ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

木を伐ると言うこと


去年の11月に、地区の管理をしているおじさんのお手伝いで隣接する敷地の檜の枝打ちを手伝った。それ以後、地区の人との付き合いがにわかに増えて来た。

ワシにとって、木に登って木を伐るということは、別に特別な事では無い。チェンソーは日頃から使い慣れているし、木に登る事はクライミングの技術から比べればとても易しい。でも、慣れて無い人にとって、かなり怖い事らしい。チェンソーは扱えても、高い所は足がすくむということで、両方出来る人間は少ないようだ。

で、その後、隣のナラの大木を伐るオファーが入って、快く引き受けたら、畑の紹介をして頂き、ご存知の通り、立派な畑を使わせてもらう事になった。それから、竹林の整備作業も手伝う事になり、竹パウダーも貰える事になった。さらに、またまた隣接する西隣の大木を5~6本整備して欲しいというオファーが来ている。勿論、ただ薪が欲しくてやっていることだけど。多少は地区の環境整備に貢献しているらしく、薪以外の沢山の便宜を計っていただいている。

その一つが写真のナラの木の製材。近所の木工のプロにテーブル板に製材出来ないか聞いてたら、翌日にはクレーンが来て製材して置いて行ってくれていた。小さな奉仕活動が、地区の人達との結び付きを強くし、次々とネットワークが広がる。有難いことだ。

さて、この板で何作ろうか?まぁ、乾かすのに3年は掛かるので、じっくり考えよう。

今日は梅シロップを作る事になった。しっかり乾かして、ヘタを取って、氷砂糖とつけてみっぺ。飲みたい人は秘密基地においで~。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-06-25 22:38 | 農的生活 | Comments(0)

畑始めました。其の八

しあった~っ、またやってもた~



ちゅことで、耕運機買っちゃったもんね。すんごく、良いのよ~。お値段はママチャリ買える程度で、コンディションは抜群。出品者の方は5倍位のセリ値を期待しておられたようですが、エアーポケット。競争相手おらず。最低価格で落札。チョ~ン。



タイヤ、ローター(土をカキカキするやつ)共に新品。エンジンも新しいのに乗せ換え済み。パワーはMAX6馬力。



正転、逆転付きのローター。前進、後進2段に副変速付き。プラス、マルチ変速というバリアブル変速付き。よ~するに、好き勝手に状況に合わせて変速可能に近い。つまり、変速マニア向け。たまらんっ。

今日のところはピカピカに磨いて。お写真のみ。あ~、ちなみに、お名前は「コロ助」と命名。以後、お見知りおきを。

で、昨日、一昨日と地区の行事で奔走。一昨日がメインの竹林整備。なんせ、前2年分の伐採分が放置状態。今回、新たに伐った分を含め、秘密基地のある地区住人ほぼ全員とワテら2人で伐採、チッパーで粉砕加工まで。軽トラを所有しているのが、定住者ではおられへんらしく、区長さんから依頼で、市の所有する機械をワシが取りに行って、ついでに操作がワカランということで、操作もし~の、運転もし~の、最後までメンテもし~ので、疲れた~。けど、終わって、みんなでたこ焼きつつきながらビールたらふく飲んで歓談。

翌日、機械を返しに行く途中で、ふと気が付いた。そ~言や、前号の現代農業(ワシの愛読雑誌)に竹パウダーの効能が出てたな~。チッパーと言っても、ほとんどコナゴナのパウダーにしてくれる機械なんで、もしやと思い、ググってみると、使えますなこりゃ。区長さんに、チョーダイと言うと、全部あげる、アンタ以外要る言う人おらんし。ちゅ~ことで、ありあまる程貰って来た。とりあえず軽トラ一杯。



こいつを草ボーボーになりつつある畑の大豆と里芋にマルチ代わりに播いてみることに。糖分がやたらに多いのと、竹の虫除け効果が期待できるちゅことで、最初は播いといて、なじんできたら肥料として土に鋤き込む。




竹パウダーの効用の研究実態はまだこれからやけど、繁茂して伐採しかされん竹をリサイクルできる大きなチャンス。ウチの畑でうまく行ったら、地区の人が借りてる畑にも紹介したろ。そしたら、無用の長物が貴重な資源として一変するやろな。これは結構おもろい事になりそうや。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-06-22 20:07 | 農的生活 | Comments(0)

畑始めました。其の六


今日は、先週植えていたさつま芋の苗が気になって、朝6:00から畑へ向かう。ずっと日照りが続いたので苗が萎れてるやろうなぁ~って、思とったら、案の定。ほとんどくたびれてました。せやけど、お隣さんが気づいては水やりをして頂いてたようで、何とか生きている模様。有り難いこってす。一方、茶豆は至って元気。両方の苗に元気付けと、虫除けのつもりで、木酢酢の200倍希釈液をかけてあげた。効果の程は判らないが、農薬撒くよりええやろ。効果はそのうち報告します。

散布作業をしていると、お隣さんが起きて来て、「あんた、里芋植えてみんか?」って。奥さんが、余った種芋が芽吹いてるから、どうぞと赤芋、青芋、セレベスの3種類をあげるって。ちょーラッキー!早速、畑の脇に植えてある種芋をスコップで掘り起こして、しっかり根を出した元気なヤツを貰う。

またまた、向こう隣の秋田さんのおじいちゃんに耕耘機を借りに行って、使い方の講習を受ける。このおじいちゃんかなりの教え魔。でも、真剣に聞くヤツがあんまりいてへんので、ふんふん、へぇ~って教えて貰うと、すこぶる機嫌が良い。で、ワンクール終わって、早速動かす。一応前回の時に免許皆伝頂いたので、今回は小型と云うこともあり、路上仮免講習は無し。で、ホンマ簡単。今日の相棒はKubotaのTMA-31。小規模菜園用の管理機。でも、家庭菜園用よりパワフル。今回はバックでより深耕する事が解った。

4~5回往復して、鶏糞を撒く。さらに鋤込みに2~3回往復して、フカフカに仕上げる。耕耘機を返しに行って、植え付け開始。里芋の株間は60センチ位。ご存知の通り葉っぱが巨大になるため、干渉しない距離を開ける。軽く有機石灰を撒いて、鍬で浅く掘り起こして種芋を植える。芽が出ているので、ほんの少し地上に出して、芋本体をスッポリ土で覆う。軽く寄せる程度でOK。鎮圧はしない。畝も作らないので簡単。そのかわり、後で土寄せするので、その分幅広く耕しておく。

葉っぱが着いているものはええけど、芽だけでているヤツは後で、何処に植えたか判らなくなるので、もみ殻をマーカーの代わりに芽の周りに撒いて、印を付ける。奥から青芋、赤芋、セレベス、また赤芋と植えて終わり。余った種芋はスーパーサブとして、枯れたり、腐ったりし
た種芋のバックアップに近くに植えておく。

ふへぇ~、終わった。早く帰ってスルスミと遊んだろ。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-06-15 15:11 | 農的生活 | Comments(0)

畑始めました。其の七

サツマイモ強ぇ~



ここんとこ全く雨が降らないので、かなり心配になって畑に早朝から駆け付けたら、生きとった。最初の苗の状態は完全に跡形も無くなっているにもかかわらず、その根元から新しい芽が出ていた。これで安心。後はほったらかしで大丈夫。水も遣らない。雨まかせ、天まかせ。次は、中耕するまで触らなくてOK。




枝豆も大丈夫。来週は天辺の生長芽を摘む、摘心。これをやると左右に枝分かれして2本植えの苗が4倍になる。頭が重くなったら土寄せ。



里芋もほとんど全部初芽を出した。ここも水路の横なので、水分はたっぷり。放置プレイで大丈夫。



畑は一安心になったので、帰ってスルスミ母を叩き起こす。今日は朝からパン作りの予定。頼んでおいた、強力粉用の玄麦が到着。ブランド名はハルユタカ。石臼で挽いて篩いにかける。粉になるのはだいたい8割位で残りはフスマ。これも当然後で使えるので、別の入れ物に入れて取っておく。



今日もベーグル。スルスミ母はプチパンに挑戦の予定。そやつは醗酵に時間がかかるので、後回し。捏ね捏ねタイム。挽きたてはめちゃくちゃ香りが良いし、引きも良い。成型も楽やとスルスミ母は申しております。全粒粉なので、茶色い。コーヒーの粉混ぜたみたいな色になる。



で、出来上がったのがこちら。釜の温度上げすぎて、今回も焦がしてもた。けど、フスマを表面に着けたヤツはオールセーフ。そーでもないやつも、モッチモチのウマウマに焼けました。いつものようにお昼ご飯はベーグルサンド。ハーブ畑(すんげーちっちゃいヤツやけど。)からディルをブチブチしてきて、卵焼きとか生ハム、チーズ、レタス、トマト、それからマスタードタップリの佐世保バーガーよりデカイやつを作って、「んがぁ!」と食べる。うっ、ウマイ~。



今年のブルーベリーは春先の低温で、かなり好調。でも、摘む前にヒヨドリとスルスミの餌食になってしまうだろう。網仕掛けて、ヒヨドリ捕まえてヤキトリにしたろかな。タレ付けて姿焼きは相当ウマイ。田舎でスズメと言って食わせているのはほとんどヒヨドリらしい。だって、身が多いもんね。骨ごとバリバリ食うとタマラン。



ブラックベリーが2年目にしてやっと花を着けました。これは楽しみ。こいつにも寒冷紗を掛けて保護したらんと。



ロマトマトが実を付けました。すでにひょろ長い。こいつは冷製パスタに放り込んで出汁と一緒に喰うとヒジョーにウマイはず。

作物が天候不順の割りにはええ雰囲気になってきた。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-06-10 01:10 | 農的生活 | Comments(0)

畑始めました 其の六


今日は、先週植えていたさつま芋の苗が気になって、朝6:00から畑へ向かう。ずっと日照りが続いたので苗が萎れてるやろうなぁ~って、思とったら、案の定。ほとんどくたびれてました。せやけど、お隣さんが気づいては水やりをして頂いてたようで、何とか生きている模様。有り難いこってす。一方、茶豆は至って元気。両方の苗に元気付けと、虫除けのつもりで、木酢酢の200倍希釈液をかけてあげた。効果の程は判らないが、農薬撒くよりええやろ。効果はそのうち報告します。

散布作業をしていると、お隣さんが起きて来て、「あんた、里芋植えてみんか?」って。奥さんが、余った種芋が芽吹いてるから、どうぞと赤芋、青芋、セレベスの3種類をあげるって。ちょーラッキー!早速、畑の脇に植えてある種芋をスコップで掘り起こして、しっかり根を出した元気なヤツを貰う。

またまた、向こう隣の秋田さんのおじいちゃんに耕耘機を借りに行って、使い方の講習を受ける。このおじいちゃんかなりの教え魔。でも、真剣に聞くヤツがあんまりいてへんので、ふんふん、へぇ~って教えて貰うと、すこぶる機嫌が良い。で、ワンクール終わって、早速動かす。一応前回の時に免許皆伝頂いたので、今回は小型と云うこともあり、路上仮免講習は無し。で、ホンマ簡単。今日の相棒はKubotaのTMA-31。小規模菜園用の管理機。でも、家庭菜園用よりパワフル。今回はバックでより深耕する事が解った。

4~5回往復して、鶏糞を撒く。さらに鋤込みに2~3回往復して、フカフカに仕上げる。耕耘機を返しに行って、植え付け開始。里芋の株間は60センチ位。ご存知の通り葉っぱが巨大になるため、干渉しない距離を開ける。軽く有機石灰を撒いて、鍬で浅く掘り起こして種芋を植える。芽が出ているので、ほんの少し地上に出して、芋本体をスッポリ土で覆う。軽く寄せる程度でOK。鎮圧はしない。畝も作らないので簡単。そのかわり、後で土寄せするので、その分幅広く耕しておく。

葉っぱが着いているものはええけど、芽だけでているヤツは後で、何処に植えたか判らなくなるので、もみ殻をマーカーの代わりに芽の周りに撒いて、印を付ける。奥から青芋、赤芋、セレベス、また赤芋と植えて終わり。余った種芋はスーパーサブとして、枯れたり、腐ったりし
た種芋のバックアップに近くに植えておく。

ふへぇ~、終わった。早く帰ってスルスミと遊んだろ。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-06-03 15:11 | 農的生活 | Comments(0)