ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録74A selfbuilder's note

年末年始は相も変わらず、家作りの作業でございます。ウチの会社、船場のコテコテの会社なもんで、年末大掃除をやる。んで、土曜日なのに出勤して、終わったその足で基地へ。京都でお風呂に入って、駅に着いたら雨が。湖西線に乗って、志賀辺りから雪に。基地近くになると結構積っています。融雪パイプが敷設された旧道を自転車で基地へ。暗いけど結構降ってきてる。
b0229636_22533537.jpg

朝は快晴。でもご覧の通り。膝下位かな。
b0229636_22533619.jpg

早速、除雪作業。朝からしんどいっちゅうねん。かなり冷え込んだ夜の雪だったので、割と軽い。それでも1時間程かかって、導線は確保。今日もひたすら墨付け。お向かいさんが騒がしくなったので、見に行くと、餅つきを始めていた。
b0229636_22533792.jpg

早速、出来たてにアンコを載せて、頂きます。タダでと言う訳にはいかないので、お手伝い。付き手はご主人と近所の友禅作家のおじさん。取り手がいないらしい。ワシ、取り手得意。ちゅうことで、作業は一時放棄して、餅つき大会。ハイ、ぺったん、ハイ、ぺったんと快調についていく。ちなみに幾つつくんや?って聞くと、10臼って。えぇ〜、そんなん聞いてへんで〜!まっ、オモロイからえっか。
b0229636_22533899.jpg

後で、奥さんがお疲れでしたと、つき上がった餅を差し入れしていただきました。柔らかいうちにアンコで食べて、残りは冷凍。正月中の餅が、計らずも確保出来てしまった。ご近所付き合いはするもんだねぇ。
b0229636_22533996.jpg

その夜は、恒例、ヤスオさんとこで、年忘れパーティー。顔の広いヤスオさんとこには色んな芸達者が集まる。その一人、東京から来た歌者の三線と声が抜群で、この歌者に掛かると、
b0229636_22534017.jpg

ご覧の通り、全員総立ちで、カチャーシーの夜は更けて行く。選曲も、安里屋ユンタや童神(わらびがみ)等、有名な歌ばかりで、大盛り上がり。ヤスオさんのパーティーは楽しいんですよ。
b0229636_22534177.jpg

丸ノコの歯が切れなくなったので交換。チョットふんぱつしてレーザースリットが入ったひとつ上のクラスを。
b0229636_22534290.jpg

ついでにカーボンブラシをチェック。ここによくゴミが溜まって、通電が悪くなり能力低下があるので、ブラシの厚みと共に時々開けてみる。綺麗にダスターで吹き飛ばして完了。
b0229636_22534372.jpg

ひえぇ〜、音が激減した上に、スパッと切れる。4寸の角材を両方から切ったら、ほとんど境目が判らん。52丁の造作用だけど、大工はみんな造作用を使っている。本当に窓や扉なんか作る人は72丁らしい。一昔前の40丁辺りには、キックバックが怖くて戻れないね。
b0229636_22534472.jpg

徐々に仕上がって行く束の置き場をと、表の土間を片付けようとしてブルーシートをめくると、デッカい梁用の平角の材が出て来た。なんやコレと思って、良く考えると、小屋組みに使う二重梁の材やんか〜、忘れとったぁ〜!一時束の作業を中断して、二重梁を刻む。しかも、込み栓の穴開ける貫通ホゾやから、でっきるだけフラットに仕上げんとあかんし、暗くなるまで掛かった。とほほ。大晦日くらい早く上がって、風呂行きたかったけど、浸かれたのは8時を回ってた。年末までドタバタの一年でございました。
b0229636_22534528.jpg

昼はいつも忙しいから、簡単にレトルトのカレーで済ます。トッピングにこの秋最後に採れた青トマト。完熟して、少し水分がなくなった。でも、完全無農薬なので、腐らない。しぼむだけ。来年は、また少し畑をやることにしようかな。やっぱ安全な食は自作でしか確保でけへんしょ。

磨墨の秘密基地を一年間読んで頂いた皆様、佳い年をお迎えください。

During new year's holidays, working on house building as usual. As train heading for bat cave getting nearer, snowing got harder. From local station to the cave, biking was easier on paved road installed snow melting shower. By the time arriving at the cave, there were almost no visibility. Everything covered by snow blanket next morning. Up to knee level deep. It took about an hour of clearing snow for holding access line.

An hour since I've started drawing cut line, getting noisier outside. Family across my cave started making rice cake. Dropped by and ate a couple of small piece of cake topped with bean custard. Compensating for the delicious treat, helped pounding rice cake, Later on, a large dish full of rice cake delivered as my share. Good to have nice neighbor.

Went to a party that night. It's been a tradition of Yasuo-san's family ever since they moved to the area. I've been invited to their party since I bought my premise. Many talented people got together at the party. The night, a boy from Tokyo plays Okinawan three strings blew that party. Everybody stood , cheered and danced along his song. It was such a fun!

Next morning, my head ringing by hangover, however, started working on drawing cut line. Before touching pillars, replaced blade of circular saw. While checking other parts, saw dust sticking inside blown by air duster. Well maintained saw performs hardly like a same one.

To make space for finished roof support posts, I was rearranging log piling yard, found two big beam log. In a moment, I remembered what these are. Those are supposed to be upper part of double beam which I've completely forgot. Then, put other job aside, I've started working on the double beams according to the rule of beams comes first.
These special short beams needed to have two square holes for locking stick on each side. Each hole has 5mm inner biting tooth. So that locking teeth won't come off. This traditional carpenter's trick works incredibly well. To make this trick work, tenon must be exactly flat. For the newly found job, had to work late at New Year's Eve. It passed 8 o'clock when I dip myself in local spa.

For all who subscribed this blog, have a really nice new year,
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-12-31 21:15 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録73A selfbuilder's note

消費税率が上がるのに応じて、世はまさに建築ラッシュの様相ですが、田舎にもその余波が来ているようです。今回、構造材をお願いしている製材屋さんも、大工の元請けをやっておられて、材料を届けて貰うにも、予定を調整して来てもらわないといけません。いつもなら指定した日にちに何時でもOKだったけど。すでに春までの予定は一杯で、幾つも現場を掛け持ちして回っているそうです。でも、そこは気を使い、焼き芋の差し入れをありがとうございます。蜂蜜を注射しているかと思うぐらいベタ甘のお芋さんでした。
b0229636_17262587.jpg

やるこたぁ山程あるので、天気の良い金曜日の朝から、ディスクグラインダーにダイヤモンド研磨ディスクをセットして、まだ基礎のあちこちに残る凸凹を少しづつでも修正する作業。堅いコンクリートがちょっとでも盛り上がったり、バリになって残っていると、上に乗せる基礎パッキンが波打つのです。と言って程なくして、また高島時雨。デッキに戻って母屋の刻みを再開。
b0229636_17262683.jpg

時雨は雪に変わって、僅かに積って、また日が射してきました。
b0229636_17262796.jpg

垂木掘りのど真ん中に節が入って、ノミが刺さったまま。珍しくは無いけど、節を綺麗に面合わせするには、鈍らな歯では無理がある。幸いにこの宮大工が使っていたノミは、いとも簡単に削ってくれる。
b0229636_17262837.jpg

母屋が2日で、ほぼ刻み終わった。余韻に浸っている暇も無く、次は束に取り掛かる。
b0229636_17262913.jpg

朝からがっつり系の食事。コーヒーにIKEAで買った泡立て器を使ってフワフワのミルクを合わせる。聞くところによると、同じ泡立て器がスタバで売ってるらしいが、20個買える値段らしい。(*_*)
b0229636_17263016.jpg

束の墨付けを舐めていた。結局短い柱なので、元末見て、木表を確かめ、さらに定尺の3mに全体を割り振りして、落とし込んでゆかなければならない。割り振りがある分、管柱より面倒臭い。
b0229636_172632100.jpg

そして、やっと来た。頼んでおいた垂木と間柱。その前に基礎に溜まった、水と落ち葉を綺麗に掃除して、場所を確保しておいた。もう枯葉は全て落ち切ったので、丁度良いタイミング。高島時雨が溜まった基礎はプール状態だったが、モリアオガエルが卵を産む季節でも無いし、ここで排水をしておけば、これからは雪になるため、春まで排水作業はやらなくて済む。一人でやってると、やたら遅いので、こういう事が日常茶飯事になる。
b0229636_17263365.jpg

積み終わった垂木の重量は凄い。荷重分散するとは言え、母屋と束、それに棟木はシッカリ支えてくれるだろうか?心配になって来た。と言っても、いまさら構造計算に不審を持っても始まらないし、正月も休み無く刻み続く日々になると思います。
b0229636_17263531.jpg

水仙の花芽が出て来ました。
b0229636_17263657.jpg

比良の山々も、白い薄化粧を始めています。

Timber supplier usually delivers materials as indicated day and time. However, according to raising consumption tax next spring, construction boom has come. As the supplier contracts house building, he is extremely busy these days. By the next spring his schedule is full, already.

Well, I've got a lot to do. While the weather is fine, flattening foundation top surface with industrial diamond contained disc on hand grinder. Even a bit of knob or flared edge of concrete push gasket on foundation up. Soon, another capricious rain started again. Then, back to the working deck to cut roof supports.

Cutting slant mortise on roof supports sometimes hit knots. My chisel bought second hand used be owned by shrine carpenter is sharp enough cut these knots out quite easy. Probably forged by blacksmith who apply same method for Japanese sword smithery. I'm quite sure this method of forging chisel create the best one in the world.

After finishing over nourished breakfast on next morning, started drawing cut line on roof posts. Same as pillar drawing. Additionally, allocation of small posts on standard length has another headache.

Ordered roof ribs arrived at late afternoon. Quite a heavy lot. I was wondering if roof supports bears those heavy load. Well, it's no use being suspicious about structural tenacity. Just keep on working it even during new year holidays without question.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-12-23 16:08 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録72A selfbuilder's note

先週墨付けをした母屋の一番長い6mの材を刻むのは、外でないと出来ない。

b0229636_17265516.jpg


土曜日は昼過ぎまで良い天気だったが、この地方特有の時雨が降り出す。

b0229636_17265736.jpg


高島時雨と言うらしい。ここは山一つ越えると直ぐに日本海。それはそれで素晴らしい環境なのだが、晩秋を過ぎると降り出すこの気まぐれな時雨と原発の群れはいただけない。どうせならサッサと雪に替わって欲しい。その方がずっと始末が良い。まぁ慣れて来たから、片付けの手際は良くなったが。材にブルーシートを掛けて、必要な分だけ冬囲いをしたデッキに移動。屋根があるというのは有難い事だ。刻みは置いといて、別の墨付けに移る。母屋は飛ばすスパンによって刻む長さが変わる為、長短色々出て来るから注意して刻まないと、間違いやすい。雨は降っているのに、日が差し込むから暖かく作業が出来る。囲いをしたデッキというのは非常に快適に作業が進められる。室内だと溜まって嫌になる木屑や木の粉が、デッキだといつの間にか風で吹き飛んで、綺麗になっている。刻み作業は膨大な木の粉を吸い込む環境にあるので、いつも空気弁の付いたマスクをしていないと、アレルギーが出てしまい、苦痛でしかない。花粉症なので、杉の粉に反応しているようだ。

b0229636_17265869.jpg

冬至も近いから、4時には日が翳り、5時にはすでに真っ暗。森に囲まれているのもあるが、作業時間を同じにする為、財務省から予算を取り付けて、強力LED投光器を買って貰った。異常に軽い上、ハロゲンのように熱を持たないので安全。フル充電で4時間持つ。眩い位明るい。

母屋は数少ない現し(材が壁などで隠れて無い状態)になるので、鉋を掛けて木肌を見る。一番綺麗な面が何処に来るかで、配置を決める。木肌は、数ヶ月も積んで置くと、焼けたり、雨水のシミが着いて、元の木肌が分からなくなる。コンマ2ミリ程削ると、意外な材が綺麗な端面を持っている事にハッとする。目線より下は上面、上は下面に綺麗な端面を回す。

b0229636_17265976.jpg


夜は薪ストーブが欠かせなくなった。一旦部屋が暖まり、ストーブ内に熾が溜まると肉厚の鉄板にハンドルが付いた様なフライパンをストーブトップで熱して、出来合いのピザに、モッツァレラ、生ハム、アンチョビなんかを盛り盛りにして、フライパンごとストーブ内に放り込む。時々、ピザの耳を掴んで回し、チーズが溶けた所で取り出し、ビールで流し込む。ちょっと極楽気分。^o^
b0229636_1727096.jpg

大工の駆け出しに言う言葉で、穴掘り3年というのがある。ホゾを刻んで、綺麗に中をさらう事が出来て一人前になるらしい。今の若い大工さんは、宮大工でない限り、刻みをやらないようなので、死語かもしれないが、ホゾが綺麗に空いているのは、木組みの時に決定的な差を生むため、ワシの様な俄か大工でも、特に気を使う。今日は、以前買ったプロ用の追込みノミを使ってみた。異常に使いやすい。早く使ってれば良かった。作業がサクサク進む。
b0229636_1727255.jpg

腰掛け鎌継ぎのホゾと、束のホゾ、樽木のホゾが交差する部分。結構大変だった。でも、ただの材が母屋に変わる瞬間。これは楽しい。来週のクリスマスウィークエンドはせめて雪であって欲しい。

Started cutting tenon and mortise on one of 6m long roof supports. This one has to be cut out of the door since it's too long to work on under the deck.

Till late afternoon, it was fine, however, turned into rain all of the sudden. A typical local weather. On other side of Hira mountain range, we face Japan seaside. Long, dark winter with lots of rain and snow. And those goddamned nuclear plants. Hell. I wish those spontaneous rain turns to be snow, at least.

Well, anyway, I'm used to sudden change. Covered piled up pillars and beams with plastic sheets. Collecting gears and brought them in under the deck with some dried logs. The deck area is surrounded during winter. Best circumstance for carpenter work possible. I have allergy against pollen of Japanese cedar. Even respond to saw dust. On my deck, those hateful saw dust eventually blown away by its half outside location.

Since winter solstice getting closer, sun sets very early. At 4:00 pm, sun declined over the woods behind. At 5:00 pm, totally dark. To compensate for loss of the daytime, I bought LED casting light. Amazingly bright.

A couple of hour of extra 'daytime' helps me peeling off stained log. As roof supports are one of exposed beams, surface must be fair and smooth. Planing surface will show its beautiful red shaded smooth cedar skin. Carefully decided where it fits, each log's marked for its location.

It's been awfully cold since last week. Without wood stove, sleeping in the cave would be miserable. After warm air circulated well enough, put burning wood aside. Then decorate pizza with mozzarella, anchovies, and sliced ham. Put thick pan with heavy handle in the stove. On the hot enough pan, bake the pizza. Drain the pizza with beer. Great time.

Used to be, apprentice carpenters were prohibited other works than digging mortise. Clear cut mortise makes great difference when fixing joints. Even me, like an weekend carpenter mind its finish. Chisels which I bought about half a year ago had left unused. Cutting hard wood like slicing butter. Even 3 mortise on one joint section cut out very clearly.I should have used those chisels a lot earlier.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-12-15 16:12 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録71A selfbuilder's note

土曜日は久しぶりにお仕事。夕方、会社まで一家総出でお迎えが。そのまま基地へ。途中、温泉に寄って、9:00過ぎには基地に到着。だいぶ寒くなってきて、すぐに薪ストーブに火を入れても、なかなか部屋が温まらない。やっと部屋中に暖気が回ったら、オカンと磨墨、小吉は一緒にベッドへ。シングルなんで窮屈極まりない。ワシはロフトに上がって、一人で伸び伸びお休み。暖気は天井付近に溜まるので、下よりあったか。オカンは生きた湯たんぽ大小使って寝る方がええらしい。
b0229636_21575741.jpg

今日は一日晴天の予報。これから新年まで湖北で晴天が続くのは稀。こういう日は、全ての作業を置いといて、朝から土台の防腐剤塗り。まず、接続部分に木酢液を原液で塗る。3年程熟成させた木酢らしく、匂いがかなりまろやか。焦げ酸っぱいあの独特の臭気がほとんどしない。虫の忌避剤としてタップリ塗る。
b0229636_21575874.jpg

続いて防腐剤塗り。こちらは接続部分以外の露出する端面に塗る。防水効果も必要だから、デッキ等外部用の塗料を塗る。
b0229636_21575969.jpg

選んだのは、このブランド。あるマニアックなサイトで、2年もの期間同様の防腐系塗料10種類程を曝露試験した結果、ダントツと思われていたキシラデコールを抑えてトップを取ったブランド。向こう30年以上に渡る家の土台を託してみましょう。
b0229636_2158076.jpg

監督は気持ち良すぎて、昼寝を貪る。
b0229636_2158129.jpg

チョットは働いて貰わんと。
b0229636_2158221.jpg

現状はこんなところ。建前までには、先送りした母屋の刻みと、束、垂木の繋ぎが残ってます。ここで焦ってショーモナイ事せんように、もう一回図面との整合性チェックしてみますか。
b0229636_2158352.jpg

来週末には基地地方も平地での積雪が予想されます。オカンの指示でスタッドレスタイヤに交換。人使い荒いねん。クロカン系のタイヤに多いバイアスタイヤ。回転方向間違わんようにせんと。エアーインパクトレンチがあるんで、作業は楽々です。
b0229636_2158436.jpg

ブルーベリーが真っ赤に紅葉しました。来週は室内作業が予想されます。材を運び込んで、準備して帰ろう。

On Saturday evening, my wife pick me up at office. Gone straight to the cave the night. Had a chance to drop by local hot spa before arriving at. The north of mother lake area has been getting colder. As my wood burning stove is not powerful enough warming the cave up at this early winter period. It took about an hour for us to get cozy sleep in the bed. Warm air tend to stay around ceiling. So that my little sleeping bag was quit warm soon after setting fire. Instead, my wife needed two 'live heaters' to warm her up during the night. Well, dog lovers' tend to be like that.

The next day was forecasted fine all day. So like this precious sun shining day must be made most use for painting. Base logs above foundation must be water and bug proof. We use stain type of paint for the purpose. I've chosen above shown brand for my base log. A maniac website announced the brand was the best out of 20 other look alike. The guy owns the website experimented almost about two years to find out the best. Carefully checked various factors proofed the brand has the best ability to defying bug and moisture out.

Currently waiting major parts of roof supporting to be finished before fixing entire structure. Japanese traditional house fix the whole logs for structure almost in a day or two. Before fixing the whole structure, all the materials must be ready. Takes in almost an year for a selfbuilder to cut those out. Still, I need to fix them altogether in a couple of days. And finishing its roof simultaneously, hopefully. As it'll take very long to dry them out once got wet.

Well, I need to check cohesiveness on entire structure once again before making stupid mistakes.

We'll get snow fall before soon. My wife ordered me to install stud less tires, now, today. Yes, boss. I'll do it right away. While it was fun changing tires with manipulating air tools and such. Two trucks and one cross country in two hours, easy. All K-cars. Only cross country vehicle install biased pattern. Others are radial patterns.

We'll expect snow next weekend. All my cutting job to be done inside the cave. I wish all the frame cutting to be finished before new year.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-12-09 20:25 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録70 A selfbuilder's note

月末月初が休みになった。なんともう、日曜日からは師走に入る。ハァ〜。雪が降り出すのは、すでに秒読み段階。なかなか上手い事進まんのぉ。

b0229636_18254625.jpg


先週話しをまとめておいた、軽トラが乗れるようになった。田舎の自動車屋さんは儲ける気が無いのか?現住所の近くにある軽自動車協会にナンバーの変更をしに行くのがめんどくさいみたいで、「ワシ行ったろか?」って言うと。ニコニコして「すんまへんなぁ。」って。その代わり、「手数料と消費税要らんから。」って。まぁ、ワシ慣れてるから、ええけど。これで冬が越せる。

ワシずっとスバル一筋。正確に言うと、ト○タ資本が入る前のスバル。レオーネに始まり、レガシー、フォレスター、サンバーと乗り継いで来たけど、この軽トラの名車サンバーをト○タになって、製造中止しよった。アホかっ!通常走行時はRR(パートタイムで4WD)で、キビキビ。リアエンジンなので、足元広々。田圃のぬかるみや雪道でスタックしても、一発で抜け出せるエクストラロー。基地周辺に来た時に、余りのサンバーの多さに、思わず「皆さん解ってらっしゃる。」と口に出た。雪国はやっぱサンバーでしょ。それを止めるなんて。もうスバルもお終いやな。親会社にへつらってハイブリッドなんて中途半端なもん作りよるし。ハイブリッドなんか10年後はタダのゴミやで。いっそのこと社名も一緒にしたったらええんや。これからは「ト○タ以前の」スバルの時代です。

b0229636_18254732.jpg

棟木の刻みが終わった。やっぱ横架材の刻みは時間を喰う。大して加重が掛かる訳ではないが、スパンを飛ばすので、変形を考慮して梁と同じ210mm幅に設定。二重屋根の垂木が上手く収束して支える構造になって、下からの支えの不足を補う。図面通り刻めて一安心。
b0229636_18254965.jpg


時間が無いので、次の母屋に進む。当初真ん中の吹き抜けを支える四隅に立てようと考えていた6mの檜材だったが、重量計算して、相当軽く仕上がるので、母屋の真ん中辺りに使うことで、屋根のたわみを抑える一本物として使うことにした。今まで柔らかい杉材を切っていたのに比べて、檜は堅く重い。角ノミの歯もサクサク切れない。でも、やっぱり檜は匂いが良い。刻んでてリラックスする。フィトンチッドの量が多いのかな?土曜日に墨付けまで終わって、日曜日に刻み終ろうと思ってたら、エラい事思い出した。梁の下側に間柱のホゾ刻むの忘れてたんちゃうかな〜?暗い中懐中電灯片手に飛び出して、見てみるとやっぱり。あ〜あ。また仕事増えた。で、午前中潰れる。上手い事行かんのぉ。その日は夕方の雨もあって、角ノミ部分だけ終わらせて作業終了。
b0229636_18255029.jpg

今日から師走。いつもはサンクスギビング辺りから出すリースを、一週遅れで。めんどくさいので、去年と同じ飾り付け。それでは皆様、季節のご挨拶申し上げます。

Amazing, it'll be December on Sunday. Time started ticking down snow falling.

Last weekend, local Subaru dealer's owner and I signed up the sales contract. And I have finished renewal of ownership at local authorities. With new number plate, I've become the new owner. As the dealer discounted consumption tax as well as commission, since I did renewal application by myself. Now I can survive cold winter with my new truck.

I've been driving Subaru since I first bought an old Leone. Then drove Legacy, Forester, and Samber. All Subaru. I was shocked Subaru stopped manufacturing Samber since Toyota invested the company. What a heck are they thinking about? Samber is the best truck of all. With rear engine rear drive, runs very quick, while you can get out from mud or piled snow when you are stuck in one quick operation by extra low gear shift. Samber is ideal car in snowy country. But Subaru brew it. Now they started manufacturing hybrid car instead. Those will be mere junks in ten years, I'm sure. Outrageous isn't it?

Top notch has been cut out smoothly because of it's mock up model. Horizontal parts takes time for cutting. Soon shifted to work on cutting roof lib supports. For center part, 6m long log has been chosen. Center 3 spun which is 5460mm should be jointless, ideally. Long roof such as mine tends to deform by strong summer heat. The long one's Japanese spruce. Heavier and stiffer than cedar. Smells very refreshing because of its aroma. Drawing cutting line had barely completed by sunset. One depressing fact that I've forgot to cut mortise of supporting pillar on beams. The next half day cutting mortise occupied my hand. And cutting roof support achieved just cutting mortise for short pillars on attic. Dear me.

Well, about a week late though, season's greetings to all.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-12-01 17:16 | セルフビルド | Comments(2)