ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録53 A selfbuilder's note

今日は型枠返却のデッドライン。早朝からいつもの建機レンタルに行って、予約してあったユニックを借りて来た。
b0229636_18253955.jpg

さて、どうやって積もうか?型枠毎のサイズに合わせて重ねて置いてあるので、一番デカイのを積んだら、後が全部決まった。案ずるより産むが易し。けど、荷崩れしないように角をピシッと合わせて、ウェビングでバランス良く締め上げて積んで行く。遅遅として進まない。午前中一杯掛かってやっと積み終えた。午後から型枠屋さんに持ち込んで、降ろして貰った。型枠屋さん、ちゃんと出来たか心配してくれてたようで、聞いて来たので、写真を見せると、嬉しそうに「綺麗に出来てるやん。」って褒めて頂きました。とっても良い型枠屋さんに当たりました。まだ、半端サイズの返却があるので来週来ますと言ったら、いつでもイイよって。感謝です。
b0229636_18254197.jpg

その足で、プロ向けのホームセンターまで走り、この鉄筋メッシュを仕入れて来ました。この枚数だと軽トラじゃ無理なので、ユニックでお買い物。レンタルは有効に使いましょー。その日は少し半端型枠の分解をやってお終い。
b0229636_18254259.jpg

前の日の夕方、頼んでおいたPコンキャップが届きました。あの壁面にぽこぽこ空いた穴を埋めるキャップです。モルタルで出来てて、差し込む側に接着剤を塗って、穴に差し込むだけ。
b0229636_18254432.jpg

こんな感じです。少しオフセットになってますが、直接雨等に当たる機会も少ないだろうとこちらにタイプにしました。壁面と面一のタイプもあるそうです。とりあえず、この作業をPコン外しながら、250箇所程。専用の接着剤付きです。
b0229636_18254683.jpg

続いて、ジャンカの補修。コンクリート打設の時、綺麗に埋まらなかった箇所です。
b0229636_18254767.jpg

補修用のモルタルで埋めます。一度打ったコンクリートにはモルタルだけだと同化し難いので、接着剤と繊維質素材、その他定着を良くする素材が入った骨材入りのモルタルにしました。
b0229636_18254848.jpg

割と綺麗に補修出来た。今回のジャンカは大半が軽度のもので、中程度のジャンカが1箇所。削り落として入れ直す程の重度のジャンカは無かったのが救い。
b0229636_1825495.jpg

Pコンの穴埋めとジャンカの補修が終わったばかりだけど、少しでも先に進みたいので、型枠の土を埋め戻すことに。積み上げた山を崩して均すと、一番広い面で数センチ基準値より下。他も似たり寄ったりだから、少し土を買うか?とにかくしんどい作業なんで、今日のところはこれでお終い。
b0229636_18255099.jpg

今年初のトマトの収穫。これはロマトマトの少し小ぶりのもの。
b0229636_18255152.jpg

ブルーベリーが色付いて来た。来週以降から収穫か?
b0229636_18255233.jpg

ブラックベリーも順調。まだ酸っぱくて食べられないけど。

Saturday was the deadline of returning panel molds. To deliver the panels back mold rental, more than 2tons type of truck with crane needed. Went to rental shop to borrow Unic, truck with crane as reserved early that morning.

Well, how do I load the panels? Considering the longest available size of cargo space, I've put the longest panels first. And the rest fell in proper places without difficulties. The key of loading is to pile squarely up before craning. And it's the safest way to load panels. So I carefully matched each corner for not sliding side way. Very time consuming job. First in the afternoon, every single piece was properly loaded and delivered to the mold rental.

At the mold rental, after unloaded, I had a little chat with the co-owner of the mold rental. He was anxious about my foundation building. Since I was pretty rare case of renting his panels for self-building. I've shown him some pictures of finished foundation. He was so happy to see the stand up wall completed properly enough. Probably he understood he did right thing. He is such a nice person. I thanked him and left for the second destination.

To make most use of the rental truck , shopping heavy weights suit best. I bought 50 sheets of steel mesh, 6mm x 150mm gauge. 250pcs of anchor rod. And several types of spacers for foundation gaskets. Will show you later.

Saturday evening, received parcel box containing filling cap for separator plastic end. Conical shape of this plastic end drilled out by special electric screw driver attachment. Replacing the end piece with same but a little short type of conical end piece made of mortar. Adhesive cement inside end hold the piece as well as covering poked steel rod end. Total 250 pcs of this repetition. Boring.

After filling end hole, moved onto repairing unfilled space seen outside of stand up wall. This caused by inefficient vibration. Most are minor damage, except one. I've filled the space with pre-mixed mortar containing fiber, glue, and etc to hold onto the surface. Finished better than I expected. The largest hole, I put almost 50%of pebble into the remained pre-mixed mortar so that contents will matched with the concrete of the wall.

After filling and repairing, piled dirt inside the wall spread to level. One of the hardest job but no brain needed. But became sick of summer heat. Only the largest square has finished 10 more square to go. Dear me!
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-07-28 17:20 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録52 A selfbuilder's note

やっと立ち上がり基礎も、セメントが入ってひと段落。久しぶりに休憩を取ってもええかなと思った。

去年もお世話になって、とっても寛げるペンションに宿泊する事に。
b0229636_0163260.jpg

ここバーネットヒルは犬好きが集まるペンション。愛犬と同室出来る部屋は1室だけだけど、犬が嫌いな人は来ないらしい。オーナーは毎日数時間を愛犬と過ごすのが日課で、大半の宿泊客はそれにお付き合いさせて貰うのが、楽しみになっている。とりあえず看板犬の3頭とご挨拶。なんと、磨墨のこと覚えててくれました。
b0229636_0163310.jpg

夜はオーナーにステンドグラスの話しを聞きつつ、犬まみれで軽く飲んで、楽しい時間を過ごす。久しぶりにリラックス出来ました。翌朝はゆっくりと犬の散歩に出かけ、美味しい朝食をいただき、テラスでのんびりして、宿を後にしました。
b0229636_016342.jpg

帰りに琵琶湖の北で、磨墨は一泳ぎ。この夏初めてでした。
b0229636_0163588.jpg

その日の夕方、兄貴が実家からの帰りに寄ってくれた。こっちも久しぶりに焼き鳥を喰いながら、仕事の話しや家作りの話しで盛り上がった。翌日は出発前に型枠外しの手伝いをしたいと言い出すので、ちょっとだけ。
b0229636_0163693.jpg

心配していた立ち上がり基礎の型枠を外してみると、なかなかいけてるやん。ツルツルペタペタ。光り輝いて、鏡のようです。アメイジング!ジャンカは見当たらないねぇ。そのうち出て来るっしょ。
b0229636_0163788.jpg

型枠外しって、とっても難しいもんだと思い込んでました。実際は、つなぎ目に当て木をして、ハンマーで軽く叩くとすぐに隙間が広がり、大半は手で簡単に剥がせる。狭いコーナー部分はちょっと苦労したところもあるけど、ほぼ順調に外し終えた。特に今回は家内の献身的な手伝いもあって、当初考えていたよりずっと早く切り上げることが出来た。家内が釘抜きやビス外しをやってくれている間に、バンバン型枠を外し、結局、残ったのは、
b0229636_0163897.jpg

Pコン外し。専用のボルト回しがあるので、次回短時間で片付けてしまおう。
b0229636_0163948.jpg

因みに、外すとこんな穴ポコが残り、その中にボルトエンドが見えます。コレをモルタルで埋めて、それでおしまい。
b0229636_0164116.jpg

給排水のパイプも無事セット完了。
b0229636_019519.jpg

全景はこんな感じです。さあ、お風呂に入って一日の汗と疲れを落そう。

I guess I should take a little rest since the standup wall of foundation has been finished. Well, not finished yet though, it is time for recuperation.

So, we've left for Yamanashi to stay overnight at BB hotel where dogs welcome to stay and dine together. The owner and I have some common interest such as DIY, car fixing,environmentally sustainable lifestyle, and so on. It's such a fun to talk with him after dinner time having a little drinks. He's been my fellow subscriber on my blog while I've been for his. I was surprised to hear that how deeply knowledgable he is about stained glass making. As I've been planning to decorate some of my doors and windows with stained glass, every tips he suggested me was quite stimulating.

After leaving the hotel, we've returned to the building site. My brother dropped by my bat cave to see how the house building going. He's also interested in building house but rebuilding traditional farmer's house. We do share informations now and then. He's stayed at my bat cave overnight and helped me a bit peeling panel mold next morning and left.

I've resumed to work on building my house. Now the curing time has over. Started peeling panel mold. As I described on my last blog, some part were deformed by lacking proper strength. I've feared to open the part. Telling you the truth, the result was a lot better than I've expected. All four point deformed won't be seen from outside or mendable. And each part properly filled with concrete so that strength won't be questioned.

While I've been told that peeling panel mold will be tough job. But actually most of panels have been peeled by hand after knocking joint section gently with hammer. Concrete was filled almost properly. I do not see ants hive like missing space other than 2 distinctively deformed area. I'll fill the 2 area by hand next time. Basically, concrete filling this time was successful enough.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-07-23 22:43 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録51 A selfbuilder's note

今日は絶望と驚きが交錯する一日だった。朝5:30から作業に入って、天端ビスの取り付けや、固定金具の締め付けチェック、バイブレーターのレンタルと準備を快調に済ませていた。8:00にはケンイチロウさん、ヒロミさん夫婦も駆け付けてくれて、すぐにポンプ車も到着。生コンのミキサー車を待つだけになった。ポンプ車は今回も前回と同じオニーサンがオペレーター。
b0229636_0281518.jpg

軽く打ち合わせをして、生コンの早速打設に入る。しかし、間も無くしてポンプ車のオペレーターが異変に気付く。「型枠のコンクリート釘が打って無いとこがある。こんなんやったら、型枠破裂するで。」案の定、打設を進めると、1箇所目の破裂が。ガチョーン!型枠の継ぎ目が外側に大きく膨らんでしまった。「こらあかんわ、どうする?このままやったら作業できひんわ。グチャグチャになるで。」はへ〜
、どないしょ〜_| ̄|○完全に施工強度に対する甘さを露呈してしまった。取り敢えず善後策を協議。コンクリート釘を大幅に打ち足す事で強度アップを図り、後はジャンカが入っても、バイブレーターの使用は控え、ハンマーで振動を与え乍ら、打設をユックリする事で話しがまとまってゴー。そこからは写真を撮ろうという暇も無く、一心不乱に釘打ちをしました。
b0229636_0281633.jpg

で、さらに3箇所程破裂があったものの、軽傷で済み、何とか打設完了。はぁ〜〜。その後はお二人にお手伝い頂き、生コン天端の平滑化。暑い中、予定時刻を大幅に超えての作業お疲れ様でした。
b0229636_0282225.jpg

今回も生コンが余ったので、型枠を作って、階段用のブロックを作りました。
b0229636_0281833.jpg

昼過ぎからは選手交代。キョウイチさんが、お手伝いに来てくれました。午後の作業は天端のレベル出し。先ずは、生コン天端の上、平均10mm厚で被せるセルフレベリング剤を流し込む準備。
b0229636_0281964.jpg

型枠を挟むと同時にアンカーボルトやホールダウン金物を支えていた、添木を外します。
b0229636_0282186.jpg

治具で位置関係を確認。その後水糸から40mm下がった位置にさらに水糸を引く。
b0229636_0282554.jpg

その水糸の高さに合わせて、天端釘を打ちます。コレは波板用の傘釘。まだ柔らかい生コンに打ち込むと傘が水平をキープしたまま釘の頭を真上にセット出来ます。それ専用の調整機能付き天端釘セットみたいのがあるけど、傘釘の方が遥かにセットが簡単だし、コストも1/100位。もっと安いかも?
b0229636_0282695.jpg

こういう商品です。簡単に言うとトロトロのモルタルだけど、表面張力でレベルを出し、一発で、ほぼ誤差無しに天端を決めてしまう、超優れ物。職人が型枠作って、一日掛かりでやっても誤差最小5mmは覚悟しなけりゃならなかった作業が、過去の物に。
b0229636_0282799.jpg

こうやって、youtubeの通りに柄杓で流し込んでたけど、面倒臭くなって、直ぐにバケツから直接流し込むようになりました。
b0229636_0283454.jpg

で、結果はこの通り、ピシッと真っ平らになって天端表面の誤差が無くなりました。これは凄い!午前中、絶望に縁に立たされた状況とは一転して、お仕事楽しい気分になりました。

Got up with sun. Started final checking on stand up mold for filling concrete. By 8:00, Shinichiro-san, Hiromi-San showed up. Soon after, pumping truck arrived. With a little huddle, I've explained today's procedure. The operator of pumping truck pointed that nails missing at bottom of the panels which causes breaking apart of panels screwed together. As pressure of concrete is so huge that panels without securely nails would not hold. He insisted not to proceed, since he will not be able to guarantee square line. Sorting out best solution and I've negotiated the operator to go on as all the responsibility will be on me. With all 3 of us frantically hammered nails. As the result of our effort no breakage took place. 4 section damaged with minor deformation. Acceptable shape was kept. Tips of avoiding breakage were, using less vibrator, slow filling and patient knocking panels by hammer for easier pressure. Jeez, I was almost chopped my head off! Thanks all of you helping me today.

The afternoon, I moved on to level the foundation top out. For this procedure, I've chosen self leveling mortar. Kyoichi-San helped me this one. Before pouring mortar onto the top of mold panel, need to set level indicating thread. Along with the thread, stick nail on still soft enough concrete surface. Head of each nail leveled with the thread. Filling mortar up to the head of nails. Mortar will spread according to the gradient as water and become stable by surface tension. Then eventually hardened by chemical reaction same as other mortar mix. This type of mortar is amazingly easy handling. Mixing and filling took almost two hours by two men's hand for 0.15m wide, 96m long. About 25 square meter. 10 packages of 25kg bag with 6.5-7liter of water per bag. Very clean and flat surface. Expect no better.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-07-18 20:48 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録50 A selfbuilder's note

土曜日の夜は、作業が終って区内のヤスオさんとこでパーティー。
b0229636_831487.jpg

みんな来てる。
b0229636_831810.jpg

こう言う参加者も自由にパーティーをエンジョイ。久しぶりに飲んで、酔っ払い、基地でおやすみなさい。

型枠の固定に入る前に、水糸で高さと幅を出す。
b0229636_832098.jpg

こんな感じに四隅を決めておく。さあ、型枠同士の組み付け開始。

最初、取り付けのスピードから考えて、エア釘打ち機が最も早いので、使おうと思ってたけど、型枠を取り外す事を考えたら、圧倒的にネジ止めが早い。セッティングの手間を考えても、インパクトドリルでコーススレッドビスを使う自由度は明らかに有利。しかも、固定強度は約5倍だから、本数も少なくて済む。インパクトに決定。
b0229636_831169.jpg

ここでもC型バイスグリップが大活躍。左右の型枠で微妙に違う高さを合わせてバイスグリップで挟んで、一気に引き寄せて、ビスで止めて行く。
b0229636_832346.jpg

隣合う型枠の上下どちらかが開いている時は、ベース側に高低差がある訳だから、バールで持ち上げて、スペーサーを噛ませる。
b0229636_832523.jpg

連結が終わったら順次墨線に合わせて下側をコンクリート釘で打ち付けて固定して行く。とりあえず、外周部分と玄関アプローチの長い辺だけ。その他は角管を噛ますと、いきなり強度が上がるので、後でつっかえ棒で上だけ修正。

順調に作業が進む筈だったのに、夕立ちが降ったり止んだり。丸1日潰れる。これは作業進行に黄色信号が着いた。どう考えても、失った1人工は取り戻せない。地区の若い先輩方に救助信号を送った。すると、翌日4人も集まって頂き、家内も来たので、いきなり青信号が灯る。
b0229636_83274.jpg

型枠の鉄管取り付けや
b0229636_833046.jpg

コーナーエリア、接続部分にホールダウン金物、アンカーボルトの設置をお願いしました。私の判りにくい図面を片手に、皆さんで正確に取り付けして頂きました。また、型枠内に残った葉っぱやゴミを丁寧に取り除いて頂きました。
b0229636_833338.jpg

ふうっ、何とか形になりました。これで生コン屋さんを迎えることが出来ます。シンイチロウさん、ヒロミさん、ヒデキさん、キョウイチさん、本当に有難うございました。最終のチェックと欠落部分の型枠作りに、夜遅くまで家内も良く付き合ってくれました。これでちゃんと家が建たなかったら、自分の無計画の性やと諦めるしか無いな。

After Saturday building work, went to Yasuo-San's house for a party. His daughter graduated medical course came back with her fiancé. We celebrated her engagement. Well, we just drank and ate, anyway. Dogs welcomed also. It was such a heart warming party.

Before working on connecting mold panels, level and hight were precisely measured. Put level thread and diminished discrepancies. According to determined level and hight, all the panels are fixed. Each corner must be square enough. Acceptable allowance should be 2mm plus or minus. Hopefully.:)

At first, connection of each panel by air nailer would be the fastest way, I imagined. However, unfixing of panel would be way a lot easier with drilling screws. Almost 5 times tougher for holding panels than nailing.

Holding two panels together by vise grip. Inserting spacer when gap found.

Once panels are connected, bottom frame will be nailed on the concrete surface along with base line. So thus top and bottom become vertical, 90 degree enough.

Next day, whole day was in thunder storm spoiling my precious working hour. Which means I won't be able to finish fixing mold before concrete supplier show up. So, I sent emergency message to my neighbors.

Next morning, 4 people came. Great! I asked setting support pipe and cramp. Then installing anchor bolts. So that I could concentrate on finishing connecting molds. By the end of the day, almost everything fixed. Thanking neighbors and they left before sunset. Me and my wife kept working on final checking. Finished before 10:00 and were back at home just after midnight. Hope this all the effort works. And thanks again for all the neighbors saved my life.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-07-14 09:10 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録49 A selfbuilder's note

前回に引き続き、欠落部分の型枠作り。これがどうしてなかなか厳しいものがあって、精度を求められる上に、そこそこの枚数がある。丁度梅雨明けに掛かって、雷雨で慌しく片付けと道具のセッティング繰り返し。暑いわ、蒸すわ、蚊が出て来るわで、いい加減嫌になってくる。中断が入るとモチベーションも下がるし、汗だくで気が遠くなってくる。夏に基礎工事なんかやるもんじゃないね。
b0229636_18112588.jpg

雨降って、型枠作りが出来ない時は、仕方なく、出来る事を。これ、ポリドーナツと言います。主筋に被り厚が一定以下の場合、中心を鉄筋に差し込んで回すと、壁を押して鉄筋が中央付近に寄ってくれるという優れもの。
b0229636_18112676.jpg

こんな感じで、型枠の所々に差し込んで行きます。
b0229636_18112742.jpg

昼間に出来なかった分は、夜鍋してやります。ウソです^o^面白いので、ちょっとやり始めたら止まらなくなって、夜中になってしまった。早よ寝な。
b0229636_18112995.jpg

普通に型枠作ってると飽き飽きして来る。そんで、先に変則部分の型枠作りをば。玄関アプローチの型枠。100mm控えて、上側が切り取られた変形コの字。
b0229636_18113175.jpg

コレに耳を着けて、側面立ち上がりのサポート。こんなの作ってると目先が変わっていいね。
b0229636_18113396.jpg

ついでに、貫通部分の型枠にジグソーで穴空け。片面だけだったら単純でイイけど、両面あるので、内側と外側をピッタリ合わせるのはかなりシンドイ。隣り合わせの型枠との位置関係もきっちり考慮して、さらに、遊びも2-3mm入れて、若干修正が出来るようにセットしないと、後で非常に困った事になります。また、隙間からある程度のノロ=モルタルが出て来るのは計算に入れておかないと、所詮ベニヤと桟木の組み合わせなので、隙間は絶対あるそうです。この辺のアロワンスが素人には判んないんだな。神経すり減らして精度上げようとばっかり考えて、ドツボにハマるんだな。
b0229636_18113581.jpg

んな事考えてると、また雷雨。遠くでゴロゴロ言い出すと、わ〜ってな感じで片付けて、基地内に逃げ込む。そこへ、バケツをひっくり返したよう雨が。写真じゃ判りにくいかな?
b0229636_18113619.jpg

雨は直ぐに上がって、再開。貫通部分も何とか取付完了。径が大きくて、最初から45度の角度に曲げてある鞘管は結構イイお値段します。中の可とう管(自在に曲がるポリ管の事)が一般に販売されてないので、鞘管とセット販売です。一方、径の小さい鞘管は(と言っても、ワンサイズ上の管を使ってるだけ。)バルクで売っているので、安い。大径の1/10で買える。また、追ってコストの話しもしてみようかなと思ってます。

Jeez! I'm dead tired. Construction work during summer is crazy. Especially, foundation work. Required precision. While physically pretty hard. Monsoon rainy season's over. Hot, humid, on top of that bunch of Mosquitos. Drenched to the skin by heavy sweat. Almost faint while working. I really thought about quitting building my house. Thinking like that, thunder storm came. Roll up everything and resetting after heavy rain. Over and over again. Feel like going crazy.

Well, when it's rain, something must be done. Shown is the spacer called poly donut. Catching steel rod at center, then rotate to push wall of mold. Rod missing center moved back at center or cries enough position. Neat isn't it? I'll put the donut here and there where I want proper space between rod and the wall.

To catch up daytimes's delay, I work late. No, I'm kidding. Once started drawing draining scheme on plywood board, I couldn't stop until late at night. Better sleep soon.

Next morning, I've changed my mind and started working on irregular panels. Shown is the edge of gate approach. 100mm of offset needed on this upper end. Putting spacers to hold concrete on both side. A lot more fun than making regular panels. Next. Gone onto making mold panel with drain holes. This one is a little complicated job. Holes on panels facing each other must be precisely equal. While, panel stand side by side always have different length. In addition, you must have very minor allowance for later adjustment. Novice always sticks with refining precision, and booby trapped. Shit, I can't get rid of this. Pro says there should always be allowance. Just keep in mind to hold proper margin. I'll try but still mysterious.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-07-07 17:10 | セルフビルド | Comments(0)