ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録189 A selfbuilder's note

今週も金曜日がお休み。エラい冷え込んで、コロコロに着込んで基地へ。
b0229636_15240254.jpg

朝から野鍛冶プロジェクトの鍛冶場の下屋根を修理。昔の工場なので屋根の野地板に檜皮を載せ、その上に粘土を下地として屋根瓦を敷いている。ボロボロに腐蝕している野地板を必要な分取り除き、工場にあった棚板を敷き直して、そこに瓦を敷き直す。軒下の桟木も替えて、そこに軒瓦を針金で固定して、支えを追加してレベルを取り直す。初めてにしては、うまいこといったみたい。
b0229636_15240378.jpg

戻って、根太を最後まで打ち着ける。
b0229636_15240327.jpg

後で床鳴りがしないように、大引と根太を支えている鋼製の束を適正なテンションに合わせて、床下の水平を出す。ガッチリ固定して、真ん中の部屋は床板の到着を待つばかり。
b0229636_15240339.jpg

床板が来るのが土曜日だったらしく、待つ間にロフトを支えるダブルの梁をボルトで固定。座彫り工具で下穴を開けて、ロングサイズのドリルビットで長穴を開ける。座付き金具をボルトに通し、両側から挟み込んで固定する。
b0229636_15240408.jpg

専用の締め具で上下からラチェットを回し、キッチン上の釣り戸棚を支える梁が固定された。
b0229636_15240472.jpg

昼過ぎても床板は一向に来ない。キッチン脇の耐力壁を打ち付けてから、運送屋さんに電話したら、中継が遅れて月曜日やと言う。そんなんあかんと押し問答の結果、夕方に持って来た。
b0229636_15240449.jpg

積み降ろしと家の中に運び込んで、切り揃えたり、下拵えしたら息絶えた。お風呂行って、9:00には寝てた。
b0229636_15240468.jpg

一枚目の噛み込み箇所が多いので、苦労させられたが、基準線にぴったし揃って、2枚目からは快調に飛ばす。床板の施工で大事なのは、ズレを放置しないこと。実を切ってあるので、オス側を進行方向に出しメスの切り込みがある木っ端を当てて、クランプで一旦固定。
b0229636_15240535.jpg

一枚貼る毎にメジャーで基準線からの距離を3点で、常に正確に測る。今回は奇跡的に1mmプラスマイナスで収まった。ほぼぴったし。非常に気持ちええ。^o^
b0229636_15240566.jpg

薪ストーブの炉台周辺を除き、真ん中の部屋に床が出現。床も壁同様、見る間に形が出来上がるので、精神衛生上、非常に良い効果がある。ヤル気が俄然湧く。今日は、暖かい日和になったから、ワンコ達を陽のあるうちに散歩に連れて行くことにする。養生して早目に上がった。

Chilly night like early winter biking up for my bat cave.

On Friday morning, got up early completed floor base crosspieces. Left for volunteering fixing leaking roof. Old shingles started crushing down rotting roof support. Deformed badly so that shingles may sliding down at any moment. Removed base plates, Japanese cedar peel, and mortar at certain square. Putting thin plates and some crosspieces nailed down on base beams as replacement. Then put the shingles back on the roof and additional support under the crosspieces holding shingles sliding down. Shingles for end pieces are securely tied down by steel thread with crosspieces. Leveled the partial area of shingles out a bit and returned to the cave.

Resumed to finish leveling crosspieces on the base beam. Wrenched all of the steel pedestal supports up by two monkeys. Leveled them up at the same time. Now the whole base beam and supporting crosspieces became pretty sturdy one piece floor support.

The first row of floor board is always a headache. This very piece decides the rest of floor pieces go. So has to be very precise fitting in. At least 3 points to be measured its width.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-03-27 14:26 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録188 A selfbuilder's note

春分の日の週末。天気が悪そう。とにかく雨に降られずに基地に入ることができた。
b0229636_18051010.jpg

3年振りに雨水井戸のポンプ部分のメンテナンス。取っ手の先に着いたピストン部分に巻かれたパッキン代わりの革が擦り切れて、スカスカ。水を引き上げなくなった。前回床革の分厚いのを取り付けてたが、ほとんど擦り切れて無くなっていた。今回はチョット良いオイルドレザーの銀付き革を巻いて、ピストンが少しキツめに動くように調整した。これで、セメント用の水を雨水からいくらでも使える。
b0229636_18051195.jpg

真ん中の部屋を根太打ちする為、置いていた材木や材料、道具を床の捨て板貼りが終った和室に移動して、片付ける。ほとんど何も出来ず、隙間の時間で、プロジェクトの立看板を作成して、その日は終わり。
b0229636_18051149.jpg

真ん中の部屋に薪ストーブが入る場所があり、その床下は300kg程度が耐えられる支えが要る。重量ブロックをカットして長さを調整。
b0229636_18051161.jpg

こんな感じにブロックを配置して、そこに必要部分だけコンクリで固める。
b0229636_18051244.jpg

春分の日の朝、野鍛冶の工場がある地区の鎮守様でお祓いを受ける予定で、みんなでお参りした。例のオモロイ宮司さんで、何と本式の安全祈願祭として、祝詞も正式に用意して頂き、本宮前で玉串の奉天も行い、立派な祭式を執り行って頂いた。コレには一同ビックリ。最後にプロジェクトに対するご期待の言葉を頂きました。更に、一人一人にご守護札を頂き、宮司さんの心のこもった式として頂き、本当に感謝。その後、みんなで基地に移動して、ピザパーティーと会議で1日を終えた。オカンと磨墨、小吉も来て手伝ってくれた。
b0229636_18051390.jpg

薪ストーブが入る場所の背面には、そこだけ耐火用に石膏ボードを上から下まで貼る。遮熱板としてレンガの衝立を入れる予定だが、煙突も通るので念の為。
b0229636_18051310.jpg

久しぶりにセメントを練る。腰を痛めやすいのがこの作業。出来るだけ腰掛けた状態で、負担を軽減しながら必要量だけ練る。雨水井戸の水が活躍。ブロックで囲まれた中だけコンクリで埋める。ざっくりとセメント、砂、バラスを混ぜ、水を入れて、ハンドミキサーで良く混ぜる。均等に混ざったら、迷路状に仕切ったブロックの隙間を埋める。
b0229636_18051343.jpg

荷重部分がほぼ中央に来るので、隙間とブロックの穴を塞いで一枚のスラブ状に仕上げる。この上に捨て板を載せて、さらに耐火用の敷石をタイル状に配置するか、レンガを敷き詰める予定。
b0229636_18051400.jpg

来週の段取りもあるので、根太打ちを全部終わらせたかったが、最後の一本の仕口を残してタイムアップ。来週には床を貼り終えたい。

Cold Equinox weekend. Arrived safely at my bat cave. Fixed my well pump which wasn't maintained last a couple of years. I've replaced the leather gasket was worn out. I did it with a thick but cheap leather at the last time, so this time I applied full grain oiled leather. Adjusted the fit a bit tight to last longer than previous one.

Tidying up the central room full of construction materials to the Japanese room. That was something so hard. All I could do rest of the day was to build a self standing panels for my blacksmith project.

The next morning started filling the central room with cross piece. Cutting a few tenons and mortises. Then left for attending Shinto ceremony of our blacksmith project. We've asked the priest just a brief purification rite. As I wrote last time the priest himself was so much interested in our activity, so he made the ceremony a real decent one contained reading praising citation originally made for us. We all contented with his service and left the shrine before noon.

Members got together at my bat cave for pizza party. Drank and talked. Psyched us up for the coming hectic project schedule. Had a real good time and met at my house on building. Reassuring what to be done in coming a few month to settle down our project.

Before filling floor crosspieces, had to install bearing wall as indicated. Then backed up the wall by a plaster board behind the chimney place. This one protecting walls by heat damage.

Once filled the floor supporting crosspieces, about 6 by 3 foot wide of open space for chimney place filled by cinder blocks. Except fringe area, filled by mortar for heavy loading. Mainly supporting large chunk like steel wood stove.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-03-21 17:05 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録187 A selfbuilder's note

今週は金曜日もお休み。京都でお風呂に入って駅に歩く間に体が冷えるくらい寒くなってる。
b0229636_18120644.jpg

来週のお彼岸に、プロジェクトの仲間とウチでピザパやる事になった。先週やっときゃ良かったと思いながら、朝一から、ヒロシさんとこで頂いた猪のバラ肉でパンチェッタを仕込む。たっぷりの塩をまぶして、先頃剪定してたくさんある生のローリエをみじん切りにして肉を包む。一晩経ったら水気を切って粗挽きの胡椒を擦り込んで、寝かすだけ。
b0229636_18120721.jpg

先週に引き続き、キッチンの捨て板貼りを完了させる。ほんとは、キッチンと接するパントリーの内壁に耐力壁を付けてから完了となるので、ネジ留めは後から。パントリーの根太打ちを終わらせてからお風呂へ。
b0229636_18120723.jpg

その晩、温泉に行く途中からミゾレが雪に変わり、朽木に着く頃にはアラレと雪が車のフロントガラスにバシバシ当たって来る。ゆっくり風呂に入って、帰ってからは薪ストーブをガンガンに焚いて寝た。
b0229636_18120739.jpg

土曜日は朝からプロジェクトの用事で、近所の神社に伺い、宮司さんのお話を聞く。普通は昼寝の時間だそうだが、起きて話に付き合って貰った。地域の歴史に造詣が深く、プロジェクトの鍛冶工場の以前の様子を聞けたらなと思ったが、事が鎌倉まで飛んで、荘園の話になったのがきっかけで、出るわ出るわ面白い歴史話がてんこ盛り。話をしている時は少年のようにキラッキラの目で嬉しそうに話をされる宮司さん。メッチャ面白い方でした。紙漉きや炭焼きもされる多趣味な方で、また今度遊ぼうみたいなノリでお暇してきた。神社で話が長くなって、内壁の耐力壁を打ち付けるのと、キッチンの捨て板を固定する作業で日が暮れた。あの宮司さんオモロイ人やったなぁ。
b0229636_18120857.jpg

パントリーの捨て板をはめ込んで、お買い物へ。以前から欲しかった乾湿両用の掃除機を買った。一つ下のグレードを予定していたが、春のナンチャラセールで通常価格より2割引だったのもあって、ワンランク上の仕様で決めた。外壁が出来てからは、雨に濡れる心配は無いが、とにかく埃が凄い量溜まる。小まめに掃いてノコ屑が集めても、隅に堆積して出て来るので、キリが無い。結構良いグレードのモデルだけあって、良く吸い込む。塵肺が心配な毎日だったが、少しは労働環境も改善されるだろう。
b0229636_18120962.jpg

パントリーの捨て板が張られた。
b0229636_18120935.jpg

パントリーには床下50センチ程が、床下収納になっている。基礎に囲まれた空間には、味噌、梅酒、漬物等の発酵食品が入る予定で、一定の温度をキープするよう、断熱材で囲んである。更に、貯蔵品を出し入れしやすい様に、写真のスケボーのようなトレーが幾つか入れてある。床面を自由にスライドして動くようキャスター4個で構成。あんまり勝手に動かないように、後ろ2個は固定で、前が自在にしてある。台車の足元と同じ。
b0229636_18120930.jpg

こんな感じ。取っ手に名前の付いた紐でも付けておいて、紐を引いたら目的のモノが出て来るように工夫してみよう。

It got real cold. Chilled me up while walking up to Kyoto station from public spa in a short while.

First in the Friday morning, salted a chunk of warthog breast meat after overnight thawing. Spread fine cut bay leaves on the meat and covered with polyethylene foil. Then put that back to the refrigerator and waited until liquid, mainly blood and water oozing out. Then peppered and stored it in the refrigerator again.

Resumed to filling floor with base board. This one inch thick board basically need no crosspieces between base beams. As only minimal bending expected. However, creaking sound annoys somebody, perhaps. So, additional crosspieces may reduce this out.

Visited a shrine owned by a priest well known local historian who used be a primary school head master.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-03-13 17:09 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録186 A selfbuilder's note

今週は変則で、土曜日に仕事に出て、月曜日をお休み。
b0229636_17445721.jpg

梅が8分咲きに。陽気に虫も飛んで、受粉作業中。去年が裏年だったから、今年の梅の実は豊作であって欲しい。日曜日は朝から野鍛冶プロジェクトの作業で鍛冶場に入り、記録係のワシはチームの仲間と道具類の撮影。一点、一点追い番を付けて、写真を撮り、ファイルとして記録する。
b0229636_17445737.jpg

午後からは、室内側指定位置に耐力壁を取り付け。どうしてもコーナーに取り合いを求められる箇所が出て、表側は合わせ目が見えないように組んで、
b0229636_17445744.jpg

裏から見ると、こんなふうに50cm間隔で交互に切り目を入れ、耳を交差させて、裏で耳をネイラーで釘撃ちする。4辺の内、一辺の半分が釘撃ち出来ない形になるが、壁裏に入っている部分をスペーサーと垂木で押さえれば問題無いでしょ。規定の釘量は打つし、コーナー垂木も同時に付けられるから、この方法を採用。バタバタした日曜日は遅くなってお風呂へ。
b0229636_17445726.jpg

記録撮影の帰りに、プロジェクトの仲間フーミンの工房にお邪魔した。玄関前の黒石敷きが、ウチの玄関アプローチに良さそうな感じの仕様だったので、コレを少しアレンジして採用することに。磨墨が夏に冷んやりした黒石の上で寝そべっている姿が思い浮かぶ。思わぬ収穫だった。
b0229636_17445844.jpg

月曜日はキッチンの床作り。他の部屋と同じくホゾを切って土台、大引と組み込みで取り付けて行く。ぴったりに組んで、交差部分に全てコーススレッドを打ち込み、固定する。排水管を立ち上げ、規定勾配に床下の固定金具を調整して、塩ビ管のエルボーを接着固定する。最近の流しは排水口自体がトラップになっていて、塩ビの自在管で排水管と接続する様になっているから配管の突き出し位置は好きに出来るので楽ちん。混合水栓用の架橋ポリ管も近くに適当に配置。
b0229636_17445880.jpg

厚手の構造用合板を仮置きして、継ぎ目と固定位置を確認。少し壁際が空くけど、壁板と縁の垂木で十分隠れる幅なので、継ぎ目が根太上で重なる幅を優先。壁際で捨て板の端が落ち込む部分は、幅広の垂木でガッチリ支える。コレで、西側1/3の床面が繋がった。さて、キッチンの床に敷くテラコッタのタイルを注文するとしようかな。

Had the Monday off instead working on Saturday. My plum tree blossomed about 80%. Bugs pollinating vigorously a flower to another.

First thing done in the morning was to place bearing wall inside the house. As indicated on the spec sheet, at the four cross section of inside walls, bearing wall must support inner skeletons. Right after determined wall placement, I had to leave for an appointment of the project of reactivating old blacksmith.

I'm in charge of compilation of archives of the blacksmith. Some members' shown up for helping my photo shooting of what was left at the old workshop. Taking photos of tools and products one by one. Later put those photos on a spreadsheet containing necessary information for archives.

Resumed to place bearing wall inside the house later that afternoon. At one corner of walls
[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-03-07 16:47 | セルフビルド | Comments(0)