ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録154A selfbuilder's note

先週は休暇後で全開とまでは行かなかったから、今週辺りからエンジン本調子に戻すつもりで、基地へ。
b0229636_15585229.jpg

朝早く、梅の木の前に作った堆肥場から、雌のカブト虫が出て来た。少し型は小さいが、元気な姿を見て安心。鳥栖に里子に出した3匹と兄妹合計4匹確認。彼らの糞が堆肥をより一層栄養価の高い肥料にしてくれる。秋過ぎて、葉っぱが落ちてから完熟堆肥を果樹に撒こう。
b0229636_15585270.jpg

朝から、延々断熱ボード貼りを進めて、やっと夕方近くになって、雨返しを着ける4段目まで完了。早速、壁板を貼るが、日没までやって、取っ掛かりだけ。今日も一日暑かった。
b0229636_15585211.jpg

朝一、陽が昇るのを待って、近所の竹薮に入り、竹を8本程切り出した。雪の重みで壊れたキウィの棚を差し替える。単管で組んだ櫓に縦横4本づつ交差させて、垂れ下がったキウィのツルを棚の上に持ち上げて、陽当たりを良くしてやる。結構鈴生りに生ったキウィは重たい。
b0229636_15585399.jpg

涼しいウチから始めたので快調に進む。
b0229636_15585340.jpg

正午過ぎると、10分も日向に出れない程暑く、作業を一旦中断。マコトちゃんに貰っていたホウ酸塩の溶液を作り、実験がてら散布。梅雨の間、ちょっとカビが生えていたところに集中して散布。アリさんが隊列を作って通過していた家の土間に撒いてみた。
b0229636_15585384.jpg

今日は、ここまでにして、帰ることに。来週で、南面は終わりかな?帰りの電車で、手が攣った。脱水症状が出ているのかな。気を付けよう。帰ったらイタ飯屋に予約が入っているらしい。今日はしっかり食って、元気つけるかな。

A Beatle shown up from compost pit. 3 adopted by my friend in Kyushu. Probably more than 7 babies left the pit. The pit grew nutritious by what these babies' eaten and dropped.

Back to work. Insulation boards around the roof support beam fits quite annoyingly complicated. Each piece fit differently. Consume quite a bit of time. Under stinging sunshine. Hell, grilled me half a day. Exhausting.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-07-26 15:13 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録153 A selfbuilder's note

先週は法事で郷の九州に帰っていた。台風の影響で、雨は多かったけど、久しぶりにのんびり出来た。
b0229636_17042846.jpg

で、往復ワンコ連れで乗れるフェリーにした。犬はもう何度か乗せているうちに慣れたようで、サッサと客室に入って行くし、トイレは明朝まで我慢というのも理解しているようだ。
b0229636_17042830.jpg

法事の後は、天草で泊まって、海鮮料理をいただく。
b0229636_17042868.jpg

何故かお泊りの時は、ワシの布団を占領するお二人。
b0229636_17042937.jpg

さて、今週は再び台風の間隙を縫って、家作り。雨の中ダイヤが大幅に乱れる中、午後遅くに基地になんかと辿り着いて、早速、南側の壁に防水透湿シートを貼る。桁の端が出てる部分を切り抜いて綺麗に被せるのに手間取って、その日はそれだけで終了。台風一過の晴れは翌々日あたりかららしい。
b0229636_17042972.jpg

翌日は朝からペンキ塗り。外が雨なので、室内で塗って、
b0229636_17042977.jpg

工業用のドライヤーで乾かす。持ってて良かった一台。
b0229636_17042904.jpg

乾いたところで、仕口を合わせる。ペンキはデッキ屋根の内側に合わせて、クリアーにした。
b0229636_17042907.jpg

シートを貼り終えた桁に噛ませる、繋いだ長さが6mチョイある庇の垂木受けを揚げるのは一苦労。一人なので、切妻の庇から出てる母屋の根元に滑車を取り付け、ロープで片方づつ引き上げる。ヨセミテでハーフドーム登った時に、腕がパンパンになるまで荷揚げしたのを思い出した。
b0229636_17043062.jpg

なんとか無事装着完了。欠き込みもぴったり合って、200mmの垂木ネジで固定。ガッチリ着いた。
b0229636_17043091.jpg

翌日は、朝早くから準備作業をこなして、プロ向けのホームセンターに材料の買い出し。断熱ボードと防水透湿シートをゲット。良いお買い物が出来ました。
b0229636_17060913.jpg


再び垂木受けに断熱ボードと壁板を取り付ける木枠をネジ止め。これで、壁板から垂木受けだけが飛び出したような仕上げが可能になる。さらに、切妻の頂点まで防水透湿シートを貼り終えたところでタイムアップ。
b0229636_17060900.jpg

最終日は、垂木受けが入ったことで、複雑に切り込みを入れる必要に迫られた断熱ボードをその場合わせで、ひたすら取り付けるも、中途半端な状態で、来週に持ち越し。
b0229636_17060929.jpg

ブルーベリーがポツポツと熟れ始めた。これからは、鳥、サルとの三つ巴の争いになるのか。通いの身の辛さよ。


I was away at my hometown in Kyushu for my dad's Buddhism ceremony a year after.

We took ferry accommodating dogs in a same cabin with us. My dogs are pretty used to be on board. They won't hesitate entering our cabin. While they understood no peeing until the next morning.

After the ceremony, we drove down south to Amakusa islands for overnight stay at an Japanese style hotel. Dogs also allowed to stay in a same room. We really enjoyed fresh seafood served a lot more than we expected.

While typhoon hit Okinawa, huge rain clouds covered whole Kyushu island. Raining hard all through the trip, however we enjoyed pretty much.

The next weekend also typhoon hit Shikoku island and rained real hard. Left for my bat cave Friday morning and reached way after noontime.

Resumed to place waterproof/breathable fabric on southern wall. While raining hard, the job didn't go smooth. All I could place was just covering edged of crossbeams exposing outside of the south side wall.

The next day was raining hard as well. Painted roof support beams in the house. Dried the paint, color clear, by industrial drier. Joined the notches and produced 6 meter long support beam.

Too heavy for installing the beam by myself. Fixed small pulleys on gable end roof support. Hauled the long beam one end to another with climbing rope. Total weight should be half by using pulley, but still heavy. Inch by inch pulling the load up to the planned height. After exhausting pushing the beam by one hand and holding electric screw driver another. The beam installed finally with exact positioning.The day was over with spreading waterproof/breathable fabric up to cornice chin.

Next step was to cover the beam with crosspieces to accept insulation boards as well as outer wall panels. Insulation boards were to cut to fit with contour of the beam. Each board should be measured to fit one by one which is pretty much time consuming. While, first sun shone after the typhoon passed. Grilling my back while working on the south side wall.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-07-20 16:09 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録152 A selfbuilder's note

先週に引き続き、日曜日1日だけの作業。
b0229636_16511939.jpg

早速、南側の壁に取り掛かる。今日は、時間もないし、デッキの屋根を受ける母屋を刻む。既に屋根の垂木彫りが済んだ母屋が2本。大屋根の母屋にするつもりで、刻んだけど、左右刻む方向を間違えて、放置していたのを再利用。f^_^;)
b0229636_16511900.jpg

梁をサンドイッチした桁の端、耐力壁の外に飛び出した部分に噛ませる為に、仕口を切る。サイズをきっちり合わせる為に、墨付け治具を作り、母屋に描いていく。
b0229636_16511997.jpg

仕上がりはこんな感じ。朝飯の後に、追込み鑿の大小2本と突き鑿を1本研ぐ。久しぶりの仕口切りが快調に進む。
b0229636_16512066.jpg

昼飯前に、今年の梅を収穫。いきなり家が建って、日差しを遮られた南高梅は例年の1/3以下しか実を付けない。少しずつ慣れてもらうしかないか。
b0229636_16512025.jpg

久しぶりにカーペンターゲージ登場。腰掛け鎌継ぎの受けを彫る。
b0229636_16512057.jpg

この仕口は、構造材の接続に全部使ったので、体が覚えている。滑り勾配を鎌首に刻んだら出来上がり。大工やってる実感が湧く仕口。楽しいね〜。今日は、あと桁の端を壁板と面一に調整してお仕舞い。

As last weekend, I only had a day off. All I could work on was to prepare roof support beam for the deck on south side. This one had to be installed before wall panels nailed.

The beam was ready with just a slight adjustment. Slant rails accepting roof supports were cut already. This beam goes to in between cross beams appeared on outside of bearing wall. Digging female joints on the beam's end was my favorite job to do.

Before working on those female joints, chisels must be sharpened. Necessary chisel mix was a wide and narrow digging chisel and a pushing chisel. Precision required for this female joint digging. Made a drawing jig with a small block of crosspiece material. Line drawing went real smooth with the jig. More than twenty joints needed exact copy of the first female joint. Jig helps me always.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-07-05 16:05 | セルフビルド | Comments(0)