ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録69 A selfbuilder's note

今週は金曜日の夕方に基地入り。近所のスバル取り扱い店の店頭に、頃合の中古サンバーの軽トラが置いてあったので、話しをまとめて来た。今の軽トラが急に四駆が入らなくなり、冬を越すには厳しいのは明らか。物色してたところが、灯台下暗し。基地の直ぐ近所にあった。地元だし、整備工場もやってるので、何かの時も安心。しかも、おじさんとても親切。これで、冬も大丈夫。
b0229636_18235280.jpg

これ、家内の亡くなったお父さんから頂いた墨壺。生前によく細々と大工仕事が趣味だったお父さん。とっても良い方で、随分と親切にして頂いた。本当の親父より仲良くなって、一緒に色んな所に旅行に行った。そのお父さんが亡くなった後、お母さんから使って欲しいと頂いた大工道具一式の中に入っていた。年代物の欅の墨壺で、大事にされてた物だし、俄か大工に自分にはプラスチックの墨壺で充分と、いずれ新居が出来たら飾りにしようと思っていたが、家内が折角だから使えと言うので、出して来た。良く使い込んで、墨で汚れていたので、綺麗に掃除して、軽くサンドペーパーを掛け、拭いてから、ステイン系の塗料を塗ってみた。
b0229636_18235387.jpg

ちょっと艶が付き過ぎたので、良く乾いてから、マット系の透明塗料で塗り直す積り。カルコとハンドルを新調して、来週には使えるだろう。
b0229636_18235791.jpg

ついに小屋組の部材に取り掛かる。先ずは定石通り、横架材から。ややこしいのを先にやっとくと後が楽だから、棟木から。と言って、始めたはいいが、色んな部材が交差する扇の要みたいな棟木。図面上では関わってくる部材の仕様との擦り合わせに不安が残る。そこで、解らない事があれば、まずモックアップを作ってみる。ふむふむなるほど、なるほど。上下左右の位置関係が一発でわかった。外断熱に二重になった置屋根構造(後ほど説明します)。ハイよ、んじゃ墨付けはちょっと複雑だけど、自信持って。急がば回れですね。で、その日は墨付けまでで終わり。

翌日は朝から区の環境整備の日。9:00から1時間半程、草刈りと竹切り。天気も良く、気持ちの良い作業日和。出席者もいつもより多め。予定通り、完了しました。いつもあまり話しをしない方ともコミュニケーションが取れる良い機会。出来るだけ参加するようにしている。

戻って、棟木の刻みに入る。こんなに色んな接続が集中している部分の刻みは初めて。とうとう午後だけでは終わらせ切れなかった。来週に持ち越し。
b0229636_18235084.jpg

土曜日の朝は5度を下回り、やっと綺麗な赤が出ました。
b0229636_18235187.jpg

ブルーベリーも紅葉を始めてます。
b0229636_1824114.jpg

お昼は薪ストーブの熾に放り込んでいたベークドポテトを頂く。焼きも完璧で、かなり美味かったです。来週はギアをシフトアップして頑張らねば。

Since a couple of weeks ago, I've noticed that my little truck won't shift up 4 wheel drive. Without 4WD, driving heavy snow area around here will be too dangerous. I've been looking for some substitute for the truck. I'll be damned. A good one was found within 10 minutes bike ride from my bat cave. Finished sales contract the day and received license plate for renewal of ownership. I'll be able to start driving the new one by next weekend.

Shown is a traditional blush paint pot with reel. Made of Japanese zelkova tree. Very stiff tree however beautiful surface it has. Great for carving. Used to be center pillar of traditional Japanese house was made of this zelkova trunk. Carpenters carved their own pot by themselves and competed their technique. This one was given to me by my wife's deceased father. Me and her father got along quite well. He used to fix almost anything of household with a set of carpenter' s tool. The set included this masterpiece. Well used one and still sound but I was afraid of any leakage. So I've cleaned it up and painted with glossy Watco stain . Finished too glossy, I might repaint it with a little more mat surface stain.

Finally I could start cutting attic section. Starting from the most complicated top notch would make the rest of job easier. However, it's too complicated that I was afraid some points may cause later trouble. Two dimensional plan sometimes confuses me. In this case mock up sample will show me exact detail. Took me a little while to make it but worth it. Now I can work on drawing cutting detail without hesitation.

Next day locals got together for cleaning roadside bushes. Nice to join them. Having little chat with people who do not communicate normally. Finished in about an hour and half. Sky was clear a warm fall day. Great refreshments.

That afternoon wasn't enough for finishing top notch beam. Probably twice as complicated as normal beams. Will finish the beams and start work on other frames on attic construction.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-11-24 17:15 | セルフビルド | Comments(1)

家作り備忘録68 A selfbuilder's note

今週は日曜日の朝に、磨墨と小吉の早朝散歩を済ませてから、朝一の新快速で基地入り。先週墨付けを終わらせていたので、管柱最後のセット約20本を刻むだけ。月曜日まで休みだから、楽勝で終わるかな?
b0229636_1723959.jpg

お昼に、イキナリ「今から鹿の解体するから来い。」とご近所さんからメールが。作業にも余裕が(ホントは無いけど)あるので、「へいへい、行きます。」と返事して、すぐに駆け付けた。腸抜きと血抜きは終わっていたので、着替えて即参戦。4人いて経験者はワシと馬乗りのウマ子さんだけ。出来るだけ傷付けないように、筋膜を剥がしながら関節に到達して、腱を切るやり方で、前足と後足をバラして行く。
b0229636_1724163.jpg

ほぼ肉の塊になって来た。一番人気の背ロースを慎重に切り出すと、後は各人好きな所を自分用に取って行く。足とロースは猟師さんのもの。ワシはスジかテール周辺か迷って、テールに。シチューでもすっぺ。
b0229636_1724480.jpg

で、赤ワインで煮て、デミグラスソースいれて、流行りの肉ゴロゴロシチューを作ることに。
b0229636_1724348.jpg

下茹でして、一旦こぼし。水から煮て、安っすいカベルネソービニヨンを加えて、野菜を入れる。肉が柔らかくなるまで薪ストーブの上でコトコト煮ること3時間。死ぬ程腹減ったタイミングで喰ったから、メチャウマ(^o^)/
翌日の昼の分まで、腹膨れるまで喰った。
b0229636_1724577.jpg

基地のモミジも紅葉を始めた。綺麗な赤が出ない。冷え込みが少ないからだろう。
b0229636_1724666.jpg

お隣から柚子を頂いた。柚子は絶対必要やから、植えんとあかんな。
b0229636_172488.jpg

なんとか、管柱が刻み終わって、来週から小屋組の母屋と束の刻みに入れる。やはり、年内建前は無理かな〜?

Took first limited express to reach bat cave on Sunday morning. As drawing cut line finished for the last sets of pillars last weekend, only cutting mortise out was left for today and Monday. While turning wheel saw, my phone rang. Aki-san, local friend kindly informed me that several deers trapped the morning and needed hands for butchering. And left me a phone number of a woman who operate the work. When I phoned, she was so in a hurry and said come now or too late. Well, I left all my cutting instruments as it was, and drove as instructed. When I arrived the place, deer was hanged and the whole guts were taken out already.

The rest was easy job. As I was one who did this job before, have shown other people how to cut meat. Using traditional Japanese reversed point, try not to make scars, cutting through bone joint and dislocate and snap by hand. Then scooped remaining meat away. Valuable meat such as Sir loins and hams go to hunter for trading. We take the rest. I've cut meat around tail out for stew of dinner tonight.

Tremendous hunger caused by cooking stew over wood stove about three hours. But it deserves. Started with boiling deer meat in flushing water. Pour over and restart boiling from cold water. An hour of boiling then put the rest of ingredients with a bottle of red wine. Then another two hours of cooking until the meat became so tender. Before withdrawing the pan out from stove top, put a can of cut tomato and a can of sauce. I couldn't complain about the taste.

Pillars all finished. Will get to start cutting roof supporting structure next week.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-11-18 16:21 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録67 A selfbuilder's note

管柱の場合、墨付けから仕上げまで一日12本。3本セットで作業する場合、4セットが限界。一度、大工さんの加工場で、ホゾ切り機(正しい呼び名は知りません)を見た事がある。縦方向と横方向から回転ノコの歯が出て来て、あっという間にホゾをこしらえてしまう。セットから完了まで、その間数秒。もちろん、最初に切断距離関係を設定してしまえば、墨付けも必要無い。セットの仕方さえ手際が良ければ、一日100本は軽く仕上げてしまう。あんなもの見なければ良かったと今更ながらに思う。まあ、それやってしまえば、プレカットとどれだけ違うのか?プロはプロのやり方がある。納期もシビアだし、隣の芝が青く見えるだけだろう。
b0229636_18195557.jpg

この週末で、約8割まで出来たかな?こちら側は土台に差す方なので、同じ方向に整然と並んでいる。
b0229636_18195730.jpg

反対側の桁に差す方は、向きや長さが違う。最初は同じ方向ばかりやって、慣れてきたら上下で差し方向が違う柱をやっている。
b0229636_18195879.jpg

墨付けの最初に差し方向の区別を記して、ホゾの短辺が向く面に番地と東西南北を書き込む。慣れてくると、柱がどう差さって、桁と梁がどう組まれて行くかを想像しながら刻む。最初はぼんやりとしていたイメージが、だんだんとクリアになって行く。コレが図面で描いた投影図とピッタリ一致するのはそう遠くないかも。何かモノを作る時に、どんな小さな部分でも全てありありと頭の中にイメージ出来れば、完成させることが出来るはず。イメージはモチベーションを維持する大事なファクターのひとつだと信じている。
b0229636_1820146.jpg

今年はカメ虫が特に多いように思う。基地の中をブンブンうるさく飛び回るので、カメ虫捕獲器、通称カメ獲りゴンベを作成。カメ虫はつかまっている所からポトリと落ちて逃げようとする習性があるので、下から軽くつつくと、勝手にペットボトルに入ってくれる。中からは逆臼状なので逃げられない。ボロボロ獲れる。チョットだけ余った酒類を入れておくと、酔っぱらって、すぐに溺死する。コレを使うようになって、あの堪らなく青臭い匂いを嗅ぐことが無くなった。
b0229636_1820357.jpg

季節が近づいて来ると、夏にバッサリ切った水仙が芽を出して来た。冬は近い。
b0229636_1820494.jpg

保護預かり期間が過ぎて、家内が警察から例のチワワを正式に譲渡されて来た。最初は怯えから、やたら噛み付いて来たのだが、一旦、悪意が無いと悟った(のかどうかは不明だが)ら、いきなりなついてきた。最初はトリーツを警戒しながらケージ越しに食べていたが、今では、アグラの中に入って、ゴロゴロ、スリスリして、お腹を見せるようになった。さすってやると安心して寝てしまう程になった。時間を掛けて、この子に一番向いた飼い主を探すつもりです。

Finishing pillars in a day at most 12 pieces. Drawing scheme to hammering edge down. 3 pieces a set may take about two hours. Total 4 sets shall be maximum amount I could handle in a day. I've seen a kind of mortise cutting device at some professional carpenter's backyard. It was like a miracle. Cutting mortise in a few seconds. If setting of devise properly done, 100 pillars would be finished in a day easy enough. I envy that carpenter. What if I got a chance to use that device, I wonder I would use it. It seems against my policy, I guess. What's different from ordering manufacturing cut service? Nay.

80% of total pillars have finished. When cutting mortise, as the procedure is quite monotonous and boring, I always trying to figure out a fixed image with base and beam. Unless you have clear image of every detail, things won't be finished. Imaging itself is an indispensable factor for maintaining good motivation.

About the chihuahua under my custody, now he became quite tamed. I was so surprised the dog's so friendly once he dropped wariness.

My wife was summoned at local police and was officially accepted her claim for the dog's ownership. Well, it's not decided if we own the dog, however, till we could find the best foster family for him, he'll be with us for a while.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-11-10 17:14 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録66A selfbuilder's note

4連休初日は、先週やりかけで残してた梁の刻み。
b0229636_2325566.jpg

これは、結構アッサリ完了。これが甘い予測を産んだ元凶。翌日からもっと作業手順の少ない管柱を3日もあれば終わるだろうとタカをくくってしまった。早めに温泉に行って、ユックリして、
b0229636_23255765.jpg

管柱の墨付け治具を作ったり
b0229636_23255862.jpg

間竿に印を書き込み、これで楽勝と思って、遅くまで起きていた。遅く起きて、刻みに取り掛かると、思ったより手間が掛かるなと思った。けど、まだこの時は初めての作業で手際が悪いから、コレから飛躍的にスピードアップすると思ってた。
b0229636_232559100.jpg

柱は、これまでの横架材(土台や梁、桁)と違って、反り方向だけでなく、元、末つまり木の根元方向、樹上方向を確認する必要がある。まず、ムクリ(反り方向)が確認できたら、根元方向を確認して番地を書き込む。南北を「いろは」の順にマーク。東西を数字でマーク。東と北の端の番地は「いー1」となる。いの一番とは柱の位置から来た言葉か。その後、墨付けをやって、ホゾの向きを決める。番地によって、桁のホゾ穴が東西で、土台のホゾ穴が南北を向いている。そこにムクリと末の位置を正確に合わせないと、窓がスカスカになったり、開か無くなってしまう。絶対に間違えられない。これを頭に入れて、尚且つ、柱の全長をピッタリ指定寸に合わせないといけない。さもないと、屋根が波打ってしまう。否が応でも正確に作業する。これでスピードが半減。
b0229636_232618.jpg

結果は半分以下の出来。これで、年内棟上げは無理か?暗雲漂いまくり。はぁ〜。
b0229636_2326229.jpg

監督は天気良さにいつもの昼寝。
b0229636_2326354.jpg

地区の管理の仲良しにしてるおじさんから、先日の伐倒のお礼にと、サツマイモと里芋を頂いた。
b0229636_2326562.jpg

家内が預かり中のチワワと監督を連れて遊びに来た。今日は、熟し始めたキウィを収穫。試食会。
b0229636_2326699.jpg

監督は薪ストーブの前から動きません。来週からまた頑張るか。焦っても始まらないし。ここは落ち着いて出来る限り正確に作りましょ〜。

Cutting mortise of the beams finished on the first day of 4 days off weekend. Quite easier than I thought. But, that was the beginning of miscalculation. Making jigs for next procedure. I enjoyed a long fall night. Got up late and slowly worked on drawing pillar mortise. 90 pieces in total. That amount would be finished in 3 days under my forethought. I felt things went slow because of a new procedure.

Comparing with beams and floor beds, pillars must set upright. So, in addition to mark warp side, direction of root side or tree top side must be marked. Root side must always inserted to the tenon on foot bed. Also, warp side must face proper direction. This direction rule must be perfectly followed, otherwise windows and doors won't work smoothly. And the margin of length error on pillars except mortise part is extremely minimal. Gaps would cause distinctive wavy outlook on the roof. Those factors slowed down the pace to almost half as expected. That dismayed me further. And started rain. Oh, hell. Setting up bone structure of the new house may not be done before snowfall.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-11-04 21:39 | セルフビルド | Comments(0)