ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

月山2

卯月十二日

仙台のミッシーに連絡が取れたので、出てこいと言って無理矢理合流させた。

ミッシーが前日やった(実は滑りたくてうずうずしてたらしく、前の日に湯殿山の南面を一人で片付けたらしい)ルートを逆に入った。

月山のスキー場トップから昨日残してた姥ヶ岳に上がり、小休止のあと、快晴の空のもと正面に鳥海山が見える北面に飛び込む。まだ少し硬いが30度位のノートラックの斜面に狂喜しながら湯殿の鞍部まで3人で滑り降りる。

3つのこぶを持つ湯殿の1番奥の最高峰を目指し、シールを着けて登って行く。11時26分に頂上に到着。朝日連峰、蔵王、鳥海山、月山がぐるりと一望できる最高の展望台だ。近在のガイドが客を連れて10名程上がってきた。登山者も5名程。

賑やかな山頂を後にして南面に滑り込む。大きく左へトラバースしてベストの硬さに緩んだザラメの30度にファーストトラックを刻む。これだけ人がいて、総ての斜面がノートラックなのは相当ラッキー。

一気に滑り降りた後はブナの美林を愛でながら5キロ程の緩い尾根と谷を越えて車の待つネイチャーセンターまでのんびりと下る。

昨日に続いて今日も月山周辺を堪能。しかも、まだまだ堪えられない斜面は数多くある。滑りを楽しむだけなら日本中探してもここに勝る場所を見つけるのは難しい程の場所だろう。山形まで足を延ばす価値は十二分にある。花も紅葉も見事らしい。そしてお世話になったロッジやつなみのホスピタリティーは最高だった。
コメント
コメント

じーまみ2007年04月13日 23:59
おかえりなさいませ。
なんだか、楽しい思いをしてきたみたいで・・・
この季節に、月山というところは、まだまだ雪があるみたいですね。私も、いつか行って見たいです。

私も、はよ引越し終えて遊び行くぞぉ~!!


fukuyama2007年04月14日 00:46
ほんとに充実の三日間で、楽しかったですね。

月山三度目ですが、バックカントリーとしての大きな魅力を今回は十二分に実感できた気がします。
「姥ケ岳北面」のヨーロッパアルプスチック(行ったことないけど)な光景、そして何と言っても「湯殿山南面」の身震いする程大きなスケールのバックボウル、しっかりと目に焼き付けました。

そして、突然の呼び出しにもかかわらず、朝から「全開」で我々につき合ってくれた仙台の仲間に感謝です。

で、次は夏の「花の月山」でしょうか。

まだまだシーズンは続きますが、お互い事故の無きよう精進しましょうね。

するすみ2007年04月14日 01:12
じーまみさん

そっちは関東からだから山形はいつでも行けるよ。その前に立山はどうする?どっちにしても体力無いと山は連れていけないよ。コンクリートブロック3~4枚背負って1日4~5時間のハイキングがオススメのトレーニングメニューです。頑張れよ。

fukuyamaさん

お疲れさんした~。いや~、最高でしたね~。口車に乗せられて行った甲斐があったってもんですよ。(うそです。と~っても行きたかった所でした。)5月の立山は無理っぽいご様子ですので、6月の富士山は付き合ってくださいよ。楽しみにしています。その前に琵琶湖1周しませんか?
[PR]
# by blacklabsurusumi | 2007-04-13 17:07 | 雪遊び | Comments(0)

月山1

10日から12日まで、山形の月山にテレマークツアーに出た。以下その記録

卯月十日。小雪から吹雪。

朝10時に宿に入って、とりあえず着替えてリフトに向かう。
スキー場オープンの神事が執り行われる為、リフトは昼から。でもタダ。ガンガン降り積もる雪の中を柔らかい樹林帯に求めて滑り込む。快適な新雪を飛ばして、3時に喰い終わり、宿に戻ってビール。月山は吹雪で見えず。年配の登山者が遭難騒ぎを起こす。翌日救助された。

卯月十一日。微風快晴。

ビーコンのスイッチを入れるより、月の山の柔雪まず心に掛かりて。シールを張り付ける心もそぞろに、いそいそと頂を目指す。広漠たるたおやかな頂稜に人の影も無し。

頂上から北東面の広いバックボウルに飛び込む。やった~。ファーストトラックや~。しかも出だしは昨日降ったパウダーが残ってて、ふわふわ~。ワハハ~、悔しいか~。

一気に清川行人小屋までの2.5キロを滑り降りる。途中、フィルムクラストやシュカブラが入るので小さなジャンプターンを多用する。鞍部を渡る手前で登り返し。1時間程で元来た稜線の少し下にでて、今度は姥ヶ岳方面に向かって30度位の斜面を500m程下る。最初はブレーカブルクラストからフィルムクラストとザラメの上に積もった新雪を快調に飛ばして金姥まで。その直下の斜面は全面新雪~!もったいないので小回りでまたまた500m程至福の滑りを堪能。

リフトトップを左に巻いて、樹林帯へ。フィルムクラストとザラメが交互に出て来るブナの疎林を姥沢小屋の真上まで。ここまで下ると湿気が多く、重たい。ガラコの出番やったけど塗るの忘れてた。

ピステンの掛かった林道を巻いて駐車場の手前ぎりぎりまで滑り。すぐに宿のデッキでビール。ぷは~っ!うめ~!

天気サイコー!、雪サイコー!極楽な一日やった。
[PR]
# by blacklabsurusumi | 2007-04-13 09:40 | 雪遊び | Comments(0)

又兵衛桜


桜が大嫌いである。正確に言うと、ソメイヨシノが大嫌いだ。

  明治維新後の国策として植樹されたソメイヨシノには何の感情も湧かない。実家は花見シーズンに数十万人が訪れる名所のすぐ脇にあった。花が咲き始めると同時に、朝から場所取りが来て酒盛りを始め、夜中まで沿道は人で埋め尽くされ、ドンチャン騒ぎが深夜に及ぶ。そして、最後の酔っ払いが帰る明け方にはまた場所取りが来るというサイクルがシーズン中続く。近所の住民はたまったものではない。これが大学卒業までの22年間毎年必ずやって来て、ソメイヨシノへの怨念はしっかりと心に刻まれた。

  しかしこの又兵衛桜を某国営放送局の大河ドラマのオープニングで見て心を奪われた。調べて見ると奈良の田舎ではないか。ちょっと遠いなと思っていたら、1昨年、南阪奈道路というやつが開通し、大和高田バイパスを繋げば1時間足らずで行けることが判明。ベストのタイミングを待った。

  1年越しのウェイティングが今日実った。素晴らしい桜である。樹齢300余年。未だに樹勢はみずみずしく、遠くからもそれと判る位置に鎮座している。大勢の見物客がいたが、だれも花見の宴を張っていないところが素晴らしい。夜間はライトアップされる程の町上げての力の入れようだが、昼間に青空のもと見るのが最高。このしだれ桜に並ぶものをいまだに見たことが無い。白山で広大な高山植物の開花を見て以来、花を見て感動した。いい一日だった。
コメント
コメント

バンバン2007年04月07日 00:02
エエ桜ですね!
歴史を刻みつつ毎年瑞々しい花を咲かせる。
弘前の桜もそうですが、史跡にある桜って僕は好きです。
石垣にも年月を感じる苔などもむしている風情が好きです。

今日静岡から高速使って帰ってきましたが、
浜名湖の桜が満開でした。

おけい2007年04月07日 01:54
素敵な桜ですね。
京都などの観光名所に咲いてる桜とは違い、
おおらかというか、力強い枝ぷっりですね。

城跡に咲いてるんですか?
歴史があり、生で見たら魅了されるでしょうね。
来年機会があれば是非見たいと思います。
良い情報をありがとうございます。

するすみ2007年04月07日 09:34
バンバンさん
おけいさん

残念ながら城跡ではなく、護岸の石垣です。桜の前の川を拡げて公園にするため削り取った跡を固める土台で、結構不粋なもんです。以前はせり出した土手だったようですね

さて、開花情報ですが、写真の状態で8分なので、もう少し楽しむことができます。いつもは4月中旬までだそうです。
[PR]
# by blacklabsurusumi | 2007-04-06 02:54 | 水遊び | Comments(0)

ホワイトピア

 久しぶりに新雪が降ったので、奥美濃に行ってきた。約20~30CMで午前中だけの短命だったが、しっかり喰った。でも腹八分目。
 パウダー食らったら、午後はきちんと板に乗る練習。前回新しい板でできなかった、中廻りのカービングターンをしっかり完成、とまでは行かないけど、きれいに繋ぐことを意識してエッジングを心がけた。ちょっと満足。レールの感覚が大分掴めてきた。シュプールは正直。ちゃんと切れると、2本の線が綺麗にサインカーブを描く。でも、ところどころズレが~。まだまだやの~。今シーズン、あと1回くらい柔らかい雪の上で練習できるかな?目標はあくまでも、どんな雪質でも、モナカでも切れる力強い滑りじゃ~。精進、精進。ほんでも、新しいことって面白いの~。
コメント
コメント

じーまみ2007年03月15日 23:33
メキシコから帰ったら寒くてびっくり!!でもうれしい・・みたいな。25日、行きたいでーす!!
[PR]
# by blacklabsurusumi | 2007-03-14 00:55 | 雪遊び | Comments(0)

京都で自転車に乗った

  久しぶりに輪行というものをやった。また京都や。チエ祭というコグ1個にこだわる連中の(そうじゃない人も沢山いたけど)集まり。僕の小径車は街乗りならコグは1個で十分と思っているので迷わず先代から譲り受けてから1個だけ。でも、fixedじゃない。人様に迷惑かけそうやから。
  昔、博多の南米商会製のピストに乗せてもらった感覚は今でも覚えている。自転車始めた頃の記憶。三つ子の魂と言うが、何でも新しい事を始める時に誰でも赤子に帰るものか?
  最近ではリカに初めて乗った時に、すんげーあぶなっかしい乗り物やと思ったのが新鮮に甦って来る。黄泉から帰る。再生、rebornやね。
  いつも、何かちょっとでええから新しいことしたいなという時がある。また、径のおっきな自転車に乗りたなってきた。チエ祭。久しぶりにインパクトあったな~。
コメント
コメント

Sato2007年03月13日 09:25
今度お会いしたときにウチのやつでもお試しください。>径のおっきな自転車

するすみ2007年03月14日 00:57
Satoさん>>

ありがとうございます。でも、もしかしたら、例の日仕事が入りそうです~。せっかく楽しみにしていたのに~。

おけい2007年03月17日 02:00
当日は大変お世話になりました。
残念ながらチエ祭は2回目にして、
ラストとなるようですが、
こんな風に様々な方と出会えるキッカケとなったことが、
お祭りも楽しかったですが、
私は良い経験になりました。
一緒にゲームに参加出来たこと、大変うれしく思います。
ありがとうございます。

するすみ2007年03月17日 10:21
おっ、おけいさん、元気?いえ、いえ。おけいリーダーのおかげでチエ祭大変楽しいものになりました。だってオッサンばかりじゃプリクラの撮り方なんて判んないもんな~。アハハ~
次は無しと言うことですが、似たような事やりそうな気配。そん時ゃ、今度は本気モードで、目を三角にしてやりましょうか?

おけい2007年03月17日 18:47
あ~プリクラ!
私もプリクラは久しぶりでした。
前回の夏のチエ祭以来かな。
だから、実はかなり手間取っていましたよ。

次回あっても、目は丸くでお願いします。
[PR]
# by blacklabsurusumi | 2007-03-12 23:27 | 自転車は楽しい | Comments(0)