ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

久々の森林整備ボランティア

4ヶ月振りだろうか?久々に森林整備ボランティア、薪ネットの例会に参加。

b0229636_1654575.jpg


今日は新しいチェンソーを下ろす事にした。ハスクバーナの359で、ガイドバーは20インチ。早速、チェンソー博士のIさんに初期設定を教えて貰う。このグループには、このように、装備について懇切丁寧に教えてくれる方がいる、抜群の人的環境。

まず慣らし運転中は、回転数を上げないように、ニードルジェットを思い切り絞る。チョークを引き、スイッチをいれて、デコンプボタンを押す。始動リールを数回引くと、軽いアイドリング状態に入る。低速で回転している事を確認して、一旦エンジンを停止する。早速現場へ。途中、大きなクリタケが生えているのを発見。ナラタケが終わっての登場。

b0229636_1673649.jpg

今日の伐倒分には、里山センターの人がテープを巻いてくれている。少ない場合は、楢枯れ、立ち枯れ、蔦や葛で覆われ、瀕死の状態にある木等の順に優先順位を付けて伐倒してゆく。ここの森は以前、有名な朝日の森として開拓され、その後経営に行き詰まり、高島市が買い上げる事に。ただ案の定また管理に失敗し、民間の指定管理に。現在のNPO法人が管理することに。ただ、2度の管理失敗で、森林は一旦荒廃の危機に、追い討ちを掛ける様に楢虫の被害に会い、整備は緊急の課題となっている。これを補助する形でボランティアで我々が入っている。

ある程度年間の整備計画を立て、区割りして一定のエリアを整備する。ここ麻生地区は琵琶湖の水源である安曇川水系の涵養林であり、この森林の崩壊は琵琶湖の水不足を意味している。急速に進む楢枯れに地道な努力も無駄に思えるが、志しを高く持って取り組む必要があると感じている。

さて作業であるが、チェンソー組が伐倒して玉伐りを作り、これを斧組が割って薪として積み上げて行く。優先順位は楢枯れ、立ち枯れ、風倒木等となり、枝払い、周辺の下草刈り等も含む。ある程度バランスを見て、風と陽射しが入る健康な森にしてゆく。二次林である里山は人間の手が入る事で環境が保たれて来た。しかし、皆伐皆植の商業林が増え過ぎて、管理がおろそかになり、現在の為体が。薪炭の需要を喚起する事で、もっと商業的価値を持つようになれば、復活する所も多いかもしれない。ペレット生産事業の普及が鍵か?震災を期に代替エネルギーとして薪の利用を真剣に考える必要がる。国土の7割が森林の日本の最後のエネルギー源であり、計画生産で永久に採取できるエネルギー源であることを再考すべきだと思う。

b0229636_1685556.jpg

さて、チェンソーは使った後のメンテナンスが大事。使用直後はこんな感じに削り屑が回転部分にビッシリ絡んでいる。まず、ガソリンを抜いて、固定してあるガイドバーを外す。

b0229636_1695065.jpg

エアコンプレッサーで綺麗に吹き飛ばす。それまで使っていたゼノアのチェンソーに比べて、チェーンガイドがきっちり溝にハマるタイプになっている。この辺がプロ仕様の違うところ。国産に比べて、金属部分が多くカッチリ作ってある。その分重量が嵩んでいるが、耐久性は高い。大事に使おう。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-11-27 13:12 | | Comments(0)

農作業日誌其の丗弍

b0229636_20403751.jpg


皆様、Season's Greetings!ちゅうことで、今年も寄せ集めの材料によるエバーグリーン・リースを作ってみました。たまにはちょっとだけデコラティブにしてもええかなと思って、タマタマを飾ってっました。相変わらず、あのでっかい松ぼっくりはそのまま使用。

b0229636_20425585.jpgb0229636_20433511.jpg

3日分の落ち葉を掻いて、落ち葉ダンプへ。黄モクレンや柿の木を剪定して、たまたま放置していたほだ木を覗いて見ると、あれまぁ。生えてる!しかもデッカイの。しめじも一緒に3連休初日はのんびりしましょ。

b0229636_20452893.jpg


さて、今日は大豆収穫の日。朝から周りの落ち葉掻きを済ませて、畑へ。まずは根っこから引き抜いて、出来るだけ葉っぱを落とす。鎌でバッサリ落とすと、パパッと茎を外して、出来るだけ豆の鞘と枝だけにしてドンドン一輪車に放り込む。

b0229636_2046568.jpg

一杯になったら、軽トラの荷台へ。ノンビリやってたら2:00を回って、お腹が空いて来たけどもう少しなので、全部刈り終わるまで頑張る。

b0229636_20481351.jpg

一旦、庭にブルーシート敷いて全量を把握。お昼にすることに。

b0229636_20503958.jpg


其の前にちょっとだけシソやバジル、ニラの種を採取。来年用に。

b0229636_20514443.jpg

昼飯後はハサ掛け。4-5把毎に束を2つ作って、藁の細縄で軽く結束。2-3度捻って棒に掛けて行く。いつもの石窯の脇の単管。日が暮れて見えなくなるまでやったけど、翌日に持ち越し。

b0229636_2053559.jpg


やっと掛け終わった。何とか乾いて、来年の味噌用に出来たらいいな。脱穀は2週間後。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-11-25 19:46 | 農的生活 | Comments(0)

農作業日誌其の卅一

b0229636_22594232.jpg


秘密基地に来るようになって、初めて富士柿が実を着けた。
干し柿としては最高の品種だけど、放置されて全く結実しなかったが、3年間根元に刈り草を敷き、堆肥化して養分を吸い、蘖が伸びて樹勢を取り戻した。それにこの冬の寒さで一気にスイッチが入ったのか。

b0229636_2311772.jpg

ピーラーで剥いて柄をわら縄に通して、吊るした。この冬はストーブに当たりながら喰うとすっか。

b0229636_2343788.jpg

種まきから約150日。ほぼ予定通りに落花生の収穫を迎えた。最初は勝手が解らず、鋤で土を起こしながら、子房柄を引っ張るとブツブツと切れて一気に収穫出来ない。

b0229636_238189.jpg


発芽した根っ子を引っ張ると全体がジワジワと浮いて、ゴッソリ取れるコツが判ると後は簡単。朝飯前の作業約2時間程で掘り終えた。

b0229636_2310662.jpg

軽トラの荷台一杯になった。予想以上の収穫。

b0229636_23115666.jpg

今日は地区の竹伐採日。いつもの様に破砕機を使い、3箇所に竹チップの山を作り、一冬越せば春には堆肥として使える。来年も落花生絶対育てる。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-11-13 22:28 | 農的生活 | Comments(0)

農作業日誌其の参拾

b0229636_011228.jpg


10月はみんなが来てくれたり、里帰りで農作業をサボっていた。取り敢えず収穫期さえ外さなければ問題無い程度まで作物が育ってくれてたから、放っておいたのが幸いしたのか、順調。里芋の成長だけが心配かな?

b0229636_055010.jpg
b0229636_064715.jpg

ところで、話は変わるが今年はドングリが豊作。でもって、猿や猪が来ない。山に豊富に餌があるからか?そうは単純じゃないだろう。年初からの寒波が続き、3月までかなり寒かった。当然餓死で固体数も減る。春からは厳しい冬を反映して作物が多く実り、個体数に見合った食料を提供したのじゃあないか。冬らしい冬は自然界にバランスをもたらす。夏も暑かった。

b0229636_015166.jpg


メリハリのある季節の移ろいが調和の取れた作柄をもたらす。農作業を始めるようになって、そんなことを体感するようになった。

b0229636_0115964.jpg

今は冬への準備期間。先日伐採依頼のあった桜の薪を積み上げる。

b0229636_0124130.jpg
b0229636_0131855.jpg

来年の春を目指して、必要な踏み込み温床の為に、いつも落ち葉の捨て場所にしてたところを囲って落ち葉ダンプを作成。夏の間に貰っていた竹を使った。良く乾いたヒノキの枝で杭を打ってその周りにネジで固定、真ん中を竹の半端棒で補強。ちょっと大きすぎたか?まぁ良いでしょう。

b0229636_010113.jpg


落ち葉を集めるのも大変。きっちり道具を使い分けて大量に集めます。


お友達のマコリンさんに教えて頂いて、近所のコイン精米機からヌカを1袋頂いて来た。いずれ必要量を確保しよう。もみ殻も地区を管理している仲良しのおじさんのところから頂くことになった。マコリンさんからEM発酵のボカシを作る会に参加させてもらうことになっている。着々と準備ができている。さて、どの苗を作ろうか?今から楽しみ。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2011-11-01 00:01 | 農的生活 | Comments(0)