ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録295 A selfbuilder’s note

新緑が眩しい基地地方です。木々に囲まれた暮らしの一年で、最も美しいと感じる季節。
b0229636_12015402.jpg
ブルーベリーの花が開花し、マルハナバチやクロモンアゲハが来て、蜜と交換に授粉作業をしてくれます。我が家の蜜蜂達は、他に魅力的な蜜源があるのか、見向きもしてくれません。マルハナバチ頼りです。
b0229636_12055015.jpg
2階の床下配線、配管が全て終了して、24mmの構造用合板を貼り、全面を塞いだ後、梁や桁、根太に構造用合板を固定します。
b0229636_12103516.jpg
構造用合板の上に表面の床板を敷きます。桧の床板を1列目、慎重に貼ります。ここで正確に貼るかどうかが全体の見栄えの別れ道。常に、1列目は緊張の作業で、時間をかけて出来るだけ、綺麗に、隙間なく、真っ直ぐ貼ります。ここが集中のしどころ。2列目以降がグッと楽になります。
b0229636_12182965.jpg
節の多いB品と綺麗な板目のA品が混在した床下材を安く入手。目立たない所や家具に隠れる所にはB品を、導線や目立つ所にA品を配して、無駄無く材料を使い切る。節が有っても強度が下がる訳ではないけど、内装は見た目も少しは気にして作ります。
b0229636_12232542.jpg
本実の溝に細いネジで分厚い構造用合板に、斜めに撃ち込んで固定。ピシッと収まります。
b0229636_12254734.jpg
まだ要領が悪いので南側半分に約2.5日かかりました。
b0229636_12271108.jpg
多少要領を覚えた北側半分をだいたい二日で完了。屈んだ姿勢が続く作業なので、腰が痛くなって、夕方からの温泉が待ち遠しい作業です。
b0229636_12301232.jpg

b0229636_12301468.jpg

b0229636_12301531.jpg
合間に、麦を蒸して、種菌を撒き、室で保温して、麦麹を作りました。九州出身の人間にはやはり麦味噌が必要で、米味噌文化の関西圏にあって、必然的に、麦麹は自作に向かう。初めてにしては綺麗に麹が出来ました。来週にも味噌を仕込みます。
b0229636_12343952.jpg
二階の床がひと段落したので、階段の側壁を石膏ボードで塞ぎます。階段の段々に合わせてのカットが微妙にズレて、切り込みを合わせるのが一苦労です。
b0229636_12375856.jpg
コモンタイムの花が満開です。コレを花弁だけ摘んで、オリーブオイルに漬けると、ものすごく良い香りのハーブオイルになります。さて、連休は休んで、ワン達と遊んでやるか。

[PR]
by blacklabsurusumi | 2018-04-30 12:00 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録296 A sel... 家作り備忘録294 A sel... >>