ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録248 A selfbuilder's note

今週は区の自治会がある週末。後で家族が来るけど、一足先に電車でゴー。
b0229636_21142941.jpg

キウィの受粉が進んでいる。すでに結実した枝は鈴生り。
b0229636_21143045.jpg

先週建て込んだ型枠を外す。上半分は綺麗に打てたが、下半分はジャンカ(穴空き)がいくつか。砂利少な目でセメント練って、穴を塞ぎ、余分なセメントのはみ出しをダイヤモンドホイールで削り取って、寸法を出す。
b0229636_21143155.jpg

とりあえず雨水タンクの容れ物兼、デッキの土台が粗方出来た。
b0229636_21143152.jpg

タンク容れを掘った土の山を崩して、周辺の土地を10cm程嵩上げした。
b0229636_21143291.jpg

b0229636_21143221.jpg

家族がやって来た。
b0229636_21143336.jpg

雨水タンクを再度高圧洗浄機で中を洗って、バランスを見てロープを掛けて、ユンボで収める。
b0229636_21143367.jpg

二個目を入れる時にちょっと引っ掛かったが、
b0229636_21143422.jpg

きっちりに収まった。これで水が入ると、内側から外に強力な圧力が掛かるので、コンクリの枠が内側に倒れる心配が無くなる。デッキの基礎としても安心。配管をして循環システムを作る。屋根から雨樋を伝ってタンクに貯めて、再びデッキの屋根に設置する太陽熱温水器に行って、お風呂に回るお湯になる。オーバーフローはデッキの前に掘る池に入る。そのオーバーフローは菜園に回り、それでも溢れる水は最後に側溝に排出される。
b0229636_21143450.jpg

池の穴掘りをして、側壁を整えて砂利を敷いて、今日は終了。

Resumed to build concrete frame for rain water tank. Removed form out. Found some blank spots along lower section of the frame. Filled them with mortar with a bit of pebbles mixed. Ground out excess cements at corners in the frame with diamond wheel. To be exact with size and level is always a headache.

Once everything ready, carrying the two plastic tanks with steel cage by the small power shovel to the frame. Hitched the tank with good balance needed a little bit of trick of climbers. As I gave certain allowance for the two tank, however tanks barely fitted. Phew.

Crushed the mount of soils by the power shovel. Spread and leveled. Ground level in front of the deck area elevated about 10cm. Expecting the area becoming well drained one.

Dig another 4 small holes by the power shovel and a small pond sized one. Pebbles spread and rolled up for the day.
[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-05-28 16:23 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録247 A selfbuilder's note

先週の週末は、休みが日曜だけだったので、今週は金曜日お休みに変則週末。
b0229636_15531209.jpg

朝一ミョウガ畑を見に行って、新芽を抜いてきた。真っ白な根っこの方は、そのまま齧っても全くエグ味も無く、歯ざわりも良い。何で今までこれを喰わなかったのか悔やまれる。午前中は、セメント用の砂利と砂を買いに行って積み込み、積み降ろしで終わった。
b0229636_15531329.jpg

さて、先週組んだ雨水タンクの鉄筋に、内側から型枠を立て込む。土の壁と型枠で、薄いコンクリ壁を作り、その上に繋げる形で100mmの枠を載せる。今日は、古い型枠を切ったり繋げたりして立て込みまでやった。それから角パイプを縦に入れて、型枠を内側から外に突っ張り棒を噛ませて、長い辺の中弛みを抑えるところまで。
b0229636_15531382.jpg

雪でバキバキに折られた酢橘の木が、花を付けた。ダメージの大きな枝は、葉っぱを出すのが精一杯だけど、軽傷の下の枝は花まで付けてくれた。後は受粉を待つばかり。
b0229636_15531499.jpg

昨日型枠の立て込みが終わった、地下半分の土壁との隙間にコンクリを流し込む。ちょっと薄すぎたかも。足りないところでは隙間が開いているかも。後で塗り込むことにして、先に進む。今日は、地上側の型枠を立て込む。
b0229636_15531432.jpg

今年の山椒は、虫の受粉のタイミングがズレたのか、実の付きが悪い。
b0229636_15531575.jpg

朝一から地上側の型枠を完成させて、ミキサーで練ったコンクリをどんどん流し込む。容積計算の通り、ポルトランドセメント6袋ぴったりで収まった。気持ちいい〜。水が引くまで後片付け。
b0229636_15531527.jpg

水が引いたところで、鏝で綺麗に均し、ツルツルに仕上げた。
b0229636_15531681.jpg

ブルーベリーがだんだん形になってきた。今日は早めに上がって、走ろうか。

Took Friday off to finish the hole. Skeleton of the hole was set last Sunday. On Friday morning, went to purchase sand and pebbles for the wall of the hole. The morning was over by loading and unloading of the sand and pebbles.

Form started to fix for the lower part of the hole. A bit too thin wall but still hold the wall of the hole, however, cement was poured in to the thin space between soil and wall of the form on Saturday.

Once filled, upper portion of the form was started to fix. While fixing the form, lower wall was beginning to harden. By the time upper portion fixed, the lower wall half cured. Normally it'll take about 24 hours completely cured.

The last day of the week begins with pouring cements in to the upper form. The form was filled by noon. While the cement in the form half dried. Took trowel out to the form and smothered the top surface of the wall.


[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-05-21 15:11 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録246 A selfbuilder's note

連休明け。今週は月一土曜日出勤の日。で、作業は1日だけ。
b0229636_15435177.jpg

今日は1日晴れの予報。雪が記録的に多かった今年の冬。屋根からの雪でグチャグチャに潰されたキウィの棚も、元どおり組み直して、元気に花を咲かせてくれた。連休明けに恵みの雨が降って、庭の木々が元気良く生い茂る。マルハナバチが盛んに授粉作業に来てくれている。ありがたいことだ。
b0229636_15435235.jpg

先週掘って、砂利を敷いておいた雨水タンクの穴に入り、叩き締める。ある程度水平が取れたところで、基準の高さに水糸を張り、水平を取る。
b0229636_15435216.jpg

対角線に張った水糸の基準高から、砂利の表面に一定の深さを確保して、浅いところは、砂利を動かして均す。もう一度、床面の砂利の上に真っ直ぐな合板を置いて、水平を見て、均して、天面との深さが一定になったことを確認。
b0229636_15435395.jpg

砂利の上にセメントを流し込んで、均し、表面を面押しで綺麗に整え、四隅に鉄筋の棒を打ち込む。
b0229636_15435394.jpg

それを基準に、中間の支柱を均等に分割した位置で打ち込む。若干被り厚を取りながら、内側にワイヤーメッシュを支柱に立て掛けて、固定する。まだ柔らかいセメントに支柱やワイヤーメッシュの先を少し潜り込ませている。今日出来るのはここまで、来週までに床面のセメントが乾いたら、型枠の取り付けに移る。
b0229636_15435477.jpg

ブルーベリーの受粉が進んで、結実した花は役目を終え、ポロポロ落ちてゆく。小さいがブルーベリーの形をしている。来週は型枠作りからか〜。

Hole dug last week for accommodating rain water tanks dried completely as we had no rain during the week. Curved a bit of the wall of the hole to adjust its size.

Pebble spread last week also adjusted its height to the level thread set across the rectangular hole. Once level set, pour cements over the hole. The bottom of the hole also needed to level out by pressing down appeared on its surface. Then smooth out its surface by trowel.

While the cement curing, placed steel rod on each corner and in between. Rods anchored connected by steel wire mesh. That's all I could do for the day.

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-05-14 14:59 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録 245 A selfbuilder's note

ゴールデンウィーク後半。というか、途中で色々遊びを入れ過ぎて、作業が全く進まなかった7日間。

DAY4

b0229636_17294034.jpg

雨水を貯めるタンクをオークションで落として、和歌山の田辺まで引き取りに行った。でへ〜、遠かった〜。でも、タンクは非常にコンディションの良いもので、水飴が入っていた容器だそうです。内側から外側に向けての圧力に強い、鉄の枠付きです。
b0229636_16454720.jpg

型枠に屋根用の柱を固定するアンカーを取り付ける。

DAY5

b0229636_16454757.jpg

今日は、友達が誘ってくれたので、山菜採りに出かけた。お目当はコゴミ。タラの芽と双璧を成す春の山菜の代表。群生地に足を踏み入れると、香りの良い青海苔みたいなコゴミ。若干開き気味だったが、それでも穂は柔らかく食べ頃。
b0229636_16454849.jpg

午前中で、結構採れた為、午後はデッキと雨水タンクの基礎用に砂利を買いに行く。
b0229636_16454850.jpg

その夜は、コゴミのお浸しに、山菜採りの師匠から教わったコゴミのお好み焼き。キャベツの替わりにタップリ入れてシャキシャキの歯応えを楽しむ。青海苔が要らない!(^o^)

DAY6

b0229636_16454970.jpg

型枠に段差がある部分は、コンクリの堰き止め板を、高さに合わせてそれぞれ入れて行く。
b0229636_16454923.jpg

型枠が規定の高さより高い場合は、そのまま使い、流し込む位置の片側にマスキングテープで印を付ける。
b0229636_16455019.jpg

型枠の床と接する桟木にコンクリートネイルを打ち込む。だんだんガッチリしてきた。
b0229636_16455021.jpg

手摺りの芯材として、13mm径の異形鉄筋を150mmづつ高さをズラした位置で、基礎の鉄筋に固定する。
b0229636_16455155.jpg

型枠にコンクリートをどんどん流し込んで行く。突き棒で、少しづつ隅々まで押し込んで、その後、型枠の壁を軽くハンマーで叩いて回る。コンクリートがきっちり端っこまで入るよう、ここはゆっくり、丁寧に。

DAY7

b0229636_17103812.jpg

型枠に入れたコンクリートが乾く間、次の作業に。デッキの基礎作り。いきなり図面のミスが発覚!帰って作り直し。とりあえず、基礎の鉄筋を組む。
b0229636_17103981.jpg

手曲げで、10mmの異形鉄筋を四角に曲げる。13mmの比べたら簡単だが、24本となると、さすがにシンドイ。
b0229636_17103956.jpg

13mm径の脚に行灯形に組んで、デッキの土台になる。機械で曲げて無いので、真っ直ぐ組めないのを無理矢理カタチにする。

DAY8

b0229636_17104070.jpg

硬化時間を少し多めに見て、型枠を外す。なんとか思うような形が出来た。型枠を外す時はいつもドキドキする。今回は、少しづつネコ車で、丁寧に入れていった為、ジャンカ(鬆)は出来なかった。型枠が古い割には、壁面が綺麗だったのか、コンクリートの表面がスベスベに仕上がっている。
b0229636_17104047.jpg

Pコンを抜いて。
b0229636_17104118.jpg

その穴にコンクリートのキャップを埋め込む。接着剤は、エマルジョン系の基剤にセメントを混ぜたもののようだ。
b0229636_17104191.jpg

乾いたコンクリートの枠に掘り出した残土を埋め戻す。ここら辺の土は非常に栄養豊富な腐葉土で、買い手がつく程、質が高い。けど、ゼロエミッションを目指すので、売らない。
b0229636_17104254.jpg

押し固めながら規定位置まで、ぎゅうぎゅうに詰める。
b0229636_17104298.jpg

埋め戻し完了。
b0229636_17294115.jpg

友達夫婦が立ち寄ってくれたので、夕方まで話し込んで、風呂に行く前になんとか砂利を敷き終える。

DAY9

b0229636_17294172.jpg

前の日に砂利を敷いておいたから、朝イチからコンクリ枠に差筋アンカーを打ち込んで、鉄筋メッシュを敷いて、被り厚を十分取りながらコンクリを流し込む。鉄筋メッシュは砂利の流れ止めにもなって、こんな傾斜面のコンクリ打ちでも、結構精度が出せる。
b0229636_17294117.jpg

朝イチからやったので、昼前から午後にかけて降った雨の後に、ちょうどタイミング良く鏝で表面仕上げが出来た。冬の事も考えて櫛目を入れて仕上げた。時間をかけて表面を均したから、割と綺麗に仕上がった。完全に乾いたら、滑り止めの塗料を塗ろうかと思っている。

DAY10

b0229636_17294288.jpg

朝見ると、猫の足跡は無かった。乾くと、あんまり綺麗じゃないなぁ。まぁ、塗ったら隠れるか?(^o^)
b0229636_17294252.jpg

久し振りに大矩を出して来て、とりあえず基礎とは関係無いが、基礎の下に埋め込む雨水タンクの位置出しをする。
b0229636_17294312.jpg

桟木で作ったインジケーターを基点に打ち込む。
b0229636_17294450.jpg

ユンボで掘って、
b0229636_17294449.jpg

砂利を敷き詰めるとタイムアップ。長い休みも終了。
Day 4

Picked a couple of water tank up with driving 8 fucking hours. The tanks holding 1.2 tons each will be buried under the deck facing south.

Resumed to plant some anchors for pulling down entrance pillars among the skeleton.

Day 5

Went on sourcing bubbles and unloaded near the deck area. Add some form plate along with skeleton.

Day 6

Form completed. Installed small plates between forms to block cements overflow into offsetting frames.

Mixed cements with a mixer. The mixer helps me out far effficient than a hand mixer. Mechanically mixed cements filled the forms slowly but far faster than manually mixed ones. Slow enough not to push forms to be deformed. Once filled the forms up. Then push cements down at every corner with a steel rod to exterminating cavity completely. In addition, hammered the wall of the form slowly killing micro cavities.

Day 7
Soils dug out returned to the bottom of each slope frame cell. Stomped firmly. Spread pebbles on the soil packed. Again stomped firmly. Preparing for deck base, bent steel rods to square.
Stacking 3 pieces of squarely bent steel for one set to form skeleton of the base with 13mm diameter rod per inside corner. Built totally 8 sets.

Day 8

Drilling holes along with slant line on slope frame wall. Total another 8 set of extension rods anchored on the wall. The put steel wire mesh spread on the extension rods poked out from both side
which also preventing pebbles from sliding.

Poured cements on the tightly pressed pebble filled the slope.


[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-05-07 16:05 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録244 A selfbuilder's note

今年の連休は10日お休みします。

DAY 1

b0229636_19073726.jpg

今回の連休中は、ユンボが借りれたので、手を付けて無かった外構作業を中心にやります。この図面は、エントランスへのスロープ。まず、コイツから着手。
b0229636_19073848.jpg

まずは、ユンボで設置予定地をガシガシ掘って行く。このミニユンボはヤンマー製で、コマツのシフトに慣れているから、操作から覚える必要あり。レバーにベタベタと動作を書いたガムテープを貼って行く。
b0229636_19073839.jpg

だいたい掘った。細かい端っこは、スコップで修正。
b0229636_19073916.jpg

ユンボのブルドーザーで、ひたすら均す。砂利と砂とセメントを買いに行く。土曜日もやってると思ってた砂利屋さんが祭日で休みと判って、閉店間際に買いに行って、ギリギリセーフ。積み降ろしでくたくた。基礎用の砂利を入れて、ユンボで固めて終了。

DAY 2

b0229636_19073956.jpg

コレも借りたセメントミキサー。すごい兵器だ。砂と砂利とセメントを放り込むだけで、あっという間に攪拌終了。(^o^)どんどん流し込める。
b0229636_19073974.jpg

一転俄かに掻き曇り、雷雨となり、一時中断。
b0229636_19074040.jpg

3:00に雨が上がって、再開。ミキサーのおかげで、快調に進む。ピンコロを置いて浮かせたワイヤーメッシュが少し被るくらいで敷き詰める。
b0229636_19074071.jpg

敷き終わったら、踏み板に乗って、表面を均す。メッシュにハンドルが着いた優れもので、ペタペタとコンクリの表面を押すだけで、砂利が沈み、モルタルだけ浮いて来る。それを後ろに着いた合板で滑らかにしてくれる。ツルツルに仕上がった。
b0229636_19074197.jpg

黄木蓮が満開。
b0229636_20041853.jpg

後付けだが、ワイヤーメッシュの下を潜らせて、L字に曲げた鉄筋を打ち込む。
b0229636_20041826.jpg

コレが固まると、基礎の配筋の全ての拠り所になる重要な作業。本日終了。

DAY 3

b0229636_20041988.jpg

朝起きて、硬化の具合を見に行くと、猫の足跡が。
b0229636_20041906.jpg

久しぶりにハッカーで鉄筋を固定。まずコの字の踊り場用に曲げた鉄筋を留めて行く。
b0229636_20042085.jpg

手すりの配筋迄終わらせて、
b0229636_20042081.jpg

スロープの上端を示す位置にチョークラインで墨を打つ。
b0229636_20042122.jpg

コンクリの被り厚を見込んだ位置に揃えて、均等な距離に反動ドリルで穴を開け、差筋アンカーを叩き込む。この上にワイヤーメッシュが乗る。
b0229636_20042132.jpg

セパレーターにPコンを着けて、型枠固定用のコンクリネイルを用意する。
b0229636_20042257.jpg

前回、本体の基礎を作った時に貰い受けた古い型枠にセパレーターを組み込み、取り付けて行く。
b0229636_20042265.jpg

本日、ここまでで終了。

Ten days straight off this so called golden week. Drew two new partial plan for exterior construction.

Day 1

My friend Hiroshi rented me his backhoe, an excavator. First half of this long weekend will be devoted to build the entrance slope. Dig out about a foot deep , 1.5 by 2.5m wide ditch by the backhoe. Stomped bottom of the ditch by the heavy machine. Spread up to 40mm size pebbles to fill 1/3rd of the ditch. Then stomped again on the pebbled ditch.

Day2

Prepared cement, sand and finer sized pebbles the day before. Rented also concrete mixer from Hiroshi-san. This quite effective machine helped me shortening certain amount of time. Filled another 1/3rd of the ditch with concrete. Planted L shaped steel rods for anchoring the frame of the slope on the slope base.

Day 3

Once dried in the next morning, found that a cat walking on the wet cement. Ha, ha. Connected steel stakes to the planted rods. Skeleton of the slope finished eventually. The skeleton must be buried under cements. Must stay certain distance away from surface as well.

Drew a line on the side wall of concrete base indicating gradient of the slope. Along with the slant line, dig 10mm holes in certain pitch and plant anchors with extension rods. These rods holds steel mesh enhancing sturdiness of the concrete surface of the slope. The mesh pushing down the pebbles under the cement surface.

Pitching up form for concrete frame holding soil and pebbles sliding down. Spacers holding forms tight together and the core become part of the skeleton structure later.


[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-04-30 18:19 | セルフビルド | Comments(0)