ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録138A selfbuilder's note

今週末も晴れマークが続く。基地に着いて、鍵を取り出す。上弦の月が明るい。街灯は要らんな。
b0229636_15192466.jpg
朝一、窓枠材に、内枠と突き出し窓用の金具を取り付ける。前回、サンプルを作っての反省を踏まえて、金具の取り付け位置を一番上に持って来る。内枠との兼ね合いで、この位置に収まる以外無い。考え足らずでした。(^^;;
b0229636_15262848.jpg
部材の取り付けが終わり、内枠にコーキングする。マスキングテープを貼って、内隅にコーキング剤を塗布。角丸のヘラで奥までコーキング剤を押し込むと同時に、余分を掻き取る。マスキングテープを剥がすと、
b0229636_15310205.jpg
綺麗に塗れました。思ったより簡単。この作業は今後も沢山出て来るので、この窓作製で十分練習しておきたい。全部終わるのに、夕方まで掛かった。
b0229636_15344873.jpg
お風呂に行くの遅くなってしもた。けど、新しい技術の習得なので、面白いから苦にならん。
b0229636_15375527.jpg
オークションで、新品のジムニー用のタイヤを落としていたので、前のツルツルのタイヤと交換して貰う。市価の1/3位で収まった。
b0229636_15431580.jpg
日曜日は早朝からペンキ塗り。午後に一雨来るようなので、ピッチを上げて塗る。外側は黒。内側はクリアーの防虫防腐系のステインを塗ることに。白い液体が、乾くと透明に。黒のステインは、コーキング剤にも色が着く。
b0229636_15475560.jpg
昼前に塗り終わり、乾いた順に組み立てに入る。
b0229636_15521452.jpg
一つづつ組み立てては、動作確認をする。内枠にぴったり着けるように障子を一杯に引き付けると、外側内隅のコーキングを削る為、一度外して面取りをする。上下のマージンを1mmズラすと、反対側の隙間が2mm以上動き、バランスが悪くなる。その上に、反りや寸法のズレが影響して、閉まらなくなったりする。手を入れずにすんなり収まったのは、8個作って、2個だけ。難しいもんだ。プロはこの辺どうやって収めているのか?
b0229636_16064755.jpg
とりあえず、外枠取り付けを終わらせて、区切りが良いので、今日はお仕舞いに。来週はいよいよ開口部に取り付けが待っている。それが終わると、サッシの取り付けに移れるかな?

Above my bat cave, bright crescent moon. No need street lights finding my keys.

All prepared parts fixed to assembled 4 unit. Before painting, every inner frames must be sealed at corner joints. Affixed masking tape first, then put filler with a corking gun. Filler's smothered by rounded end lancet specially made for this professional work, soft enough like extension of finger tips. Peeling the masking tape off while filler's wet.

Looks pretty good. Smooth as pros' done! Well, that was quite easy against my prospect. I need to brush the technique up for various other applications.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-03-29 15:14 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録137A selfbuilder's note

この週末は天気が続くらしい。突き出し窓の最終仕様が固まったので、ひたすら材料を切り揃えるだけ。
b0229636_16172545.jpg
先週切り出した窓枠材にホゾを切り、ホゾ穴を空けて、途中まで組む。窓枠材にはガラス用の溝が切ってあるので、差し込むだけ。木工用ボンドを塗って、半乾きの状態でネジ留めしてダボを打つ。
b0229636_16261738.jpg
ダボ打ちまで終わった状態。今日はココまで。マコトちゃんがスピーカーで、市の円卓会議に出るということなので、早目に切り上げて、聴きに行った。田舎の活性化を話し合う会議で、ボランティアリーダー、NPO主催者、林業関連の会社の事業主等が集まっていた。移住して何か始めようと思えば、こんな人脈とも繋がりがあってもいいかなぁ。玉石混交だった。
b0229636_16380405.jpg
天気予報通りに晴れが続いて、ペンキも良く乾く。外枠の材料を切りながら、障子にオイルステインを塗って、干しておく。
b0229636_16425509.jpg
外壁の色に合わせて、外側は黒。内側はロフトの壁面に合わせて、木目を活かしたクリアー仕上げ。
b0229636_16470837.jpg
頼んでおいた焙烙が来たので、一緒に注文していた無農薬の番茶で焙じ茶を作り、竹の茶漉しで淹れてたっぷりと飲む。焙烙は色々使えて便利。
b0229636_16511850.jpg
お茶っ葉でタイミングが判ったので、コーヒーの生豆で軽く焙煎。豆から脂が出て、焦がしてしまうことも無く、簡単にディープローストが出来る。見ながら操作出来るので失敗も無い。他にも、胡麻やナッツ等手軽に炒ることができて重宝する。これは使わない手はない。
b0229636_17024154.jpg
内枠材を荒材から切り出した。急遽仕様に合う材を探したら、丁度良い35mm真四角の桟木があった。デーブルソーで半割りにして、カンナを掛けると、綺麗な木肌が出て来た。寸法を15mmX30mmに合わせる。柾目のカンナ掛けは、綺麗なカンナ屑が出て楽しい。建具の世界も奥が深くて、当分飽きることもないだろう。
b0229636_17145454.jpg
内枠を取り付けて、障子を閉めた状態。外枠との隙があっても、ココでシャットアウト出来る。網戸の取り付け枠にもなる予定。網戸は冬には内窓と交替される。
b0229636_17233530.jpg
表側から見た状態。窓枠材は外側だけ黒に塗られる予定。来週、8セット全部組めるように、部材を整えて今日はお仕舞い。
b0229636_17281486.jpg
基地の梅は盛りを迎えている。
b0229636_17291003.jpg
遅咲きの水仙が咲き揃った。

This weekend should be fine 3 days straight. Final specifications decided for the windows. Working on cut materials of the window and the frame, drilling tenons and other rehearsed job went real smooth. Actually 7 additional window making seems quicker than making the first sample.

In addition to the window specs, inner frames will be installed on the outer frame. Found proper sized material for the inner frames. 35mm square dimention sticks roughly finished surface fitted for the part. Cut the sticks in halves by table saw. Then plained the sticks to the planned size. Japanese plainer is sharp enough for cutting knobs but no fun at all, however peeling material with beautiful straight grains is the best part of the window making. Watching thin, almost transparent peel coming out from plainer head made me feel like I'm an artisan.

After finishing inner frame, cutting window pane out from a cardboard panel made of polycarbonate.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-03-22 16:12 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録136A selfbuilder's note

今週末の予報は晴れ。でも、京都から先は、またもや雨。基地に着いても、翌朝まで降った。
b0229636_15172654.jpg
だいたいの構想が纏まったところで、窓の図面を引く。角丸の2X材を使うので、縦横の枠材を5ミリのオフセットで組むことにした。ガラス代わりのポリカーボ板の剛性が頼り無い為、中枠を一本入れて、カット寸法を半分以下に。不足無く描けたと思うが、一旦、全ての工程をおさらいする意味で、ひとつ完成形を作ることに。
b0229636_15312522.jpg
必要寸法に合わせて、材を卓上丸ノコ盤で切る。窓などの造作では、構造材の一分(約3mm)とは違い、誤差が1mm内外と見るべきだろう。この卓上丸ノコ盤だと0.5mm程度の誤差の範囲で、仕上がり1mm程度に抑えられる。これが無かったらかなり難しい作業になっただろう。
b0229636_15282578.jpg
先週テーブルソーのセッティングは出来ているので、各カット寸法に合わせて、刃の出方を調整して、切って行く。一旦、規定値より下げて、上げながら合わせると上手く行く。
b0229636_15431253.jpg
ホゾ穴は角ノミに合わせて、15mm幅にした。これでホゾの精度が上がった。窓枠の幅が狭いので、両側から45mm幅の間柱の木っ端を当て木にして、安定とセンター出しにした。窓ガラス用の溝が切ってあるので、穴は開けやすい。
b0229636_15515230.jpg
ポリカーボ板をカッターで切って、端面をアルミテープで塞ぐ。強度を上げるのと、段ボール構造の縦穴にゴミが入るのを防ぐ。きっちりの幅に溝を切っている為、若干の目止め効果もある。
b0229636_15582361.jpg
クランプで仮抑えして、ディメンションを確認。だいたいの精度は出ているみたい。
b0229636_16000344.jpg
ネジで仮止めして、障子部分が一旦完成。もちろん、後、塗装や金具、取っ手付けが残っているが、稼動テストが出来る状態まで仕上がる。造作は時間がかかる、でも、1個作っても、10個作っても、大して手間は変わらない。また、一通り手順をなぞるのは、間違い探しの作業でもある。ここで、膿を出しておくと、後がめっちゃ楽になる。風呂行くのが遅くなった。
b0229636_16094223.jpg
翌朝は、仮組みをバラして、木工用ボンドで接着作業。
b0229636_16112934.jpg
外枠の材料を切っている間、クランプで固定して、接着を安定させる。
b0229636_16131979.jpg
下穴を開けて、造作用ネジで固定。
b0229636_16141788.jpg
ダボを切って、下穴に詰めて、ネジ頭隠し。1mm長く切って、叩き込むと綺麗に入る。
b0229636_16162569.jpg
今回使う、ホイトコ社の突き出し窓用金具を外枠に収める穴をルーターで開ける。左右対象の穴を、クランプで固定して一気に空ける。ルーターは押さえ込みが甘いと、すぐに段が出来るので、しっかり底面の位置を確認しながら、手前から向こうに押しながら空けて行くと、力が入れやすい。ルーターの切削面は綺麗だ。
b0229636_16224012.jpg
とりあえず、テストサンプルが出来た。この金具を使うと、好きな位置で開放幅を決められる。今は、サッシ全盛で使われなくなったが、木窓の時代は、業界標準だったらしい。
b0229636_16255666.jpg
余裕を5mmと多めに取ったので、楽にハマった。3mmでも良かったなぁ。
b0229636_16273267.jpg
全開すると、こんな感じ。換気主体の窓なんで、まぁ、こんなもんか?
b0229636_16285187.jpg
来週の為に、残りの材料を切り揃えて終わり。
b0229636_16312367.jpg
気温が上がって、基地の梅が咲き始めた。

After passing Kyoto, rain started. Listening to the drizzle, biking up to my bat cave. Seems like we had the last snow of the season. Most were melted. Only left a little snow patch on my garden.

Figured out final image of the ventilation windows, I drew a plan for building one. I've checked through if I've missed any on the scheme, but found none. Along with the plan, decided to fix one perfect sample for understanding entire procedure.

Allowance of margins should be less than 1mm plus or minus on making fixtures compared with 3mm that of building skeletons. Relying more on electric tools to perform better precision. Especially making tenons, square cut drill helps me keeping track of the plan.

As cardboard polycarbonate plate fits as window grass, the grass isn't stiff enough. So the window's divided by center rib. Reduced size enhances stiffness. The window frame made of 2X4 white wood. It's rounded corner affects tight fitting between frames. So at corner joints, horizontal frames offset by 5mm to fit with flat end of vertical frames.

Cutting out one set of parts, then temporary fixing them up. Check out size dimention. Then separated to pieces and glue them up. Make some pilot holes to insert special screws for fixtures. Then fill the pilot holes with tiny round wood caps. A window's finished.

Then move on to the outer frame. Cutting out another set. 9mm deep hinge pockets' curved on side frame by a rooter. If properly operated a rooter dig perfectly flat ditch. Need a little trick for handling. The hinge plate fitted nicely.

Before painting the window set, fixed it and tried fitting in the sill. As I've prospected 5mm margin the window set fitted easily between pillars. This special hinge holds window at any angles. Used be a de facto standard of the industry. However barely surviving after aluminum sashes dominated the industry.



[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-03-15 15:14 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録135A selfbuilder's note

京都から先で、ザンザ降りになって。ビショビショになりながら基地へ。夜通し降って翌日は天気予報通りの晴れ。
b0229636_14192377.jpg
先週、黒系のステインを塗って、置いてきた軒下天井の受け桟は良く乾いていた。再度上塗りして、取り付け。斜めの垂木彫りの位置合わせが面倒かと思い、足場を組んで作業。脚立だけよりずっと楽。
b0229636_14261743.jpg
屋根垂木との結節は200mmの垂木専用ネジ。四角頭のネジなので、グイグイ入って行く。
b0229636_14292286.jpg
隙間無く屋根垂木と繋ぎ、かつ屋根垂木受けの下端と軒下天井の受け桟の上端がぴったり閉じ合わさって、虫の進入をはばむように、一旦、ゴムハンマーで、突き合わせて、長めのビスで固定してから垂木ネジを撃つ。念には念を入れて、後でコーキングする。田舎はきっちり隙間を消さないと、すぐにスズメバチや足長のホーネット系の蜂に巣を作られてしまう。
b0229636_14393284.jpg
その夜は、オークションで落としておいた、古い矢立が届いた。今、読んでいる江戸時代の物語に頻繁に出てくる筆記具入れ。どういうものか気になり、二束三文で落札してみた。頭の丸い蓋を開けると、墨壺があり、シャフト部分に筆が仕込まれている。万年筆の隆盛と共に消えたようであるが、日常生活で職人や商人、旅人等が明治頃迄は普通に使われていた。コレは、職人が使っていたと思われる。シャフトに5寸半までの目盛りが打ってある。装飾は一切無く、実用性一点張りの矢立。物によっては金の象嵌や漆仕上げの高級品があり、死ぬ程高いらしい。コレクターでも無いのと、コレを作ってみたいと思い、サンプルのつもりで落とした。見る限り、旋盤と鑞付けの技術があればできそう。ただ、昔の矢立職人の技は素晴らしく、蓋は寸分の狂いもなく、ぴったり閉じ合わさり、ヒンジは実にスムースに動く。こんなものが、一般庶民の手が届く値段で作れた江戸の職人の技術は、当時の世界水準の精度を遥かに凌駕して、孤高の位置にあった筈。不器用な西欧人には及びも付かない手仕事だっただろう。
b0229636_15102534.jpg
先週壁面のスペーサーを貼り終えた、この開口部に窓を付けることに。自作で。
b0229636_15090349.jpg
そんで、ホームセンターで安物のテーブルソーを買っておいた。セッティングして、窓枠の切り込みを入れる。
b0229636_15140136.jpg
もひとつ納得行かない切り目。手押しやと、半分以降がブレる。そういえば、スライド式の手押しプレート治具を買ってた。でも、スライドプレートがハマらんやつやったから放っておいたけど、気合で使えるようにした。
b0229636_15182774.jpg
今あるスライドプレートを外して、角度調整用の治具に着いてたアルミのプレートにドリルで下穴を開け、タッピングで同じピッチのネジ穴を切る。少しズレたけど気にしない。
b0229636_15214084.jpg
右側が手押しプレート治具を使った仕上がり。その差歴然。イェ〜イ。^o^
b0229636_15231638.jpg
ガラスの代わりに使うポリカーボのダンプラに嵌めてみる。ぴったし。
b0229636_15244725.jpg
窓の完成予想図は上のような感じ。突き出し窓で、玄関アプローチから、風を取り入れるつもりです。合計8枚。余り目立たない位置で、格好の練習相手が出来た。帰って図面引こう。

After passing Kyoto by train, rain got heavier. Almost drenched to the skin, I've reached to my bat cave. Sunday morning was fine and clear as forecasted. Started fixing platform in the early morning. Support frames for cornice ceiling were well dried with black oil stain painted last week. Painted again before installing. Platform helped installment of the frames tremendously. Each roof support and the frames connected by 200mm long rapping screws. All securely fixed by mid afternoon.  

Went to shop local lumber yard to pick some 2x4 materials for window frames. Also bought plastic card board substitute for window glass. The card board is made of polycarbonate to deflect almost 100 percent UV as well as blocking heat loss by its structure. Light and strong. Suitable material for ventilation windows along with upper entrance approach. Totally 8 sets needed. This original sized window making helps me practicing installing sashes for the first floor. As I have to finish openings on the first floor perfect enough, understanding fixing windows is a valuable lessons.

For making window frames, I've already bought a cheap table saw at local hardware store. Setting the saw table and tried cutting tenon for the window glass. Didn't go well enough for the first time. I've recalled I've bought a holing plate jig which doesn't fit the table. Sliding plate on the rail doesn't fit actually. So I've replaced the sliding plate with optional plate for angle cutting jig attached to the saw. This worked out. As the optional plate was aluminum made. So easy to make a drill holes. First made a bit smaller diameter pilot holes. Then cutting taps on each pilot hole. Replacement went real smooth. The adjustable holding plate jig survived. Consequently, almost perfectly straight tenon could cut as expected. Fitted the cardboard window glass exactly as planned.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-03-09 14:14 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録134A selfbuilder's note

小雨が降る中、基地へ。
b0229636_16594435.jpg
土曜日の朝は、すっかり晴れ上がり、ぽかぽか陽気。この気温ならアレが出てるだろうと思って、近所を散策すると、気の早いヤツが出てました。この時期のフキノトウは、小ぶりだが、アクも少なく、ほんのりとした苦味が美味い。
b0229636_17055105.jpg
軒下天井の受け桟を作るのに、屋根垂木を斜めに受ける溝を彫る。専用の墨付け治具を作り、
b0229636_17124435.jpg
垂木彫り用の丸ノコ治具で切れ目を入れて、
b0229636_17140901.jpg
ノミでキレイにさらう。これを、東西の軒下延長分作る。東側は軒全長の半分を2本継ぎ。西側は、5本で全長を繋いだ。
b0229636_17190743.jpg
暖かいので、久しぶりにナイター営業。翌日には乾いているだろうから、キシラの黒を全面に塗る。凹凸が多い為、刷毛で手塗り。お風呂に行くのが遅くなった。
b0229636_17233301.jpg
フキノトウは天ぷらのつもりだったが、クックパッドに美味そうなレシピがあったので、パスタにすることに。ベーコンと春キャベツはレシピ外だけど、フキノトウを軽く塩茹でしてペペロンチーノ風に。鷹の爪がピリピリする、ニンニクの効いたパスタを大盛りで。ご馳走様。
b0229636_17300857.jpg
日曜日はまた雨。しかも結構な土砂降り。軒下作業でも、足元が悪く、軒下天井の受け桟取り付けは諦めて、玄関アプローチの軒下隙間をMDFボードで埋めて行く。
b0229636_17332213.jpg
ロフト玄関アプローチ側の開口部脇も全て埋めて、これで構造用下地材の壁面で、外側に出る部分は全て埋まった。この工程が済むと、内と外の作業の手順が入り組んでくる為、一度フロー図を検討し直す必要ありかも。

Rainy Friday night. Saturday morning was fine and warm like mid spring. Cutting out frames for ceiling of under cornice. The frame catches roof supports as end piece. Every 455mm on the frame slant ditch was cut to fit the supports end. To draw precise dimention to cut the ditch, I made a jig for the job. Then cut each ditch with slant cutting jig by circular saw. Cleaning up each ditch thoroughly with chisels. At the bottom of the frame 30mm wide, 20mm deep rail was cut to accept ceiling panels. With all the woodwork has done, moved on to paint oil stains on the frames. When everything was done, it's passed 7:30 in the evening. Worked 13 hours. Went to hot spa to relax myself.

Sunday morning started rain again. Painted frames were half dried. Changed my plan for the day to fill out the rest of blank area without MDF panels on the outside wall. Drawing and cutting. Then nail the cut piece down.

Now it's time for installing openings. I have to learn how to make windows and doors.



[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-03-01 16:55 | セルフビルド | Comments(0)