ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

畑始めました其の十二

今回は、マイミクのみっちゃんさんが遊びに来てくれました。朝から京都で琵琶湖線と湖西線を間違えるという、滋賀県初心者的なポカをやってくれて、いきなりのツッコミ所満載でスタート。

さて、今日は若い女性と二人きりのフリン農業。メニューは、枝豆の収穫とサツマイモ、里芋の手入れ。本来なら、前日の雨が無かったら、蕎の種を撒く為の耕耘機掛け。しかし、土が湿って重たくなり、次回に回す事に。

先ずは、収穫の喜びを味わって貰うのに、枝豆を抜く。枝豆の根には根粒菌の嚢がびっしり。ここにチッソが溜って、葉には行きません。その代わりに実に必要なリン酸がたっぷり行って、結構シッカリ実が入ってます。小ぶりな割には鞘も沢山付いているので、10束も引き抜けば、そこそこの量が採れる。途中、畑のお隣に住む仲良しのおじさん夫婦にフリン現場を目撃されたので、口封じに枝豆を3束渡して見逃して貰った。

次に先週やりかけだった、サツマイモのツル上げを手伝って貰い、一部のつるを伐り出し、こちらはキンピラになる予定。それと里芋の土寄せをした。フリンと言えど、農業の厳しさを味わって貰う為にも、キッチリ働いて頂く。しかし、思ったより日が指す事も無く、快適作業。昼までに終わって、近所のオシャレなカフェへお食事に。戻ってから枝豆で、昼間っからビール飲んだくれて、4:17の新快速に乗って帰りました。楽しんでくれたかな?
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-07-30 18:31 | 農的生活 | Comments(0)

畑始めました其の十一

今年の初みょうが。朝の味噌汁の具になりました。

今回は、東チモールに行っている兄貴が奥さんと娘を連れて秘密基地に来てくれました。第一の目的は、近所の琉球藍染め工房の見学。姪っ子がエスニックの着物に興味があって、調べたら秘密基地のある町内の仲本さんち。縁は異なもの。ちゅうか、ウチの周り芸術家だらけ。変な地区です。

でも、物作りの現場って、いつ見ても楽しいし、特にこの工房は前向きな若さに溢れ、適度な緊張感があって、皆さん忙しい中で、丁寧な説明をして下さいました。染織の世界は奥が深い。二次元の生地に藍染めの印影と絞りで、見事な三次元をイメージングする事に心血を注がれておられます。抜群のモダンなセンスで引っぱりだこのようです。

さて、畑の方はと言うと。施肥が上手くタイミングが合って、茶豆に実が入って来ました。ひとつ開けるとプリプリの青大豆が。皆さん、ビールの用意はいいですか~?

サツマイモは伸び過ぎたツルを一度地面から持ち上げ(ツルの各所から根が出て芋を作ろうとするから)て畝の中の実に養分を集中させる為に、ツル上げと云う作業をします。ついでに雑草のデカいのだけ取り除く作業も。基本、雑草と云う草は無くて、共生する草にも役割があって、メインの作物が周辺でナンバーワンであれば、一定の収量は確保出来ます。そう云う考えで畑やってます。だから、ほとんど虫にもやられず元気に育っています。特に、今の暑い時期は周りの草に水分の蒸発を抑えて貰い、ゆっくりとした水分の蒸散で地温を下げて貰ってます。

里芋に葉は、ついにワシの腰の高さを越して、もうすぐ芋茎として食べられる位に大きくなりました。誰かいもがらの調理方法教えて下さい。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-07-24 12:19 | 農的生活 | Comments(0)

久々の日曜休日

だいたい日曜に休みなんてどうかしている。シフトの谷間でたまたま当たってしまった。全く迷惑な話しだ。

しゃあないので、前の日から秘密基地入り。折しも世間は海の日の連休真っ只中。いつもなら気楽に一人で電車なんだけど、スルスミ母は夜勤。スルスミと一緒に車で。往復共しっかり渋滞。全く迷惑千万。

で、普段やらないことを。梅雨の間にカビ臭くなった小上がりの野地板をヘッパガシテ畳と一緒に天日干し。干してる間に、こちらも長いことホッチャラカシにしてたガチャポン井戸の取り付け。

おそるおそる埋設タンクの蓋を開けてみると、満タン!底の方に少し細かい砂が溜まってるけど、キレイな雨水がほぼ1トン。おぉ~。スゲー。早速、ボトムから3cm程上げた位置に取水口を設定してパイプをカット。ガチャポンの受け口に接着して台座ごと蓋の真ん中の穴に差し込む。台座をガッチリ固定して出来上り。呼び水を入れてガチャポンのバーハンドルを押すと、ごぼごぼっと言って、冷たい水が出て来ました。わーい、これで取れたての野菜とか、 農機具も洗える~。皆さん、雨水は捨てずにリサイクルしましょう。

もうすぐブラックベリーが食べられます。

来週はそばの種蒔きの準備やな。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-07-18 23:27 | 農的生活 | Comments(0)

久々の日曜

だいたい日曜に休みなんてどうかしている。シフトの谷間でたまたま当たってしまった。全く迷惑な話しだ。

しゃあないので、前の日から秘密基地入り。折しも世間は海の日の連休真っ只中。いつもなら気楽に一人で電車なんだけど、スルスミ母は夜勤。スルスミと一緒に車で。往復共しっかり渋滞。全く迷惑千万。

で、普段やらないことを。梅雨の間にカビ臭くなった小上がりの野地板をヘッパガシテ畳と一緒に天日干し。干してる間に、こちらも長いことホッチャラカシにしてたガチャポン井戸の取り付け。

おそるおそる埋設タンクの蓋を開けてみると、満タン!底の方に少し細かい砂が溜まってるけど、キレイな雨水がほぼ1トン。おぉ~。スゲー。早速、ボトムから3cm程上げた位置に取水口を設定してパイプをカット。ガチャポンの受け口に接着して台座ごと蓋の真ん中の穴に差し込む。台座をガッチリ固定して出来上り。呼び水を入れてガチャポンのバーハンドルを押すと、ごぼごぼっと言って、冷たい水が出て来ました。わーい、これで取れたての野菜とか、 農機具も洗える~。皆さん、雨水は捨てずにリサイクルしましょう。

もうすぐブラックベリーが食べられます。

来週はそばの種蒔きの準備やな。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-07-18 23:27 | 農的生活 | Comments(0)

畑始めました其の九



へへっ。




こちらも好調。

ちゅ訳で、畑の方は順調です。思ったより背丈が低い状態で鞘が付き始めた枝豆(大豆)。上に伸ばすのでは無く、横に伸ばす摘心が上手くはたらいたようで、今んところ思惑通り。梅雨本番なので、もうちょいしてから追肥、土寄せしたったら、最後の追い込み完了かな?窒素嫌いの大豆は草と一緒に生長中。土中の窒素を草に吸わせております。

お芋さん達は、今はせっせと葉のサイズを広げ、光合成をとにかく活発にできるように成長中。一時、里芋にアゲハ蝶の幼虫がたかっていたが、とりあえず撤去。種別によって葉の育成状況が異なります。現在、赤芋さんが一歩リード。一方、おサツさんは安定してツルを伸ばして葉も付けて来ているので、隣に畝を作って苗を移植を計画中。1ヶ月遅れで収穫できる予定です。今は高い畝の横を草と一緒に削って、盛んに通気状態を良くしています。

ところで、今回、約200坪の畑の真ん中がで~んと空いている所、何にしょかな~と考えていたら、秋播きの小麦のツナギに、約75日で収穫可能、痩せた土地でも育つソバを播くことに決定。本日、種が到着。種と言っても玄蕎麦のまんま。米で言うところの玄米状態。適当にばら撒いて適当に収穫の予定。品種は信濃1号。農林水産省登録の固定種。つまり、定番商品。今年は臼で挽いた新蕎麦も収穫祭で出せるかな?蕎麦打ちセット注文しとかな。




家庭菜園組も順調。サルがトマトの青い実を悪戯して困るので、今度ボス捕まえてシバくことにしました。見とれよ~。加賀太胡瓜は元気。



今回、ネギさんも参戦。



ゴーヤのサンシェイド用に竹の指し掛けをデッキの前に作製。これ一杯に実ってくれたら嬉しいな。毎日チャンプルーっ!



アップルミントを収穫。ウチのハーブ茶の主役。やっと、レモングラスが伸びて来たので、今は生茶ばっかし。でも、とってもフルーティあんどサワーな絶妙なお味。不思議なことに青臭ささが無い。いけまっせ~。

この時期、秘密基地の周辺では非常に怖いことが起こります。ちょっと油断してたら、アイツが来るのです。そう、スズメバチ。普通は5~6月が多いけど、天候不順のせいか、6月後半から目撃することが多くなり、見つけ次第スズメバチジェットで撃墜するけど、これがまた、強烈な薬品。何かええもん無いかということで、ググッたら、出てきました。スズメバチトラップ。よ~するに蜂取りワナ。仕掛けは簡単。ペットボトルに穴空けるだけ。フタにキリで穴通して針金をセット。フタを締めて出来上がり。



で、中身はファンタグレープ。えっ、え~っ!ふぁんたぁ~。そんなん今頃売ってますんかいな???で、しょうことなしにコンビニ回って見る。4件振られて、あきらめかけたところで、コカコーラの自販機発見。そ~言や、ファンタって、日本コカコーラ社の製品。私がご幼少のみぎりからございました。当時はオレンジもあって、ゴーセーチャクショクリョーの入った飲み物の典型。飲むと、舌が紫色になって、何を口にしたか、たこ焼きの青ノリより判り易かった。今は御使用になっておられず、アントシアニン入りの健康飲料を目指しておられます。時の流れを感じます。



んなこたぁ、どーでも良いけど、これが空気に触れて少し醗酵状態になると、あの方々には、えも言われんエエ臭いらしくて、間口が広くて出口が狭いトラップの中に入ると酔っ払って、溺れてご臨終になるらしい。



とりあえず、狙われ易い、軒下と外のピザ釜。後、巣箱のある栗の木の枝に掛けて様子見。掛かるといいな。一匹掛かると次々に掛かるらしい。ほんまかいな?YOUTUBEでは累々たる死骸が浮いておりました。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2010-07-04 01:29 | 農的生活 | Comments(0)