ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

養蜂の夢 その3

前回、いきなり夢が叶って、我が家に日本ミツバチがやって来てからはや4カ月。本日、その目的の第一である採蜜にこぎつけました。
b0229636_21175897.jpg

元々、会社の同僚が、街中の家で飼えなくなって、秘密基地に持ち込まれたものが、初夏から晩夏にかけて大きく巣を拡張して、群としても拡大し、理想的な強群に育っていました。ただ、それで蜜を順調に集めているかというと、消費量との需給バランスもあり、そうで無いケースもあることから、巣の天板を開封してみるまでドキドキでした。
b0229636_21175918.jpg

結果から言うと、蜜はタップリとたたえられ。極めて順調な採蜜が出来た事、なによりでした。その同僚家族も呼んで、二家族で和気藹々と初採蜜を楽しみました。
b0229636_21175903.jpg

まず、重箱型の巣箱の1段目に新しい巣箱を足して、これから切除する分を補います。同僚の足元にある箱がそうです。
b0229636_21180063.jpg

それから、天板を切除して、蜂が蝋着けしている板を取り外します。刀身の長い薄い刺身包丁で切り離す。なかなか頑丈に着いていて、外すのに苦労した。何事も初回は判らないことだらけ。
b0229636_19475946.jpg

エアーコンプレッサーで、巣に絡んでくる蜜蜂を吹き飛ばしながら、最上段の巣枠を切り離して行く。
b0229636_21180176.jpg

そして、最上段を切除して、スッポリ収まるプラケースに入れて、巣箱から離れたところで、さらに巣を外枠から切り離す。
b0229636_21180165.jpg

蜜たっぷりの巣が、プラケースの中にドサッと落ちて、蜂蜜が甘い香りを辺りに撒き散らす。皆んなチョットづつ舐めて、「おぉ〜!」と全員が漏らす。普段、まず絶対に食べる事の無い非加熱の生蜂蜜。しつこく無いサラッとした甘さ。後で、パンに浸けて食べたら、いくらでも食べられる。自然の甘さの美味いこと。至福の味である事は間違いない。
b0229636_21180218.jpg

巣を切り終わった蜜の着いた刺身包丁や、蜜の着いた巣屑は元々の採取者であるミツバチに還元して、綺麗に舐めて貰う。今回は、想像するに、貯蜜された約1/3を頂き、残りはまた来年まで、越冬用のエネルギー源として群が存続する為の残す。ミツバチから言わせれば、蜜盗人の勝手な理論というが、このまま採蜜せずに巣が土台まで到達すると、群が崩壊の危機に瀕してしまう。我々パラサイトの人間が、その群の存続を維持するお手伝い賃として、ある意味ヤクザ的に掠め取る蜂蜜。大事に消費したい。

Being a beekeeper. 

Four month has passed since my colleague dropped the bee hive on my bat cave garden. Ever since the colony's became very strong and everything went right. Adding up two new box for the extended colony. Total six boxes so far and still growing. Probably the entire colony holding about 25000 to 30000 honey bees with one diligent queen. 

Previous report of my colleague found the hive reached almost fifth which is second to the ground base of the hive box. One thing scares the 'owner' is the bee hive reached to the bottom. As the control room is located always at the bottom. So, before the hive end reached to the bottom, owner must add another box at the bottom and cut off the top box with honey stored hive. 

First, lift up the entire hive and place a new box carefully avoiding crushing honeybees. Then, cut out top plate with knife. The top plate was tightly sealed by bee wax. Slowly slicing the bee wax away from top notch box. Once opened the top, blown off bees around by air compressor. Then again, cut the top notch out from the second top. 

Very sweet smell of honey's spread out from the hive box. Once removed the top notch, quickly push the box in a plastic case. Honeys sticking on the knife and broken hive was left in front of the hive boxes for honey bees sucking up. Later on, we found not a single bit of honey left at the crumbs of bee hive. Perfectly recycled. 

The hive boxes went quiet right after we have removed the top notch. Not a single bee was trying to sting us working around the hives. We have retreated from the site and started removing hive from the box.  First, inserted tip end of bamboo stick for removing long bamboo stick holding the hive. With pulling out the stick, hives inside went free but still each side end sticking with the box frame by beewax. Cutting away the whole beehive from the frame, dropped 6 plates of hive into the plastic box. The honey's not thick as I imagined. Still need sugar rate of the honey higher for long storing. Otherwise it'll be fermented faster under normal temperature. 

Put everything back to normal conditions except terminating pupae of a moss eating bee hive which already intruded under the basement of the hive box. These pupae is deadly intruder for the Japanese bee colony. Basically those bugs are scavengers. If total escape happened, these bugs cleaned the hive up, and the new colony will come into the empty home. Their intrusion is so vicious that still active colony my be driven into disasters. Owner must alway be very careful not to allow the intruders coming in.

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-09-03 20:29 | 養蜂 | Comments(0)

家作り備忘録261 A selfbuilder's note

同僚に不幸があって、お通夜に参列。久しぶりに早朝出発して基地へ。陽が高くなって作業開始です。
b0229636_16410982.jpg

5月に植えたジャバラ(邪祓)がやっと蝶に新芽を食い荒らされ無くなって、夕立ちと夏の日差しを受けて伸びて来た。柑橘系は暑い所の植物なので、ここ湖北周辺では気候に慣れるのに時間がかかる。この暑い夏に唯一感謝すべき点か?
b0229636_16410916.jpg

引き続き、壁面収納。ここは花でも活けて貰おうかと、板の間に台を幅広に取った収納を一つ。ベースの石膏ボードは、貼り付けた後に収納部分を切り抜く。でないと、収納側面の狭い部分が割れてしまう。実際に花瓶を置いてないので判らないが、この程度の幅があれば大丈夫だろう。荷重が大きくなれば、台下に支えを入れる。
b0229636_16411075.jpg

その側面も貼って、板壁の方に移動。
b0229636_16411014.jpg

羽目板をカットして、どんどん貼って行く。ここで、石膏ボード側に照明用の配線を忘れていた事を思い出し、戻って、仮止めだった壁面収納(ラッキー!)を外して、また戻ってきた。こちらの壁にも配線の流れで、先にコンセントを取り付けて、今日はお終い。
b0229636_16411121.jpg

暗いが、朝から壁面収納区間を残して、残りの石膏ボード側を貼って行く。
b0229636_16411195.jpg

埋め込みの小物棚を、墨付けからカットして、仮組みしてみる。一枚反対側に刻みを入れてしまった。仕方ないので、もう一枚切り出して、合わせる。どうしても12区画棚が欲しかったので、細かい刻みを入れると間違えてる。細かい木組みの調整もあるので、来週に持ち越し。作業効率が上がらん日やった。

Resumed to fix a couple of shelves for wall storage. One for a bit wide based shelf for flower vase. The base plate is twice thicker than other shelves. Probably needs triangle support for heavier loading. Top end's covered by 4inches wide plate hiding some lights inside. Maybe light with motion detector.

Another one with 12 sectioned shelf for holding Buddhism gods. Shelf with many section is a nightmare for a craftsman. Even a bit of awkward joint loses entire balance. Gotta be very patienct until the whole balance perfected. Made some critical mistake and time was over.

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-08-27 16:04 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録260 A selfbuilder's note

金曜日にお休み取ったけど、土曜日にイベントが入って、実質1.5日位の作業時間。先週に引き続き、収納週間。
b0229636_16430150.jpg

猿の襲来を受けて、庭のトマトとキュウリがグチャグチャにされた。ブルーベリーもかなりやられたが、一つだけ猿がすごいと思ったのは、ブルーベリーの真ん中の辺りにアシナガバチが巣を掛けていたのが、猿にムシり取られていた。蜂の子が餌食になったのだと思う。恐るべき雑食性。相当反撃されただろうが、屁とも思ってないのだろう。石を投げつけても、ボス猿は反撃の態度を示す。この凶暴な性格。やっぱり台湾猿との混血なのだろう。身体も大きい。この辺の集落での被害は猿が一番酷い。行政に任せても無駄かもしれない。
b0229636_16430228.jpg

b0229636_16430231.jpg

さて、洗面所横の壁面収納から。何に合わせるのか?一番背の高い歯ブラシを入れたコップ。歯磨き粉のチューブ。一番背が低いハンドクリームの容器等。適当に基地にあるもので高さを調整して棚板を着ける。
b0229636_16430351.jpg

鏡の真横辺りに高さを取って、置いてみる。バラバラと落ちないように最低限の高さのフェンスを取り付ける。使い勝手に合わせて変更を加えて行くしかない。
b0229636_16430311.jpg

リビングの絵画用壁面収納は、照明隠し用のプレート付き。
b0229636_16430403.jpg

手順が前後するが、先に壁面照明用のタップを取り付けて石膏ボードをネジ止め。そろそろ照明をどうするか決めないと、壁面の構成がやりにくい。照明カバーの図面引くか?
b0229636_16430419.jpg

土曜日は一日イベントだったので、夕方に足らない石膏ボードを仕入れに行っただけ。日曜日は、午前中重い床材を二階に上げる作業で疲れた。午後から板の間に羽目板を貼り、ここにも壁面収納を入れた。収納の支えだけ入れて、周りの羽目板を貼って行く。
b0229636_16430540.jpg

囲炉裏の上座、背中側に、コップ棚を入れた。お銚子と猪口を置いても良いかな。座って、手の届く位置に設置。
b0229636_16430514.jpg

壁面の照明用タップと、コンセントを着けて、今回はここまで。日曜日はこの辺りにしては、かなり暑い一日だった。
b0229636_16430652.jpg

駅に向かうコスモス畑は、今年は種を蒔いて無いのか?あまり花がついていない。

Resumed to make wall storages for traditional Japanese room. 9 sectioned shelf barely fitted in the recessed wall. Just temporarily fitted in which later painted with clear stain. 

Also made two simple shelves for paintings. One 12 sectioned shelf for some Buddhism art. One for holding flower vase. And one for holding misc hygiene gadgets at washing basin. 

Cutting wall panel out at these recessed storage shelves. Plaster boards needed to place while panel first, then cutting out marked area for recessed. That helps avoiding breaking up fragile narrow ends. Wood panels needed to be cut first at recessed hole, then push each shelves in and place boards afterward. No need to worry about breakage. 

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-08-20 16:01 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録259 A selfbuilder's note

先週の変則週末の影響で、今週は4連休。のんびり作業に掛かれる。
b0229636_20392877.jpg

午後から友人が奥さんと犬連れてやって来た。家族ぐるみでのお付き合いも長い夫婦。同じラブラドールを飼っているのも合わせて、まぁとにかく一番の仲良し。先だって赤紫蘇のシーズンに、大量に頂いたので、物々交換しましょ、と言う事でウチのブルーベリーを摘みに来て貰った。尽きない話しをしながら、お茶したり、本題のブルーベリー摘み、ウチで飼い始めた日本ミツバチの見学と、そこそこ楽しんで帰ってもらったようです。また来てください。
b0229636_16324381.jpg

ということで、作業はほぼ半日の予定。一階の天井で塞いでなかった最後の部分を仕上げる。羽目板受けの桟木を梁にネジ留め。
b0229636_16324430.jpg

そこにちょうど36サイズの空間を埋めるべく羽目板を打ち付ける。コレを2箇所やって、今日はお終い。
b0229636_16324428.jpg

今週は、収納週間にする事を決めていたので、まず、壁面収納から。これは、飾り物入れ。小さな仏像が9体収まる大きさ。
b0229636_16324586.jpg

お昼にミツバチの巣を見に行ったら、オオスズメバチが偵察に来ていたので、早速、ファンタグレープと酒をペットボトルに入れて、窓を切って、スズメバチトラップを作っておいた。1-2晩で匂いを出し始める。軒下と近くの木に吊るしてスズメバチを捕まえる積もり。
b0229636_16324543.jpg

さてと、続き。これは、階段の曲がり角に嵌め込む絵画用の枠。建具用のビスで固定して、
b0229636_16555752.jpg

ここに設置。昼間は斜め横の明かり取りから光を入れ、夜はこの枠の上に証明を入れる。
b0229636_16324633.jpg

今日中にもう一つ掛かっておきたい壁面収納。耐力壁の設定で、この位置しかない区画の間柱を切って、窓枠のマグサを切り込む。
b0229636_16324611.jpg

更に、下半分に厚手の枠を入れ、反対側の壁面に6cmほど飛び出す設定で、天板を更に2cm幅広に取った枠を仮に入れた。
b0229636_16324739.jpg

翌朝から、その枠を外し、それに合わせた棚板を切ってカンナ盤を掛け、蜜蝋を塗って仕上げる。杉の赤身が更に深くなっていい具合。
b0229636_16324770.jpg

この位置は絶妙だった。開き扉の食器、杯や酒器の収納で、囲炉裏の端のすぐ背中側。丁度、来客に給仕する位置にある。そこそこ物が入るので、非常に使い勝手が良い収納になる。自画自賛。
b0229636_16525466.jpg

更に壁面収納の上と反対側に構造用合板を貼ると、今度はリビング側に広い壁面収納が出来る。天板はその受け台でもある。出来るならテレビは置きたくないので、これも絵画と花瓶なんかを飾るオフセットの収納にしたい。
b0229636_16525438.jpg

明日の為に。大物の、ダイニングに吊る収納の枠組用にヒノキの角材をカットして、接合部の蟻組みを切り出して、お終い。
b0229636_16525588.jpg

こんな感じで、蟻組みの受けも切って、仮組みをする。
b0229636_16525508.jpg

仮組みが出来たら、木工用ボンドと建具用のビスで固定。蟻組みだけでガッチリ組み上がる程腕が無いし、宙吊りになるので、力技でガチガチに組む。全くたわむ事がないくらいカチカチ。
 
b0229636_16525607.jpg

棚板受けに、15mm角の端材を利用。カンナ掛けて、面取りするといい具合です。
b0229636_16525671.jpg

棚板受けまで付けて、今週はここまで。さて、この重いヤツをどうやって天井に吊るか?来週までに考えよう。

Friends family showed up on Friday. Had a great time sharing lunch. Watching bee hive seems great fun for them. 

Placed ceiling panels under skylight, leaving center square open for sharing sun ray. 

Before filling wall with panels, quite a bit of space left unused unless utilized. My intention was to put many wall storage as possible. Build some narrow shelves to fill recessed spaces between pillars.

Corners cramped 9 divided shelf stores probably small beer mugs or Sake server. Fitted just above my head when I seated at Japanese traditional fire place.

I also needed dish shelf for the fire place near the counter end of the host seat. According to certain size of dish or pans, the other side of the shelf exposed a bit forming base of recessed paint/picture counter. Spread beeswax on shelves and the countertop. Finally fix the shelf up and the day was over.

A large hanging shelf for dining was the next project. Cutting frame parts for planing. On each joint, applied dovetail joint for avoiding slipping off when it's loaded. Planed and chamfered. Fix them to the shape. In addition to the dovetail joint. Each backed up by furniture screws thin but deeply threaded. Gotta wait for the wall at dining painted. 

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-08-12 20:31 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録258 A selfbuilder's note

今週は、変則金曜日お休みのみ。お盆に振り替える。
b0229636_15380549.jpg

キュウリとブルーベリーの需給バランスが崩れ始めた。消費が追いつかなくなってきた。キュウリは浅漬けにしたり、ブルーベリーはトマトと合わせてサラダにしたりと、なんとか食っている。もうすぐ最盛期を迎えるブルーベリーは、冷凍庫を片付けて保存するか、ジャムにする。早く家を建てて、パントリーが使える生活をしたい。
b0229636_15380579.jpg

先週の続きで、忍者部屋の床板張り。デッキの床板に自動カンナ盤を掛けて、切り揃えた後、面取り。ちょっと浅目の面取り。大きく取ると、ゴミ、ホコリが溜まってしまいそう。
b0229636_15380632.jpg

一間長の床板を半間交互に。少し長めに切って、浮かせ気味に端を合わせて、パチンと押し込む。そうするとぴったり収まり、ネジ留めする必要も無い位。1-2mm位の余分は梁が受けてくれる。
b0229636_15380698.jpg

飾り板を、天井板の余りから調達して、向こう正面と手前にエアネイラーで固定する。
b0229636_15380760.jpg

忍者部屋の入り口側から見る。この母屋の束にトンカラリと回転する入り口が着く予定。
b0229636_15380735.jpg

側面の三角にも飾り板を貼って、反対側は棚を造り付けで作るので、今日はここまで。
b0229636_15380854.jpg

もう立秋か。コスモスが咲き始めた。

Resumed to placing floor panels inside of Ninja attic. Thick 30mm redwood boards planed and chamfered 3mm on each edges. Cut without allowance and match end to push down so that the boards fit tightly without nail or screws. Leave without locking floor panels later helps me to add electric wiring. That's all for today.

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2017-08-04 15:04 | セルフビルド | Comments(0)