ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

野鍛冶復活プロジェクト その2

クラウドファンディングも多くの支持を頂き、成功裡に終わり、いよいよ、プロジェクトが一般に向けて公開の運びとなりました。
b0229636_16514110.jpg

その前に、懸案だった火床(ほど)を新しい物に作り直しました。メンバーのふじたんが作ってくれた火床は、シロッコファンを動力にパイプを通ってロストルに空気を送り込む仕掛けです。
b0229636_16514162.jpg

更に、鍛冶場オーナーの知り合いの左官屋さんに壊れていた天蓋の側面を修理して頂き、メンバーで綺麗に掃除、片付けを行いました。
b0229636_16514212.jpg

そうして、ついに火入れ式の日を迎えることが出来ました。
b0229636_16514266.jpg

親方が玉串の奉天を行い。火入れの儀が厳かに行われました。儀式は不肖私めが執り行ないました。(^-^)/
b0229636_16514297.jpg

火入れの儀に続き、親方とふじたんが奉納の雛型を初めての作業として作りました。
b0229636_16514344.jpg

雛型は、鎌と蔵の鍵の対で出来ており、
b0229636_16514399.jpg

今後の発展と、安全を祈願して、横座の右手壁上に、鍛冶の神様から頂いたお札と一緒に供えられます。
b0229636_16514386.jpg

其々が自分の出来る事を持ち寄り、「びわ湖高島・野鍛冶復活プロジェクト」の船出です。皆さん、今後ともよろしくお願いします。

With successfully being budgeted by cloud funding, financially our project ' Reactivating old blacksmith at Takashima city in Shiga prefecture' is now ready to launch.

Before open for public, members gathered tidying and cleaning the facility. While, one of our members replaced old fire bed with a new one. Also a friend of owner, a plumber fixed broken fire bed cover voluntarily.

We celebrated the first fire setting on the furnace. I organized the ritual as Shinto priest. For preying our safety as well as successful project running, we held Shinto ritual for the celebration. At the end of the ritual, two blacksmiths forged miniature a scythe and a key for traditional Japanese warehouse which implying prosperity.

The miniature key and scythe put together on a pedestal and retracted in a sacred box up above the fire bed.

All the members gathered in front of the workshop. We all welcoming your visit to the monthly event as well as you support for the project. God bless our future. Thank you.


[PR]
by blacklabsurusumi | 2016-04-17 16:14 | 溶接 | Comments(0)
<< 家作り備忘録192 A sel... 家作り備忘録191 A sel... >>