ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録301 A selfbuilder’s note

先週建築確認が降りて、一旦、全ての造作を置いといて、ライフラインの接続に入る。
b0229636_23564727.jpg
我が家の蜜蜂は、今年三度の分蜂を経験して、残された新女王のグループはかなり数を減らしていたが、徐々に数を増やして分蜂前の勢力の半分程度まで回復して来た。これは新女王の交尾が成功した事を意味する。もう分蜂は無いと思うので、去年の強群にまで成長して欲しい。
b0229636_00142208.jpg
大阪の家から今まで使っていた机を運び込んで新居に合わせてサイズを調整して設置。
b0229636_00173660.jpg
キッチンシンクを据え付け。縁を防水接着処理。
b0229636_00243233.jpg
混合水栓に架橋ポリエチレン管のワンタッチ接続と逆止弁を挟んで通水のコントロールをし易くする。
b0229636_00364873.jpg
先週室内の配線が完了した時点で、地元の電気工事業者に電力会社への引込み工事依頼をしてもらうよう連絡を取った。この引込み配線工事は僕の資格の枠を越えている為、上位の有資格者に申請と工事の依頼をするのが普通だ。そこで、来ていただいて業者にザッと配線状態を見て貰った。早速、回線別の抵抗値を確認。確認が終わった時点で、不備を指摘して貰った。全て電線の径が合っていないケース。特に200VのIHコンロの径を大きくするべき工事説明書の指示を見落としていた。通常2sqのところ、依線の5.5sqに変更。修正が終わった時点で、先方から引込み工事もやらないかと言われて、結局上位資格者の監督で最終引込み配線まで出来ることになった。これは願っても無い事。申請と特殊な工具が必要な配電盤への接続のみ依頼することになった。
b0229636_01332658.jpg

電力会社からの引込み線を固定するアンカーを埋め込む
b0229636_01371851.jpg
コレが引込み線と接続する電線。ボールペンと比べて欲しい。こんなに太い線(通常2sqだから10倍の太さ)を配線する。
b0229636_01442963.jpg
壁に穴を空けて二次側のパイプに通す。
b0229636_01551757.jpg
二次側の差し込み部分をカットして、上からまた保護チューブに差し込んで一次側をボックスに収まるよう曲げ込む。ここまで電線が太いと曲げた反発でプラスチック製のボックスを破損してしまう。しっかりと型を付けないと危ない。また、自重でダレてしまうので、壁に中間支点を取って吊るす。一次側の反対の先端は引き込み線と結線されるので、若干余らせて、軒下に支点でぶら下げておく。
b0229636_02114160.jpg
季節柄ラッキョを漬けた。食べ頃になるまでに家が住める様になってるかな?

[PR]
by blacklabsurusumi | 2018-06-24 23:30 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録302 A sel... 家作り備忘録300 A sel... >>