ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ロケットストーブ試作

なんじゃ、こりゃあ!と言うのがこのストーブの第一印象。はっきり言ってかなり使えます。

職場の配置転換で、久しぶりに長い休みが取れて、今までやりたかった事を一気にやろうと、基地に長居します。その第一弾として、このロケットストーブ。去年あたりから少し騒がれる様になって、その性能について多くの意見や報告がウェブ上に流れ出しました。うたい文句は燃焼効率が普通の薪ストーブの5倍から7倍。構造が簡単。故に自作可能。

もともとアメリカで一部の愛好家が薪ストーブの改良を重ねて、少量の薪で効率良く暖が取れるストーブとして開発。簡単に言うと、煙突を断熱材で囲んで、その中で火を焚くという仕組み。ただし、煙突内部に強烈に引き込まれる空気によって、断熱が完璧に近ければ、理屈上は1000度に達する灼熱をもたらし、ゴーゴーとスゴイ勢いで燃えて行く。まさにロケットに点火した様な勢いである。そして、これを家庭用の暖房に転用したのがロケットマスヒーター。いずれ、これを将来の我が家の主暖房にするつもり。


ちゅ訳で、試作する事に。材料はタダでガソリンスタンドから貰って来たペール缶2個、燃焼塔本体になる煙突部材各種。後は断熱材として、薪ストーブから出た灰。それと、基地をリフォームした時に余ったグラスウール、それに、これも石窯作った時に余ったパーライト。つまり発泡軽石。材料代およそ2000円程度。

b0229636_20171067.jpg


まず火口の位置を決めて、ペール缶の下部に煙突の直径に穴を空ける。そこに煙突部材の曲り管を差し込み、火口部材を取り付ける。曲り管の首一杯迄灰を入れる。灰は優れた暖房効果を持つ。しかもタダ。実際、薪ストーブから灰を全部掻き出して使うと傷みが激しい。十分理に適っている。さらに曲り管に直管を差し込み、グラスウールを直管の回りに入れ、直管とグラスウールの間に灰を入れる。つまり、煙突の外側を灰でスッポリ蔽い、その回りにグラスウールを入れる二重構造の断熱。さらに二段目も同じく断熱し、出口周辺だけ発泡軽石のパーライトで覆う。高熱に晒される部分だけ灰とパーライトを使い、その他の隙間をグラスウールで埋める事に。要するに、断熱材のチャンピオンは空気だけど、其れだけだと対流を起こしてしまうので、デッドエアーとして空間にロックしてしまおうと言うのが趣旨。
b0229636_20172937.jpg


二段目と一段目の継ぎ目をカシメとステンレスシートで接着して、出口周辺の五徳を工夫して取り付けるとほぼ出来上がる。早速点火。建築廃材が沢山あるので、其れを三本程差し込み、火口下の蓋を開けたまま点火すると、「あれ~っ?」燃え上がらん。ちゅうか勢い良く引き込まん。で、蓋を戻してみると、いきなりゴーゴーと燃え出した。ひゃっほ~い。すんげえ~!出口に手をかざすと、あじ~っ!とっ、とりあえず成功したみたい。


で、なんでこの形に作ったかと言うと、基地には調理台がIHのやつしか無い。でも時々、強火でチャンプルーとかチャーハンとかしたいとおもってた訳。すると、この地獄の劫火の様な煙突から立ち上る火はまさしく中華ガス台。早速、中華鍋を五徳に掛けて、キャベツを炒める。さらに卵を多目の油に割り、昨日の冷や飯をブチ込む。チョットだけ余った豚トロを入れて、塩コショーすると、イェ~い、パラパラの焼き飯一丁上がり。使えます。これ。

b0229636_2017427.jpg


とりあえず、上手く行ったみたいなんで、次はマスヒーターの実験でもいずれやります。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-04-30 18:24 | 工作 | Comments(0)

タラの目

先日、花見をした時に、山菜に詳しい友人が来てくれた。彼に拠ると、ここ秘密基地周辺はパラダイスらしい。そんで、山菜の春の王者、たらの芽の見つけ方を教えて貰った。

b0229636_2311186.jpg

そうすると、あらら~不思議な事に、あちこちにいとも簡単に見つけられる様になった。どう云う場所に、どんな時期に、どのタイミング(摘み取りの)で探せば在るのか。まさにたらの芽を見つける「目」を与えて貰った。

彼との共通点はお互いクライマーである事。だから、少々の場所なら苦も無く入って行けるし、高い所は全然大丈夫。小さな頃から木登りは得意な方だったので、クライミングの技術が合わされば、一般の山菜採りが諦めるところも、楽にカバーできる。事実、取りやすい所はすでに一番芽はやられている所が多い。しかし、その真横の高い木の上にある、美味しそうな芽は幾つも残っている。わはは~、ワシのもんじゃ~。採り過ぎに注意やな。ちゅ事で、今晩は天ぷらや。


今後、彼に引っ付いて行って、老後の楽しみに山菜採りを覚える事にする。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-04-17 18:19 | うまいもん | Comments(0)

恒例花見

恒例と言っても、2回目なんだけど、奇しくも大震災から丁度1ヶ月目。世の中、新たな経済活動に向かって歩き出した折、普通に食べたい物を食べ、行きたい所に行く事で、静かな活性化のスタートを切る事に。

今回は、11日、12日の2本立て。両日共に、午前中はシーカヤックで、午後からは石窯ピザと言うコース。

早朝から午後の仕込みをして、約束の時間にマキノサニービーチに集合。マイミクのチロルさん一家と会社の仲間のO君、そしてスルスミ家。O君は一人乗りのシーカヤック、快調に飛ばして行く。チロルさん一家は待望のフォールディングカヤックに。先頭に陣取るのは勿論チロルちゃん。箱乗り時々入水で、賑やかにパドリングを楽しんでます。スルスミ家は自作の3人艇。先頭はスルスミ母、しっかり漕がんかいっ!真ん中のコックピットにはスルスミ。チロルちゃんと離れてるのが不満で、吠えまくり。そして一番後ろがワシ。前二人が漕がんもんやから、ほとんど一人舞台。しっ、しんどい。

b0229636_20402394.jpg


1時間程で海津大崎手前の浜に上陸。肝心の桜はほころび始めでほとんど咲いて無い。風が吹き出したので、湖岸伝いに戻る。途中は海津の港の防波堤横を通過する時に、返し波で荒れた湖面を上下に揺られながらパドリング。スルスミはお利口に座ってました。着岸してからちゃっちゃと片付けて基地へ。


マイミクのみっちゃんさんが先行して到着済み。早速窯に火を起こして、生地を二次発酵。具材を用意して、盛り付け。いつもながらチロル家が来ると、トッピングのグレードが大幅アップ。ピザ2~3枚焼いたところで、マイミクのコロさんと仕事仲間のユーコリンが、どんぴしゃのタイミングで登場。車は一時路上放置でむしゃぶりつく。ピザで腹の虫が収まったところで、ダッチオーブンを熾火に放り込む。適当にばか話をしていたら蒸し鶏完成。美味い、簡単、早いの三拍子。更に、ピザ生地の余りでベーグルを焼く。もちもち感に少々欠けるが出来立ては、これもGood!風呂に行って、ユーコリンとみっちゃんさんはお帰り。

b0229636_20403636.jpg
b0229636_20405769.jpg



夜中にギャングが到着。意外に疲れ果てて即就寝。早朝に叩き起こす。遊びの日は時間にシビア。8:00に高木浜に再集結。フォールディングカヤックの二人艇と一人艇、それにスルスミ家の三人艇。前日と違って、全くの無風状態。咲いて無かった桜も一気に二分咲き程に。戻りは緩い追い風で絶好のコンディション。途中で好きな艇に交換をして、2艇繋げて立って別の艇に乗り込んだり、飛び込んだり。パドルも交換して、ほとんど試乗会状態。


基地に戻って石窯ピザだけど、昨日とはトッピングの内容が、若者向けガッツリ系。今日のダッチオーブンは少し量を多くして蒸鶏とベーグルだけど、かなり満腹。ベーグルは専用小麦粉を使ってもちもち感倍増。


庭の桜も三分程度まで開いて、まずまずの花見でした。みんなまたおいでな~。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-04-13 19:35 | 水遊び | Comments(0)

グリーンランドパドル

来週花見があるので、パドルを新調する事にした。花見の余興用では無く、湖北の海津大崎周辺の桜を湖上から愛でると言う趣向で、それ用に一本。

飽きもせずグリーンランドパドルを作る事に。ネタは去年の春先に仕込んであったので、パリパリに乾いている。シャフトを含む中心の材は赤松。アーマー部分はタモで、エポキシで接着して、デッキの軒に、出来るだけ反らない様に梁と角材の間に、はさみ込む様にして、放置。

b0229636_2028557.jpg


良く乾いているし、柾目なので、バリバリ削れる。2時間で粗削りが完了。羽子板状の形が出来上がる。凸凹をサンダーで均し、グリップ部分を細めに仕上げる。更に、シャフトの分裂を防ぐのと、滑り止めの目的でタコ糸を巻く。綺麗に拭いて、塗装へ。

b0229636_20281629.jpg



塗料はワトコのバーニッシュオイル。3回程塗ると次第に飴色に。後はそのまま1週間放置。来週の花見に間に合うか?かなり軽く仕上った。

b0229636_20282878.jpg

[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-04-03 17:55 | 工作 | Comments(0)