ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録185 A selfbuilder's note

赤い月が昇った空を見ながら駅からの道を自転車で通っていると、さくらさんのbarが開いていた。相席の御仁と野鍛冶の話で盛り上がり、閉店まで高島の食文化について激論。さすがにさくらさんは何でも良う知ってはる。
b0229636_18114468.jpg

寝起きに散歩がてら、春の便りを探しに。ちょっと捜すと蕗のとうがあった。陽当たりの良い斜面で野蒜も芽を盛んに出している。
b0229636_18114401.jpg

先週に引き続き断熱材の施工しながら、気付いた。コーナーの桟入れるの忘れとった〜。で、適当な余りの桟木を廃物利用で繋いで使う。ちゃんと面合わせておけば、壁板は取り付け出来るし、隠れるので問題ない。それより、断熱材を隙間無く押し込むのが大事。ちょっと手前に引っ張り気味に面を出しておいて、壁面の裏で、ぴったり押さえ付けるのが隙間を減らすには上手くいく。
b0229636_18114569.jpg

和室の外側の断熱材が施工完了。明日は木工教室が最終日なので、ナイターで押し入れと床の間側に根太を施工する段取りをつける。既に耐力壁で塞がれている壁面に隠れた土台にほぞ穴を彫り、根太の端を差し込む準備。最初から切れ目を入れるより強度の面で安心。
b0229636_18114587.jpg

兄貴が再生中の古民家に使うらしく、秘蔵のナラ板をよこせと言って来た。トイレの棚と手水の台に使うそうだ。ついでなので、板の乾き具合をチェックするつもりで、電動カンナを掛けて薄皮を剥いてみた。独特の斑入りが綺麗な木肌が出て来た。これなら使えそうだ。ただし、順目と逆目が複雑に入り組むナラ材のカンナ掛けはかなりの熟練を要する。兄貴に出来るかな?(^o^)
b0229636_18114585.jpg

日曜日は朝から木工教室を受けて、早目に上がり、根太打ちの続き。先にもう一枚耐力壁を打つ必要があり、久しぶりにエアネイラーで気持ち良く釘を撃ちまくる。壁板は火打をどけないと入らず、一旦ボルトを外して、打ち付けて再度火打を戻すという、面倒だけど、一番早い方法を取る。
b0229636_18114568.jpg

捨て板がデコボコしないように、面合わせをしっかりして、ぴったり水平に施工。火打はボルトを仮付けして戻し、隣り合う火打を次に外す。捨て板に隠れる為、ボルトは差し込んだまま。最後に根太を全てネジ留めする。
b0229636_18114615.jpg

畳が入る部屋と、押し入れ、床の間にそれぞれ段差があり、厚みを間違えた訳ではないが、最後の仕上げが終わるまでなんか落ち着かない。そうだ、囲まれる床の間と押し入れの間に桟木を入れ忘れないようにしないと。来週から野鍛冶プロジェクトが始動するので、時間を有効に使うよう考えよう。
b0229636_18114699.jpg

梅が3分咲きというところか?来週から暖かくなるらしい。今日、蜜蜂が網戸にしがみ付いていたけど、まだ動きが鈍い。たくさん授粉してくれると良いけどなぁ。

Red moon rose in the cloudy winter sky. Biking up commuting road from the station to my bat cave, dropped by my favorite cafe and had a couple of drinks. Chatted with a regular don't know who he was talking about local blacksmith.

Had a message from my bro who's renovating an old farm house. Said that he needs a oak plate I've been holding for my fixtures. On early Saturday morning, checked if the board dried enough. Peeled the surface by electric planer and found such a beautiful face shown under the dark dusty surface. Sent a couple of photos by messenger and soon got a phone call from my bro. Said it's good enough. Of course it's fabulous I guess. I wonder if he could plane its surface satisfactorily since grain of oak tree changes here and there , everywhere. Toughest bitchy tree I've ever known.

Resumed to install insulation pad on the wall. While shooting its edge by air nailer, I recalled forgetting putting crosspieces to catch wall ends at each corner. Picking up some odd sizes from the stock yard and cut to proper size and
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-02-28 17:09 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録184 A selfbuilder's note

今週は、都合で土曜日の朝に磨墨と小吉の散歩を済ませてから基地入り。すぐに木工教室へ。
b0229636_18134685.jpg

引き続き、和室の根太打ち。ここは畳が入る為、他の床面より30mm下がっているので、彫り込みに若干手間がかかる。
b0229636_18134673.jpg

日が暮れるのが遅くなったといえ、5時には暗くなる。午前中の遅れを取り戻す為、ここのところ土曜日はだいたいナイター営業。和室の根太打ちが終わって、急いで風呂に行く。交差部分の面合わせが気に入るまでやるので、時間を喰う。
b0229636_18134694.jpg

30mm他より低い為、土台に捨て板の端を載せられない。強度も落ち、たわみも出る。その分を補う桟木を打つ。木っ端置き場から色んな長さの棒切を探して来て廃物利用。短いのは間柱の半端を縦に挽いて使う。ぴったり収まった。
b0229636_18134749.jpg

桟木の高さ合わせは30mmの桟木を定規に90mmのコーススレッドで固定。今日はここまでにして風呂へ
b0229636_18134712.jpg

翌朝は捨て板貼り。真ん中あたりに開いているのが手前用の炉穴。最初四方を囲んでいたが、良く構造を調べてみると、炉に空気が入らないと炭の熾りが悪いようなので、一ヶ所開けて床下からの空気の通り道を作る。あと、畳の縁に合わせて畳を切って貰う為、切るのを一ヶ所だけで済むようにブロックの囲みを合わせて移動させる。捨て板をそれに合わせて切り込み、開いた部分は別に蓋を作り、普段の生活に支障が無いように取り外しの支えを入れ込む必要がある。
b0229636_18134868.jpg

床板の位置決めが出来たところから、外壁側に断熱材を入れる。断熱材の施工をしていると、野鍛冶プロジェクトの史子さんが見学に来てくれた。彼女も古民家を一人で修復しながら、隣町に住んでいるセルフビルドの先輩。陶芸を生業としているので、1/3が工房らしく、一度ご挨拶しておかないとと思っていたら、先に訪問を受けてしまった。なんのお構いも出来ずすんません。今度、設えを勉強にちょっと寄ってみよう。

Saturday morning, left for my bat cave after walking dogs. Attending furniture building school as usual in that morning.

Resumed to cut tenons and mortises for the floor supporting crosspieces. As tatami mats filling the Japanese traditional room, to flush with other floor top, had to dig 30mm deeper than other mortises. This means I can't use floor base edge for base plywood boards for the tatami mats. The base boards had to catch edges of the base beams to hold better performance. Crosspieces to hold these edges installed on each space between supporting crosspieces.

Sunday morning started with filling base boards for tatami mats. At almost the edge of tatami mat at center, fireplace for tea ceremony will be set up. About ten inch square, 5-6 inch deep hole. Put a cauldron type of steel pot should fit in the hole.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-02-21 17:06 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録183 A selfbuilder's note

建国記念日にかけて4連休の週末。気温が上昇し始めるらしい。家を建てているので嫌とも言えないが、やっぱり冬らしく寒くないと色々とまずいんでないかい?と、考えながら京都のいつものお風呂屋さんに来たら、が〜〜ん、閉まっている。水曜日定休日忘れてた。シャーない、風呂抜きかぁ。
b0229636_18083136.jpg

薪ストーブの前に陣取って、ピザでも焼いて食うか。ちなみに、ここんとこ床板貼りをやってるので、焚き付けには不自由しない。廃材は全て消費します。^o^
b0229636_18083211.jpg

先週からの続きで、床板を貼る。トイレと脱衣所からの横刺しに合わせて、縦の1列目を出来るだけぴったり収める。ひたすら修正すること1時間。ようやく、許せるレベルまで収めた。後は、いつものことながら、楽ちんの作業。
b0229636_18083221.jpg

夕方までに全て収めて、昨日の分もお風呂に入って、疲れを癒すことに。板面の模様が不揃いだけど、ずっと見ていると気にならなくなって来るから不思議だ。節だらけもまた楽し。
b0229636_18083236.jpg

次の早朝に、プロ向けのホームセンターに買い物へ。珪藻土と構造用合板、200v機器用の電線なんかを仕入れて来た。やっぱ安い!養生用のシートなんか、近所のホームセンターの半額やもんなぁ。
b0229636_18083374.jpg

で、昨日の夜に、上水道の配管を引き出してみたら、壁板との取り合いで、入らない位置に開けた穴を、開け直して、木栓を作って打ち込んだ。だんだん慣れて来ると、こんな小賢しいことも覚えて来る。
b0229636_18083318.jpg

脱衣所の壁を塞ぐ前に、お風呂の屋根裏に断熱材を入れた。実際、大屋根に入れた断熱材と同じものの端材を敷き詰めた。寒冷地用のオプションでユニットバスメーカーから出ている断熱材よりずっと断熱効果が高い。捨てないで良かった。
b0229636_18083378.jpg

土曜日午前中は、いつもの木工教室で、半日作業。昨日断熱材をユニットバス全面に取り付け終わったので、電気配線の無い面だけ、壁板を取り付けた。トイレのリモコンが、赤外線式の配線要らずなのが判ったので、予定より配線無しの面が一面増えた。
b0229636_18083349.jpg

こちらは、外の給湯器に繋ぐお風呂の壁から出ているリモコンの端子に、専用ケーブルをかしめているところ。給湯器の手前で台所のリモコンと交差配線になるので、後で、200v用電源からの線と合わせ3本床下に潜って、貫通管から表に出して、給湯器の外部入力の盤面に仮止めして来た。
b0229636_18083401.jpg

その日最後の作業は、嵌め殺し窓の内枠を入れて終了。檜の無節板をカンナ盤で挽くと、荒材が本当に綺麗な木肌を見せる。軽く介物を入れてぴったりに木口を合わせて、ネジ留めする。これに、壁面の石膏ボードが面一に合わさって来る設計。仕上がりが楽しみ。
b0229636_18083413.jpg

今日も午前中は、野鍛冶プロジェクトの会合で出かけた為、午後だけ。和室の根太引き。ここは畳が入るので、他の部屋より30mm下げて大引を入れてあるので、端は60mm彫って面を合わせる。
b0229636_18172540.jpg

端2本を入れたところでタイムアップ。お点前が出来るように炉を切る予定なので、途中途切れる部分が1箇所。鋼製の束を入れて高さを合わせる。来週はちょっと寒くなりそうだ。

Getting warmer everyday. Warm like spring but still mid of February. Should be much colder otherwise lots of things go wrong. I realized the public spa was closed on Wednesday, shit. Had to catch earlier train to my bat cave, then. Eaten pizza and drank a bottle of beer watching fire of my wood stove.

Resumed to work on floor board fixing. Took about an hour flushing end of the first row of crossing floor board along the side of bathroom unit. The rest of rows went easy.

Before fixing wall panels, climbing up to the bathroom roof to spread insulation boards been used under outer roof. A lot more efficient than insulation mat made for the roof especially by unit supplier.

Friday morning started with reopening poking hole for water supply tubes. Recognized that current position tamper with wall panel. Drilled two new holes and filled the current holes with same spruce plugs.

[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-02-14 17:01 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録182 A selfbuilder's note

今週は、日曜日1日だけの作業。
b0229636_19100940.jpg


朝起きて、作業に入る前、庭の梅が咲いているのに気が付いた。どうやら、湖北も冬らしい冬にならずに、春突入の勢い。となると、やたら目がかゆくなって、クシャミが出る。ヨガの先生をしている友達の奥さんのオススメ、インド式鼻うがいを始めるつもり。アマゾンでポチッた、ネティポットというやつで、早く来ないかな。
b0229636_17510575.jpg

今日は、水回りのアクセス用廊下、ウチで唯一廊下と呼べる場所の床板貼り。継ぎ目の位置を確認して、根太が丁度支える位置に配置出来るよう仮置きしてみた。
b0229636_17510695.jpg

面倒だけど、床鳴りを抑える為に、仕口を切って、ぴったり高さを合わせる。
b0229636_17510660.jpg

火打が入る場所をクリアする為に、ここも嵌合位置に仕口を切る。ついでに、ユニットバス設置の為、後回しにしていた間柱を入れる。
b0229636_17510682.jpg

嵌合がぴったり決まったら、90mmのコーススレッドで固定。根太、間柱共に固定。
b0229636_17510738.jpg

床板に端を、柱、間柱、補強金物、横刺しの床板等との噛み合わせを切り込んで、差し込む所で時間を食って、タイムアップ。この第1列目を面倒くさくても、真っ直ぐに着けないと、後が大きく狂って来る。来週に持ち越し。

On Sunday morning, found a couple of plum blossomed in front of the entrance. Seems like spring has come without severe snowy winter. Awful thing was that pollen started to spread and my dark days'll begin.

Resumed to fix floor boards at around bathroom. Temporarily spread floor boards to check exact positioning up for crosspieces under the boards. This supporting crosspieces should catch cross section of boards end. So that the puzzle fixing of floor boards'll become easy. And especially, the first row which determines straight line of the rest of boards.

To reduce noise from the floor boards, a bit time consuming though, I've cut tenons and mortises on each end of crosspiece and the base log. To minimize even slight move of crosspiece resulted noise reduction of the floor boards. Got to be real secure and tight fitting.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-02-07 17:13 | セルフビルド | Comments(0)