ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録299 A selfbuilder’s note

ここ一週間で、事態が急展開。そろそろ引越しの準備かなぁと呑気に構えていたら、そういえば建築確認を受けないと、この家には住めない。建築申請を担当して頂いた設計事務所に電話して、どの位作り込めば建築確認を受けられるのか聴いて、進捗状況を写真付きでメールで送ると、「この状態なら、ココとココを設えれば直ぐにでも受けられますよ。」と指示を貰って、「じゃあ、1週間後に。」とアッサリ。
b0229636_08543185.jpg
キウィがみるみる大きくなって来る。とりあえず、検査のポイントは換気機能と防災対策の適正な設置。後は、僕が勝手に変えた設計変更部分が軽微な変更になるのか、計画変更という重大な変更になるのかを見てもらう。防災対策は警報機を付けるだけ。換気機能は、すでに終えている。一週間でできる事なんて知れてる。今更ジタバタしても始まらない。
b0229636_09071725.jpg
じゃあ、今まで通り続きを淡々とこなすのみ。頼んでいたグレーチングが来た。幅は合っているので、長さだけカット。ディスクグラインダーにダイヤモンドホイールを着けて切り落とす。バリを取って、面取りする。
b0229636_09161351.jpg
場所はここ、大きな天窓の真下。畳二枚分の空間をただの通路として塞いでしまうと、リビングに降り注ぐ太陽の光を遮る、暗くなる。コレは非常にもったいない。1日8時間以上陽が遮られれば、特に冬はリビングで過ごす時間も長く、暖かさがまるで違う。
b0229636_09265466.jpg
グレーチングの木枠を組んで、
b0229636_09274249.jpg
キッチリ収まった。この時期に、探したらスグに見つかったのは、かなりラッキー。耐荷重は大人の体重の数倍はある。
b0229636_09380068.jpg
しかも、網目からは貴重な光が充分に差し込む。ぴったりと思惑にはまった。明るい。コレでいい。考えて来た事を、ただ実行する。自分で家を作って行く楽しみがココにある。
b0229636_09560308.jpg
さて、最後まで残った和室の壁面構成。窓枠に一枚一枚カンナを掛けて、蜜蝋を塗って磨く。
b0229636_10033500.jpg
ちょっとキツ目に嵌め込み窓枠が完成。
b0229636_10072404.jpg
腰壁を貼る。畳の厚みをクリアして腰壁の下枠を回す。
b0229636_10084467.jpg
床の間と、
b0229636_10092023.jpg
部屋全体の石膏ボードを貼り終えて、家の室内壁面が全て埋まった。
b0229636_10153244.jpg
唯一、キッチンの換気扇が着いてなかった。急だったが、アマゾンのタイムセールで出物があったので、直ぐに取り寄せる。150mm径になる排気穴を開けて、スパイラルダクトを切って、コーキング。
b0229636_10185023.jpg
嵌め込みにちょっと苦労したが、ぴったり枠に収まって、ダクトにアルミの自在チューブで接続。アルミテープで縁を抑えて取付完了。
b0229636_10305014.jpg
今時の台所換気扇はシロッコファンが主流、ひと昔前の業務用以上の換気能力がある。掃除も簡単と来ている。家庭用の電化製品は飛躍的に進化している。
b0229636_10435870.jpg
階段に手摺を付けて。後は検査を待つばかり。

[PR]
by blacklabsurusumi | 2018-06-08 08:29 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録300 A sel... 家作り備忘録298 A sel... >>