ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

カテゴリ:セルフビルド( 264 )

家作り備忘録218 A selfbuilder's note

今週は日曜日だけ。土曜日の夜、駅からの自転車にはもう手袋が要る。いつもカバンに入れているので大丈夫。
b0229636_17331052.jpg

先週の続き。キッチンの脇の壁を張り終え、昼飯を食おうかと思っているとヤスオさんがやって来て、「目板要らんか?」って。この辺りの家の外壁は杉板を突き詰めで貼って、それに目板という隙間隠しの板を貼る。大工さんが発注間違いとかで、沢山余っているらしい。
b0229636_17331147.jpg

で、16枚組みを8束分引き取って来た。何に使おうか?幅3cm、厚み15mm、長さ4mあるんで、結構使いでがある。ヤスオさんありがとう。とりあえず、カンナ盤に掛けて、綺麗なところを窓枠の外側に使おうか?
b0229636_17331288.jpg

キッチンの壁はある程度で終わらせて、内装の必需品を製作。早い話がキャスター付きの道具箱なんだけど。大工道具、電気工事の道具を入れて、作業箇所まで転がして行き、天板の上で、簡単な作業と図面置いたり、計算したりと色々使えるヤツ。まず、外側の箱作って、
b0229636_17331324.jpg

引き出しを8-9段着ける予定。側面にスライドレールを通して、スムースな開け閉めを目論んでいる。今日はここまで。

Resumed to finish kitchen side wall. Redwood covered wall left untouched. Before noon local friend Yasuo San shown up and asked me if I needed a wood stake covering gap between wall panels. Wall panels popular among locals. Typical traditional house wall panels surface burnt. Some were eaten by black ants but mostly sound. Better smooth out by planer when in use.

Left kitchen wall unfinished. Shifted to new project making tool box with caster and a table top. Cutting up MDF, mid density fiber board to shell parts. Gathering spruce board parts to fix drawer with slide rail besides.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-10-30 17:04 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録217 A selfbuilder's note

夏日に戻った大阪を発って、いつものように京都でお風呂に入り、基地入り。
b0229636_16442192.jpg

熟れてきたキウィをジャムに。ウチのキウィは、半分ゴールド、半分グリーン。ついでに近所のキウィ棚に寄った蜂が受粉して行くと、黄色味ががったグリーンが出来たりと色々。グラニュー糖を使うと綺麗なグリーンのジャムになるようだけど、沖縄の友達が作った蜂蜜と余った三温糖で煮詰めると飴色になった。それにご近所さんから貰ったシークワーサーを絞って入れると適当な酸味があって美味い。
b0229636_16442238.jpg

センター出しの治具。外壁は多少叩いても凹まないけど、石膏ボードはすぐ凹むので、叩いて間柱を探すより、左右の管柱のセンター付近からネジの位置を決める。確実に決まるので、石膏ボードに無駄な穴が空かない。
b0229636_16442397.jpg

パントリーに換気扇を着けることにした。自在の円切りで外壁に穴を開けたが、桟にどんぴしゃ当たった。仕方ないけど、切断。好きな位置だとこういうこともある。でも、反省。100ミリのパイプファンを取り付けるので、外はガラリの外径100ミリそのまま。内壁にはUV100の外径で120ミリ取って、
b0229636_16442417.jpg

ガラリ専用のパッキンを壁の間に差し込む。
b0229636_16442446.jpg

ガラリの内側にUV100を差し込み、上の桟にスタビーのちっこいドライバーで内側からネジ留めして塩ビパイプを固定。
b0229636_16442516.jpg

しっかりコーキング。
b0229636_16442650.jpg

パイプファンの電源用のコンセントを取り付け、断熱材を戻す。
b0229636_16442735.jpg

内側の石膏ボードを被せて更にコーキング。これで外界とはキッチリ遮断。
b0229636_16442779.jpg

翌日、アマゾンに頼んでたパイプファンが届いたので、取り付け完了。このパイプファンに限らず、現在の家庭用換気扇は、100ミリ径の塩ビパイプを利用出来るので、この手順は色々と応用出来る。
b0229636_16442820.jpg

ハロウィンに子供たちに配ったお菓子のお礼にと、お向かいさんからナッツ特盛りのケーキが届いた。いつもありがとうございます。(*^◯^*)
b0229636_18473765.jpg

日曜日の朝には、地区の管理をしているおじさんから里芋をいただく。メチャクチャ美味しい親芋と小芋。この里芋はおじさんの奥様作で、ワシの畑仕事の師匠です。何を作っても素晴らしい。有難く頂きます。
b0229636_17004048.jpg

パントリーの内壁を張り終えて、縁を桟で固める。角にコーキングして、これでいつでも壁塗りオッケーの状態に。
b0229636_17004157.jpg

キッチン側に石膏ボードを張り、換気扇の取り付け部分だけ残して、勝手口の周りを羽目板で囲む。来週は余裕を持ってダイニングキッチンの壁を張り終える予定。

Still warm summer day returns.

Resumed to place wall panels made of gypsum plaster. To catch center crosspieces behind the wall, needed a jig. Pretty accurate.

What electric engineers of house building call 'a pipe fan' is getting very popular these days. As legal guide lines recommends more effective ventilation system than traditional ones. Small but powerful motor with tightly sealed pipe joints as well as wall around the pipe.

Making a 100mm hole by circle cutting drill attachment on the outside wall. Made a little mistake when cutting the window. The attachment hit a crosspiece behind the outer wall. However minor it was, I should have chosen crosspiece free space. Advantage cutting the crosspiece out was that the leading pipe neatly installed by only one small screw with an upper crosspiece.

Outer wall sealed by a rubber gasket holding a pipe end. Another end on the inner wall sealed by silicon caulking glue. Before covering the inner wall by gypsum plastered panel, all electrical wiring needed to be done.

Installation of ventilation fan accepts very minor gap as standard 100mm PVC pipe has almost no engineering allowance. Because of the minimal allowance, sealing of the pipe is quite easy and very tight.

PVC repels almost any substances or chemicals. So combination with this ideal material for air ventilation could apply various type of fan. I need to standardize this installation sequence.

Wall surrounding inner side of the pantry finished by caulking corners while ceiling edges sealed by crosspieces. The inner wall waits to be painted.

Covering wall around kitchen door by redwood panels' done.



[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-10-23 16:07 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録216 A selfbuilder's note

気温が下がり、秋らしくなって自転車で通う駅から基地までの間で身体が冷え切った。
b0229636_16475327.jpg

駅へ向かう途中にある広大なコスモス畑が、最盛期。毎年忘れもせずに咲くもんだ。
b0229636_16475459.jpg

基地に着いてすぐ、電車の中で考えていたiPhone用スピーカーを作る。眠いけどなんとか仕上げて、翌朝聴いてみる。音源であるiPhoneのスピーカーに合わせて受け位置に穴を空けて、そこから三枚の仕切り板を潜って、上のラッパ口から出てくる音には、きちんと拾われた低音域が纏まって出てくる。スピーカーを作る意味って、単純に聴こえ難い音を拾って、臨場感のある音に仕上げるということなんかな。完全に塞げてないだろうから逃した音をちゃんと拾える第ニ弾を作ってみようか。
b0229636_16475573.jpg

先週に引き続き、石膏ボードで壁面を塞いでいく。コンセントがあれば、
b0229636_16475678.jpg

壁面裏から引き出して、固定しながら貼っていく。
b0229636_16475653.jpg

翌日は地区のハロウィンらしく、若い奥さんたちが子供を集めてパーティを毎年開いている。
b0229636_16475784.jpg

今年は前日に知ったので、いつもは家内に丸投げのお菓子パック作りもワシがやることに。スーパーと百均で、お菓子とハロウィン用の包装用具を買って来て、再び夜なべ仕事。コレはコレで面白かった。
b0229636_16475870.jpg

日曜日の朝は、パントリーに断熱材を入れて、天井を杉の羽目板で貼る。ハロウィンの子供たちがやって来てからお昼を摂り、午後からは配線。
b0229636_16475942.jpg

壁の向こう側とこっち側に2つのコンセントが必要な壁面。パントリー内側にある電源側のコンセントに付いている連結用の差し込みを利用して、反対側の壁に電線を取り出し、その先にもう一個コンセントを作る。これで不細工に壁面を回り込んでの配線が不要になる。
b0229636_16475995.jpg

小ぶりのクボ柿だろうか、鈴生りだ。どこの農家の庭先も柿が色付いてきた。湖北の秋は終盤に入っていく。

Nights getting chilly day by day.

Resumed to place wall panels at dining room. Electric outlets installation became so much easier by frame setting gadgets. Connections of electric wires above ceiling neatly lined along cross beams not to be entangled like a pro.

Kids came to pick sweets packet up for trick-or-treating next noon. Normally local young mothers noticed me kids coming for the sweets at least a couple of weeks before Halloween gathering. But only a couple day of short notice. I had to rush for readying the packets all by myself. But it was fun preparing anyway.

Back to place ceiling boards above pantry. Nailed crosspieces along lengthwise wall top. Then air nailed wall panels. Came down folding stairs to place gypsum boards surrounding inner wall of the pantry. Gypsum boards placed as base panels for plastering diatom earth which absorbs quite an amount of moisture. Means foods in the pantry keeping dry. Quite effective preventing mould in such a humid country like Japan.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-10-16 16:08 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録215 A selfbuilder's note

体育の日に掛けての4連休。有り得ない程の快晴のもと基地へ。
b0229636_22230594.jpg

基地に着いて、早速チェンソーをお手入れ。ソーチェンを研いで、ガイドバーの溝を綺麗にお掃除。ガイドバーの溝掃除はチェンオイルの流れに関わるので、とても大切です。
b0229636_22230677.jpg

翌朝は、ダイニングの壁面収納に付ける障子の溝切りから。溝切り機の刃は20mmがスタンダード。この幅に合わせてVレールを埋め込み、三枚扉となる。
b0229636_22230782.jpg

棚の前面上下に入った切り込みに、レールを組み込み、
b0229636_22230887.jpg

障子の止め板を上下のレールに嵌め込んで、側面に羽目板を貼り付けて行く。
b0229636_22230992.jpg

三枚障子を入れるの待つだけ。いつになることやら。
b0229636_22230919.jpg

反対側の壁面に羽目板を貼って、障子の止め板とする。その羽目板にコンセント用の穴を空けてスゴ枠を引っ掛ける。
b0229636_22231047.jpg

コンセントはこんな感じで取り付けられる。後は、蓋を被せるだけ。
b0229636_22231136.jpg

羽目板の側面に枠を入れ、そこから腰壁が始まる。日が暮れたところで終了。
b0229636_22231256.jpg

手に入れたばかりのクロックヒンで、スダチ胡椒を作る。
b0229636_22231310.jpg

ビールのつまみに湯豆腐で、スダチ胡椒をたっぷり乗せていただく。
b0229636_22410807.jpg

ひたすら腰壁を作る。腰壁の羽目板を上下から挟む枠をテーブルソーで挽いて、視覚的に真っ直ぐ貼ってあるように、途中で垂直をみて、上下どちらかが寄りすぎていると、少しずつ隙間を取って誤魔化して、最後に帳尻が合うよう仕上げる。
b0229636_22410988.jpg

最終日は、犬友が来ると言うので、草刈りして片付けて午前中が終わった。
b0229636_22411016.jpg

昼前から腰壁より上に石膏ボードを貼り、ここにもコンセントの枠を切り出し、仮固定の受け(スゴ枠という優れもの)を入れる。
b0229636_22411337.jpg

彼岸が過ぎて、くたびれたトンボがスダチの葉で休んでいた。基地は秋本番に突入しつつある。

Fairly nice weather for beginning of the autumn. Slowly it's getting cold here at around my bat cave.

Resumed to fix dining shelves. Three sliding door will hide what's inside on this shelf. Rail needed to be cut before installation. A special rail cutter with 20mm width blade digs three 5mm deep rails on a 30mm thick spruce board about 3meter long, on top and bottom front. Fix the two railed board with the frames of the shelf flashed at the dining floor and the ceiling. The board also strengthen the shelf as outer frames.

Nailed top to bottom long door stopper backed up by redwood panels. Another side wall was partly filled by the same redwood panels work as door stopper. Basic structure almost finished. The shelf needed to be painted by sesame oil and beeswax to repel moisture.

Along with placing panels, electric outlets to be screwed down with plastic frames temporally holding the outlet. This plastic frames are technically the best so far on fixing outlets. Outlets were connected with main wire already. All I had to do was hiding wires behind the wall panels.



[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-10-10 18:57 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録214 A selfbuilder's note

今年の秋は長雨が続く。9月月末の週末に雨がザーザー降る中、基地へ。
b0229636_17373467.jpg

来週に収穫しようと思っていたキウィを摘むことにした。どうせ、摘んでから熟させるし、放っておくと猿にやられるのが落ちだから、チョット早いけど収穫。
b0229636_17373439.jpg

今日は兄貴んちへ、セルフビルド仲間のヒロシさん、絵美さん夫婦を案内して行った。9月にお祝いに行った時に良く見てなかった建て具周辺の仕舞いをもう一度じっくりと拝見。プロの大工さんの「仕舞い」は、全体との統一感と、目に違和感無く収まっているのが素晴らしい。それには、緻密な計算と技術が込められている。素人大工が真似出来る部分はどこまでか?落ち着い良く見ると、ヒントらしきものがポツポツ見つかった。写真を撮りまくって帰った。
b0229636_17373535.jpg

お昼過ぎて戻って、短い時間で出来る事と言えば、壁板貼り付けくらい。ちょうど、ダイニングの収納の背景が残っていたので、一旦組んだ棚枠を一部バラして、杉羽目板をエアネイラーで打ち付ける。細々とした調整があって、なかなか進まない。こんな日もある。
b0229636_17373506.jpg

朝一、チョット鈍った身体に活を入れる為に、先週伐った雑木の薪割り。早くやっとかないと、乾くとカチカチになって割りにくいのです。スカスカ割れると思いきや、結構粘りありました。
b0229636_17373662.jpg

石窯の脇に積み上げて、薪棚が出来るまで乾かしておく。一年程乾かせば使えるでしょう。
b0229636_17373796.jpg

再び、壁板貼りに掛かって、昼過ぎに貼り終える。
b0229636_17373885.jpg

棚枠を調整して、元の通りに組み直す。今日はここまで。向こう正面の壁板貼りの準備が出来た事になるので、来週はそこから。

On Friday night end of September, rain annoys me on the way to my bat cave.

Woke early to pick Kiwi fruits before leaving for my bro's renovated farm house with my friends whose traditional farm house also in renovations.

What amazes me on looking around my bro's farm house is standing out at tiny specs at intersection of two different height of walls meet by the artisan group. So smooth and natural to your eyes and looks as though it had been there before renovation.

Resumed to work on walls at dining room.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-10-02 17:01 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録213A selfbuilder's note

秋分の日を挟んで、世はシルバーウィーク。あいにく前半は雨の予報。
b0229636_10124916.jpg

時間が掛かる造作をすることに。窓枠を収めると、その壁面は一気に貼り付けることができる。結露を防ぐつもりで、サッシの枠をアングル付きというタイプを選んで、そのアングルとまぐさ、まぐさ受けの間に三方無節の檜材をはめ込む。アングルとまぐさ、まぐさ受けとの隙間はまちまちなので、それに合わせて、厚み調整をしなければならない。また、壁面への迫り出し部分はオフセットになるので、迫り出し部分を残して削り出すという、面倒くさい作業がある。上の写真は、オフセットの内側をキワで削り込んでいるところ。ある程度テーブルソーで切り込みを入れて、大まかに厚みを削いでも、最後の微調整が手作業になる。遅々として進まない。
b0229636_10125055.jpg

この三方無節の檜材は、荒材を買って、自動カンナ盤で加工する。特一等の材なので、表面は見事なスベスベの板目が出てくる。加工済みのものを買うと、グレードが2つ位落ちても、値段は3倍程する。家一棟分の材を加工すると、自動カンナ盤の費用なんてアッと言う間にペイしてしまう。
b0229636_10125180.jpg

木の窓枠の良いところは、吸湿放湿によって結露を防いでくれる。ステインと木質の塗料で仕上げると、寸法の暴れもほとんど無い。樹脂枠というのが流行りらしいが、天然の木に及ぶべくも無い。
b0229636_10125278.jpg

下穴を空けて、アングルとネジで固定する。四つの角を合わせて、迫り出し距離を調整して仕上げる。
b0229636_10125352.jpg

空いた時間で、取り付けが終わってないコンセントを結線。レンジや炊飯器などの高負荷になるコンセントは、2mm径の太い電線を配線する。その他は1.6mm径。
b0229636_10125415.jpg

ご近所さんのヤスオさんから夕方に電話があって、電線の引き入れに邪魔な木を一本切って欲しいと言ってきた。急いでいるみたいな感じなんで、翌朝切る事にした。上1/3あたりで三又になった木で、陽の当たる側に傾いたチョットややこしい感じ。ツリークライミングして、前方に荷重している枝を2本落として、残りの枝の高い位置にワイヤーを掛けた。ワイヤーをハンドウィンチで引っ張りながら、腰位の高さでまっすぐになった幹に受けを入れて、チェンソーで伐り倒した。思い通りのライン目掛けて倒れてくれた。
b0229636_10125551.jpg

その夜は、ヤスオさんにすき焼きをご馳走になって、遅くまで飲んで話して、寝た。翌朝、軽トラ一杯の薪をゲットして持ち帰る。
b0229636_10125616.jpg

北面の大きな窓に終日掛かって木枠を取り付ける。ダイニンングの壁板貼り付けが出来るようになった。

Left for my bat cave at rainy Wednesday night.

Four days off. So shifted target on time consuming fixture making. Window frame needed to be done before paneling out dining room. As offset window frame accept edge of wall panels. Window frames made of Japanese spruce smoothed out by automatic planer mostly, however, fine tunes should be done manually.

Spruce window frame should be fixed in between aluminum and outer frame installed on pillars. Fine tunes needed to be done for filling space by the spruce window frame.

Bought the spruce board under roughly finished condition. Price jump up when smooth finish needed. Almost three times more expensive than roughly finished ones. Instead, I bought an electric planer. The cost of the planer was easily payed out when you buy a house enough wooden materials.

Good things about applying wooden window frame was to eliminate condensation during winter. Wooden frames breathes. Which means absorbs moisture and later evaporated into the air. Humidity control is the key for comfortable house, I'm sure.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-09-25 09:07 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録212 A selfbuilder's note

今週は敬老の日がラッキーマンデーで3連休。
b0229636_15390664.jpg

庭に今年も曼珠沙華が咲き、日が差すと、ヨタヨタと紋付きを着た黒アゲハが蜜を吸いに来る。
b0229636_15390784.jpg

庭の草刈りをして、今年一年夏野菜をサボった畝に鍬を入れ、空いた溝に刈った草をタップリと放り込み、また土を掛けて、地味を回復させる。来年はまたトマトを植えよう。
b0229636_15390899.jpg

朝一配線用の電材をプロ向けのホームセンターに買い出しに行って、草刈りが済んだら鍛造用の炉に組み付ける脚を軽量鉄骨から切り出す。保護メガネだけだと火の粉が首に掛かってヒリヒリする。
b0229636_15390975.jpg

翌日は、会社の同僚が奥さんと愛犬のゴールデンドゥードゥルのポンちゃんを連れて遊びに来てくれた。奥さんはまだ若いがベテランの美容師さんで、プロの話が色々と聞けて、とても勉強になった。
b0229636_15391087.jpg

昼飯はいつものように、思い思いにピザを作って、焼いて食べる。その間、ポンちゃんはズッと庭を駆け回っていた。恐るべき体力。磨墨も若い頃はあんなやったなぁ。
b0229636_15391268.jpg

最終日は、買い出してきたコンセントを着けて回る作業。20ヶ所程、専用の工具があればすぐに終わる。箱単位で買うと驚くほど安い。
b0229636_15391295.jpg

炉の脚にアングルの支えと長ネジを、あらかじめ空けておいた穴に差し込み、長ネジはナットで固定してゆく。テンションバランスで固定させているので、微調整して、天板を載せてから最後の締め上げを行う。だいたいガッチリ組めた。
b0229636_15391488.jpg

先週作ったフードを載せてみて、煙突との位置関係を確認して、タイムアップ。秋分の日の休みがまた2日後に始まるので、今日は帰ろう。

Monday was the day off. Left for my bat cave on Friday night. Rainy but not that hard.

Woke early for mowing. Gathered bunch of grass and throw it in a pit of my vegetable garden for making compost.

Grinding off four legs from a square steel pipe. Those for my little forge. Fix them with some steel angles and long bolts.

Time was up before fixing them with the hood cover for the forge.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-09-19 15:04 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録211 A selfbuilder's note

今週末は土曜日出勤で、お休みは日曜日だけ。急に涼しくなって秋の風が吹く京都でホッコリして基地へ。
b0229636_17242723.jpg

キウィがデカくなって、あと一月熟れるのを待って収穫かな?
b0229636_17242826.jpg

休みが一日だけだと、配線の続きやっても中途半端になるんで、趣向を変えて、レンジフード作り。キッチンのフードは次の機会に作ることにして、今回は、鍛冶場の炉に被せるフードを作り、キッチンのフード作りの練習。
b0229636_17243050.jpg

こんな感じの炉を作る予定。
b0229636_17243165.jpg

裁断が済んだら、細い枠になる合わせ代を掴み箸とローラーベンダーで直角に曲げる。
b0229636_17243135.jpg

溶接に使う仮固定用のコーナー磁石で立ち上がりを抑えて
b0229636_17243235.jpg

ブラインドリベットで角を留めていく。下穴は5mm。100均のハンドリベッターが大活躍。
b0229636_17243378.jpg

角を留めて一応の形が出来た。大体図面通りに収まった。
b0229636_17243477.jpg

間にもリベットを数箇所入れるとカラートタンの薄板でも結構な強度が出る。
b0229636_17243556.jpg

天辺に煙突を差し込む穴を開けて、今日は終了。9月はまだ残暑で、炉に火を入れるのは暑くてかなわん。10月頃から窓の取っ手や玄関扉の補強金具なんかを打ち出しで作る予定。

Had just one day off this weekend. Changed my mind and tackled a new task.

Cut out pieces from a tin sheet. Then fixed them to make a ventilation hood for blacksmithing furnace. Still too warm to start fire on the furnace. Probably from October, I'll start hammering out some door knobs, window frames, coat hooks and such.

All I could do in this short time was to fix the hood. Standing edge up by a roller bender and a duck bill plier. Then drilling some pilot holes at each corner. Holding pieces by magnet corners. Fixed pieces together with blind rivets. Thin tin sheets became sturdy enough after riveted them at corners and in between. That's all for today. My little furnace will come up eventually. Will resumed to distribute electric wires at next weekend.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-09-11 16:54 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録210 A selfbuilder's note

週末に台風12号(ナムセーウン)が来るらしい。前線の風が吹いて来た。温度は下がって気持ちが良い。
b0229636_08424532.jpg

今週はずっと電気工事士やってました。先週家族で決めたコンセントの位置へ分岐先の配線からスタート。同じ長さの電線を輪にして、両端を引き揃え、設置位置の記号をマジックで書いて行く。こうすると、天井裏の回路に接続する時に、いちいち確認に降りて行かなくて良くなる。
b0229636_08424675.jpg

同じ回路内毎に印を付けた電線の先を豚の尻尾状に巻いて、壁裏、
b0229636_08424603.jpg

もしくは断熱材の外に垂らす。今、屋内のあちこちに、電線が天井裏の二重桁の間に引っ掛けられて、吊られている状態。
b0229636_08424726.jpg

コンセントはこの優れものの受け(スゴ枠というらしい(^o^))にはめ込んで、壁のどの位置にも付けられる。超簡単、便利。
b0229636_08424802.jpg

その枠を受けるヒノキのプレートを自作。治具を作って、ルーターで一枚一枚掘って埋め込む。
b0229636_08424869.jpg

2枚出来た、あと48枚。め〜っちゃ大変。舐めとった。σ^_^; ボチボチ作ろう。
b0229636_08424948.jpg

接続の仕様が40数カ所ほぼ同じなので、基準設定にモックアップしてみた。使う材料の無駄が減り、時間が大幅に短縮される。
b0229636_08425043.jpg

今はこんな接続プラグがあって、漏電の心配もほぼ根絶された。何より、圧倒的な時間短縮。サルでも出来る。(^○^)
b0229636_08425015.jpg

外用のジョイントボックス。内線規定で、必ずジョイントボックスの中で結線となっている。ワシが試験受けた時もまだ接続プレートに電線の輪を作って、鍋頭のネジで押さえ込む実技試験やっとった。いい加減時代に追い付けや。
b0229636_08425172.jpg

屋内はコレが一般的。
b0229636_08481414.jpg

こういうスターウォーズ的なヤツもあって。結線の上からパックンちょと被せて、ネジ止めするだけ。後でカパッて開いて、接続のやり直しも出来る。便利やわ〜。コレいっとこか?
b0229636_12154841.jpg

兄貴の古民家が完成した。職人が手掛けた見事なリフォーム。参考にする個所が沢山ある。
b0229636_12154867.jpg

こういう残すところと、
b0229636_12154971.jpg

こういうモダンな設えが上手くマッチしている。

Typhoon is coming to Japan on this weekend. Cooling down grilled pavement with monsoon shower.

Resumed to work on electric wires distribution. Marking down each destination on both ends of a wire for outlets. Then curled each end like pig tail. These wires coming up from points we marked last weekend.

Outlets connected to these wires will be

[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-09-05 08:05 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録209 A selfbuilder's note

4年程お世話になった軽トラを乗り換えることにした。
b0229636_08085291.jpg

お疲れ様でした。
b0229636_08085395.jpg

またサンバーです。今回のは不要なエアコンは着いてません。(^o^) 前回の持ち主が車の整備好きだったらしく、足回りがキビキビして、農道のポルシェらしくバイクのような走りをします。スバルは何故軽トラ生産を止めてしまったんだろう?単なる不採算部門だったのか?どうも、政策的に止めさせられたようだ。他の軽トラに比べて圧倒的な高性能を誇るサンバーが生産中止に追い込まれるといのは、日本の車に対する文化の未成熟の為だ。いかんともしがたい。
b0229636_08085349.jpg

酢橘(スダチ)が食べ頃になって来た。郷里の福岡にいる義姉の実家が徳島で、良く送ってきた酢橘。柑橘系の果樹を植えるにあたって、まず酢橘が思い浮かんだ。暖かい四国に比べて、寒さが厳しい滋賀の気候に慣れて実を付けるまで4年掛かった。もう大丈夫。
b0229636_08085457.jpg

ほんで、今週は家族が揃って基地に来た。一旦取り外した囲炉裏の自在鈎の下で鍋を。すでに夜は秋の気配。気温が下がると、鍋>酢橘>ビールの図式が出来上がる。ワンズは近所の公園を走り回って、大満足のうちに炉端で居眠り中。小吉は、夜は布団に入って来た。
b0229636_08085459.jpg

作業は日曜日の半日だけ。家内と一緒にコンセントの位置と数を確認。一人で考えると見落としてしまう配置も、ほぼ問題なく確定。なにより後で不満が出ないのが良い。(^o^) 来週から配線が始まる。

Bought another little truck. Subaru stopped production of the little truck any more. This little truck is indispensable gear for building home by myself. No other little trucks exceeds Subaru's of its performance. That's for sure.

Major event of this weekend was that decide locations of outlets in the house. So I let my wife decide best positions of outlets for avoiding later disputes. Amicably decided and marked every outlet. Line connecting starts soon.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-08-29 06:44 | セルフビルド | Comments(0)