ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

備忘録其の七


でへ~っ。3日間続けて、毎日12時間以上働いた。家内から言わせると、そんなもん労働としてカウントされへんらしい。まっ、どっちでもエエけど。

ハルの仕上げが終わったのでデッキの加工に取り掛かる。デッキビームは、先週からエポキシ塗って乾燥させてた。取り付け位置に合わせて、スコヤでビームに沿わせてカット。なかなか一発で決まらない。高さ、前後の角度を調整して取り付け。50mmのステンビスで固定。終わったら、すぐにシアークランプの切削。なにかとお世話になっているディスクグラインダ-で一気に削る。早い。ビーム周辺の斜度を合わせと、後は前後を合わせて行くだけ。デッキキャンバーのテンプレートがあるので意外と簡単。しかも、カンナ不要。先端1フィートはほぼフラット。

コックピットの取り付け位置確認の為、コーミングリングを置いてみる。ちょうどコーミングの両端が乗る位置に来てる。指示通り。デッキプレートを切り出してビームの上に載せると、徐々に全貌が見えて来る。荷造り用のPPバンドで締め上げて、ハルの輪郭をトレースする。本体側の接着面に添加剤入りのエポキシを塗り、微細な穴も埋めておく。デッキプレートの裏側のトレースラインを目安にエポキシを生塗り。

まず、前後のプレートを置き、中央のプレートを重ねる。プレート間の接合線とセンターラインだけ合わすと後は適当。大まかに締め上げたら接合線をカッターで切って、隙間無く合わす。釘打ち用の治具を当ててシアークランプに貫通するよう緩衝材を当てて、隙間が無くなるまで、釘、タッカー、PPバンドを総動員して接着固定する。

スリーハッチといえば、バイダルカだが、あの陰惨な歴史を想起させるので作るつもりはなかったが、家族3人で乗るという理由で方向転換。何とかデッキの前後先端を除き、張り付けまでこぎつけた。来週はいよいよコーミングの取り付け。

眠い(*´0)ゞファァ~~
コメント
コメント

をゝゑ2009年10月29日 02:07
眠気のせーーでまた、ケガしないでね♪

Keikiola2009年10月29日 02:08
かなりカタチになってきましたね。
完成が楽しみ

するすみ2009年10月29日 10:57
> をゝゑさん

おおきに。帰りの運転の方が怖かったりして。あっ軽トラ。を・さんのところに貰われて行くのが、一番幸せなんやけどなぁ。もう少し置いておきます。

するすみ2009年10月29日 11:02
> Keikiolaさん

デッキに掛かって、やっと一山越した感じ。何とか来週には、水に浮かべられるようにしたいなぁ。ところで、エンジンの方、その後どう?

いまちゃん2009年10月29日 23:38
すごーい。形になってきてますね。感動です。

するすみ2009年10月30日 01:29
すごいやろ~。11月台週に進水式の予定。シャンパン買うとかな。

Keikiola2009年10月30日 01:33
エンジンは時間が取れなくて、止まってます。

するすみ2009年10月30日 10:13
> Keikiolaさん

まっ、慌てたことないし。取り掛かったら大仕事やし、じっくりマニュアル頭に叩き込むエエ時期かも。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2009-10-29 01:41 | カヤック自作 | Comments(0)

備忘録其の六


先週に引き続きハルのグラッシング。

ハルの内側の両端部分のグラッシングを残していたので、クロスにエポキシを浸して張り付ける。ドライスポットやブリスターを一個一個潰してゆく。前回失敗して隙間を空けていたフィレッティングの跡は、エポキシの添加剤無しを流し込む事で処理。多少重量が増えるけど、しゃーないか。
バルクヘッドをはめ込んで裏返す。キールとチャイン部分にディスクグラインダーで、一気に面取り。削り過ぎないように慎重に。みるみる角が取れてゆく。大まかに削って、小型のオービタルサンダーで修正。小問題発生。ステムとトランサムに隙間とよじれが。ボトムとサイドパネルの先端接合部分にシアークランプの端材でクサビを打ち込み、よじれを修正。完璧とは言えないが、許容範囲で、周りにエポキシ添加剤入りを流し込み、クランプで固定。早く先に進みたいので、工業用ドライヤーで加熱。一気に粘度が上がる。しばらくしたら、指触乾燥してた。極小さい部分なので、これでGO。

オービタルサンダーで均して、全体に再びガラスクロスを掛ける。今度は本当にギリチョンで横幅が足りた。左右で約2ミリ。ヒュ~、助かった。日頃の行いやね。ズレないようにしっかりハルに沿わせてクランプでシアークランプと一緒に止める。綺麗に広げたら、ステムとトランサムに切り込みを入れ、重なり部分を丁寧に合わせて先端補強。さらに、バイアスで重なり部分を補強するため、クロスから切り出す。

綺麗にクロスをセットして、グラッシング開始。10オンス程度エポキシを調合しながら、中央から端に向かって、エポキシを掛けてゆき、スクレイパーで含浸させて行く。ハル内側での失敗を繰り返さないよう、慎重かつ手早く。結果、1回目は何とかブリスターも無く成功。2回目は簡単。塗り終わって、ウエットの状態でスポンジ刷毛に切り替えて表面をなぞると、面白いように泡が取れる。考えた人、天才!

という事で今回のグラッシングは自己採点90点位かな?めでたし。めでたし。来週はいよいよデッキや~。

使用工具

ディスクグラインダー、オービタルサンダー、玄翁、FGローラー、スポンジ刷毛、カッター。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2009-10-21 19:45 | カヤック自作 | Comments(0)

備忘録其の五


久しぶりに作業に集中できた休みやった。


  朝6:00起床。即、前回遣り残したステムとトランサムの修正を行う。ワイヤーを一部外し、アウトラインを揃える。朝から鋸引きの音がうるさい。ちゅうても、ご近所には全く聞こえない田舎暮らし。楽ちん。

  早速、フィレッティングを開始。大量の木粉を使うので、私の指の血を吸った、シアークランプ切り出しの時に溜めておいた木粉を使用。ちょっと粗いが、使えそうなので、エポキシ3オンス計量に適量づつ混ぜながらどんどん塗り付けて行く。思ったより硬めで、ペースト状のフィレットが滑らかな一定の幅の線にならない。何度か、ヘラで押え付けて、平滑にしてゆくが、適当なところで止める。時間を食えば、次に用意しているガラスクロスがうまく張り付いてくれないと思ったからだ。

  ガラスクロスを被せて、うれしい誤算。センター部分の一番広いところで計算では幅が足りないと思っていた200番のクロスがぎりぎり足りた。で、最初置いてみると余裕で足りていた幅が、後になって収縮?かなりのダメージを負うことになる。

  とりあえず、6オンス位づつ計量して、クロスにドバドバとエポキシを掛けて、グラッシング用のローラーで塗り付けて行く。ガロンボトルから見る見るエポキシが減って行く。足りるんかいな?マニュアルにある材料表の通りにちょっと多目に仕入れたはずなのだが、すでに心配。本来ならグラステープ(3インチ幅)をフィレットの上に使う指示だが、どうせコックピット周辺はクロスを入れる指示なので、テープより全体の剛性が上がるはずなので、止めて、ハル内側全体にクロスを使うことにした。

  しかし、ここで大きな失敗が。余裕でフィレットに引っ付いていたはずのクロスが、ある程度エポキシを満遍なく含浸させたつもりで、もういいだろうと思い、作業を終わらせ、翌朝起きて見て見ると、フィレットとクロスの間に隙間ができている。しかも、ほぼ全長に渡って。なんでやろ。昨日はきっちり引っ付いていたように見えたのに。とにかく、グリーンタイムのうちになんとかせな、と思い、ホワイトスポットや隙間を埋めるべくエポキシを投入するが、簡単には埋まらない。ある程度シワや塗り残しを押えて時間切れ。結局フィレットとの隙間は埋まらず。来週、なんとかリカバリーを考えたい。切り込み入れて、フィレットの上のクロスを剥がし、サンディングしてからグラステープ貼ってみようかな。隙間は残されんし、頭痛い。

  とりあえず、来週までに取り付けやらなアカンから、積層のビーム5本作って、クランプで止めて、養生してきた。それにしても、隙間の事考えるとブルーや~。
コメント
コメント

Keikiola2009年10月15日 01:28
お~、問題発生ですね。
僕のエンジン移植プロジェクトも、休みの日でも時間がなくて頓挫中。

するすみ2009年10月15日 10:52
> Keikiolaさん

大問題やねん。頭痛いんや。と、言うてるうちは何とかなるもんやねんな。ほんまにアカンかったら日記書いてへんし。まっ、ぼちぼちやり直すつもり。

内燃機関は大変やろな~。それだけで生き物みたいなもんやし。全体像がはっきり解ってないと、イタチごっこが続くんやろな~。エンジン移植が早いか、カヤック完成が早いか?どっちにしても、出来たら遊び行こな~。常神半島辺りどう?

Keikiola2009年10月16日 00:33
常神、いいっすねぇ~。
でも、今からは寒そぉ~

nob2009年10月17日 08:00
ちんぷんかんぷんで、殆ど意味が分かりませんが、カヤックを作っておられることだけは、納得しました。
来年夏には、ぜひ試乗させて下さい。
犬も乗れますか?

するすみ2009年10月17日 09:06
> nobさん

アハハ~、すみませんっ!やってる事を記録する為だけに書いてます。

3人乗りで、真ん中は犬用のコックピットになる予定です。来年の海津大崎の花見用に作ってます。是非、秘密基地に乗りに来て下さい。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2009-10-15 00:59 | カヤック自作 | Comments(0)

備忘録其の四


やっと、パックリ切れた指先がつながった。で、今回は作業がちょっとはかどった。

先週は大勢が押し寄せ、対応に追われ、作業が進まなかった。ただし、物好きがシアークランプの取り付けを手伝ってくれたので、思ってた大変な作業が割と楽に済んだ。

切り出しの終わったボトムパネルを針金で縫い合わせ、最大ビームに「つっばるくん」を取り付けたサイドパネルの上に乗せる。上下のパネルを縫合する。

スティッチ&グルー工法がこれほど盛んになった理由が判った。いきなり形が出来上がる。生銅の針金で縫い合わせるのだが、最初余りに神経質に縫合ラインを綺麗に整えようとして、色々とバランスを考えながらやってみたが、無駄だった。縫合ラインから隙間を消すのは無理。なので、仮想ラインを追うことにしたら気が楽になった。後でエポキシで埋めたらエエやん。
そう考えたら、いきなりスピードが上がった。ステムも前後共2~3ミリズレてる。カメヘン、後で削ったらエエねん。かなりいい加減になって来た。アハハ~。でも、不思議なことにバランス見たら、ほとんど捻れてなかった。前後2ヶ所シアークランプの上に板渡して水準器置いて見たら、ほとんど真ん中。えっ、なんで。この工法、性格がエエ加減な奴が向いてるんかな。

水糸張って中心を意識しながら作業を進める。とりあえずバルクヘッドの作成までやって終わり。来週はハルのフィレッティングとグラッシングや~。
コメント
コメント

Keikiola2009年10月07日 02:01
わお
もう、カタチになっとる

するすみ2009年10月07日 09:24
> Keikiolaさん

せやねん。もっとも、下半分だけやけどな。これからグラスファイバーっちゅう厄介な作業が待っとんねん。頑張らな。

Keikiola2009年10月07日 10:56
お~、グラスファイバーでっか。
長野の工場でFRPやったら作業見せてもらったことありますよ。

するすみ2009年10月07日 22:30
> Keikiolaさん

ちょびっと位やったらエエねんけど、ここまでデカイと作業大変やろな~。

Keikiola2009年10月08日 00:16
うん、確かに大変。
でも、公園の池に浮いてるボートもFRP製。
きっと、3~5人くらいで、一斉に作業に取りかからんと、固まってしもてダメなんでしょうね。

Keikiola2009年10月08日 00:45
そう言や、Hokule'aのハルもFRP製です。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=453898193&owner_id=5544495
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=453931721&owner_id=5544495
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=453932915&owner_id=5544495
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=453937256&owner_id=5544495
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=476911421&owner_id=5544495
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=476912487&owner_id=5544495
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=476912999&owner_id=5544495
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=476917489&owner_id=5544495
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=476920012&owner_id=5544495
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=476925647&owner_id=5544495

Keikiola2009年10月08日 00:46
グラスファイバーとちゃいますけど…。

するすみ2009年10月08日 01:08
ホクレア。ガイア交響曲やったっけ?で見たような。CATの船で真ん中に網張ってあって。ポリネシアンはアウトリガーで行ったんやろけど。目的の島がどの座標上にあるかを、季節毎に記憶していたんやろか?としたら、その記憶はすごいもんがあるね。

初めてアメリカに渡った時に、サンディエゴのエコマリンでネッド・ギレットというオッサンに合った。サンディエゴからハワイまでカヤックで渡った有名な人で、最後の数日は食い物無くなって、ベルトも歯磨き粉も喰って、意識朦朧として、オアフが見えた時は幻やと思って、逆に気を強く持って漕いだって話してくれた。塩水を真水にろ過する機械を持っていたらしく、水さえあれば生きられるけど、やっぱ食料もいるね。当面の目標は、カヤックできたら琵琶湖を1周すること。

Keikiola2009年10月08日 01:13
スターナビゲーションは、水平線上の星が昇ってくる位置と、沈む位置を覚えてくらしい。
後はウネリの向き、太陽、波、風、雲、鳥、色んな物を総合的に判断するらしいです。

ネッドさん、スゴい

僕は対馬から韓国までカヤックで行った人知ってます。
するすみさんも知ってますよね。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2009-10-07 00:55 | カヤック自作 | Comments(0)