ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録61 A selfbuilder's note

今日は、基礎最後のコンクリート打設。前回、各エリア別に設定した土間コンの天端に墨を打って行く。
b0229636_2214118.jpg

この墨はベースと同じチョークライン。青いクッキリとした線が引ける。生コンミキサー車が昼過ぎに来る迄が勝負。墨打ち、用具のチェック、差筋アンカーと鉄筋メッシュの連結確認を終わらせてないといけない。ポンプ車はすでに2時間前からスタンバっている。このポンプ車の会社、今回で3度目のお世話になるが、先の台風で床上浸水に遭い、6台あるポンプ車全てが水に浸かった。それを順繰り治し乍ら通常の業務に戻っているが、まだ3台しか動いてないらしい。今日来てくれたのはかなりラッキーだったらしい。昼前に準備完了。お手伝いをお願いした地区の山さんと恭一さんも来て頂いた。そこにミキサー車登場。打設開始。
b0229636_2214456.jpg

ポンプ車のオペレーターのお兄さんと簡単に打ち合わせして、生コン充填の後、山さんがバイブレーターで続き、恭一さんにトンボで均して貰い、ワシが秘密兵器ペタペタで最後に着いて行く手順。
b0229636_2214648.jpg

これが秘密兵器ペタペタ。超優れもの。目の粗いメッシュのプレートにハンドルが着いてて、生コンの表面を押しながら動かすとプレートに着いてるシートと薄い合板がその面をツルツルに仕上げてくれる。要するに、メッシュプレートで生コン表面に浮き出た骨材を押し込むと、表面にモルタルが出て来て、シートと合板がそれを均すという仕掛け。非常に良く出来ている。合板はワシが改良して取り付けたもので、腰の無いシートより圧倒的に綺麗になる。途中バイブレーターの性能があまりにも良くて、トンボが必要無くなったので、山さんと恭一さんが交代でバイブレーターを操作。ワシが遅れ気味で何とか着いて行く。
b0229636_2214777.jpg

b0229636_2214848.jpg

約2時間で完了。生コンの計算もバッチリ決まって、万々歳。大型4立米2台と小型1.5立米1台。合計9.5立米の打設が完了です。(^o^)/
b0229636_2214920.jpg

玄関アプローチにも、こんなに綺麗なスロープが完成。足りなかったらどうしようと思案していたが、3度目の正直で思惑がキッチリ嵌った。天気も良いし、段取りも上手く行った。後はお手伝いのお二人と立て枠との隙間を潰して頂いて、作業を終えることに。みなさんお疲れさんした〜。
b0229636_22141121.jpg

b0229636_2214124.jpg

翌日は、基礎がおわったら伐ってあげるからとお約束してた、地区の2軒の御宅で枝打ち。上の一軒は、陶芸家の方が工房の横から出た煙突の熱気で、燃え移るのが心配という杉の木を枝打ち。こちらは細いので手鋸でオッケー。10m程のツリークライミングでした。スッキリして次の御宅へ。こちらは地区の管理をしている仲良しのおじさんからのリクエストで、シデの木の横枝を伐採。枝と言っても25cm程あるので、こちらはチェンソーを使っての枝打ち。脚立で最初の枝まで登ってから、目的の枝の股までクライミング。セルフビレイを取って、シュリンゲで身体を固定して伐採。伐倒と同じ要領で、受けを斬って、上からチェンソーを入れて行く。バリバリーっと大きな音がして大枝が落ちる時の緊張感を久しぶりに味わった。ドゥと言う音がして地面に落下、幸い主幹は大丈夫だった。結び替えてラッペル。地面に着いた時はホッとした。大木の枝打ちは何時も緊張する。
b0229636_22141484.jpg

昼前に終わったところで、朝方に枝打ちした陶芸家の奥さんから、「お昼ご飯に食べて。」って、握りのセットが届いた。ワオっ、大トロ入りだぜい!ゴチになりま〜す。^o^
b0229636_22141682.jpg

昼過ぎると、夏のような陽射しが照りつけ始めたので、打設した土間コンに養生シートを被せる。7枚繋ぐとピッタリ。いいねぃ。来週までこのままにして帰ろう。

基礎に取り掛かって約3ヶ月が経過。色々と仕掛けを企んでいると、あっという間に時間が過ぎて行く。この辺りは森に囲まれているという素晴らしい環境にある一方、人間が住むには湿気がかなり多い。ご近所の陶芸作家さんなんかは、森の中の一軒家で、絵に描いたような設えの家だが、湿気が多く衣類は1階に置けない。置くとカビにやられてしまう。全て2階に収納しているらしい。勿論、湿気が多い所は様々な虫達に住処を提供する。お向かいの奥さんはムカデが家中を往来するのに、今も慣れないそうだ。そこも壮麗な太い丸太のログハウスだ。残念ながら、平野部に建てられた和風、洋風の建築物をこの地にそのままの仕様で持ち込むにはちょっと無理があるようだ。基地内に家を建てるに当って、この5年間で体験した教訓を活かせる家でなければ、建てる意味が無い。あれもこれもは無理なので、とにかく最低限回避したい不都合の排除を考えると、自ずと答えが出たので、それを反映させた家にする。それには基礎に、その方向性を実現させる仕掛けが必要になる。勿論、水やお日様との付き合いを上手くやって、基地の環境に馴染む方向に変わりは無い。仲良くやって行けるかな?来週から、待望の大工仕事に本格的に取りかかれる。
b0229636_22141740.jpg

駅に向かう途中のコスモスが満開を迎えようとしていた。

Saturday was the last day for filling concrete on the foundation. Put index line for filling concrete. By noon the concrete mixer will show up. Had to finish preparation for filling work. Checking through connection knot on anchor rod with steel mesh. Gears lined up. Ready for the work. 2 locals helping shown up already. Concrete pumping truck's arrived 2 hours before start. About ten minutes before time to start. Huddled briefly. Decided pecking order and go.

Whole business done in 2 hours. Very smoothly. Pumping tube filling roughly. Then one with vibrator follow. One with T-bar spread concrete. And me with flattening device follow last. It was clean job. After pumping truck left, 2 helping locals and me manicured the edge of filled concrete. Total 9.5cubic meter of concrete was just enough to fill all the top surface. I'm proud of my calculation. Ha! At the door gate approach, I could perform perfect slope without difficulties. Everything went perfect this time.

Next day, went to 2 locations to achieve promised job. Both needed branch cutting on problem trees. One to be cut up to 10m high to clear extreme heat coming out from ceramic kiln's chimney. Nearly 1000 degree Celsius right on top of the chimney hood. Owner worried about setting fire a tree next to their backyard. That was easy tree climbing. And the branches were thin enough to be cut with hand saw.

Next location was a little different case. Big tree with thick branch. Needed chain saw for this size. Climbed up to a saddle to cut. About 25cm thick. Same sequence as big tree cut down. Cut under side to some point, then slice down from above. Huge splitting sound took place. Then landed with thud. Every time cutting huge branch scares me. Since main trunk sprit and break sometime. Badly tensed these moments, always. Glad ended safely.

Passed noon. Sun shone like summer. To prevent cracking, covered with blue sheet. Connected 7 pieces just fit. Left them until next weekend.

Time is ticking away. As I've set several tricks onto the foundation to achieve expected performance, time is always short.

Humidity around my new house is real bad. Bring in house spec into this area wouldn't be a nice idea. Mainly because surrounded by forest. Great place to live. Neighbors built their houses in the woods. Like a movie set. However keeping clothing on the first floor wasn't a good idea. Badly damaged by mould. Humidity also attracts insects. Fabulous log house across the street. Wife of the owner still kept annoyed by worms and bugs. I wonder if I could solve these issues or get along with the environment. Now, carpenter work is waiting.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-09-29 12:15 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録60 A selfbuilder's note

十五夜

自転車のライト無しで走行可能な夜。基地に着いて直ぐにDVD借りに行く。リンカーンを観た。これはスゴい映画だと思う。
b0229636_2043529.jpg

朝一、ネコ車のタイヤ交換。タイヤに「高速道路用ではない」って書いてある。さすが中国製や。^o^
b0229636_2043673.jpg

何とか昼過ぎまでに砂利を入れ終える。磨墨監督と家内が来たので、琵琶湖岸に遊びに行く。
b0229636_204389.jpg

b0229636_2043916.jpg

台風の雨は湖岸の芝生公園も侵食し、入江になっていた。同じ事を考える人がいるもんで、丁度来たカヤッカーがその入江から漕ぎ出して行った。出来れば、この入江、放っておいて欲しいな。
b0229636_2044027.jpg

水が濁ってて泳げなかった磨墨は、下の公園にある湧き水で、散歩の後体を冷やしてご機嫌さん。
b0229636_2044238.jpg

b0229636_2044480.jpg

翌日は全てプレートを掛け終わり、プレートが入らない深い所は、地均しを使って、手作業で平坦にする。磨墨家の基礎はおおよそ3段階の深さの土間に別れている。
1)蓄熱を主体とした浅い土間。天端から5cm程の深さで、天井から降ろされる暖気は充満するだけで、対流しないので、放熱は少ない。
2)点検用の土間で、天端から約15cm程の深さ。少し対流をするが、機能優先で、上水道の給湯、給水を行うヘッダー配管がここに集約される。同じ深さの土間は玄関アプローチも。ここは唯一地上に露出する。
3)水周りの一番深い土間。天端から45cm。風呂、トイレ、洗濯場と湿気が溜まり易い所の下は、メンテナンスの頻度が高い事と、対流によって放熱するが、湿気も循環するので、これを積極的に換気する事でドライに保つ。もう一カ所、パントリー(食糧庫)の下に温度変化の少ない空間を設けて、漬物や果実酒等の発酵食品を保管する。

十六夜

本が読める程明るい。磨墨監督が帰ったので、羽を伸ばしてB級映画を2本借りて来て観るが、失敗だった。途中で寝てしまった。
b0229636_2044576.jpg

b0229636_2044673.jpg

翌日は一日中、振動ドリルで基礎に穴空け。各レベルの土間天端に合わせて、その50mm下に穴を横一列に空けて行く。つまりコンクリート厚は100mmになる。持っていた松下の充電式振動ドリルのバッテリーがダメになって、コード式の方がバッテリーより安くオークションに出てたので、古いヒルティのドリルにした。ビットも替えて穴空けを開始したが、何とも重たい。松下のEZ6800は同じ無反動だが、とても軽く、クライミングでフリールートの開拓に燃えてた時は、岩場で一日中使っても疲れなかった。ヒルティのドリルは業務用なので、とにかく頑丈。ひたすら重く作ってある。だから、中古を買ってもたいして問題無く使える。さて、空けた穴には差筋アンカーと呼ばれる、基礎に後付けで配筋する為にアンカーボルトに450mm程の異形鉄筋が組み込まれており、好きな所に配筋が出来る優れもの。今日はとりあえず200箇所程あるので、ほぼ一日作業。終ってお風呂に行く頃にようやく月が昇る。

立待

b0229636_2044773.jpg

プレートで均した砂利の天面にポリエチレンシートを敷き詰める。基礎下からの湿気を遮断する為。コンクリートって、マイクロポーラス構造。繋がった気泡を伝って、最後には表面に上がって来る。だから湿気を遮断しないと、いずれコンクリートを透過して出て来る。面白いデータがあった。

・材料の透湿抵抗(m2hmmHg/g)・・数字が多いほど透湿性が無い
・厚み100mmのコンクリート・・・・70
・厚み20mmのモルタル・・・・・・ 4
・厚み9mmの構造用合板・・・・・・10
・防湿シート・・・・・・・・・・260

つまり、捨てコン打ったり、床下に合板一枚足しても、ほぼ筒抜け。土間コン100mmにしても、実際基地の土間も当初は湿気に悩まされた。数字が示す通りであれば、約3.5倍以上耐透湿性があることになる。これは見逃せない。ただし、この数値を出した人は、ビニールが少々破れていようが、大勢に影響は無いと言っている。いい加減なワシの性格としては、多いに救われるコメント。と言うことで、適当に敷き詰めた。^o^ そこに、差筋アンカーを打ち込む。すると、適度に端も押さえられて好都合。
b0229636_2043480.jpg

さらに鉄筋メッシュを敷き込み、差筋アンカーと軟鉄のワイヤーで連結してしまう。中央の沈み込む部分にはサイコロ状のスペーサーを入れて出来上がり。これで、湿気が大幅に遮断されるならば、やらない手は無い。湿気が遮断されることで、ほぼ密閉状態の床下が乾燥しており、水分があることで出る不都合、主にカビの発生が抑えられる。さらに、キッチンと居間、それに畳の間の下にポリスチレンボードを敷き込む。床下からの吸熱対策。蓄熱体であるコンクリート層からのヒートロスを防ぐ目的で、実験的にやってみた。家が完成してパッシブソーラーシステムが稼働し始めたら、床下断熱して無い部屋との温度差を計測してみたい。とりあえずやっとかないと後悔する事をやって見た。また、ボードを敷き込む事で、ビニールの端をきっちり押さえ込むので、ボーナス的にやって良かった。1/3程出来た所で日没。

居待

b0229636_2044821.jpg

b0229636_2044918.jpg


全部終らせるのに一日掛かった。やっぱり基礎関連の作業が続くとシンドイ。
b0229636_204513.jpg

基地の敷地、入口の際に咲いた曼珠沙華。去年は無かったのに。少しづつ増えている。

Another 4 days off. Harvest moon. Brightest one of the year. Went to borrow DVD of Lincoln. Based upon book 'team of rivals, political genius of Abraham Lincoln.' Spielberg is the genius!

Back to work. Starting from replacing flat tire of mono wheel. It says 'Not for highway use'. Alway wonder. Made in china.

Shortage of filling pebble at foundation by miscalculation. 3 truck load was enough. By the time filling up, my dog and wife came to see how's going on. Took both of them to a shore at Biwa lake. Water was still dark after big rain of the last typhoon. Big tide eaten edge of a park on the shore. Nice little bay for small craft was formed! Someone has same idea as mine. A kayaker paddled out from the bay. Hope the bay will be left as it is.

A day after the harvest moon. Still bright as you can read books under the moon light.

A plate rammer's shown up again. Flatten and tighten up crushed pebble to each planned level. The foundation of my house categorized to 3 different segments.

1) Leveled 50mm to the top surface. Mainly for heat reservoir. Almost no air circulation takes place here.
2)leveled 150mm to the top. This section controls distribution of water supply.
3)leveled 450mm to the top. Deepest section for sewage related pipeline gathering here to way out. Maintenance needed most. Air circulates. Naturally moisture circulates as well. Mechanical ventilation needed here to keep dry. Pantry has same depth. Fermented foods kept here. Also must be well ventilated.

Next day. To form one piece continuous foundation, steel rod anchors must be bellied onto indicated level. The steel rod to be connected with steel rod mesh. Impact drill makes precise anchor holes for the rod. About 200 holes to be drilled today. One whole day of work.

After drilling, pebble filled flatten surface covered by polyethylene plastic sheets. It is an amazing fact that moisture permeate through concrete slab. Water gets its way out. The moisture cause mould under the floor. Polyethylene sheet blocs moisture 3 times more than 100mm thick concrete. So, I would cover all the surface of the foundation. In addition, living, kitchen, and tatami room insulated with 15mm
thick of polystyrene (styrofoam) board. Blocking sucking heat from the ground. Considering frequency of use, these 3 areas should be warmer than other areas. Insulated floor construction is still at an experimental stage. Don't know how the board will work. Will report you once moved and my original passive solar system started functioning.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-09-20 23:06 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録59 A selfbuilder's note

敬老の日を挟んで4連休取れた。とりあえず、基礎の続き。
b0229636_18591930.jpg

いつもの採石業者さんから、砂利を積んで貰って、ひたすら基地との往復。
b0229636_18592651.jpg

b0229636_18592888.jpg

その前に、必ず空気圧をチェック。約3.5気圧。通常の2.5倍位までコンプレッサーでカンカンに入れる。さもないと、段差であっという間にパンクの憂き目に。軽トラ山盛りで約0.7立米。トータル12立米入用と計算すると17-8回の往復。
b0229636_18593146.jpg

ワシの軽トラは幸いにもダンプ機能が付いている。但し、最大積載量をオーバーしている分を熊手の様なレーキと言う道具で降ろしたら、残り350kg程はダンプで一気に降ろせる。人力と電力(PTOの付いたメカニカルではありません。残念ながら)のハイブリッドで降ろします。ダンプ無かったら暑いし、死んでたかも。^o^それでも、体重計に載ってみると、2kg程減量してます。一日にコレだけ体重差が出るのはサッカーの練習をしてた高校生以来かな?でも、あの時は馬の様に喰ってたから1日〜2日で戻ったけど、今はそんなに喰えないから、約1週間掛けて体力付けて出直しのサイクル。年は取りたくないねぇ。
b0229636_18593361.jpg

で、あんまり暑いし、丁度来ていた磨墨監督と近所の川で泳いできた。1時間くらいでサッパリして午後の作業に戻る。家内は母様と琵琶湖に浮かぶ竹生島に観光と洒落込み、夜に合流して、温泉の後、日本海の刺身を中心にした食事を頂く。美味かった。明日も頑張ろう。
b0229636_18593516.jpg

翌日、監督は久々に本業の作業チェック。色々と匂いを嗅いで回る。ボルトの位置や基礎の水平を, 細かくチェックして回っているように見えるから面白い。(^^)
b0229636_18593712.jpg

日も暮れ掛かる頃、何とか敷き終わりました。
b0229636_18593923.jpg

翌日の日曜と月曜日は台風の影響で大雨。また、墨付けと刻みに戻る。日曜日は風も凄い事になってた。河川は大増水して、近所の地区では避難指示が出て、多勢の人が公共施設で夜を過ごしたようだ。収穫直前の米はなぎ倒されて水に浸かっている。早くしないと芽が出て、食用に成らなくなる。この台風の被害は想像以上に大きいのではないか?
b0229636_18594254.jpg

風はまだ強めだが、午後には日も差して来た。基地にも曼珠沙華が咲き始めた。来週は中秋とお彼岸がセットでやって来る。焦りもセットでやって来る?^_^;

4days straight off. Resumed to fill foundation with crushed pebbles grade 40-0. Before loading pebbles, checking air pressure of tires. Otherwise flatten soon or later. 3.5kg/cm square. Almost double as normal pressure.

Needed 12m cubic of pebble to fill expected level. 0.7m cubic each load, so that 17-18 times back and forth. My little truck installed dump function, fortunately. Still, way over loaded so that I must unload almost half by manually. Rest will be dumped in a moment. Then spread with rake or spade. It's a physically tough work. Lost almost 2kg in a day. If I got enormous appetite like I was high school boy, I would gain the loss in a couple of days. But can't eat that much nowadays. I need a week to recuperate. Wish I were young forever.

It was so hot like mid summer, Surusumi and I swam at local river. Enjoyed and refreshed. Went back to work for the afternoon. Barely at dusk I've finished filling. My wife and mother-in-law boarded on a sightseeing ship visiting Tukubushima island. We met at their hotel near the departure point. Had a dinner together for the night. Surprisingly well sophisticated Japanese cuisine. I was impressed with chef's intention of offering best food of the season.

Typhoon hit the day after. Big rain and literally ferocious wind. The local biggest river swelled over the maximum level. Authorities announced emergency and ordered local people to evacuate for the night. As my bat cave stands at hillside, no need to worry. But people live near the river must have been so scared. Moreover, they are mostly farmers own patty rice field just before harvest. Most of them soaked and knocked down by the strong wind. That will cause sprouting which would never be sold at the market anymore. Poor guys. But for now nothing we can do until the typhoon passed. Jeez, this'll be a huge disaster!

Typhoon passed the next afternoon. While raining, cutting tenon of beams. Nine beams finished in two days which was not fast enough. Since I had to wait for drying surface of each beam before cutting. Well, move forward inch by inch. Hopefully, I'll be able to finish foundation by the end of September.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-09-16 11:36 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録58 A selfbuilder's note

月曜日に休みが取れたから、土曜日の夜に出て、いつものように京都でお風呂下車。大正湯でパワーを充電して、基地へ向かう。日曜日は雨だって、天気予報だから、朝から図面の見直し。
b0229636_18212748.jpg

b0229636_1821286.jpg

桁の上段と下段を別けて描いて、頭がスッキリした。熟練の棟梁ならいざ知らず、素人は単純明快が一番。
b0229636_18213010.jpg

濡れた材木をデッキに入れて乾かそうと、網戸を開けたら、かなり珍しいお客さんが。ナナフシを直に見るのは何十年振りだろう。デッキの色に擬態していたのか、茶色っぽい。結構長いこと居たのかな?鋸屑を被っていた。子供の頃は虫カゴに入っていたら、得意満面でいられたなぁ。基地の自然の濃さを改めて確認出来る出会いでした。

午後から雨も上がったので、3-4本墨付けと、刻みをやってから早めに切り上げて、ボウボウになった庭の草刈り。
b0229636_18213262.jpg

ニラの花が咲いた。
b0229636_18213310.jpg

ホップが実を付けたけど、手入れが悪く、ビールが出来る程採れない。
b0229636_1821358.jpg

そう言えば、と思い出して、近所の藪に行ったら、ありました。写真奥が野生のミョウガ。この藪のミョウガがデカいのなんのって、基地のと比べて3倍はある。腐葉土を軽く掘って、頭を見つけて引っこ抜いたら、2つは片手で余る位。ツヤツヤでプリプリ。草刈りしてたお向かいと分け分けした。
b0229636_18213638.jpg

翌日月曜日は早朝から快晴。日の出と共に起きて、庭の柿採り。
b0229636_18213836.jpg

ヘタを取って、井戸で良く洗う。潰し易くするために、いっとき浸けておきます。どうせ猿の餌になるんだったら、青いうちに採って、2年後を目指して、内緒のアレを作ろうと考えた。誰もあの有名な塗料を作ろうなんて思うまい。あっ、言っちゃった!専用の容器(プラスチックの樽)は設計に着手した時にオークションで落としてた。発酵に時間が掛かるので、出来るまで気長に待つしかないけど、竣工までには使えるっしょ。
b0229636_18213934.jpg

さて、今日は久し振りに晴れたので、基礎の続きをば。朝一でプレートランマーを借りて来た。前回入れたグリ石混じりの重たい土を、埋め戻した土と合わせて転圧する。その後、いつもの採石業者さんとこに砂利を買いに行って、規定位置まで砂利を敷く。
b0229636_1821401.jpg

砂利を敷いた後、再び転圧を掛けて、最後の土間コンクリート打ちのベースにする。ここに更にビニールシートを敷いて、鉄筋メッシュを敷き。差筋アンカーを振動ドリルで空けた穴に入れてメッシュを固定。それで、生コン業者を待つという筋書。9月中に基礎が完成する予定。並行して進めて来た刻みと合わせて、一気に棟上げまで加速する、予定。^o^

Got Monday off. I left Saturday night for bat cave. Stopping at Kyoto to take my favorite public bath.

Raining again on Saturday. Redrawing plan for beam construction filled morning work. As the beam schemed double layer style, I've separated the plan into two, so that details became a lot more clear to understand.

I found very rare bug called "nanafushi"(Phasmatodea)came to my working deck. Calmly, quietly, and deliberately pretending like a stick fallen from cherry tree above the roof of my cabin. I was so proud and excited if I got this bug in my little insect cage when I was a kid. I've just reconfirmed the depth of natural environment around my property with this unexpected guest.

Rain stopped around noon. Draw and cut tenons on several beams. Mower needed my yard neglected for a while. After clean cut, picking weeds at my little garden badly raided by monkeys a couple of days ago maybe. All tomatoes and blueberry are gone. Well, casualties are very low though. See what will happen when I will moved into my new house. A massacre maybe.

Monday morning rise up with sunshine. Picked persimmons before ripe. To make traditional fermented paint 'kaki-shibu' (persimmons astringent) , the fruits must be crushed to be paste. Then stored for a couple of years in a plastic barrel. Then add some pigment material, stains and such. Stinks as hell but turns wood to water resistant. It'll become applicable before wall painting start. Good thing about fermented paint is no formaldehyde at all. Will report up dating later.

Soon after picking persimmons, went to borrow plate rammer. A half month ago, I filled inside of the foundation wall with dirt mixed with fist size pebble. Press and flatten the surface of dirt first. Then spread pebble up to certain level. Again press and flatten with plate rammer. This will form base of flat top of the foundation. Hopefully I can finish this work in two weeks.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-09-09 17:16 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録57 A selfbuilder's note

ここんとこ2週続けて、週末はずっと雨。基礎の続きが出来ないので、墨付けと刻みに集中。
b0229636_1511159.jpg

b0229636_1511420.jpg

今はロフトの床部分を支える桁を刻んでます。磨墨家の梁は上下の桁に挟まれて、その両面に1階の天井とロフトの床を貼り付ける2重構造です。
b0229636_1511699.jpg


模型で見ると、真ん中辺りに通っている2本の桁が柱に乗っている梁を挟んでいるのが見えると思います。その若干幅のある隙間に、電気配線やダクト配管をややゆったり目に配置する計画です。特に空気循環の為のダクト配管は、磨墨家のパッシブソーラーシステムの分配中心で、屋根で暖められた空気を一度ヒートエクスチェンジャーに受けて、太い管でロフトの床下に降ろして、そこからタコ足状に各部屋に壁を通って床まで降りて、床面に設置した換気窓からユックリと部屋の中に立ち昇って行く構造です。冬は18-20度なので、そんなに暖かくはないけど、外気温より10-15度程暖かい空気を循環させます。足りなければ、薪ストーブの熱を回収してヒートエクスチェンジャーに供給します。

磨墨家にエアコンや発電用のソーラーパネルの設置はありません。一番エネルギーを消費する熱源(プラス、マイナス両方)の確保は、直接お天道様に貰えば済む事だからです。暑けりゃ、シャットダウンして通風させれば、困る程の熱気は滞留しません。初夏から秋までは、屋根に設置する太陽湯沸かし器からお湯も調達出来る予定です。もちろん、水は雨水を循環させます。約3トンの雨水タンクが設置される計画です。現在の雨水井戸と併せて4トンの雨水は災害時の備えとしては十分だし、雨さえ降れば、常に補充されます。こんな事考え乍ら作業すると、やってる意味がハッキリしてて楽しくなります。^o^
b0229636_1511865.jpg

b0229636_15120100.jpg

今年はブルーベリーが豊作なので、家内がジャムにしてくれました。余った分は持ち帰り。最近、ちょっと白内障の卦がある磨墨にも生でお裾分け。
b0229636_1512342.jpg

中身を出して干していた瓢箪がいい感じに乾いて来ました。持ってみると、中の水分が飛んで、凄く軽くなってますが、カチンコチンです。来週辺り、塗料で仕上げる事が出来そう。

Raining 2weekends straight. No way to work on finishing foundation. So, nothing special. Just, drawing and cutting tenon.

My house building now has special beam construction. Beams east-west direction are sandwiched by north-south direction. Space between beams north-south built intended for air duct distribution as well as electric wiring. Passive solar system on the roof supply warm air through large diameter duct from heat exchanger located at inside center of the roof. Then distribute the air collected at box installed in the space through air duct to respective room. All air duct insulated to minimize heat loss bellied in the wall. Warm air pushed down to the foundation through air duct. Foundation itself is the heat reservoir as well as heat exchanger. Once the foundation hold heat, heats gradually is giving off into the space under floor board. Then finally warm air comes out from vent hole set on the floor. Air comes out from floor won't be so warm but just about right. Probably 10-15 degree warmer than outside. The coldest day during winter around bat cave probably 2-5 degree below freezing. So morning of the day will be 10-12 Celsius inside of the house. Just a couple of wood block may warm the whole house up to 18-20 degree Celsius by an wood stove as aid for passive solar system. So the whole house will be well insulated. While, every sealed off completely.

During summer, all heat from outside emitted from ventilation fan as well as openings like doors and windows. Roof vents also emits heat under the shingle. And the intake of heat for exchanger will be shut down during summer. Instead, fresh cooled air sucked into alternative intake connected to the pipe lead to the foundation.

3 ton capacity of water tank will be built under deck on south side. The water saved will be distributed to bio top as well as to deck roof equipped with solar heating water tubes supply warm water for daily bath use during summer. I calculate almost half a year consumption of bath use water should be supplied by the simple device. Will introduce the structure later.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-09-01 13:21 | セルフビルド | Comments(0)