ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

家作り備忘録302 A selfbuilder’s note

建物外部の引込み線配線工事が終わった時点で、一旦屋内に戻り、分電盤への各回路の差し込み作業を行う。
b0229636_04504855.jpg
その前に、引っ越しの荷物がど〜んと来た。各部屋は引っ越しの段ボール箱で埋まり、途方にくれる。
b0229636_04541557.jpg
分電盤への最終端末の差し込みは簡単な作業。極性を確認して、電線の皮を剥いて、ブレーカーに先端を差し込んでいくだけ。快調に進む。引き込み線の末端だけ端子との接続があり、特殊工具が必要なので、工事業者の方にカシメて貰った。全ての配線が分電盤に収まり、電力会社の引き込み作業を待つ。
b0229636_05063207.jpg
大阪の家を引き払って、近所の公園で犬友から盛大に送別会をしていただき、そのまま磨墨を連れて新居に戻った。長旅ご苦労様。初めてのロフトで落ち着かない様子の磨墨。
b0229636_05104402.jpg
秘密基地のすぐ下にある運動公園で早速散歩、陽が昇るとかなりの暑さだが、ユックリと綺麗に刈り込まれたグランドの芝生の外周を回り、周回の最後の方にある湧き水でお腹を冷やして基地へ戻る。気持ち良さに半分寝落ちしそうな磨墨。
b0229636_05161584.jpg
引き込み線工事を待つ間に、もう一つのライフラインである上下水道の接続作業も続く。最近の下水道配管は各什器側にトラップが付いているので、フレックス管を下水管の頭に接続するだけ。上水道も架橋ポリ管の先端を専用の接続パーツにカチッというまで差し込むだけの簡単さ。
b0229636_05252149.jpg
そして、遂にその日がやってきた。基地の脇に立つ電柱横に高所作業車が横付けされ、路上封鎖してガードマンが立つというモノモノしさ。でも作業は、準備万端なので、30分程で完了。作業の方達は次のサイトへと去って行った。
b0229636_05300458.jpg
さて、自分で配線した引き込み線と電力会社の引き込み線が結線されて
b0229636_05312914.jpg
ブレーカーを上げるとメーターが周り始める。というか、デジタルなので、数字が徐々に増えて行く。
b0229636_05332917.jpg
どこの家庭もそうだろうけど、先ず冷蔵庫に電源を入れて、中身を移す作業から。我が家で最初に灯った光。うんうん、ちゃんと電気が来てる。今まで他人任せで、当たり前のことだった電気がつくという事が、自分でやると、こんなにも色々な作業の上にもたらされるモノという実感が湧く。セルフビルドで家を建てる感慨がここにある。
b0229636_05414645.jpg
それからは、今まで作業の度に持って回った延長コードのドラムが不要になり、近くのコンセントから電源が取れる。電灯も各所つけて回って、寝室になってるロフトの灯りは人感センサー付きの電球にした。動く度に点灯して、動かなくなると1分程で消灯。コレは便利。センサーとタイマースイッチを別々に工事する必要が無く、LEDの電球を差し込むだけ。そこに掛かっていた大仰な装置と作業がわずか一個の電球で出来てしまう。電気の世界は、刮目して見ていないと、直ぐに置いて行かれる程、日進月歩。
b0229636_05515462.jpg
この一週間は怒涛のようだった。やっと、朝の散歩にも慣れて、磨墨は下の公園に沐浴しに行く時間と勘違いして、朝夕の散歩が楽しみになってる。道々の変化にも目が行く余裕も出て来た。子供の頃には、季節になると夢中になった野イチゴ。久しぶりに頬張ると甘酸っぱい味は昔のままだ。磨墨にもお裾分け。

[PR]
by blacklabsurusumi | 2018-07-04 04:41 | セルフビルド | Comments(0)
<< 家作り備忘録303 A sel... 家作り備忘録301 A sel... >>