ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録48 A selfbuilder's note

今週は土曜日が月末で出勤日だった。日曜日一日だけの作業になった。

b0229636_18172654.jpg


定尺の型枠の建て込みが終って、半端の長さ部分に合わせて型枠を作る作業。ベニヤの高さと背面に取り付ける桟木の幅は一定なので、簡単な組み立て治具を作った。太い角材の間に桟木を落とし込み。
b0229636_18172899.jpg

位置が決まったところで、ベニヤを置き、目印の中心線に合わせてエア釘打ち機で止めて行く。元々、半端と言っても910モジュールの逓倍と定尺の差からでる端数だから、共通の半端がいつくかあり、全部バラバラのサイズでは無い。しかし、定尺のものにも何度か使ううちに歪みや解体時のささくれ等で、5mを越すスパンの中で、積算した誤差が最大5mm程度出る部分があり、何度か修正しなければならなかったりと、結構時間が掛かる。型枠の治具が出来た時点で、これは早く進みそうだなと思ったけど、予定の半分程度しか出来なかった。しかも、プロが作った型枠と精度、クオリティを合わそうとすれば、結構頑丈に作らないといけない。それが出来て初めて、同じ結節金具が使える。結構大変。
b0229636_18172940.jpg

こんな感じで隙間を埋めて行く。
b0229636_18173041.jpg

一区画繋がった状態。修正を掛けたつもりが、それでも墨線ピッタリには合わない。結構難しい。後は連結の時に無理やり釘と金具の力で合わせるしか無いな。
b0229636_18173225.jpg

今日はここまで。残りと、変則部分の玄関アプローチや排水パイプの貫通箇所がある型枠を次の週末に仕上げる予定。スペーサーやアンカーボルト、ホールダウン金物の取付まで終らせたいな。草が結構伸びて来た。草刈りすっか?
b0229636_18173388.jpg

ミョウガは冬に堆肥を入れたので、凄く生茂ってます。
b0229636_18173457.jpg

b0229636_18173679.jpg


富有柿は基地に来てから、今年が一番実を着けた。キウィは去年の倍は行くな。剪定しないと。実物の当たり年かな?
b0229636_18173789.jpg


ウチに着いたら、ノウゼンカズラが盛りを迎えてた。お隣のだけど。でも、2/3位はウチに侵入しているけど、放置している。気に入ってるので。

Saturday wasn't off. I had Sunday, one whole day only. Standard sized mold set up has done. The rest was to build connection mold which is out of standard size. To build the connection molds, since hight and backup sticks' measurement standardized, I made a simple jig as always. Put back up sticks into the jig. Then place plywood plate and decide final position. Nail the plywood onto the back up sticks by air nailer. Making mold with professional precision as well as durability, requires me certain technique and concentration. This work is time consuming. While, I had to correct minor discrepancy caused by reused mold. Connection mold absorbs the discrepancies. So dimension of connection mold varies by quality of the standard sized mold. Almost 2/3 of the mold is reused mold. Cost is good, money wise, however, physically harder to set up. Well, no one push me. I'll take cost.

Only half of scheduled work has done for today. I've miscalculated the amount of job for connection mold building.To call concrete supplier,I need to finish the job by the next weekend. It'll be another hard days night.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-06-30 17:26 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録47 A selfbuilder's note

台風一過で暑くなるかと思いきや、基地の周辺は凌ぎ易い曇り空。墨付けの残りを終らせて、型枠建て込みの準備。
b0229636_19132772.jpg

丸セパの穴開け用ゲージを作って、型枠に9mmの穴を開けて行く。2400mmの垂木に800mm等間隔。エンドから150mmで始めると、コーナーで角管を交差させる時に破裂を上手くかわせるということで、変則ゲージ。
b0229636_19132835.jpg

今回の型枠取り付けに使うセパレーター合計125本。以下の様に取り付けられます。
b0229636_1913305.jpg

2枚重ねで穴を空けた型枠にネジ部分を差し込むと、Pコンが壁を押して、きっちり150mmのスペースをキープしてくれます。
b0229636_19133178.jpg

貫通した穴から外に突き出ているネジ部分にフォームタイと呼ばれるパーツをネジ込みます。
b0229636_19133242.jpg

フォームタイの上に角管を載せて
b0229636_19133318.jpg

固定金具の穴にフォームタイを通して、さらに固定金具から突き出たフォームタイの穴にクサビを打ち込むと、ガッチリ鉄の角管を固定して出来上がり。なんと、システマチック!しかも、型枠の横桟を角管が抑え込むので、均等に圧力が掛かった状態です。この型枠屋さんスゴイ。^o^
b0229636_19133531.jpg

完成形はこんな感じになります。もちろん、これで鉄筋を挟んで、丸セパを結束したり、ベースに接する桟木にコンクリート釘を打ち込む等して、ガッチリ組み立てます。
b0229636_19133651.jpg

その前に、型枠を外した時の事を考えて、表面に付着したコンクリートのノロを剥がします。
b0229636_19133765.jpg

さらに、さらに、仕上がりがスベスベお肌になるように離型剤を塗ります。油が主成分のようです。
b0229636_19134180.jpg

基礎立ち上がりに着ける物はまだ有ります。コレは先週の最後に載せた写真のアンカーボルトに桟木を取り付けたもの、65本。あと、ホールダウン金物に桟木を取り付けが13箇所分。まだまだ有るけど後ほど。日の出と共に起きて作業しているので、ねっ、眠い。もう11時や、お休み。
b0229636_19134575.jpg

翌日はまたしても夜明けから建て込みの作業に入った。8時頃まで作業やって、地区の草刈りがあるんだけど、全部は参加出来ない。その代わりと言っちゃ、何だけども、予てより猿が獣害柵のフェンスをめくって侵入しているらしいので、基礎の鉄筋の余りで作ったコの字型のフェンス押さえを作って、取り付けに行った。区長さんとも協議して、定期的にメンテナンスのお手伝いが出来ればいいかな。地区の皆さん、途中で抜けてすみませんでした。
b0229636_19134660.jpg

今日はとりあえず、ここまで。全体の1/3位かな。来週はもうちょっと捗るでしょう。
b0229636_19134875.jpg

ブルーベリーは豊作の予感。^o^
b0229636_19134982.jpg

去年が裏年だった梅。今年はまあまあかな?梅ジュース作ろうか。

After typhoon passed, hot monsoon day was expected. Against my odds, cool and breezy nice day for physical work. Preparation for setting up stand up mold.

9mm drill holes on mold board by 800mm pitch. Made irregular gauge first hole starts from 150mm for avoiding joint parts interrupting at each corner.

Fixed separator with end parts.
125pcs total. The separator inserted on to drill hole. Bolt thread poke out on the other side connected with form tie. Form tie inserted onto joint part. With hammering wedge into the eye of the form tie with holding steel square pipe. Voi la! Pretty systematic.

Inserting anchor bolts into drill holed wood stick. This bunch installed at top edge of molds holding anchor bolts in position.

Other preparation went on. Scraping sticked concrete chips away. For easy removing molds, oil needed to paint before fixing.

Next morning woke early and started building molds. Today was locals' gathering for maintaining road and animal deflecting fence. Recently invasion of monkey reported through broken mesh of the fence. So I made repair parts with left over of the steel rods for foundation. Worked well enough. After installation of the repair parts, I resumed my work. Felt a bit guilty about leaving in the middle of the event, however, people encouraged me to go back to my work. Great neighbors.

By the end of the day, almost 1/3 of the building has done. Well, I can handle better next weekend.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-06-22 19:00 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録 46 A selfbuilder's note

今日は早朝から基地に向って出発。途中、プロ向けのホームセンターに立ち寄って、今回の作業でキーパーツになる丸セパB型を購入。
b0229636_19573134.jpg

こんなヤツ。買ったのは芯棒だけ。両端の白い玉はPコンと呼ばれて、生コンが固まったら取外してモルタルで埋める部分。建築物が好きな人は、「あぁ、あの丸い穴か。」とすぐにピンとくるアレです。後程詳しくご紹介。
b0229636_19573250.jpg

ほんで、基地に着いたらすぐに、贔屓にしている建機レンタル屋さんから、ユニック借りた。正しくは、小型移動式クレーン。以前、免許取ってあるんで、すんなり借りれます。今日は、先週話しを着けた型枠屋さんに、注文した型枠一式を受取りに行く手筈。先方の手配してくれるユニックも大して値段は変わらないが、とにかく自分で好きにユニック使って降ろしたい。この作業はとってもワッホイな事なんです。楽しいんです。この為に荷締め用ストラップを調達し、ドンピシャ真ん中にバランス取れた時の快感。クレーン操作が上手く行って、ピシッと目的地点に置けた時の快感。何ものにも替え難いです。
b0229636_19573456.jpg

ユニック借りたその足で、型枠を引き上げに行く。この型枠屋さん、社長さんがとってもファンキーな若い女性。でも、回りを固めるプロ集団が良い仕事してくれます。親切です。頼り甲斐あります。素人の基礎打ちをバカにせず、面白がって付き合ってくれます。ワシにはとっても有り難い業者さんです。
b0229636_19573560.jpg

型枠降ろしちゅう。結構重たいです。パネル自体が非常に頑丈に出来ていますので、支える鋼管やクランプの数が少なくて済みます。
b0229636_19573660.jpg

コッチは鋼管の積み降ろし。滑ったら危ないので、少量づつストラップ二重巻き。雨降って来た。ユニック久しぶりだし、雨で濡れているので慎重にやってたら午前中一杯掛かった。まっ、怪我するよりいいでしょ。今後の建前(柱や梁の組み立て)の事もあるし、ここはじっくり練習と行きましょう。午後にもう一回積み降ろしをやって、その日はおしまい。
b0229636_19573883.jpg

翌日は、朝から基礎の墨付け。この前打ったベースに直接墨を打つ。まずは四隅の基準位置を出す。丁張りの上に大矩を乗せ、水糸の交点を通って下げ振りの止まる位置を探す。雨上がりで蚊が多いので、ブーちゃんに出動して貰ってます。
b0229636_19574061.jpg

位置決めが出来たら治具を当てて、センターと基礎幅を写し取って行きます。さてやっと墨が打てます。墨汁とチョークラインの両方試して見ました。墨汁はモタモタしていると直ぐに乾いてしまい、夏の晴天時はノーグッドです。チョークラインは線が太いのが難点ですが、思ったより定着も良いので、チョークラインで行くことにした。
b0229636_19574114.jpg

手前と向こう側の細くクッキリとしたラインが墨汁。左右の太い青線がチョークライン。季節柄仕方なかんべな。
その後は、配筋のセンター出しを一日中。
b0229636_19574227.jpg

最後にアンカーボルト取り付け位置確認をやって、今日はこれまで。来週は上下水道の貫通部材取り付けと、アンカーボルト、ホールダウン金物取り付けやって、型枠建て込みやれたらいいな。

Woke up with sunshine on Saturday morning. Left for bat cave. Shop at pro use construction material store on the way. Bought 130pcs of core bolts for separator. Shown is a fixed one for checking its dimension. One of the key parts for building wall side of foundation .

Soon after arriving, went straight for borrowing crane installed truck aka UNIC. I've got the operator's license a couple of years ago. It's such a fun operating UNIC. Craning heavy weights needs certain technique. I've needed the truck for unloading whole sets of mold. Actually wall side mold is well made,sturdy, and real heavy. So bunch of the panels must securely tied up with heavy duty cinch bands. Always gravity center must be kept. Up to 5 tons I can handle on my license. Today's heaviest is less than 500kg. So it's a good training object for setting up pillars and beams. It was raining. Molds and other supporting material drenched and slippery. Unloading by crane should take extreme care. So that it took more time than expected. All day devoted to unloading. Well, that was good practice.

Next day started with drawing base line on the foundation. Needed exact center of each corner. The center point decides all of measurements of the foundation. In this case, plumbing is the best way to find the point. The exact center already exists, however, 600mm above the base concrete. Cross point of thread line from two other corners makes the point. From there to the center point on the base concrete, plumb indicate. I put square point of huge triangle above the cross point. Plumb sits there and extend the thread with barely touching inner corner of the cross line. After swing stop, exact center is marked. Then use a jig for drawing width of the wall side of foundation. After each corner found the center point and two side wall outer line, just connect two outer line on both corner.

With drawing the outer line, I've tried traditional brush paint line and chalk line. On hot summer daytime, brush paint line dried very quickly. While chalk line stays. Line itself is wider than brush paint, though, chalk line works better.

After drawing base line, mending all the straight line to keep just 10-16mm outside or inside of the straight center line. This is because anchor bolts or hold down bolts must connect to the straight center. head of the bolts must appear on the center. The offset space needed for achieving bolt heads on the thread line.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-06-15 20:19 | セルフビルド | Comments(4)

家作り備忘録45 A selfbuilder's note

生コンは打ってしまえば、養生の為、1週間程触れない。その間、遅れている刻みに追いつかないといけない。2週間前に配達してもらった杉の桁材にやっと取り掛かれる。
b0229636_1462913.jpg

先ずは、新しく買った突きノミの刃付けから。職人用のノミは新品の時には刃が出ていない。つまり、人それぞれだからプロは自分の好みに刃付けを行う。素人が知らないで買うとクレームになる。^o^まっ、ワシも素人なんだけどクレームは言わずに、適当に刃付けをやって、試しに使ってみた。すんごい!今まで使っていた突きノミと違って、長くて重たい分、ザクっと切れる。以前、本職が使っているのを見る機会があった。 平角の梁まで刻むなら、デカイ突きノミが要ると思い、用意していたのが、やっと日の目を見た。ついでに追込みノミもタッチアップ。基礎をやっている間、ヒマがあれば、刻みの効率を上げようと色々と治具を考えていた。
b0229636_146308.jpg

仕口の幅決め。
b0229636_146321.jpg

梁と桁の嵌合用
b0229636_1463323.jpg

間竿、尺棒とも言うらしいが、1/4間毎に印が入っており、継手の頭の位置さえ合わせれば、後は印の通り位置決めが出来るので、速いし間違えることが無い。これは横架材用にシンプルな間モジュールで作成。
b0229636_1463460.jpg

久しぶりに刻みをやるので、忘れていたが、芯位置の確認。桁は上から抑え込まれるので下反りになるように芯は上。
b0229636_1463580.jpg

墨付けは楽しい。4寸角ではスコヤが大活躍。製材所でありながら、大工さんでもある今回の取引先の方は、予算内で出来るだけ綺麗な材を選んでくれたようである。どれも赤身がシッカリ入って、想像よりずっと重い。桧に比べてもそんなに軽くない。墨もキレイに乗る。
b0229636_1463562.jpg

ただ、とにかく暑い。梅雨入り宣言してから全く雨が降らない。基礎の養生も余りにカラカラなのでヒビ割れが心配な位だ。丸ノコを使っている間は木屑まみれになるので、工業用の扇風機を仕入れてみた。石工のヤスオさんも肺に切削の粉が入らない様に使っていると言ってた。マスクはしているが、大半の削り粉は先に吹き飛ばして塵肺にならないようにしたい。
b0229636_1463698.jpg

と言っても出来たのこんだけ。基礎立ち上がり主筋のセンター出ししながらなんで、こんなもんか。来週はもっとピッチ上げて行こう。でも、型枠も来るもんなぁ。出来るかな?

While waiting for the concrete stiffen, there's no way to touch for a week or so to acquire best expected strength. So, switch concrete to wood. Before starting cutting tenon, I needed to sharpen a new chisel. This pushing type is long and heavy enough for large rectangular beams. Pros sharpen the blade as they like. So they don't sell chisel sharpened for pro use. Well, I'm not a pro. But this one works a lot better.
Even while working on the steel skeleton, I was considering jigs for quicker tenon cutting job. Three this time. One for module marking stick. Another two for tenon width determination.

Long time no cutting beams. Rethinking how the arc of beams appears.The case of beams tend to arc downward. So the end of core should be on upper side.

Bought a industrial fan. Way too much of wood cutting dust which cause the longest English word, pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoniosis. Wow! Just try not to inhale dust too much. Major amount of dust blown by the fan. Still I would not remove my mask. So harsh cutting tenon during monsoon season.All I've got was shown on the photo. Will start fixing rental mold for stand up part of foundation coming weekend. Lots of things to do.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-06-08 15:11 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録44 A selfbuilder's note

今日は生コン打設の日。6時から型枠の中、つまり生コンに浸かる部分の最終チェック。結束忘れが無いか確認。やはり数カ所見つかった。横筋入れ忘れもあったので、鉄筋の半端置き場からなんとか見つけて、全て補充出来た。
b0229636_8522046.jpg

7:00前に建機レンタル屋さんに行ってバイブレータを借りる。今日は顔パス、後払い。やったね。業者扱いや。この後、保証金も免除になってた。すでに出荷伝票に名前が書かれてあった。戻って、ポンプ屋さんから言われてた砂1袋とコンクリート1袋を用意していると、ポンプ車が来た。早速、スタビライザーを伸ばして車を安定させると、金属ホースの先端に柔らかいホース、内径100mm位をクランプで取り付け、3つ折りのブームを伸ばして、一番遠くの位置確認。丁度端から端までカバー出来る事が判って、今度は下準備。先ず生コン受けのバケットに水を一杯にいれホースを充満。バケットにある穴に吸い込まれて行く。そこに砂1とコンクリート1の割合で混ぜたモルタルを作り、半分程吸い込まれて、準備完了。

そこに恭一さんと、健一郎さんがサプライズで応援に駆け付けてくれた。なんと奥さんの裕美さんも。指先の骨折は大丈夫とのこと。コテ作業は無理なので、裕美さんとバイブレータの操作をお願いした。恭一さんとワシが後ろからコテ均し班で着いて行くことに。
b0229636_8522131.jpg

生コン車も届いて充填開始。凄い圧力。あの生コンがソフトクリームみたいにホースの先から出てくる。オペレーターのお兄さんがそれを腰に着けたリモコンで位置を細かく変えながら、型枠に注いで行く。型枠の破裂を心配したがどうやらオッケー。オペレーターの腕も良いので、無駄な圧力が掛かる前に次々と移動して行く。高さも型枠一杯で見ながら充填して行く。プロの技や〜。
b0229636_8522283.jpg

充填された端から健一郎さんにバイブレータで隙間を埋めてもらう。最初、縦に入れて細かくやってもらったが、ポンプ屋さんから、横にすると鉄筋に当たらないし、広い面積バイブが掛かるで、とアドバイスを頂く。で、横掛けしてるところ。
b0229636_852238.jpg

恭一さんと上面を均しているところ。恭一さん細かいです。綺麗です。ワシとは性格真逆。ワシ、ザーっと行って、まっ、えっか。で、次。恭一さん、飛び出してる結束線の端を埋め〜の、バランスとり〜の、凸凹直し〜の。両者施工区域一目瞭然!

一杯目の4立米が済み。お代り待ちにポンプ屋さんとお話。ポンプ屋さん曰く、鉄筋が職人より綺麗に施工してあるので、楽やとの外交辞令を頂く。素人にしちゃ上出来。普通っちゅう事でしょ。まぁ、及第点やと理解して、胸を撫で下ろす。そんで直ぐに残りの2立米到着。充填再開。途中、多いかなぁ?って言ってたけど、最後の方になって、足らんことが判明!0.5立米追加する事に。ポンプの中に残る分と、コンクリートの約5%が空気で、その分がバイブで飛ぶ事を計算に入れて無かった。トホホ。^_^;
b0229636_8522427.jpg

基礎フーチン打設完了!ポンプ屋さん、残量の生コンを桶に吐き出して、後片付けも綺麗にして帰って行きます。ご協力頂いた、健一郎さん、裕美さん、恭一さん、皆さんお疲れ様でした〜。
残った生コンを適当に型に入れて重り作ったり、資材置き場の端を延長したりして使い切って終了。次は別の型枠用意して、残量分の処理方法考えとかんとあかんなぁ。外の階段とかスロープの構想を先に練る必要ありです。
b0229636_8522543.jpg

富士柿の花が満開。蜂がグワ〜ンと言う大音響で蜜に群がってます。
b0229636_8522666.jpg

山椒の実。今年は不作。こんだけ。裏年かな?とりあえず、塩でアク抜きしましょう。香りはさすがです。

さて、明日からは養生の為コンクリートは弄れないので、刻みに入ろう。

Got up at 6:00 to ready for today's concrete filling work. Final check on steel skeleton below the surface of mold. Regrettable enough, I found untied section a few. Also found missing part of beam rod. Before 7:00 all have finished and left for rental store. As I have already established trust, clerk said charge me later. Soon got back to the site and started ready all of equipments and tools. Pumping truck's shown up eventually. While watching operator shafting the booms to the farthest point of the mold, Kenichiro-san, Hiromi-san his wife and Kyoichi-san have made, thank god. The operator expanded stabilizer and started mixing mortar for filling compressor tube. Mixing rate 1 by 1, cement and sand with water, very loose one just for avoiding air inside the compressor tube. Seems to be ready.

I've asked Ken-san and Hromi-san to operate vibrator while Kyoichi-san and me follow with trowel. Mixer truck arrived. Operation started.
Tremendous amount of air pressure pushes concrete out from the tube like ice-cream. The operator moves the boom by remote control panel on his waist band. Excellent maneuverability. Quick and precise. Clean. No spilling. This guy is incredibly professional. Very fun to work with. First 4cubic meter finished. While waiting second 2cubic meter to come, had a little chat with the operator. Shared some info about local building foundation business. He said my skeleton fixing as excellent. Also do not forget customer praising. I do not feel bad about this diplomatic statement. But In reality, my job was good enough as workable level. That's OK to me. I'm not building masterpiece . And the second truck arrived. Let's get finish this job.

As filling job went on, I felt ordered too much. But the operator said it's just about right or maybe a little short. When a few lines left, concrete flow stopped all of the sudden. Shit! It's short. Oh well, additional 0.5cubic had to be ordered. I was worried about the delay, however, additional came quick enough. And the operator said this happens all the time. I was relieved. The rest of the line filled soon. Cleaning up tools immediately as concrete stiffen and stick to any surface . Very tough to remove. After the pumping truck left, we had to fill the slightly lower surface with some leftover concrete. But still left some. I had to used the concrete up with making blocks and extended paved square. Next time I'll carefully plan to use up leftover by making steps or slopes.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-06-06 17:59 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録43 A selfbuilder's note

朝一から配筋作業に入る。
b0229636_1249361.jpg

コーナーパーツを各段毎に入れる。さらにコレを交互に取り付けて、強度を分散する。配筋作業を続けて解ったことは、全てがテンションバランスの上に成り立っているということ。
b0229636_12493744.jpg

立ち上がり補助筋にしても、やはり交互に取り付けて、主筋の直筋が出来るだけセンターラインをキープするよう左右からハッカーで締め上げる力を調節する。主筋から何センチ飛び出すかも目線で追いながら、頭を出来るだけ揃える。コレらの配筋は一旦コンクリートの中に埋まると、端面から一定の距離をもって離れてなければ、いわゆる鉄筋コンクリートとしての強度を保てない。この距離を鉄筋に対しての被り厚(カブリアツ)と言うが、全ての鉄筋が適正な被り厚をもってないといけないので、ひたすら単純作業の様に見えて、結構気を使いながら作業を進める必要がある。そう言う意味で、この初夏の時期に一番しんどい基礎の組み立てを持って来たのだが、連休以降夏の日差しと気温になり、追い討ちを掛けるように例年より早い梅雨が来てしまった。ただ、今週末は曇り空で、涼しい風が吹き、作業も捗った。それに、来週予定している、フーチンの生コンクリート手配も上手く行った。段取りが上手く回り始めた。出来るだけ一人で作業はやりたいと言うのが、この家作りのポリシーにしているけど、コンクリートの打設だけはスピード勝負なので、恭一さんに応援して頂くことにした。同じセルフビルド仲間の健一郎さんにもお願いしたかったが、骨折で戦力外通告をさせてもらった。^o^
と言っても二人だけでも6立米の大量の生コンクリートを2時間以内に打てないのは明らかなので、今回初めてポンプ車を手配することにした。要するに、圧力ポンプで生コンクリートをパイプで型枠に流し込んでもらう訳で、ワシらは入った生コンをバイブレータで隙間無く詰めて、ひたすら平滑にしながら着いて行くだけである。土曜日の夕方にポンプ車の会社の人が現場を見に来てくれた。必要な打ち合わせも済んで、後は配筋作業の残りを片付けるだけ。
b0229636_12493935.jpg

今日はコーナー補助筋が終って、横筋の取り付け。単に立ち上がり補助筋の間に均等に置いて行くだけだが、これが結構大事で、地震の揺れに対する耐力が大幅に変わるらしい。更にこれを直筋と交差する3点でシッカリ結束してないと意味が無い。今回、全ての交差部分は結束した。結束は一つ飛ばしで良いとネットでも書いてあったが、ここで手を抜かないようにするのがセルフビルドじゃないかと思う。酷いケースでは、バブル期に建てて阪神大震災で被災した家の多くはこの結束をして無かったそうだ。アネハ以前の話だ。建売り住宅に瑕疵があったとしても、大半は泣寝入りだろう。自分で家を建てるというのは、この普段は見えない部分もハッキリ見えると言う事なので、そこにこそ注力するのがセルフビルダーだろうな。人に自分の家を作ってもらうと言うのはこのリスクも背負っていると言うこと。検査を受けたところで、手を抜ける部分は山ほどある。一方で、形になって来ると余計に思うのが、こんな面白いこと、他人に大枚叩いてやらせる人の気が知れない。ステージが上がる程この思いはますます強くなる。
b0229636_12494028.jpg

キウィが今年も大量に結実。
b0229636_1249413.jpg

トマトが添木を欲しがり出した。
b0229636_12494291.jpg

今年初の梅の収穫。落ちてるの拾っただけだけど。
b0229636_12494431.jpg

横筋の取り付けもだいたい出来ました。さて来週はいよいよ生コン打設。どっからでも掛かって来なさい!と言いたいけど、生コン屋さんお手柔らかにね〜。

First in the morning, started fixing corner pieces of steel skeleton. Put each piece on the opposite direction to hold balance of respective direction. As you go further on this work, you'll understand fixing steel skeleton means holding tension balance. To keep main frame as long straight steel rod on center line, I had to always keep my eyes on which way to pull. And how strongly tighten the rods decide the shape of the whole line. Even minor tension difference cause distortion. So it looks just a repetition of simple joint making, however, it is such a complicated balance game which drives me crazy.

In addition, you have to always imagine the finished shape of skeleton submerged under concrete. Since each end or surface of steel rod must keep certain distance from concrete surface. Otherwise proper tenacity of finished concrete will not be expected. I need , thus, to watch the space between rod's end to board surface or imaginable concrete surface.

For that reason, I have chosen this early summer to work on the physically hardest job as foundation building. However, soon after the golden week, weather turned into summer like hot. And the worst of all, monsoon has come earlier than usual year almost 2 weeks. Did I do something wrong?

Well anyhow, this weekend was an exception of both. Nice'n breezy day. Work went well. Also negotiations worked well. I have ordered concrete to deliver next Thursday. Total 6 cubic meter. Quite a large sum. My policy of building my house is to build all by myself. Though, concrete must be finished pouring into the mold within 2 hours before start hardening. So there's no way I can handle this within the time limit. I asked Kyouichi-San to help me. But still two men are not enough. So that I've requested supplier to accompany high pressure concrete pumping truck. The truck specially made to serve concrete through flexible pipe to fill the mold in very short time. All we have to do is to follow the pipe with concrete vibrator to fill gaps and space. And to flatten the surface of concrete with trowel.

That afternoon, pumping truck operator shown up. Confirmed basic agreement as well as things to be ready while operating the truck. Everything went real smooth.

Next day, installing small beam rod. Just a little piece of rod, however, this one plays major role for protecting foundation against vibration of earthquake. Fasten each cross section firmly with steel wire. I was scared to hear that most of house built during 'bubble economy era' had collapsed because of these cross section left untied when Hanshin-Awaji earthquake hit the area. I believe procedure like this one hidden behind the wall should be carefully completed. There are some way for inspecting intentional negligence a.k.a. corner cutting. However, plenty of ways to excuse. One who ask others to build his own house must take the risk of these unknown negligence by house makers.
While self-building my house getting more and more fun as it gets shape. I still do not understand why people ask others to build their own house with taking these risk.

Almost ready. Hope I'll be able to get along with concrete suppliers.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-06-02 17:03 | セルフビルド | Comments(0)