ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録104A selfbuilder's note

金曜日の夜に京都で途中下車。関西に来て、一度も見たことが無い京都の祇園祭を、基地に行くついでに見て来た。
b0229636_17195646.jpg

b0229636_17202617.jpg

今年は後祭りを復活したそうで、京都駅から烏丸御池まで地下鉄で行って、下りながら見て来た。同じ祇園祭でも、博多の祇園祭とは全く正反対。静と動。この暑い京都を静々と練り歩く。膨大な美術品や宝物が付いて回る。しかも、鉾はずっと同じスタイル。タペストリー等の飾りが替わるだけ?豪商達が競って財を出し、絢爛豪華な美術品を市民に披露して回る。ある意味動く美術館。博多の祇園山笠は、梅雨時期の邪気を払う意味があるので、博多の町を全行程約5キロを山車を担いで走る。しかも、大量の水を撒いて担ぎ手を冷やすと同時に町内を浄めて回る。山車の飾りは毎年替わり、博多人形師がその度に腕を競って作り、祭りの最後にバラバラに壊して、骨組みだけにしてしまう。聞いてはいたが、このユックリしたペースには、異質なものを感じる。
b0229636_17443667.jpg

駆け足で祇園祭を見て、風呂にも入って、翌朝は6:00からスタート。まずは西面に屋根の外断熱材を荷揚げ。足場を組んで、一梱包づつ屋根に放り上げる。
b0229636_17490491.jpg

幅605mmの断熱ボードに合わせて、600mm幅に桟木を打っていたので、ちょっときつ目に押し込み、ピッタリハマった。手で軽く入るだろうと鷹を括っていたら、結構キツい。
b0229636_17530312.jpg

ヘラと押え込みの治具を使うと、綺麗に収まる。向こう側は手で押し込み、表面がめくれている。出来るだけ隙間は無くす様に施工しないと、折角の断熱効果が落ちてしまう。
b0229636_17583553.jpg

大体綺麗に収まった。ただ、半日仕事と考えていたので時間を喰い過ぎた。おまけにロックウールの粉が、グラスウール程ではないにせよ、チクチクと手口や首筋にまとわりつき、不快。ただ、これも折り込み済みなので、ガムテープでペタペタと剥がすと、すぐに収まった。この辺はカヤックの自作で培った経験が生きている。
b0229636_18053776.jpg

翌日は、下地合板の荷揚げからスタートして、釘打ちの一日仕事。これも日没ギリギリまで粘ったが、合板を置いただけで、2列を釘打ちしたところで、サスペンデッド。
b0229636_18090866.jpg

その日は死ぬ程暑く、昼過ぎにかなりバテてしまっていた。会社の元同僚のN君がスイカで疲れが取れると言っていた。そうしたら、近所の山さんが、「スイカいる?」と。念ずれば通ず。甘いスイカに塩振って頂きました。イキナリ元気回復。これが無かったら、今日の作業は半分で終ってただろうな。山さんおおきに。
b0229636_18171453.jpg

朝6:00から再びスタート。御近所の迷惑顧みず、エア釘打ち機打ちまくり。しかし、7:30に雨が降り出す。そんなん予報にあったか〜?仕方ないので、出来る事を。今日は、先週の続きで、ホールダウン金物を取り付ける。基礎に埋め込んである16mmの太いボルトを柱に固定して、ナットを締めると軸組と基礎が一体化して、耐震性が大幅に向上する。家の四隅や開口部の脇にセットしてある。
b0229636_18261308.jpg

雨が上がって直ぐは滑って危ないので、東面の天窓穴から上がって、煙突の防水処理。屋根と煙突の隙間を無くします。
b0229636_18350853.jpg

釘打ちを終えて、防水透湿シートを貼る作業に入ったが、最終の新快速の時間ギリギリで、4段目まで。次の週末まで雨の降らないことを祈ろう。養生して帰る。上手く行かんもんやなぁ。

I had a little time watching Gion festival in Kyoto, one of the three largest festival of old capital. Making use of time for change train, took subway up north to Karasuma-oike. Walking down south looking around parade. My home town owns Gion festival either. However, quite contrary to the kyoto's. Kyoto's slow moving. More like static. While mine move very fast. Run like hell, as parade itself is a time race. Very dynamic.

Leaving Kyoto catching second to the last train to the cave. First in the next morning, setting up platform. Hauling insulation mat up on the roof. My placing of frame rods for those insulation mats works pretty well. As width of the mat 605mm barely fits in the frame set as 600mm. Some needs to fit with scraper and wooden trowel like jig which worked ideally. One thing I hated this mat filling is that mat itself made of rock wool. Very close looking as glass wool. Once stuck, itchy as hell. I knew this would come from my experience of kayak building. When gets itchy, stick duck tape where need to be. And peel the tape off. Major itch will be gone.

The next morning started with hauling plywood sheets up on the roof. About 50 sheets. Toughest job during this three days work. Placed each piece by hound's tooth pattern. Took almost one full day placing. Started nailing before sunset. All I could do was finishing up to the second law.

The second day was extremely hot on the roof. By noon I was exhausted. An old friend of mine used to tell me water melon saves you when it's hot. I was thinking about the comment. Then, a neighbor brought me a big piece of water melon. Thank god. Quenched me and served me like injecting physiological solution. Revived. Vigorously worked that afternoon. Try watermelon when you are dead tired.

The third and the last day of the weekend, started early with nailing by air compressor. Might have been a little noisy. Sorry about that, locals. Before noon nailing was over. Interrupted by sudden squall for a couple of hours during the morning, though. While listening drizzle, drilled hold down anchor head on each corner. Or side pillars of openings.

Major work of the afternoon was to place waterproof/breathable non woven fabric on the base panels. I had to leave almost 1/3 of blank area on the base boards before catching the final limited express. Hope it won't rain by the next weekend.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-07-27 17:14 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録103A selfbuilder's note

3連休が続きます。でも、梅雨末期。初日はイベントに駆り出されて、丸一日アウト。本番は日曜日から。
b0229636_17185636.jpg

b0229636_17192489.jpg

朝から雨で、とりあえず出来る事から。先週までに柱の垂直は取っていたので、開口部の脇にコーナー金物(上)とそれ以外の柱に柱脚金物(下)を取り付けて回る。薄い金物だが、上下動(地震の)や大風による吹き上げに絶対的な耐力があるそうな。怖いんで、付けられる金物は何でも付ける予定。
b0229636_17304346.jpg

午後からは天気が回復して、玄関アプローチ上のポリカ波板を貼る作業に入った。写真は上端の隙間に虫やゴミが溜まらないように波板専用のスペーサーを付属の両面テープで貼り付け。
b0229636_17361219.jpg

波板専用の下穴用キリで先に穴を開ける。さて、約90箇所。単調な作業になります。でも、粗方計算してはいたが、縦横全てドンピシャにハマり。無駄や不足がゼロ。こんな事もあるんや〜。感動の歩留り。奇跡!
b0229636_17431443.jpg

ブロンズの板面から柔らかな光が差し込みます。遮熱タイプで、約10年の耐用年数があるそうです。基地のデッキはまだ5年ほどですが、全く大丈夫。ポリカーボネートって、スゴい素材なんですねぇ。

その日の晩に、急に思い出して煙突トップ(雨除け)の製作を開始。風呂行く前に大急ぎで50mmのアングルを鉄鋼用のグラインダーでカット。お風呂上がってから、寝るまでパーツの設計と部材の計算。天板のコーナーの形状を決める。迫り出し90mmで斜辺が100になるようにするには、高さを45mmにすれば良い計算。また、綺麗な数字が出たもんだ。
b0229636_17570115.jpg

月曜の朝から、トタン板に罫書き始める。後で折り癖をつける時に便利なように、強めに罫書く。
b0229636_18003580.jpg

ヘンケルの金切鋏。真っ直ぐ切れる。端がめくり上がらない。スゴい。イキナリ不安解消。歪みの無い、ぺったぺたのパーツが面白いように切れて行く。
b0229636_18034073.jpg

縁巻きの折り返し線を摑み箸というヤットコの平たいやつで、クイっと折る。すげ〜、線の真上でピシッと折れる。買ってて良かった。
b0229636_18064876.jpg

当て木をして、折り返し線から玄翁の丸い面で反対側へ叩き返す。
b0229636_18084439.jpg

摑み箸の届かない中の折り返し線は、強めに罫書いてあるので、手で当て木に沿って押して行くと綺麗にクセが付く。
b0229636_18105535.jpg

煙突トップの雨除け。
b0229636_18120021.jpg

下の羽を16枚作って、少々食傷気味。取り付けの骨組みは来週に回すことに。お昼過ぎにセルフビルド仲間のヒロシさん夫妻がチェンブロック用の三脚を持って来てくれて、しばらくすると松っちゃんが来て、久し振りに建築談議で盛り上がって、本日終了。さて来週からは灼熱の屋根板貼りが待っている。熱中症対策を考えんと。

End of monsoon season. Still got lightning
and squall. First day was out guiding dogs and their owners to the clearest water creek up on the mountain.

The second day started with rain. As I've straightened vertical tilt of pillars on previous work, started installing reinforcement hardware on joint section of pillars and base logs. These hardware claims that quite strong against vertical shaking of earthquake or strong blow up moment of typhoon. I would put any hardware on structural logs just in case.

Sun started shining that afternoon. Climbed up on the roof to place roof material above entrance approach. Polycarbonate wave shape board screwed on roof ribs. Drilled tap hole before screwing by specially made tool. Perfect yield. No loss or shortage.

Material itself cut UV, while passing soft sun beams. Blocking day light heat as well. The board manufacturer claims polycarbonate lasts 10 years at least.

I should have prepared chimney top much earlier but forgot til now. Before leaving for hot spa, I've cut steel angle bar to pieces for the chimney top frame. After coming back from spa, started designing detail of top cap and vent feathers.

Next morning started with drawing designed parts on tin sheet. I bought steel cutting scissors at Henkel which performs with tremendous satisfaction. Easily cut straight line and the seer line won't curl. Amazing. Precisely cut parts builds beautiful work.

Scratching designed line by steel point pen. For later bending work, scratch deeper than usual. When bending each line, margin or contact line, bent by special prior like tool. Catch scratched line with duck bill and bend in one quick motion. Once aquired bent edge, each margin bent to required angle all the way. For helping bending, various shape of wood support needed.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-07-21 17:14 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録102A selfbuilder's note

あてが外れた。台風一過、スッキリ梅雨明けと思っていたのに、3連休のうち2.5日くらい雨。
b0229636_14320161.jpg

貴重な晴れ間を利用して、軒の鼻隠しと破風板のステイン塗り。外装部分のメインカラー、黒系のスーパーウッドステイン。ぐんぐん染み込む。ペンキと違って、表面が経年で変化しても、中まで浸透しているから、塗り足ししても違和感が無い。
b0229636_14392919.jpg

鼻隠しは、晴れ間が惜しいので、生乾きで取り付け完了。そのうち乾くっしょ。庭はオカンがまた草刈り機掛けて綺麗にしてくれた。
お昼は、犬連れで入れる近所のカフェでランチ。夜は、同じ区内に住む若旦那がやってる焼き鳥屋さんで晩御飯。久しぶりにゼータク。
b0229636_14483444.jpg

ブルーベリーが色付いてきました。これは粒の大きなタイプ。500円玉より一回り小さい位。磨墨がクンクンしてました。
b0229636_14523019.jpg

破風板は定尺の4mを超えるので、継ぐことに。色々屋根を眺めているけど、切妻で片流れが7m近くの屋根が無く、参考に出来る継ぎ方が見つからない。そこで、船のハル(デッキより下側の船体。)を継ぐ方法で行くことにした。スカーフという技法で、板厚の8倍程度以上で斜めに削いだ面をエポキシで貼り合わせると、強度差がほとんど無く板が継げる。実際、3人乗りの6m30cmのカヤックを作った時に、合板を継いで実施済み 。全く問題無い。色を塗ってしまえば、継ぎ目もほとんどわからない。電動カンナで必要幅に広げて重ね、斜めに4枚づつ削っていく。
b0229636_15101427.jpg

エポキシを調合。2:1
b0229636_15115617.jpg

斜めにはぎ合わせて、クランプで固定。約24時間で、設計強度が出る予定。今週は施工は無理か?
b0229636_15162185.jpg

先週作った破風板の頭板も塗る。
b0229636_15180972.jpg

最終日は雨の中、来週の下準備。玄関アプローチ上の軒鼻隠しのエアーインテークに裏からステンレスメッシュを貼る。ココまでやっとかないと。もし来週天気が良くなったら、直ぐに屋根上段の下地合板が貼れるように、半端部分のサイズを切り出して準備。さて、久しぶりに今日は平日なので、身体のメンテに行くことにしよう。

After typhoon passed, I've expected monsoon should be over. But not as I figured, the weekend got rain almost 3/4 of the 3 days.

Painted stain while sun shining. Ebony color for wind blocker on the roof. Good thing about oil stain is permeation. Unlike superficial paint, repainting without tone difference is easy.

Installed end piece on both east and west sheds still wet. Can't wait til dry as I've got lots to do while fine. One man installation of end piece got easier. Hook up one end. Temporally screwed somewhere in the middle of the plate. Then screwed the rest in place. This procedure works real fine. Same tric may apply on wind blocker.

I couldn't find any good solution for connecting method of more than 4m standard length wind blocker panel on gabled roof end so far. Inspire that straight scarf joint on ship hull building may work. Glued slant shaved panel with epoxy resin. Clean, flat as one piece once cured. Need 24 hours for acquiring designed tenacity.

All I could do on the rainy day was cutting out end panels of plywood board for base layer of upper roof. Monday off was rare opportunity of visiting acupuncture clinic for maintenance of myself.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-07-14 14:25 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録101A selfbuilder's note

先週に引き続き、今週も土曜日出勤。作業は日曜日一日だけ。梅雨時期を大枠で外す為に、月1の土勤を6末、7頭に持って来た。これで何とか雨天の作業が回避出来ますように。
b0229636_17244182.jpg

朝一から来週以降の作業に向けて、段取りを組む。とにかく屋根を上げてしまいたいので、屋根上段垂木の鼻隠しを、墨付けして、欠き込みから。ぼ〜っとして、玄関アプローチの分まで余分に欠き込んでしもた。あかん、あかん。昼前に鼻隠しの段取りを済ませて、破風板を調達に。近所のホームセンターがオークションより安くなってた。こういうことも稀にある。
b0229636_18482855.jpg

切妻が拝み合わせになる頂点部分は破風板をヘッドパーツで繋ぐ形にするので、24mm厚の合板を変五角形に切る。型紙を作って、取りを見ることに。破風板エンドの軒先カバーも同じ24mm合板にするので、一緒に型入れ。
b0229636_18490206.jpg

なんと言う事でしょう。(ビフォアアフター風に)ヘッドパーツと軒先カバー(2個)がサブロクの版面にピッタリ収まるじゃありませんか。先週の玄関アプローチの波板とイイ、歩留まりサイコー!やっぱり、型紙は作るもんやね。CADでやっときゃ、予め解ってた事だけど、ワシ型紙作るのん好きゃねん。同じもん2つ以上作るんなら絶対型紙作るべし。後の施工が絶対楽。
b0229636_18493749.jpg

で、その変な「水」のマークはと言うと。破風板下から軒先下をぐるりとカバーしてしまう予定なので、軒下から入った熱気が切妻の頂点から抜ける穴が無い。そこで、何か良いベンチレーターホールの意匠は無いかと考えてたら、そう言えば茅葺き屋根の切妻のてっぺんに「水」って描いてあるよな。あれって、火事を防ぐ厄除けらしい。当家も出来れば絶対に火事は出したくないので、コレに決めた。「水」の文字を拡大コピーして、ヘッドパーツに貼り付け、カッターで切り抜き、アウトラインを描き込む。それをジグソーで切り抜き、ベンチレーターホールとする。
b0229636_18503462.jpg

ステンレスメッシュを裏からハンマータッカーで貼り付け、
b0229636_18505973.jpg

表から見るとこんな感じ。コレで虫も入って来ないし、熱気も抜ける。オマケに火事も来ないといいとこ取りのヘッドパーツが出来た。作業中に雨が本降りになって来たので、ペンキ塗りは来週。今日はココまで。
b0229636_18513227.jpg

地区の管理をしている仲良しのおじさんからライ麦を頂いた。家作りの前に畑を借りていた時、緑肥に育てて、少しだけパン用に収穫していたのだが、奥様が畑のマルチ用に藁を所望だったので、差し上げたら、畑休止中にご自分で育てて、穂は要らないからと、ご主人が届けて頂いたもの。有難く頂戴した。少し乾燥させてから脱穀して、玄麦をパン用に作ろう。

While in monsoon season, there's not much I could do because of rain. So I've arranged my Saturday on duty days to be in the worst part of the rainy season. Hope I could make best use of my weekend efficiently.

First in the morning, started with line drawing on end caps for roof rib. Before noon all caps've cut out. Went to local hardware shop buying roof end timber. I found the price was better than auction website. Amazing but happens once in a while.

Back to work on roof end cover the afternoon. Gabled style of roof on north and south ends. As entire end of my roof covered like box construction, since I do not want to expose electric cables , water pipe lines and so on. Only north/south upper ends will be completely closed. No way to drive warmed air outside. I need good ventilation holes around gabled peak of each end.

I've been looking for a neat one for this. I knew big Chinese character 水 drawn on gabled peak of traditional Japanese straw roof. This is a spell for deflecting fire. Isn't that a good idea?

Design was determined. Cutting out the top and lower ends of roof end from thick 24mm plywood. 3piece of each end barely fit on standard size of the board. Contented with high yield. Before cutting out the pieces, I've made pattern sheet. I would use pattern sheet when duplicating flat parts. Installment of the parts later on should be a lot easier than without patterns.

On back of the head parts, after cutting out the letter 水, placed stainless mesh to avoid insects coming in. Will finish these pieces stain painted in black on next weekend.

The afternoon, my local friend brought me a couple of boxes of rye wheat just harvested. His wife took straws for mulching and kindly asked me if I need the wheat. Wait for a bit before threshing.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2014-07-06 18:46 | セルフビルド | Comments(0)