ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録293 A selfbuilder’s note

今年の湖北には、一気に春が押し寄せ、全ての花が同時進行で咲いている。エドヒガンも南高梅も、薮椿も、黄木蓮も。ぜぇ〜んぶ、咲いている。
b0229636_06505230.jpg
ウチのシンボルツリー。豪華な黄木蓮の咲き様。山が笑い出した。
b0229636_06543006.jpg
蜂達も大忙し。分蜂前に雄蜂と子蜂が飛行練習、トップガンがひっきりなしに蜜と花粉を運んで来るので、巣箱の前はわちゃわちゃ。
b0229636_06575051.jpg
最上段の蜂子圏は子蜂が凄い勢いで生まれ、満員御礼。着々と分蜂の準備が進んでる。
b0229636_07013007.jpg
今の巣箱にいる親女王が巣別れして、配下を連れての第一分蜂は、その後の我が家の養蜂システムの存続に関わる大事なイベント。どうしても、残って欲しい。ということです、取りこぼしが許されない待ち箱態勢を。準備万端。
b0229636_07093154.jpg
家作りも同時進行してます。我が家の電気配線の通電チェック。基地の小屋から電源を引っ張って来て。各回線毎に仮接続して、コンセントにライトを差し込んで、点灯するか確認。感動の通電から、点灯!今までやった配線が間違ってなかった事が証明(照明?)された瞬間。
b0229636_07172284.jpg
とばかり、喜んでばかり居られないので、残りはテスターでチェックする事に。はい、ちゃんと107ボルト流れてます。通電オッケー。とドンドン、最終チェックを各回線毎に進めて行く。
b0229636_07201599.jpg
と、快調にチェックが進む中で、回線の途中から通電してないコンセント発見。回線を走り回って接続を確認すると、1ヶ所だけ接地側が抜けている接続を探し出した。結局、スイッチの配線繋ぎ間違いがもう1ヶ所見つかって、全体の配線で合計2ヶ所の不通部分が判明。
b0229636_07294554.jpg
回線のチェックをしていて気づいた。そういえば、外のエコキュート システムの取付がまだだった。あはは〜。で、土台のコンクリートスラブに振動ドリルで穴を空けて、アンカーを打って、
b0229636_07324229.jpg
ハイ、ガッチリ取付完了。
b0229636_07334794.jpg
ヒートポンプ側に渡り線を配線して、
b0229636_07345834.jpg
貯湯槽内に結線。
b0229636_07370846.jpg
D種接地工事を行う。簡単なアース棒埋込です。鍬で掘って、銅の棒を地下30cm以下に埋設する。200Vの機器やその他エアコン、熱源となる機器には義務付けられている。ここはキッチリ内線規定(電力会社の安全施工規定)に従って施工する。電気の契約してくれなかったら困るもんね〜。
b0229636_07531807.jpg
で、外配線の保護が終わって、エコキュート の配線完了。
b0229636_07553593.jpg
ワンコ仲間のバーベキューに参加。お肉の網焼きだけかと思いきや、燻製、ダッチオーブン、チョコレートフォンデュまで、フルコースで。
b0229636_07583950.jpg

b0229636_07584078.jpg
定番のアクアパッツァと丸鶏蒸し焼き。
b0229636_07594842.jpg
なんと、ワシの退職祝いまで、サプライズで。ワオ!楽しいひと時をありがとう。

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2018-04-15 06:47 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録292 A selfbuilder’s note

今週は居続けで突貫作業中。だんだん息が上がってきた。
b0229636_18074503.jpg

b0229636_18075490.jpg
縞模様のミツバチの中に、黒い個体がいきなり混ざって来たので、敵機襲来かと思いきや、どうやら今年生まれたばかりの雄蜂さん達らしい。彼らは、雌ばかりの世界で、子孫を残す為に新しい女王(他所の巣の)と交尾する為に生まれて来た。彼らが巣に出入りを始めると間も無く分蜂を迎えるサイン。急ぎ、待ち箱を用意。以前作った箱をバージョンアップして再利用。次の分蜂群を是非捕まえて、コロニーを増やしたい。
b0229636_18154665.jpg
先週に続き、熱交換気ユニットの配管。接続部分を全て外側から断熱する為のスポンジテープを巻く。
b0229636_18175433.jpg
さらに、吸気と排気の配管を屋外のフード付きガラリに接続して、外気導入、排気を行う。パイプファンの取り付けと同じ要領。壁に自在錐で穴を空け、100mmのVU塩ビ管を通して、防水カラーを着けて、ガラリを差し込む。ついでに、洗面所の天井換気扇のガラリ接続もやっといた。これで、ガラリ取り付けは全て終了。
b0229636_18265119.jpg
次に熱交換気ユニットの配線。配線ボックスはユニットの下側に着いているので、上から覗き込んで、VVF2.0の三芯ケーブルを接続。梁に足を引っ掛け、腹筋だけで身体を支えて、両手をフリーにしてから空中の作業なので、簡単な接続でも、超シンドイ。接続が終わったら、ゼーゼーハーハー。電気系統へのアクセスが悪いので、メンテが心配だが、そうしょっちゅうはいじらないので、本体取り付け位置優先とした。
b0229636_18350254.jpg
久しぶりに角ノミ盤を出して来て、二階ロフトの階段がわ手摺を加工。無くても良いっちゃ良いけど、阿保なヤツが来て、落ちられると迷惑なので、設計の中に入れていた。優先順位の通り、一番最後の大物。90mmの桧の残材を利用して、足らない長手方向は鎌掛けで繋ぎ、それでも、オーバースペック気味にガッチリ作った。
b0229636_18411399.jpg
予め、梁の仕口切りの時にホゾ穴を開けておいたので、その穴を使って母屋と並行して、柱を建てて行く。
b0229636_18433831.jpg
木組みだけでガッチリ嵌って、おいそれとは決して抜けないレベルで取り付け。やはり構造材の組み付けは大工仕事の中でも、一番好きな作業。久しぶりにやったので、多少のズレはあるが、気持ち良い出来栄え。角の面取りも1cm取って、材の表面も仕上げカンナで綺麗に磨いてある。もうすぐこんな作業も終わると思うと寂しい気もする。さて、週明けからは、配線の通電テストが始まる。

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2018-04-08 18:06 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録291 A selfbuilder’s note

天気が続くので、田舎はやることだらけ、時間が飛ぶように過ぎて行く。
b0229636_18243944.jpg
先ずは、お隣さんから伸びて来る木の枝を、我が家に差し掛かった分だけ伐採。枝と言っても、大きいのは直径20cm程あって、そのまま落下させて、ちょっとでも何かに触れようものなら、かなりの確率で破壊する程、重量がある。そこで、樹上伐採のテクニックとして、一旦、切る枝の上の枝に支点を取って、そこからロープで吊るしてから、ゆっくり降ろす。この操作全般をリギングと言うが、元々は帆船の用語。この基本が判って作業するのと、そうでないのでは、ずいぶんと周りへの影響が変わってくる。とりあえず、フェンスや庭木を折ったり切ったりしないように丁寧に降ろして行く。久しぶりのクライミングとビッグウォールのホーリングのような動きで身体のあちこちが強張っている。
b0229636_18370865.jpg
それでも午前中だけは家作りを進行させて、キッチンダイニングの棚に下枠を取り付けたり、
b0229636_18391328.jpg
吊り戸棚の中に配線をして、照明や換気扇の取り付け準備もする。ペースを考えないと、身体が持つか心配になってきた。
b0229636_18420224.jpg
基地も本格的な春を迎え、夜間の冷え込みも和らいで来たので、蜂の巣箱を覆っていた冬囲いを外し、夏向きの仕様に変更。
b0229636_18441691.jpg
戸棚の扉を試作。同じ物を14枚作る事になるので、材料の在庫や歩留まりを考えながらコレに決めた。
b0229636_18472566.jpg
これも外が何日も続けて晴れなので出来る仕事。8年前から乾燥させている小楢の板を、自動カンナ盤に入る幅に切り揃えて屋根の下に入れる。とにかく重たい、一枚40kgはゆうにある。取り回しが大変。でも、トタン板を掛けただけで風雪に耐えた板の中から薄い桜色した綺麗な木肌が出て来ると、ホントにこの材を板材として製材して貰って良かったとつくづく思う。ダイニングにドッシリとしたテーブルが出現する日も近い。
b0229636_18550006.jpg

b0229636_18550380.jpg
コレは自然な切れ端を生かした、トイレのカウンター。本棚兼、トイレットペーパーホルダー兼、手水台になる予定。
b0229636_18572737.jpg
最後の大物設備、熱交換気ユニットが所定の位置にやっと入った。コレを通して、空気の出し入れをして、夏の夜は涼しく、冬は暖かい、綺麗な空気を室内に循環させる。熱利用の効率が飛躍的に上がり、冬季のエネルギーランニングコストをかなり低減できる。
b0229636_19022274.jpg
で、その配管。分岐ユニットから各部屋毎のルーバーに新鮮な空気を送り、太いソフトパイプからリビングの暖かい、汚れた空気を排気。 その時に回収される熱量は6割程で、窓を開けて空気を入れ替えてするのに比べたら、ヒートロスは雲泥の差。
b0229636_19084046.jpg

b0229636_19084449.jpg

b0229636_19084861.jpg
吸気用の大きなルーバーは、専用の物より雰囲気を合わせる為、自作。結構良い出来栄え。プラスチックのルーバーはもひとつ好きになれない。
b0229636_19112769.jpg
我が家のシンボルツリーの黄木蓮が咲き始めた。明日の朝はパカパカと音を立てて、満開になるだろう。

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2018-04-03 18:22 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録290A selfbuilder’s note

先週はバタバタとして、ブログをサボってました。ようやく今年還暦を迎えるにあたり、会社の業務を終え、今は有給消化の長い春休みに入りました。五月まで在籍ですが、最後まで良くしていただいた皆さん、心からお礼を申し上げます。
b0229636_23213941.jpg
人生初の胴上げで締めて頂きました。さすがに、ウルウル来ました。ありがとう。
b0229636_23250138.jpg
基地に梅が綻び、もうこれで蜜蜂達も大丈夫。
b0229636_23270007.jpg
ちょっとだけ家作りは置いといて、畑を起こしたり、
b0229636_23284967.jpg

b0229636_23285478.jpg

b0229636_23285851.jpg
図面を引いて、麹を作る室(むろ)を作ったりして、のんびりと過ごしました。
b0229636_23312901.jpg

b0229636_23313349.jpg

b0229636_23313768.jpg
さて、休養明けの最初は、キッチン・ダイニングの吊り戸棚三種から。枠を軽い杉の38mm角材に代えて、
b0229636_23345003.jpg
固定用の梁を赤松で天井裏に入れたりして、ガッチリ固定。思ったより頑丈に着きました。
b0229636_23372383.jpg
底板に5mmの合板をクランプで固定して、
b0229636_23383105.jpg
エアネイラーで底板を固定。
b0229636_23433762.jpg
側板を着けるとかなり安定します。もうすでにビクともしません。
b0229636_23475545.jpg
流し台や調理台にも側板を着けて、全体の色調を合わせて行きます。さて、ぼぼ最後の大物の部材が入ったので、そろそろラストスパートに入ります。休みない家作りが続くので、体と相談しながら頑張りたいと思います。

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2018-03-25 23:17 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録289 A selfbuilder’s note

今週は変則週末で、金曜日と土曜日お休み。寒が戻ってきた氷雨の道を基地から自転車で。
b0229636_15273258.jpg
リンゴがもう終わりを迎える頃。どうしようか悩んだけど、切ってあるサンプルに蜜がたっぷりだったので、リンゴ酢を作ることに。これで、約1.5リットルくらい絞れそう。早くて3週間後かな?
b0229636_15311962.jpg
先週に引き続き、棚板を作る。全部で30枚程。パントリーは、このキッチンにはとても重要な位置を占めるもの。基地移住後は発酵食品を中心に自給の生活を計画している。様々な保存食の容器が並ぶ筈だ。ガッチリ、きっちり、自由度の高い棚を目指す。だから、一枚一枚が独立して入れ替え可能に作る。棚の奥行きが一枚半になるので、間を5mm程開けて、通気させる。
b0229636_15375554.jpg
iPhone用の広角レンズが100均で手に入れたのを忘れてた。全景とまではいかないけど、パントリーの中はこんな感じ。真ん中二つのフレームが左右より広く設置されている。それに合わせた棚板の幅で、頻度の高い中央の列が広く取ってある。早目に上がって風呂へ行く。
b0229636_15510013.jpg
今日はパントリーの床板打ち。キッチン側と高さを合わせて、15mm厚の檜の相決り。雌側に床用のスパイラル釘を打ち、釘締めで、溝の奥まで打ち込む。適当に噛ませておいて、斜めに打ち込んで締め込む。ぴったりと噛む。
b0229636_15535486.jpg
床板が貼り上がって棚の床を上から見る。真ん中の床下貯蔵庫の蓋は別途切り抜いて、床板をトラップドアーに貼り付けてある。
b0229636_16145136.jpg
こんな感じ。床板が埋まった。しまった!柄合わせを忘れている。まっ、いっか。文句言う人いないでしょう。トラップドアーの引き手は床板に埋まるようにオフセットに仕上げてある。
b0229636_16185979.jpg
床下収納庫を開けた状態。スムーズに動くのを確認して、面取り鉋を掛けて。今週はこれで終わり。来週から人生の夏休みが待っている。宿題も無い。待ち切れん。

Friday started with planing and chamfering shelf trays. Fix 1 and a half redwood board with 2 crosspieces. Trays fit barely into offset joints. So the entire shelves became so rigid. Took picture of the shelf by fisheye lens for iPhone. 

The next job was to fill the pantry floor with spruce board. The floor boards’ joint nailed on female side by spiral nails. 

[PR]
# by blacklabsurusumi | 2018-03-10 15:24 | セルフビルド | Comments(0)