ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録22

基地周辺は大雪警報が出て、やる事一杯あるんだけど、電車で行くと帰れなくなるので、今回はパス。車は嫁が淡路島に鯛飯を喰いに行くとかで、使えない。お家で磨墨とお留守番。

こんな時は普段やっておかなければ、困る事を再考。とりあえず、図面関係の見直し。建築確認で少し仕様が変わったのに合わせて、引き続き図面の引き直し。

b0229636_134577.jpg


これは基礎伏せ図。すぐに直面する問題なので、直接載る土台や、補強金物、型枠の位置関係を整理して盛り込んだもの。これを見ながら、上下水道の配管の位置関係を考える。

建物と言うと大工工事が中心になるが、家として機能するには設備が必要となる。設備とは業界用語で配線や配管を伴う工事一切を指す言葉だ。つまり、人間で言うと、血管や呼吸器等の循環器系の部分。電気を通し、水やお湯を使えるようにする事。これが機能して初めて家として使い物になる。

b0229636_134646.jpg


設備の施工工程をまとめてみる。ブレーンストーミングして断片化した工程を順に繋げて行くのは、KJ法と同じだけど、エクセルを使ってセルにカットアンドペーストしながらアイデアを整理して行くのは楽しい。

今回、家作りに当たって、電気工事士の資格を取得したが、水道工事は資格取得が経験者に限られ、一般人には手が出せない。上水道の配管をどうするか迷った。全工程外注無しに暗雲が漂う。しかし、技術の進歩は目覚ましく、これを簡単に解決する方法が見つかった。さや管ヘッダー方式と呼ばれる配管方法がそれで、シチメンドクサイ水勾配を計算しながらの塩ビ管、鉄配管はすでに時代遅れの上、このさや管ヘッダー方式だと素人にも簡単に工事ができる。さや管は自由自在に曲がるから、接続する位置に向って簡単に繋げられる。接続はワンタッチでヘッダーと呼ばれる集合管に差し込むだけ。そこから再び分岐して行く。しかも、さや管に使われる架橋ポリエチレンは衛生的で強度も高く、何よりサビも出ない。下水道に関しては、構造が簡単なので、太めの塩ビ管での配管は難しく無い。排水も効率良く流れるように、施設配置を設定。水量の多い順に:風呂ートイレー洗濯機ー台所と排水することにした、水勾配さえ適正であれば詰まることはまず無いんじゃないかな。

基本自宅内での設備工事には一切役所も口出し出来ないので、自己責任(当然、セルフビルドであれば全ての責任は自分で負う訳だが)で設備の設置が可能だ。しかし、電気を引き込む段になって、安全にバランス良く配線が出来ていないと、電力会社から引き込みを拒否される。それと、オール電化にしたので電気設備図面を描いて申請しないといけない。オール電化にしたのは、一般家庭で200Vの単線だけど動力が得られるからだ。エネルギーを単一化して、電力会社の言う経費を「お得にする。」ことには興味は無い。屋根による集熱と床暖房、簡易太陽熱湯沸かし器、ロケットストーブによる掘り炬燵と、設計士さんが知らない隠し玉が用意してあるので、かなりの燃費削減が見込める。オール電化の比じゃありません。

b0229636_134737.jpg



昨日はちょっとオシャレなドッグカフェにお邪魔。人間用のランチも結構いけました。

b0229636_134850.jpg


そして今日は、磨墨の10年来の幼馴染、黒ラブのレオン君に超久し振りに公園でバッタリ。楽しい再会でした。

Weather forecast says it'll snow real heavy in northern Shiga prefecture this weekend. Accessing to my "Bat cave" shall be a little difficult. So, I've decided to stay at home and rethinking about designing my house.

Shown picture is redrawn over view of foundation with several construction elements. Including allocation of reinforcement bolts, wood panel mould scheme, and base log allocation.

With reviewing this picture, I've revised connection of drain pipe system. People may have impression that building a house means carpenter work, generally. However, building a house is orchestration of everything. Especially water and electricity supply system play a major role of making house as an anatomy, other than carpenter work. It's like cardiovascular system of human body.

Filling cells with fragmented ideas on spread sheet like Excel helps me composing sequence of building water supplying system. You can legally build your own water supply system by yourself in your own property. At your own risk, of course.
However, water supply pipelining used to be needed quite a craftsmanship. But recently cross-link polyethylene pipe connection system replaced the old one drastically. A device called header work as a hub for this system distribute water through the plastic pipe. Connection is easy with push and pull joint parts. Anyone can handle it without technical difficulties. Clean, durable, and easy, while well insulated with sheath construction. Heat loss is very minor.

Drain pipe installation is rather easier. As long as keeping proper gradient, sewage runs. Setting proper draining order helps avoiding congestion. Larger volume of sewage comes first. Order like, bath,toilet,washing machine, then kitchen.

I'll probably apply package supply program of electricity which you can't have contracts with other energy supply companies. The only reason for applying this program is that you can have twice as high voltage as normal supply program. Which let you use industrial standard machine at your house. Other merits are very little. Major consumption of energy for a house is generating heat without question. For this purpose, I've got some secret weapons such as passive solar panel system and water heating system for bath tub both on the roof. Other than that, rocket stove helps warming feet under dining table. Each heating unit will be installed as a fixture inside of the wall or roof so that you can't recognize from outside. In living north of Lake Biwa, those weapons help us saving a lot of energy cost while producing less warming gas.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-01-27 15:51 | セルフビルド | Comments(4)

家作り備忘録21

建築確認書類を読み直してみた。これが、今後の家作りの指針になるものだし、どの範囲まで逸脱して、好き勝手が出来るかを見極めないといけない。

建築士のオニーサンは、ワシの図面を法的に根拠のあるもの(主に強度設計の面で)にモディファイして役所に出してくれてるので、チョコチョコ元々の構想と違った部分が図面上見られる。

b0229636_143039.jpg

土台伏図

b0229636_143165.jpg

梁伏図

大枠は大差無いけど、強度の関係で入れたかった部材の寸法や設置方向の変更部分は、補助図面の基礎伏図、土台伏図、梁伏図、小屋伏図、その他各部の納まり図を引き直す事になる。役所に届けを出すのは、どんな外見になるかという事を主眼に置いた図面と強度計算書の二つがメインなので、実際にその外見になるにはどのような構成にするかは、補助図面を中心に動いて行く。というか、建築確認書類では家は建たない。

b0229636_143262.jpg



日本の大工さんは元々、板図という一枚の平面図に構造材の配置を盛り込んだ図だけしか描かない。それと尺棒という長い木に立面方向の寸法を書き込んで、後は棟梁の頭の中に描いた家のイメージを伝える事で建てて行く。その差配で家が建つのは素人にとって驚きだが、棟梁には細かい納まりから家の全体像までありありと見えているという。スゴイ事だ。ハウジングメーカー請負の大工さんには、その必要が無いから、本当の大工さんは減ったと言われる。

補助図面を引き直したら、すでに買ってある部材も含めて材料表の見直しをして、予算も変更される。建築確認書類の通りにやれば、最低限の強度しか取らなくても家は建つ事になっているから、ワシが組んだ予算よりずっと安く上がる。けんど、法的に問題の無い範囲で材料の質を上げたり、補助的な部材を入れるつもりなので、そのやり繰りを考える必要がある。

後は、家作りのコンセプトに合致する材料が調達出来るかだが。テーマは「めんどくさい家」だから、その基本方針を体現出来る材料となる。この家作りが上手く行って完成して、移り住む頃には、定年間近となるので、老後をどう過ごすかと言うのが最大の関心事。健康に天寿を全うするにはどうするか?死ぬ間際までキチンと身辺自立して生きるには、生活の中で常に体を動かし、頭を使う事じゃなかろうか。

朝起きたら、まず雨戸を開け、季節に応じて窓のアタッチメント(網戸とか)を調整、寒ければ薪をくべ、火を熾し、湯を沸かす。食事を摂り、片付けをし、掃除をする。畑に出て、作物に手を入れ、収穫する。日中はそれぞれが一日の仕事をこなし、風呂にお湯を取り、食事を作り、戸締りをしてまた眠る。その日々の生活の中で、大きく導線を取ったので、家の中を動き回るにも数歩多い。アルミサッシではなく、木枠の窓なので数手所作が多くなる。常に少しづつ体に負荷を掛け、それが当たり前の生活になる仕掛けを作る。それに、安全性と省エネ性能を盛り込む。快適ではないかもしれない。でも快適性って、気持ちの問題だから、数値で測れるものでも無いし、「快適だ〜、快適だ〜。」って言ってりゃ、快適になるんじゃなかろうか?住めば都って言うでしょ。^^;

作り付け以外には家具を出来るだけ置かない。ユーティリティスペースを広く取る。キッチン以外で連続した動きを分断する。つまり、何かしようと思ったら手順を考え、2つ以上の場所を経由しなければ行動が完結しないような什器設定にする。そうする事で、歩数を稼ぐ。急な雨が降って来たら大変そうやな。でも楽しそう。^o^

b0229636_143381.jpg




今日は、恭一さんに誘われて、長浜にあるエコワークスと言う大工集団の作業場にお邪魔して、木枠のサッシ作りを見学させてもらった。とても良いペアガラスのアルミサッシが中古で手に入ったので、これを木枠のサッシに作り変えるとのこと。大工さん指導のもと、墨付けして、プレーナー掛けからホゾ切り、組み付けまで。
b0229636_142881.jpg


木はやっぱり良い。アルミは一度形を変更すると全く使えないけど、木枠はある程度の自由度があるので、簡単に作り変える事が出来る。そして、木枠そのものもプレーナーやホゾ切り機械で綺麗な木肌に生まれ変わる。自分の構想にドンピシャに嵌る加工技術を実際に見れたのは、かなり幸運な事だった。これで、開口部のメドが立つ。後は図面引いて納まり考えたら良いだけなんで、大幅に進捗。恭一さんに感謝せな。

On reviewing registration file, I've found some discrepancies with my original design. This means I have to redraw scheme on foundation and other over view of pillar allocation. While, revising bill of material and estimation accordingly. Authorities are only interested in 2 points. One, how cross cut side view of a house looks like. Two, structural resiliency. However, required schematic design pictures are useless for building a house.

Traditional Japanese carpenters draw just a brief picture of pillar allocation. This simple over view and a yard stick is sufficient enough building a house for a Japanese carpenter. Which sounds quite amazing but complicated whole structure of a traditional Japanese house is clearly drawn in his mind.

Concept for building my home stands for "clumsy house". By the time we move into my new house, we will be about to retire. Our main concerns will be how we live our pension life healthy. Care taken life sounds miserable. To live a healthy life, I've set some tricks on my house design. Living in my house needs a little hassle. Extra move enforce us minor physical burden which accumulates to be a good exercise for an older person. So that I can live without care taker's help till the end of my life.

I've visited a workshop in Nagahama today. The guy I've introduced on my last blog runs this workshop. One of carpenters has shown us how to fix an window frame. The whole procedure was quite stimulating. Knowing wood as far versatile material than aluminum sash changed my entire scheme of building opening fixtures such as windows and doors. Thanks Kyoichi-san invited me to the workshop!
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-01-20 08:49 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録20

b0229636_16475284.jpg


やっと建築確認が下りた。建築士のオニーサン、結構慎重派で敷地の下見やらなんやらで、11月に話し始めて1ヶ月半掛かった。ワシのケースはかなり稀で、素人が自分の設計を通す為に有資格者を利用して、施工まで自分でやるのは初めてだったらしい。あと施工管理、つまり法的に建築確認通りに建てているか見張っているのも、有資格者でないとダメらしく、それも依頼する事に。まぁ、これはアドバイザー料みたいなもんやね。お金はかかるけど、建築士さんは抜け道色々教えてくれるので、要らん労力使う事考えたら安上がりかも。中間検査と完了検査にも立ち会ってくれる。

b0229636_16475438.jpg


んで、これを見えるところに掲示しろと言う。日本人って責任追求好きやね。しかし、雨ざらしで向こう2年もつかな?

b0229636_16475628.jpg

b0229636_16475798.jpg

b0229636_1648581.jpg


建築確認が終わったので、先週の続き。ワークベンチの前面にメカニカルバイスを取り付けた。縁木に凹みを刻んで雌側のプレートを面一で嵌め込む。下側に下穴を空けて、ぶっといコーチスクリューと言うボルトとネジのあいのこみたいなヤツで4ヶ所ガッチリ固定する。

b0229636_1648795.jpg


取り付け完了〜。^o^後はパーティクルボードを使って、小物や手道具を入れる引き出しを付けたら完成やね。

b0229636_16481080.jpg


明日から又、ミゾレと雪らしいけど、余りに基地内が手狭になった為、基礎の型枠を外の資材置き場に移動してブルーシートでシッカリカバーして来た。

同じセルフビルド仲間の恭一さんの紹介で、とっても波長が合う資材販売をして頂ける会社の社長さんと会う事が出来て、材料調達に明るい兆しが見えて来た。防蟻剤の入って無い塗料や、木質チップを圧縮して作った断熱ボード、高周波乾燥で材木が死んでしまう話し等、目からウロコの内容がポンポン出て来る。こんな人が同じ湖北に住んでいるというのは、かなりラッキーだと思う。早速、材料表を再検討して見積もりを貰う事にしよう。

For my dear foreign subscribers, I'll put summery of my note as follows. Please pardon my grammar!

Finally local authorities acknowledged my registration of building my home. I have submitted it through a certified architect. Took me about a month and a half. Normally it should be about a week. Since, in Japan, self builders' registration is quite a rare case. Authorities are dubious about armatures building their own home. So they checked through all the detail. I've waisted quite a bit of my valuable time. Anyhow, I can start digging very soon.

When you have started working on fixtures such as doors, windows and etc, it'll be quite time consuming. Precision required. While,you need a little bit of concentration. To make it easier, I have build this workbench. Hopefully,it'll work right. For the final procedure, attachment installing, the mechanical vise was a headache. Needed offset cutting on the front fringe board, spacers attached and cut in "v-shape" groove before installing the heavy vise weighs more than 20kg.

I've met an architect who deals construction material. This guy sells strictly environment oriented materials only. Nice to know someone like him. I'll finish my bill of material very soon. Will ask for estimate on my bill. Probably I'll place order to this guy.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-01-13 09:17 | セルフビルド | Comments(2)

胃カメラ・リターンズ

今日は前回の検診から約1月経過して、十二指腸潰瘍の内視鏡検査の日。

前回、ブっとい口からの胃カメラ入れられてエライ目に遭ったんで、今回は、細いという鼻から入れる胃カメラを希望。

結果から言うと、か〜なり楽ちんでした。^o^

朝、8:30から予約してたんだけど、すでにワシ以外に3人程並んでて、こりゃあクアトロブッキングじゃないか〜っと、思ったけど、なに、普通らしい。^^; 最初に胃の膨張を抑える薬と言って、シロップみたいなんを飲まされる。んで、一人づつ呼ばれて、控え室のベッドで鼻に麻酔のお薬を入れられて、暫くお寝んね。看護師さんが「鼻にツンと来ますけど我慢して下さいね〜。」って。鼻毛多いんかな?ツンとせえへんぞ。て〜へんや。と思ってたら、来た、来た。でも、そんなにキツくない。その後、ホントの麻酔薬を再び鼻に入れられた。前回とおんなじジェル状のお薬を、鼻ににゅるっと入れられた。鼻毛のとこで止まったらあかんやろ思うて、ちょっと鼻の穴大き目に広げて、奥に流れるようにすると、すぐに喉まで落ちて来た。ん、しょっぱいかな。鼻汁混ざってんやろな。まっ、えっか。だんだん痺れて来た。以前のようなオエっと感が無く、喉の奥で止まってる。

程なくして内視鏡検査室に呼ばれて、ベッドに仰向けで寝るように言われ、今度は胃の活動を抑える薬と言って、注射。ほんで、イキナリ、検査技師のセンセが「ほな、いきましょか。」って。今回は前回の内視鏡の管の太さが1/3位。鼻に突っ込まれて、「ハイ、ごっくんして〜。」ちょっと鼻の粘膜に当たって痛かったけど、スルッと入って来た。先っちょが喉に来てたので飲み込むと、「ハイ、オッケー。入った、入った〜。」って、センセ。管の周りにジェルが塗ってあるんで、ツルツル〜っと入って行く。全然、楽っ!そんで、ほにょほにょリモコンを動かしながら、まだ入れるかと思ってたら、「お〜っ、キレイサッパリ消えてるやん。良かったね〜。」と、センセ。「ホンマっすか?」と言ったら、もうちょっとファイバースコープをクニクニして「うん、ええよ。」って。大丈夫みたい。

それから、ピロリ菌の検体を取るのにまた管の横からワイヤー入れて、看護師さんが「ハイっ、採れました〜。」って。胃カメラをツルツル〜っと抜いて、「ハイっ、お疲れさんした〜。」で終わり。
b0229636_13144957.jpg

施術前
b0229636_13145071.jpg

施術後

大体キレイに消えてます。でも、かさぶたの跡みたいに少し硬く、白くなってるらしい。

担当医師のセンセ曰く、ピロリ菌はキレイに流れてるそうです。潰瘍の跡もキレイなんだけど、ピロリン(ピロリ菌のニックネームです。)が同じ所に再び着床するらしいので、後3週間は投薬しとこうと言うことで、お薬貰って帰りました。

ご心配頂いた皆さん、どうもありがとうございました。おっさん(おばさんも?)になると誰しもが一度は通る道なので、お気を付け下さい。最後に、胃カメラは鼻からの方がずっと楽ですよ〜。^o^
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-01-11 11:36 | Comments(6)

家作り備忘録19

b0229636_15592550.jpg


今年の正月休みはちょっと長めに取れたので、暮れはヤスオさんとこのパーティーがてら3日居て、一端家に帰って、年を越した。

b0229636_1559282.jpg

b0229636_15593078.jpg

b0229636_15593498.jpg


暮れまでに土台だけ組んだ。材は取り壊した小上がりからの使い回し。棚板や引出しまで作って、キッチリ要尺が収まった。歩留まりが良いと気持ち良い。

b0229636_15593668.jpg

b0229636_15595811.jpg


天板のドッグホールを丸にするか四角にするかで悩んだが、出回っているストッパーに丸が主流の様なので丸に決定。墨付けして左右2列づつ配列。こんだけ空いてりゃかなりの仕様に対応出来るやろ。下の写真に出ている杖の頭みたいなヤツは、ホールドダウン金物。ドッグホールに差し込むだけでクサビの原理で平板の頭を抑え込む仕組みの道具。極めてシンプルかつ使い勝手に優れている。シェイカー家具等の木工の伝統が生み出した知恵。素晴らしい。こういう単純で使い勝手の良い道具は時代を超えて生き残るんだろうな。作業台を使う方向に行かなかった和の指物とは違う進化を遂げている。

b0229636_15595962.jpg


片側に全幅を利用したダブルハンドルのサイドクランプを付ける事に。長尺物の固定とストッパー替りに。

b0229636_160068.jpg


とりあえず、やっつけで下段に道具の収納を付けて、今日のところは終了。来週には前面にメカニカルバイスを取り付けて、一応完成させる事にしよう。それが出来れば、いよいよ造作物の製作に取り掛かれる。

b0229636_160196.jpg

b0229636_160133.jpg


2日の夜半から降り始めた雪は膝下まで。磨墨は朝夕遊び疲れて、夜はストーブの前を占拠して、死んだ様に寝てます。
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-01-05 14:45 | セルフビルド | Comments(2)