ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録133A selfbuilder's note

先週の雪はすっかり融けて、基地地方は春の陽気に。
b0229636_17192827.jpg
寒いうちに切らないといけない、と思ってた富有柿と富士柿の枝をバッサリ剪定。高く伸び過ぎて、実もならないので、低くしてドッサリ収穫するつもり。高枝切り挟みで切ってたら、仲良しの地区管理をしているおじさんがやってきて、ちょっと木を伐るから手伝ってくれとのこと。基本的にこのおじさんの誘いは断らないことにしている。
b0229636_17281769.jpg
場所は、地区内の幅二間の奥行き20m程の狭い敷地に生えている杉と檜の5-60年生。下から10m程は節一つ無い立派な木だが、隣接する建物と電線を倒壊する怖れがあるということで、地主からの依頼でおじさんが受けた仕事。ただ、一人では危ないので、残ったデカイ杉を6本、ハンドウインチで引きながら、かなり狭い範囲での伐倒作業。ちょっと緊張。
b0229636_18210339.jpg
昼を挟んで、オヤツ時少し前までお手伝い。めでたく伐り終わってから、「これアンタに全部やるから使いなはれ。」って。ええ〜っ!メチャクチャ立派な丸太でっせ。「ワシは伐るだけの請負いやから、木は要らん。これ挽いたらどないだ。節一つ無いから、綺麗な柱取れるで。」って。うーん、何に使うかじっくり考えよう。
b0229636_17454030.jpg
その日は、西側と南面の防水透湿シートを貼り付けてお終い。伐採で疲れたので、お肉食いたい。マコトちゃんとこに鹿肉買いに行こ。
b0229636_17482637.jpg
鹿肉のササミと言われる内ロースを勧めてくれたので、赤ワインのホロホロ煮を作ることに。材料を炒めて、圧力鍋に入れて煮込むこと40分。
b0229636_17510880.jpg
メチャクチャ柔らかいお肉に仕上がって。梅酒とチーズトーストで頂きました。美味かった。
b0229636_17533177.jpg
翌日は朝から耐力壁と、屋根との隙間を新しいMDFボード、ノボパンで埋めることに。今迄使っていたスターウッドに比べて、少し粗いが、壁倍率は同じで、安い。墨付けの乗りも良いが、少し硬いので、角が欠け易い。腰はスターウッドよりある。3010mmサイズの板で、バラ売りしているので買い易いのも良い。
b0229636_18005510.jpg
軒下の隙間を埋めて、上から出ている防水透湿シートの端を下から繋げて、壁面をスッポリ覆う予定。それが済めば、壁面の外断熱材取り付けの作業に入ることができる。
b0229636_18031374.jpg
西側の壁面が全て埋まった。
b0229636_18050363.jpg
東側の半分、玄関アプローチの端まで埋まる。これで、ロフトの隙間風をシャットアウト出来る。
b0229636_18065470.jpg
時間があったので、軒下天井の受け桟の取り付けをモックアップ。ぴったり隙間無く突き出しを付けるのに、少し考えてた方法を試してみたら、どんぴしゃにハマった。これでキッチリ取り付けが出来る。反対側の壁面に打つ桟との高さを合わせて、早めに軒下天井を付けないと、春になって虫が二重屋根の隙間に、巣を作り放題となってしまう。急がねば。

Last weeks' snow's gone. Warm like mid spring. My lower back gradually getting better. Persimmon trees spread branches upward which need to cut keeping profile low. That helps fruits grow bigger and easy to harvest. While working on the wildly grown branches, my local friend came asking me to help cutting down some overgrown trees possibly damaging road side power line and neighbours' fence.

Soon, I've picked up my gears like chainsaw and hand winches to drive up to the site. The site was so narrowly segmented but with huge Japanese spruce and redwood planted. Well maintained at the beginning, however, those trees are dangerously overgrown. Total of 12 in about a hundred square meters. 6 of small trees were already cut down by my friend. But rest of 6 redwood more than 50 years left untouched.

With good team work, the six trees were cut down in 4 hours. After the exciting work, he told me to take all the trees cut. I was so surprised that these tree are so valuable ones. But owner and him don't need those tree. They just want cut them down to avoid possible danger. Well, I should think about how I'm gonna use the trees.

The afternoon, I've rolled up early and dropped by Makoto's. Bought some deer fillet and made meat stew the night. Very tasty. I needed some protein after hard lumber work.

Last week my lumber supplier unloaded a new type of MDF boards a little harder than previous ones. Better price but same performance as bearing wall. Filled still open spaces on the wall. Spreading breathable fabric up to 3/4 on eastern side and finished work for the day.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-02-22 17:16 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録132A selfbuilder's note

それにしても、今年の基地地方は雪が良く降る。
b0229636_15101825.jpg
吹き込みがひどくなったので、最後に閉じてしまおうと思っていた玄関アプローチの内側の壁を、一枚だけ残して、全てMDFボードで塞ぐ。
b0229636_15125695.jpg
見上げると、雪が解けるのではなくて、重みに耐えかねて、亀裂が入ったところからドサドサッと落ちる。雪崩の落ち方だ。家の両脇に落ちた雪が目の高さを越えた。こんなの5年振り位だろうか?
b0229636_15184026.jpg
昼からは打って変わり、青空が出る。軒下に差し込む梅の枝に蕾が見える。春はもうすぐ。
b0229636_15260134.jpg
コレで、吹き込みも凌げる。
b0229636_15405222.jpg
夜はマコトちゃんから調達した鹿肉のミンチで、ミートソースを作り、梅酒を飲みながらパスタを喰う。これホント美味かったです。メシの後は、道具の手入れ。
b0229636_15280112.jpg
b0229636_15282781.jpg
頼んでおいた台直し鉋と金盤が届いた。新しい鉋はそのままでは使えない。台は一旦台直し鉋で薄く削り、木の端面と台の間に0.5mm程度の隙間を作ることで、なめらかに削れる。一方、歯は研ぐ前に裏面を金盤の上で、金剛砂を蒔いて研ぎ出し、真っ平らに仕上げて、ピカピカにする。その上で、一定の角度で研ぎ、裏金を入れて、初めて使える。
b0229636_15471515.jpg
日曜日は朝から雨。朝メシを終えて、ボーっとしていると、湖東で、セルフビルドの倉庫を作ったサトルちゃんが、スキーに行く途中で寄ってくれた。久しぶりに現場を見て、面白がって色々質問して帰って行った。少しずつセルフビルド仲間が増えている。今日は、細々とした耐力壁の隙間をスペーサーで埋めて行った後、南面の半分と、東側の半分に防水透湿シートを貼り付ける。
b0229636_16003921.jpg
東側の3段目まで貼り終えて、今日はここまで。まだ、チョット無理が利かない。来週辺りから、本格的に稼働出来たらいいな。

We've got heavier snow than average year, this winter. It actually bent my snow stopper on the roof. I've calculated the average loading per day. Heavy snow loaded on my roof bent several slide stopper. I need to replace those bent stoppers and add some.

Before good amount of snow blown in, I've decided to put MDF board on inside of entrance approach. Snow stopped at the afternoon.

Plainer for plainer' base adjustment arrived. Now I can make preparations for the new planners I've already got a week ago.

Sunday morning started with rain. Same as roof base, placed breathable fabric on south side. Fabric spreading jig helps me placing tremendously on south to east side wall. With the jig, fabric never go loose. On top and bottom end pinned down by hammer tucker.

Still my lower back aches. May take a little more time to get perfectly well.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-02-15 15:08 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録131A selfbuilder's note

病み上がりで、まだ本調子じゃないまま、基地へ。腰痛のリハビリに腹筋、背筋とスクワットを続けて約10日。なかなか効果のほどが実感出来ない。
b0229636_16161970.jpg
基地地方は、大雪警報が出るくらい降った。寒さと雪の吹き込みで、捗らないから、友人のFacebookに出ていた、隣町のカフェまでお昼を食べに。
b0229636_16212828.jpg
ココは建築古材を扱うお店で、前来た時はまだカフェはやってなかったが、かなりお気に入りの食材をきちんと料理してくれます。御飯も薪で炊いた竃御飯。薄いお焦げが入ってて、とても美味しい。久しぶりにお代わりをしました。
b0229636_16273144.jpg
雪がキツいので、内側の耐力壁を先に進める。耐力壁は外側だけでなく、屋内にも各所に散らばっていて、切妻に回す部分を先に屋内で使う。後で注文する積りだった分を先に届けて貰うことにしようと、材木屋さんに連絡したら、大雪で出られないとのこと。切妻の足りない分は一部針葉樹合板にした。それ程構造耐力を求められる部分ではないので、壁倍率が多少低くなっても問題無い。
b0229636_16392250.jpg
その夜は、セルフビルド仲間のマコトちゃんとこでビール飲みながら、鍋をつつく。彼は、山間部に古民家を改築しながら住んでいる。上は器用なお父さんが作った改築後の仕上がり模型。定年後、大工仕事が好きで、ちょくちょく手伝いに来ているらしい。
b0229636_16480878.jpg
素人には、かなり上級の墨木の収まり。上手いもんだ。古民家の再生作業は、今ある建物の歪みを修正しつつ、新しい建材との擦り合わせが主な作業。この作業が延々と続く中、思い描く完成図に近づけていくタフなメンタリティーが必要。ある意味、新築の方が簡単な部分も多い。基地をリフォームした時に、思い知らされた。マコトちゃんの場合、建物を建てた前のオーナーが材木屋さんだったということもあり、使ってある材が素晴らしい。構造材を磨いて、壁を塗り替える作業が中心になるだろう。将来は、古民家ステイの外国人を受け入れたいと言う。
b0229636_17122498.jpg
雪が落ち着いて、北面の切妻部分の壁を貼り終える。久しぶりに梯子に乗って作業して、チョットおっかなびっくり。雪の上に足場を取ると、不安定極まりない。仮止めしてある壁材を、ひたすらエアネイラーで打って行くだけなんで楽しい。アッという間に壁が仕上がって行く。
b0229636_17361048.jpg
夜は、猟師で精肉加工もやっているマコトちゃんから求めた鹿肉のミンチを使って、焼き餃子。赤身がほとんどの鹿肉はアッサリして、何個でも食べられる。最近、獣肉を食っているので、体がポカポカしてくる。獣肉に比べ、急激に飼料で成長させられる動物の肉は、味がしない。早くコッチに移住して、狩猟で肉を調達する生活をしたい。
b0229636_17542182.jpg
南面も壁面が完成。さて、来週から防水透湿シートを貼って、外断熱材の桟木打ちまで行けるかな?

We've got heavy snow around my bat cave area. Couldn't even walk around my garden without snow shoe. My lower back's still been stiff indicating not to work too hard. So I've decided not to work on outside but to begin placing bearing wall on inside structure. That helps me a little on such a cold snowy day.

Bearing wall supports house when a earthquake hit. So four ends of the board must be attached to structural logs like pillars, base or beams. Possibly supporting pillars placed in between pillars. And the bearing wall expected to be install where support needs. So it exists outside as well as inside of the house. For me, outside walls installed already. But remains inside walls toto be done. Ordered additional twenty for the inside, however, lumber supplier couldn't deliver the panels because of heavy snow.

The night I've dropped by my friend, Makoto's. He's also a selfbuider. He's been rennovating an old traditional house bought a year ago. He's a hunter, butcher and a very good cook. Quite an interesting guy who spent his college days in Maryland. So we share some common topics.

Rennovation of old house's mainly working on readjustment of current framework while replacing damaged old construction materials. This commitment requires quite a patience. As you face minor deformation constantly. You got to be real tough mentally and physically. I knew this because I've done that when rennovating my bat cave. In most cases, newly built house takes a lot easier procedure.

His dad's also a good carpenter. Shown is scale model of his house. Quite complicated traditional structure. Out of card board. Well made. His master piece on corner roof under structure. High level technique for a novice carpenter. His plan is to open a guest house for foreign travelers to enjoy Japanese rural 'Washoku' and 'Omotenashi' hospitality in the near future.

North and south gables' panel installation has finished. Will work on breathable fabric placement next week.



[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-02-11 16:11 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録130A selfbuilder's note

まだ腰は完治していない模様。家内は高校時代の友達と旅行に行くと言うし、犬のお守りがてらのんびりと作業をしてきた。
b0229636_14495668.jpg
基地に着いたら、とりあえず雪あそび。よ〜降りましたな。磨墨はいきなり全開モード。
b0229636_14533782.jpg
引き続き、腰の様子を見ながら、ともかく墨付け。手順が解っているので、切り出しまでは簡単。でも加工後の部材をロフトまで持ち上げるのが一苦労。さらに壁から身を乗り出して、仮止めするのが、なかなか難儀なもの。こんな時に限って、切り込み部分の仕舞寸法間違えて、もうちょいで嵌るはずが、嵌らずやり直し。忍耐を試されているみたいだ。無理も出来んし。
b0229636_15111527.jpg
良いこともあるもんで、猟師をしている友達から猪肉を頂き、その夜はすき焼きと相成りました。彼は鹿肉を中心に精肉加工も行い、僕らの食用はもちろん、磨墨と小吉もお世話になっている。彼から買う理由は、ロースや腿肉などの人気部位以外も余すとこ無く加工して、ソーセージやミンチとして加工して販売しているからだ。大半の猟師は割に合わないと廃棄してしまう部位も丁寧に使い切る。これは命を頂いた者が当然すべき事だが、彼のようにそれを真面目に実践している人は、残念ながら皆無に近い。鹿は増え過ぎて、食害をもたらした。行政の補助を当てにして、歯と尻尾だけ取って放置する猟師達が多い中、ほぼ一人で、この実態の改善に取り組んでいる彼を、微力ながら応援したい。
b0229636_15471271.jpg
これから、窓の設置や内装で、一番使うのがカンナ。見える部分の木材に仕上げでカンナを掛けることが増えて来る。自動カンナ盤は板全体の平面を出すには向いているが、部分部分の平滑面を出すには、カンナによる手作業が中心になる。良く使う寸八(一寸八分:72mm)と寸六(一寸六分:65mm)で青紙鋼の刃を探し、台木は白樫で見つけた。青紙鋼は硬く、ちゃんと研げればプロの仕上げが見込める。この鋼にトライしてみようかと思う。使いこなしには、それなりに時間と工夫が必要となるが、面倒くさい過程を経て得るものは大きい。
b0229636_16435136.jpg
とりあえず、今回はここまで。来週あたりから、本調子に身体を持って行って。遅れを取り戻したいもんだ。

My lower backache seems not well enough. I had to take care of my two dogs while my wife went overnight trip to eat blow fish with her old high school friends. So I drove up to my bat cave this weekend and half enjoyed snow with my pups as well as house building. No hard working.

Newly fallen snow piled up to knee deep. My Lab off course even my chihuahua running around fresh snow. The both enjoyed dry powder during Saturday morning and soon had a long nap beside warm wood stove. While they are sleeping peacefully, started line drawing on bearing wall panels to cut to match gable end slope.

Drawing and cutting panel's easy. However, carrying these pieces up to loft floor and installing them needed special attention. As my lower back explodes immediately once overloaded. So, with piece by piece, slowly climbinf up ladder step by step. Took me almost double of the time I usually do. Then poke out myself from gable end placing these pieces before nailing them down. A lot of cold sweat. Fortunately my back didn't blow up for the day.

Good thing was, my hunter friend brought me warthog meat that afternoon. The best way to cook warthog meat is Sukiyaki. This hunter a friend of mine is also a butcher. Hunters used to be butchers who supply wild animals meat. However, they just hunt down dears or warthogs to get incentives by authorities need pest control. They'll pay you certain amount per deer by each set of teeth and tail. So most of hunters abundan carcasses after 'tokens' taken. But my friend uses up entire meat of course, even horns or bones to make accessories. This is because he took life of others. It's the least courtesy to use up whole meat of the others once taken their lives. I buy ground meat for my dogs from him because of this idea.

After finishing outer wall, a plainer will be a key tool. As furnishing fixtures become major job for house building. A traditional hand planer needs a little preparation before use. Well conditioned plainer peeling rough surface out very smoothly. I've chosen one of the hardest forged steel blade on the market. The blades' steel material provided by iron maker Hitachi actually manufactured from sand steel which is same as traditional Japanese iron making. Mines are 'Blue labeled' steel. Yasuki steel labeled Blue, White, Silver. Blue is the hardest and most tenacious of all the line.Diffucult to hone but long lasting sharp edge.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-02-01 14:39 | セルフビルド | Comments(0)