせが終って、夕方からは森林整備のボランティア仲間で忘年会。今年は家作りに取り掛かって、あまり活動に参加出来なかったけど、いつものようにみんなで馬鹿話に盛り上がり、遅く迄喰った(酒はまだ本調子ではないので)。

b0229636_18314872.jpg


完成イメージ。(注意:あくまでもイメージです。)

そろそろ一番時間が係る造作(窓枠や扉、調理台、棚等)の準備に取り掛かる必要があるので、予てより構想中の作業台の作製に入ることに。まずは天板から。素材は45mm角の米松(ダグラスファー)にしました。乾かせばかなり堅く、グリーン材で買うとかなり安価だし、柾目が沢山取れるのが良い。

b0229636_18314584.jpg


天面に使う柾目面から電動カンナを掛ける。次にその両サイドにもカンナを掛ける。これを18本全部に掛ける。

b0229636_18315020.jpg


次にサイド面を上にして接続用の長ネジボルトを通す穴の位置を墨付けする。

b0229636_18315194.jpg


墨付けしてドリルで通し穴を開けたら、木工用ボンドを塗って天面を上に戻して揃える。

b0229636_18315225.jpg


ボルトで仮止め。ここで許容誤差の範囲内に収まるまで当て木をしてハンマーで叩きながら凹凸を修正してゆく。

b0229636_18315373.jpg


軽いカンナ掛けとサンディングで平面を確保出来る範囲(0.2-3mm)に落ち着いたところで、ボルトを締め上げて、一旦終了。

b0229636_18315560.jpg


接着強度が出るまでそのまま固定。来週は完全に乾いてるはずなので、両耳を落とし、平滑面を出して、サンディングの後硬化ウレタンを塗って天板を完成させようか。造作物は精度が求められるので天板の平滑度が高い程良い。側面を補強出来るかなり堅い材を探す事にしよう。

b0229636_18315766.jpg


基地の雪も昨日の雨と今日の陽気で融けてきた。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2012-12-16 16:44 | セルフビルド | Comments(2)