ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録164 A selfbuilder's note

兄貴が古民家を再生する事になって、敷地が檜の植林で囲われていて暗いから、何本か伐って欲しいと木曜日あたりにメールが入った。
b0229636_17075783.jpg

現場の檜は、間伐や枝打ちもせず放置状態で狭小地に植えてあり、下草の間に青木や棕櫚等、色んな種類が雑多に植えてあり、ほぼ野生化して、ジャングル状態。間引きするべき細い幹の檜が何本か立枯れしている。
b0229636_17075779.jpg

軽トラに伐倒の道具を積んで、到着後すぐにそのジャングルに入って、立枯れの小さな檜を数本伐る。石垣の角に立つ50年生3本にマーク。それぞれ、倒す方向を決めて、ハンドウィンチで引きながら伐る。3本共に、思い描いたライン通りに倒れてくれた。3本のうち1本は、石垣から大きくせり出していた根元部分をかわして、背丈くらいの位置で伐って、後で玉切りにした。兄貴んとこで、風呂に入れて貰って、帰っておでんとビール飲んだら、いきなり眠気が来て、気が付いたら朝だった。何故か寝袋の中で寝ていた。
b0229636_17075762.jpg

さて、先週の続き。通気桟を作って、最後の一枚だけ開けておいた、玄関アプローチに抜ける搬入用の壁に間柱を入れて、耐力壁で塞ぐ。防水透湿シートを貼り、階段横の嵌め殺し窓の枠に防水テープを貼る。
b0229636_17075828.jpg

面倒臭いので、一番底の桟に通気穴をドリルで開けて、虫が侵入しないよう、メッシュで塞ぐ。
b0229636_17075824.jpg

断熱ボードを入れて、円の半分が出る感じ。コレで通気層への外気導入は充分でしょ。パッシブソーラー用の外気導入には直接関係無いので、手抜き。
b0229636_17075822.jpg

取り敢えず、今日は2段目まででタイムアップ。帰るとしよう。

Received an email from my brother asking me if I could come to his antique house on Thursday. So I visited his house on Saturday morning. Thing was to cut several overgrown trees surrounding his house. I've brought all my gears chainsaws and such. Marked unstable Japanese spruce poked out from stone wall or slanted to hit neighbour's house once big wind blowing. Mostly blocking sunshine from his house. Those planted spruce allocated on very narrow place. So narrow that had to be a bit cautious about where those trees to be landed. Tow big ones age about 50 at both corner had to be pulled down by wire connected to a hand winch. Both landed almost precisely where they supposed to be. I was surprised when the two were put aside, sun shone through almost immediately.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-09-27 16:16 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録163 A selfbuilder's note

シルバーウィーク後半。

引き続き、普段やりたくて出来なかった事に取り組む。
b0229636_17355237.jpg

これ煙突枠の外囲いを展開した図面を、ガルバのトタン板に写したところ。本当は、屋根板と同じ横葺の瓦板で作りたかったけど、どうにも精度が出ない。実際、図面を置いてみたが、角や端のハゼを折ろうと思っても、分厚過ぎて折れない。仕方なく、同素材で作ることに。
b0229636_17355271.jpg

そんで、取り付けた状態がこれ。防水シートで巻いていたが、長いこと放置していたんで、合板の中枠が心配だった。でも、久しぶりに屋根に上がって、中を覗いてみると、ほとんど傷んでいない。そこにガルバ板の外枠を巻き付けて、端にコーキングしたところ。
b0229636_17355272.jpg

後ろ側で接ぎ合わせた。タップリとコーキングして隙間を埋める。雨仕舞が一番気を使う。二重構造の屋根なので、雨水が漏ってくることはないと思うが、中の材が濡れて、傷むのが心配。
b0229636_17355259.jpg

今度は、その上に載せる煙突トップを作る。材料は半年前から切って置いてあった。鉄のアングルをコーナーと横棒とで幅を変えて組み合わせた。アングルに下穴を開けて、ステンレスビスで止める。鳥かごの様な枠が出来たら、鳥が入らない様に亜鉛引きのメッシュを貼る。コーナーには35mm角材でバックアップして、ハンマータッカーで、ガッチリ留める。これに、雨除けの羽根を16枚。4枚セットで4段。ハゼと針金で固定して、取り付ける。4つの脚にアングルの固定金具を取り付け、同じ35mm角材の内枠に連結する。
b0229636_17355356.jpg

不細工な、これも半年前から作って置いてあった煙突トップの蓋を、脳天打ちで4隅にネジ止め。ネジ頭をコーキング材で塗り固めて、完成。これで、煙突から煙は出て行くが、鳥や虫が入って来ない。不細工な蓋は、そのうち、掃除し易い格好良いの作って交換する予定です。
b0229636_17355329.jpg

流石に5日連続で働くとしんどくなって、来週の材料を用意して、帰って連休最終日を休養日にしよう思って、片付けることに。
b0229636_17355343.jpg

キウィが丸々として来た。猿が幾つか喰ったみたいだけど、余りの渋さにほとんど手つかずで引き上げたみたい。ざまみろ。10月に入って収穫。また、中2日置いて週末は作業か。頑張らな。

The project untouched for a long time was the chimney top. I have left chimney outer frame covered with breathable/waterproof fabric for about a year. So had no leakage however anxious if the chimney outer frame made of plywood boards might have had a damage by long time exposure on the roof. Relieved that the frame itself looked like almost new when peeled the cover a bit.

Developed the chimney top figure on a tin sheet. Planned to cut the chimney top cover out from roofing plates, however, too hard to fold to shape the cover. Thats how I've applied tin sheet for the cover.

Seam line was set on roof top side. Tightly sealed. Contact line was thoroughly corked. No leakage guaranteed.

Next one was to fix the top cover. All the parts was left cut for about half a year. It's frame was built to form like a bird cage. Fixed a small scaffold with angled steel bars. Then covered its inside by galvanized fine steel mesh for keeping bugs and birds out. Birds likely build their nest inside of chimney tops.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-09-22 16:57 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録162 A selfbuilder's note

シルバーウィーク前半

金曜日を休みにして、6連休にしたった。木曜日の夜、雨のぱらつく中を基地へ。
b0229636_19135001.jpg

先週には影も形も無かった彼岸花が帳尻合わせのように、ドーンと満開になっていた。
b0229636_19135185.jpg

角の水返しに、ちょっとだけ細工をして、
b0229636_19135157.jpg

先週の残り終わらせる。
b0229636_19135126.jpg

今まで、やりたかったけど、放置していた箇所を終わらせるというのが、このシルバーウィークの課題にした。格子戸、表玄関と内玄関のドア3箇所の上、窓枠でいうまぐさの部分に、向こう30年使っても下がらない太い7寸4寸の梁木を使う。久しぶりに刻みを少々。
b0229636_19135163.jpg

格子戸上。
b0229636_19135218.jpg

手前表玄関、奥内玄関。露出する格子戸と表玄関にはステイン系塗料を2回塗り。ホゾを切って掛け矢で叩き込んだから、ガッチリ嵌った。重い梁木を担いで脚立に乗って作業は、腰を悪くする。お風呂でしっかり養生して寝た。
b0229636_19135240.jpg

翌日は、朝からお買い物。重量ブロックにモルタル用のセメントと砂。これで囲炉裏の基礎を作ります。重かった〜。
b0229636_19135283.jpg

重量ブロックを升に組む。基本と角を間違えないように配置。その前に大引を1箇所重量ブロックの高さに合わせて切って、束の位置も変える。配置が決まったら木枠で固定して、寸法がズレないようにネジ止め。
b0229636_19135232.jpg

重量ブロックの穴をモルタルで埋めて行く。最初、ちょっとだけこぼしながら、段々要領を覚える。慣れると面白いように、鏝に掬ったモルタルが穴目掛けて収まって行く。左官屋さんの気分。^o^
b0229636_19135278.jpg

最後は、タワシに水を含ませて、面を揃える。汚れは綺麗に拭き取る。次の作業の面出しが楽だからね。

続く。

Equinox weekend. 6 days straight. Report of the first half.

Theme of the weekend was to finish things long been left untouched. Before that, finished corner sealing with tin plate bent for corners.

First of all the missions, head bar of 3 entrance doors. Chose thick heavyweight 8inch by 5inch spruce square log. Won't bent even coming 30 years of holding door head. Bars hammered in by a large wooden maul. Each bar's been set firmly.

The second mission was to set up base for 'irori', a traditional Japanese fire bed , For building the base, bought heavy weight cinder blocks. Those heavy weights simply substitute concrete base created by form work. Holes in those cider blocks filled with mortars by trowel manually. Plumbing work is always such a fun. Finished top surface of each block flat by water soaked blush. That helps later leveling a lot easier. While cutting out floor base log to locate the base. Top frame of the irori, the fire bed will be connected to the floor base log later on.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-09-21 18:26 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録161 A selfbuilder's note

台風18の大雨が去って、基地周辺は大丈夫だったみたい。
b0229636_10511975.jpg

たった4つだけど、柑橘類は無理かと思った寒い基地地方にも、酢橘が出来た。来年からは、アゲハ蝶にも少し遠慮して貰って、実付きを増やそう。
b0229636_10512088.jpg

先週やり残した軒下天井を仕上げる。最後のピースが嵌って、これで、東側の玄関アプローチを除く外周が軒下天井で塞がれた。
b0229636_10512022.jpg

エンド部分の仕舞込みも定型が出来て、スピードが上がる。これで、大型の虫、爬虫類、小動物の侵入も抑え、屋根が簡易パッシブソーラーの機能を発揮出来るようになる。まだ、あんまり自信ないけど。(^^)
b0229636_10512092.jpg

取り敢えず、屋根側は塞がれたので、連続する壁面の角を仕舞う。角金物をガルバ板金から切り出して、ハゼを曲げる。
b0229636_10512147.jpg

中折をセンターで取って、
b0229636_10512140.jpg

ひっくり返して、80度位の角度に決めて、必要分作った。機械で曲げたのに比べると結構デコボコしてる。釘で押さえ込めば使えるやろ。土曜日はここまで。
b0229636_10512190.jpg

日曜日は朝一から、ちょっとだけ角金物の仕上げをして、取り付けへ。壁下の水返しと揃って、外気と雨の浸入をシャットアウト。
b0229636_10512161.jpg

継ぎ目は長目に取って、コーキングで雨水の吸い込みを断ちます。ハゼにせず、そのままにして、継ぎ目を薄く仕上げた方が、綺麗。近所のヒデさんとこの仕舞を見せて貰って、真似した。でも、やっぱプロのようには行かん。
b0229636_10512273.jpg

出来上がりは、こんな感じ。外観がスッキリした。家の完成度上げよ思たら、縁取りに気を使わんとね。
b0229636_10512218.jpg

外壁がだいたい出来て、家らしくなって来た。あとチョコチョコ残っているとこ終わらせて、寒くなる前に、内装に入れそうな予感がして来た。

After big rain by typhoon passed, seems like north western Lake Biwa had no damage at all.

Saturday morning started with installing last two pieces of cornice ceiling panel assembly. The ceiling ends were closed with scrap panels. Thus, large bugs, reptiles, or small animals can be shut out.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-09-13 10:09 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録160 A selfbuilder's note

土曜日に出勤して、月曜日にお休み取って、変則週末。
b0229636_17382433.jpg

今朝のブルーベリー収穫はこれだけ。もう終盤です。一気に秋になって、夜は虫がガチャガチャ、スイッチョンとうるさいけど、夜半に止んだと思ったら土砂降り。翌日朝まで降って、上がる。
b0229636_17382533.jpg

雨の間隙を縫って、断熱ボードの取り付けを終わったら、また雨。
b0229636_17382595.jpg

雨なら雨で、室内で材料カットしたり、
b0229636_17382527.jpg

軒下天井のパーツ作ったり、
b0229636_17382699.jpg

軒下天井に木枠で下地を作り、
b0229636_17382669.jpg

点検口を付けたりと、明日の取り付けに向けて準備。材料が作り終わって、丁度夕方になる。風呂行こ。
b0229636_17382795.jpg

断熱ボードの外側に壁板を打ち終わって、軒下天井の取り付け位置を決めた。ちょっとだけ軒先側に傾斜を付け、水が壁側に垂れて来ないように設定。
b0229636_17382767.jpg

位置決めが出来たら、チョークラインで墨付け。軒下天井のネジ止め位置にスペーサーをいれて、軒天パーツを取り付け開始。
b0229636_17382721.jpg

中央付近になって、点検口の位置が違うことに気づいて、天井板ごと取り外し、ひとつ手前の軒天パーツに移植。危うく見過ごすところで気づいて、予定外の時間を喰う。入れ替えたパーツを取り付けて、タイムアウト。西側壁面の完成は来週に持ち越し。来週は台風来そう。仕方ない。来週は磨墨の病院に行くことになってるから、次はシルバーウィークかなぁ。
b0229636_17382800.jpg

比良の棚田の風景。畔刈りが見事。来週あたり、この辺も刈入れか?

Took Monday off. Went to my bat cave on Saturday night very dark. Bugs in mating season singing loud. Actually, it's so noisy that can't even go to sleep. Once singing stopped, heavy rain started.

Sunday morning, cloudy. The insulation boards must be installed before rain starting again. By 10:00 all the insulation boards installed and rain started again.

To best make use of the ventilation gaps on crosspiece, the insulation boards avoided the gaps clearly. Points expected deforming later by uneven pressure under crosspiece bars pinned down by nail with big collar. Soon after insulation board pinned down, rain started again.

Then, moved inside and milling outer wall panels or cornice ceiling assembly parts. A crosspiece bar and 11-12 pieces of wall panels fixed to cornice ceiling assembly parts. Making 5 pieces of these assembly. One of them comes with inspection trap door.

Trap door needed back up frame for reinforcement as well as base for aluminum frame and body of the door. This trap door needed for future wiring of electric cables and water supply pipelining.

The next morning rain stopped. By noon the last row of outer panels placed. Climbed up to the neck of cornice to decide height of installation of cornice ceiling assembly. Reference line's drawn by chalk thread. Clear blue line indicating where to set cornice ceiling assembly. After line drawn, place ceiling assembly at reference point. Half an inch below the line, a couple of screws were set for hooking the assembly edge. Then nail down the ceiling wall to the base frame of the cornice. Took about 10 minutes each.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2015-09-07 17:04 | セルフビルド | Comments(0)