ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

カテゴリ:セルフビルド( 319 )

家作り備忘録33 A selfbuilder's note

平日に休みが取れたので、前もって町の教育委員会に連絡を取り、史蹟課の試掘立会いを依頼した。基地周辺は古墳が幾つか点在しており、基礎掘削のタイミングで出土品が無いか検査を受ける事が義務化されている。
b0229636_184052100.jpg

それに合わせて、ユンボのレンタルを予約。朝一運んで貰った。今日はプラスしてランマーも。基礎の砕石ベースをきっちり抑えるのと、残土を叩き締めて布基礎の間に詰める予定。
b0229636_18405414.jpg

b0229636_18405668.jpg

掘削に当たっては、芯線上に白線を引いておかなきゃならない。それにはあのタイヤ付きの白線引きを、近所の学校の体育倉庫に忍び込んで、黙って借りて来ようと画策していたところ、ふと目に止まったAmazonの箱。これ使えるんちゃうん?早速、箱の側面のほぼ底面近くに切り込みを入れて、排出口を作り、ガムテープで補強。石灰は畑に撒く有機石灰。土に混ぜ込んでも問題ありません。どうです?サッカーコートのターフに引いた見事なラインにも見劣りしないでしょう?
b0229636_1840585.jpg

町の教育委員会史蹟課担当者は、四隅をちょっと掘り返したら、写真撮って、サッサと帰っちゃいました。そんで、天気も良いので、春の楽しみを少々。基地周辺は山菜のパラダイス。今年は暖かいせいか、タラの芽も開いてしまうのも早く、ちょっとだけ。ワラビもかなり出てるけど、忙しいので後で。
b0229636_18405927.jpg

だいぶ掘り進んだところで、ユンボに異変が。うんともすんとも動かなくなった。安全レバーを外しても作動しなくなったので、建機屋さんに連絡。直ぐに代わりのユンボ持って来てくれました。そこで、今日はタイムアップ。続きはまた明日。

Took Friday off. In this area, we have several tombs of ancient local chieftains. Since You cannot start building your house before inspection of local educational committee. So I've submitted reservation for preliminary inspection of cultural property protection program. Not surprisingly, however, a clerk shown up and a few minutes of chatting and taking pictures, he's gone. What was that for anyway?


Before digging ditch for foundation,the location must be indicated by white chalk line. To draw lines on the ground, you need chalk marker. I was thinking about raiding local school wear house to borrow one and return before school begins. Well, I found that the Amazon parcel box will do. Cut at the bottom corner to make dispensing hole. Instead of using synthetic chalk, I've scooped crushed seashell into the box. Worked pretty well. Like gorgeous line on a turf of football field.

Digging ditch went pretty smooth at first. When getting dark, the power shovel stopped all of the sudden. Looked like hydraulic system went wrong. After calling rental company, they replaced the machine in about 30 minutes. OK, that's all for today. (To be continued)
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-04-12 20:06 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録32 A selfbuilder's note

爆弾低気圧のお陰で、外での作業は無理かな?と思ってたら、早朝だけ晴れた。
b0229636_21284620.jpg

b0229636_21284840.jpg


とりあえず、先週打った控え杭を起点に、丁張りをスライド移動させた。天気が変わる前に。で、終わると、いきなり降り出した。
b0229636_21285094.jpg

b0229636_21285171.jpg

晴れてるうちに、先週採らずにおいてた椎茸を収穫。新鮮な椎茸は嫌な臭いがしない。夕食のすき焼きで美味しくいただいた。
b0229636_21285222.jpg

基地の桜が開花。来週あたり見頃かな?
b0229636_21285432.jpg

雪柳も来週がベスト。
b0229636_21285550.jpg

b0229636_21285758.jpg

キュウイと山椒が芽を出した。
b0229636_21285915.jpg

b0229636_212906.jpg

家のママチャリがオシャカになったので、基地の地区内にある恭一さんの自転車屋さんBLUEにお願いした。磨墨が乗れるくらいデカイ籠付きの自転車を探していたら、丁度良いのが見つかった。パシュレイのデリバイク。名前の通り運搬車として、商店の配達に使われているらしい。前輪20インチ、後輪26インチで、内装3段のシフト付き。かごの最大積載重量が25kgまで。今の磨墨は重量オーバー。でも、載せてみると問題無さそう。もともとカヤックのコックピットやショッピングカートに載るのに全く抵抗が無いので、大人しくオスワリして乗っている。

さて、来週はいよいよ基礎の穴掘り開始。

Spring weather sometimes drops a bomb shell. Before strong wind and rain drop blowing real hard, I have finished sliding corner plate to the right spot.

Before the storm coming, picking Shiitake mushroom was fabulous this year. And the taste proved its excellency. Garden grown mushroom must be the best way to save energy of searching wild fungus. Anyway today's Shiitake became a member of tonight's Sukiyaki ingredients.

I've got my new bike. Title is a birthday present for my wife. Of course she use the bike for daily use such as commuting or shopping. However, the bike has a little bit taste of pleasure use. As the bike install a huge basket for carrying heavy load. Even carries my black Labrador. She likes to be in such a narrow space. Cockpit of kayak or even shipping cart will give her same coziness as being in a narrow cave. So she would not complain being in the basket. Sitting there quietly while I pedal. Isn't it a fun biking around Kyoto for seeking tasty Japanese sweets putting her in the basket when she tired of running with the bike?
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-04-07 20:36 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録31 A selfbuilders note

材料調達については、業者ではないので、いつも突き当たる課題。また新たな調達先の目処が付きそうなので、材料表を整理して商談に臨みます。紹介して頂いた進一郎さんありがとうございます。
b0229636_1154734.jpg

今年やっと椎茸が収穫出来る程度に出て来ました。聞いてみると、今年は基地地方の周辺は椎茸栽培の当たり年で、磨墨家だけではなさそうだ。
b0229636_1154815.jpg

収穫には専用のナイフを使います。オピネルが出している鎌状の刃で、鍛造の鋼製です。錆び易いのが難点ですが良く切れます。柄のお尻にブラシが着いてて、泥を払う事が出来ます。良く出来てます。ヨーロッパのキノコ採取文化は日本のそれとまた違った進化を遂げている。家作りがひと段落したら、鍛造のナイフや丁度を作りたいと思ってます。早く終わらせて、次に進みたくて仕方ない今日この頃です。
b0229636_1154934.jpg

今日は基礎の為の測量の見直し。設計士との打ち合わせ中に、30坪=100平方メートルが無資格者の設計限度だけど、一旦有資格者に申請を依頼するなら、いくらでも大きく出来る事が判明。横幅をもう1/4間拡げることにした。そこで、それまで丁張りしていた杭の外側に控え杭を打ち、水糸を張り、その延長線上に起点の杭を455mm移動させる。
b0229636_1155241.jpg

そこに大矩:巨大な三角定規を当てて、水糸に直角部分を合わせる。東西方向に水糸上をスライドさせて、距離を測り、ドンピシャの位置に下げ降りを合わせる。その真下が目標の移動位置。杭の頭にプラスの皿ネジを埋め込んで、そのプラスの交点に降り下げの先端を合わせると間違い無くセンターが出る。確認の為、対角線の長さをも測る。約3mmの誤差。一分。問題無いでしょう。
来週はその杭に合わせて丁張りを並行移動させたら、次の週にユンボを入れて掘り始める事になる。

About sourcing construction material, I've found a substitute. Will meet the supplier next week. This is the guy who timbered a huge oak tree I've cut down about 4 years ago. The trunk turned to be 13 pieces of 2.5inch thick board waiting for manufactured to be kitchen table top. He also built Shinichiro-san's workshop. A reliable guy. Probably we'll have good business.
Cultured edible fungus, Shiitake popped up enough for harvest. We have good year for those fungus around northern Shiga area. Adequate humidity and mild winter weather worked. Cropping mushroom need special knife. French knife maker, L'Opinel supplies best one, I guess. Maybe because their cultural background.
After consulting with architect, I found that 100 square meter limitation of designing house was no more exist. So I have expanded 455mm east-west wise. Measuring procedure starts from hammering additional post beyond the current border on the extension line. Set plumb with exact above center of corner post. Then slide the position to the expanded border line. Plumb again. Finally determined the extended position. To make sure the measurement was right, check diagonal length on both side. 3mm difference. Correct enough. I'll move the border plate to the new border next week. Will start digging the week after next.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-03-31 17:50 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録30 A selfbuilders note

春分の日から5連休を取った。ようやく構造材の手筈が整って、長浜のエコワークスさんの作業場にお邪魔して刻みに入ることに。
b0229636_1238495.jpg

だけど、行ってみると、予定の材が揃って無い。???とりあえず、仕方ないので梁に使う平角の小作り。要するに幅合わせの面取り。
b0229636_12381386.jpg


左は小作る前、右が後。
b0229636_1238751.jpg

間竿を作りました。尺棒とも言う。一本の棒に各節々の位置を書き込んで、連続して墨付けする時に便利。伝統的な大工さんは、これ一本に全ての必要な柱や束の長さを書き込んで使います。責任者と交渉するにも、不在だったので、今日はこれで帰ることに。翌日話し合いの結果、今回の取引は無かった事になった。これは痛かった。予定していた作業に掛かれないまま休みが全て無駄になってしまった。まぁ、ただ、一旦関わると他所様の加工場で作業するには自分勝手出来ないし。手に入いる予定の無い材料を待っても仕方ないので、切り換えて次を探そう。もう一度、図面に立ち帰って、材料を見直す事にしよう。ここは一つ冷静になって調達する材料を全て見直してみよう。
b0229636_1238833.jpg

翌日、近所のセルフビルド仲間・恭一さんのお店がグランドオープン。お祝いを言いに立寄った。お客さんが3人程。近所の木工作家健一郎さん夫妻とMTBのカスタムを依頼しに来た方が一名。う〜ん。欲しいもんいっぱい!ここは危険なエリアです^o^
b0229636_12381088.jpg

b0229636_12381298.jpg

基地にも本格的な春が。梅は3分位。虫とか鳥さんが沢山来て欲しい。水仙がやっと咲き始めた。

Took 5 days off straight. However, originally planned construction work was canceled by sudden notice of ordered material was unavailable. I found that when a young carpenter told me there's no such materials can be seen at their back yard the morning I arrived at their workshop. Then I phoned the boss away at another site. And he told me the real situation which was unacceptable. Well, there's no point arguing with those liars for making things straight. Since he lost my trust already. So I've pretended not much care and learned some technique from carpenters around. In fact these guys are really nice people and taught me and replied to me whatever I've asked about cutting tenon. So, I was there all day without spoiling my time. And fully enjoyed working with these people and left there with amicable fashion. Fuming off course, however, it is time for cooling my self down. Important thing is not to waste my valuable time. I've decided review my whole bill of material again. Then rethinking entire schedule. There's no problem finding other sources. I know it is hard to find complete alternative, though it may not be so difficult to find a close one very soon unless sticking with the best one. Or maybe I just do not know better ones. So I've spent last three days searching suppliers and found several nominees at home. Will catch up.

The next day of the accident, Kyoichi-san opened his bike shop finally. Had little chat and congratulated his first achievement. Then I ordered a new bike! That's for someone's birthday present. Hopefully my wife won't read this blog.(^^)
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-03-22 16:54 | セルフビルド | Comments(4)

家作り備忘録29 A selfbuilder's note

今週は一日だけ。最近のマイブームは土曜日の夜、京都駅近くのお風呂屋さんに入ってから基地入りすること。仕事終わってから直行すると、着く頃には近所の温泉はクローズしている時間。京都は学生さんの多い街なので、銭湯激戦区。駅近なのに結構沢山あります。お気に入りは大正の湯。八条口から歩いて5分。昭和な感じの銭湯。日替りで薬湯もあり、とても暖まります。サッパリ、ホカホカで基地に向かう。着いたら直ぐに薪ストーブで暖まり、寝る時は薪ストーブで沸かしたお湯で湯タンポ入れます。この熱源リレーのお陰で、今年も風邪を引かず、元気に過ごせました。

さて、早朝から起き出して、早速春の楽しみをと藪に分け入って見たんだけど、山菜はまだの様子。基地に戻ったら、

b0229636_16552480.jpg


基地の梅が綻び始めました。

b0229636_16552641.jpg


椎茸が芽を出してます。けど、まだまだ。収穫はどっちも来週以降かな〜?

b0229636_16552781.jpg


土台の刻みが終盤に差し掛かる所。あと4本を残すのみとなりました。

b0229636_16552979.jpg


来週から柱の墨付けと刻みに入ります。エコワークスの作業場で、大工さんと一緒に仕事出来るのが楽しみです。プロの技盗んで来ます。^o^
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-03-17 15:23 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録28 A selfbuilders note

今日は余呉まで、今後の方針決定に大きな意味を持つ人物と打ち合わせに行って来ました。

材料調達に於いて、一番大事な事は、信頼おける仕入れ先から買う事。特に家を建てる上で最も大事な構造材の仕入れは慎重に決めた方が良いに決まってる。相手がどんな考えで物を売っているのかで、その対価を払う意味が変わって来る。以前、ちょっとだけ立ち話をして、面白い発想の方だなという印象で、見積もりをお願いしていました。現在長浜市を拠点に環境対応型の家を建てる大工集団エコワークスのリーダー清水さんに、お話を伺って来た。

b0229636_2241399.jpg



つい話込んで、3時間程になった。こちら側の準備の具合や、家作りに対する思い、盛り込みたいアイデア等を聞いて頂き、先方の家作りに対する理念等を聴かせ貰った。

基本、農業を主体とした生活を考えた家作りであるとか、エネルギーの利用に対する考え方は一致している。熱の循環、空気の循環、水の循環についてもほぼ同じで、違和感は無かった。それを踏まえた上で、どのような家作りをするかについては、別々の意見だが、ワシの考え方を職人さんの立場から見て、賛同して貰えた。

決定的に違うのは、当たり前の事だが、先方は沢山家作りをする。こちらは一生に一回だけ作るという立場の違い。先方は住む人が替わっても住み続けられる家作り。こちらは自分達が生涯住み続けられれば、その後の事はあまり考えていない事。たまたま、長持ちして次の住人が住めれば良い程度の気持ちしか無い。長い目で見て、取り壊した時に循環する材料を使用するとか、長持ちさせる為にあまり過度に快適な家作りをしないというような部分が違っている。

彼らの手を借りて作るのなら、彼らの理念と擦り合わせる必要もあるが、出来る限り全て自分の手で作りたいと言う人間に材料と作業スペースを提供してくれるかと言う申し出にも、了解を得られた。とりあえず、興味本位ではなさそうと言う判断をされたようだ。良かった。

再来週の飛び石連休から刻みをスタートする事になった。ようやく本格的な家作りが始められる。有意義な打ち合わせが出来たと思っている。

I had a meeting with the leader of Eco-works, group of environment-minded carpenters on Sunday.

They'll supply construction material as well as technical services. So I gave him an offer of purchasing a whole set of lumbered wood for building my house. Since cutting tenon and mortise would be the most time consuming procedure. Now is the time limit of starting the job. Because I had to finish setting up skelton of my house before rainy season starts.

Buying a whole set of timber will be quite a sum of amount. Correct judgement required who's the best supplier. I needed to talk with him listening his background and intention of house making. It was interesting to know his way of living setting agriculture as it's core.

Once started, three hours passed like a moment. It was an interesting and productive conversation. At the bottom line, he understood my intention of house building. He kindly offered me to use his working space and storage with very reasonable pricing. That'll include technical advice as well. Working with professionals should be a lot of fun.

I enjoyed having conversation with him about passive solar system, especially. We both reached to an conclusion that heat generating cost should be minimum when the house is well insulated. Circulation of heat thus simply save quite a lot of living cost. Rain water will compensate for large amount of consumption of bathing use. He looked happy talking about these kind of topics. Well, I guess I'll be able to enjoy having business with this guy. Will start cutting joint from the spring equinox day. I can't wait.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-03-10 15:53 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録27A selfbuilder's note

地鎮祭続き

儀礼は準備で98%が終っている。残りの2%は、正確に進行することと、間違いがあっても、臨機応変に修正すること。
b0229636_0301084.jpg


今回祭壇の上には、野菜3種と果物3種。米と塩。酒と鯛を一匹。昆布とスルメの干物を。忌竹と注連縄で囲った外に盛り砂をして、忌鍬、忌鋤の代わりに本物の鍬とスコップに半紙を巻いて代用した。祝詞を折り畳んで懐に入れ、切り麻の代わりに撒く半紙の細切れを濡れないようにビニール袋に入れて、同じく懐へ。奉天用の玉串を祭壇の端に置いて完了。

本来なら斎戒沐浴して身を清めてから臨む儀式なんだけど、顔洗って、口をゆすぎ、手を洗うことで勘弁してもらおう。サッパリして装束を着用。大帷を着て、指貫を履く。狩衣を着て帯を締める。狩衣の袖は後ろ側で25cm程しか縫い止められてないので、動きが驚くほど自由だ。さすがに狩猟用です。前側の垂れを帯を隠すようにたくし上げて降ろす。後で見ると帯の端が垂れ下がって見えてますね〜。あ〜あ。カッコ悪い。帯に差し込んだ祝詞も見えてますねぇ。天気を待ってたので、かなり慌ててたんやね。

さて、始めようかと思ったら、凄い吹雪になった。様子見で待ち。吹雪が一段落したところで、祭壇を設置し、吹雪で御幣が千切れた注連縄を交換。急に家内が写真撮って貰おうと言い出して、たまたま外で作業中のヒデキさんを捕まえて来た。寒いのにすいませんね〜。^_^;

寒さと時折降り始める雪の中、式次第に従って、進めて行きます。
b0229636_030753.jpg

b0229636_0301243.jpg


先ずは修祓。御幣の房が付いた棒で清めの儀式。ちなみに横は玉串です。
b0229636_0301334.jpg

次は降神の儀。神を依代に迎える所作で、「お〜〜〜。」という声を出しながら迎えます。
b0229636_0301412.jpg

献饌の儀です。神に供え物を食べてもらうんですが、酒瓶の蓋を開けるだけ。
b0229636_0301668.jpg

一番降ったのが、祝詞を読んでいる最中で、文字が見えなくなる程吹き付けていました。
b0229636_0301748.jpg

続いて四方修祓。これは敷地の四隅を清浄にする目的で、修祓をしてから切り麻の代わりに切った和紙を撒いて清めます。
b0229636_0301987.jpg

b0229636_0302164.jpg

地鎮行事。忌鍬と忌鋤で砂盛りを「えい、えい、えい」の3回づつ突き刺します。
b0229636_0302218.jpg

続いて玉串奉天。後は撤饌の儀で酒瓶の蓋をします。 今度は昇神の儀で神を送り出したら修了
この時点では内幕は暴露されてないので、儀式は厳かに行われました。^o^色々言うに言えない失敗を隠しながら、無事終了。

とりあえず、やっといたら全てオッケーみたいなノリで終らせたけど、これで家族は無謀にも自分で家を建てるオヤジの決意を理解してくれるでしょう。少なくとも少しはモヤモヤが解消された程度でしょうけどね。

家作りは自分が持つ全ての精神世界の投影出来るものにしたい。工法も意匠も規模もジックリ5年掛かって家族とコンセンサスが出来た。地鎮祭はその節目。若い人は問題無いと思うけど、年取って住む家は、在来工法で建てると決めたのは、日本人のヒューマンサイズが基本だからだ。91cmの逓倍になっている。ほぼ日本人の半身で、このグリッドを組み合わせて行く事によって家が建ってゆく。このような尺寸法に囲まれる事で、違和感の無い空間に居る安心感がもたらされる。人のサイズに合わせてグリッドが決められているから無理が無い。違和感を感じ無い。インチ・ヤード法はイギリス人やアメリカ人に同じような安心感をもたらすんかな?

b0229636_0302316.jpg

地鎮祭が終った翌日は、雛祭り。朝からボーッとしてたら、斜め向かいのサキちゃんが、「おひな様のケーキ〜。」って、持って来てくれました。いつも、ありがとうね〜。昨日の御神酒の残りを白酒の代わりに、美味しく頂きました。萩の露結構いけます。

来週から頭を切り換えて、本格的に掘削工事を開始します。


To hold a ritual, preparation is the key. If well-prepared, everything will be all right. All you have to do the rest is just perform well and go for it.

To treat gods, esoteric table should be decorated with certain necessities. Three vegetables, three fruits, dried squid, dried sea-weed, salt, rice, a snapper and 2 bottle of sake. Small mound of sand for first construction ritual. Two digging tools for the ritual.

Esoteric table surrounded by crease rope with white cut paper indicating the sacred place. The rope tied on bamboo poles with green leaves.

Before stepping into the sacred space, priest has to purify himself by bathing and isolation. However, I had to finish preparation by a moment before the ritual start. So, I've just washed my hand and face before putting on the costume. Since being in a hurry, fitting of the garment didn't go right. Disappointing to see the picture showing end of belt coming out from front cover of Kariginu. Oh, dear.

In starting ritual, snow falling started also. Stormy weather getting stronger as the ritual going. But no way we could stop until carried out. By the time I was reading gods praising verse, snow flakes started covering surface of the parchment. Shivered to the bone, my teeth rattled. I still do not remember how I finished the reading. Soon after reading finished, snow started to stop.

Then purified each corner with spreading tiny cut paper. Asking my wife and mother-in-law to perform first construction play in the ritual. Finally asking gods to back where they should be. All the procedure ended without happenings. I thanked the neighbor who volunteered to take our pictures during the ritual.

Next day was Hinamaturi, girl's day. A girl across the street brought me a home made cake. Thank you guys always. Now lets get back to start building home, shall we.?
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-03-02 20:08 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録26 A selfbuilder's note

地鎮祭

我が家を建てるに当たって、地鎮祭をする事に決めた。ワシ、とある神社の最下級の神主の資格持ってます。学生の時、人類学の論文を書くのに、ちゃんと神道の所作を学んでおこうと思い、京都の官幣大社で神職の養成講座を受講。その時のオマケで貰った資格を、やっと使える日が来た。まぁ、今まで人の祭祀を司る事は考えなかったからね。御利益ゼロだろうし。^_^;

今回の地鎮祭用に装束を新調した。と言っても、高価なんで自分で縫った訳だけど。なんか簡単そうやし。

b0229636_10473818.jpg

反物を屁みたいな値段で、オークションで落として。
b0229636_10474022.jpg

裁断。
b0229636_10474148.jpg

手縫いはしんどいので、ミシンを使う。
b0229636_10474294.jpg

アイロン掛けて、ついでに糊で固める。カンターチが便利。

反物の幅は約38cmだけど、これは大人の男性の腕の一関節とほぼ同等の長さで、この生地幅を縦方向に並べたパーツを縫い合わせれば和装のボディが出来上がる。この幅は縫い代込みだから、良く考えられている。カヤックを自作していて知ったけど、イヌイットも同じようにヒジから指先までを一つのグリッドとして、各人オーダーメイドのカヤックを作る。細かい部分は手のひらの長さや指の幅何本という形で決めて行く。このエスニック・メジャメントから逸脱しないことで、楽な立ち居振る舞いが出来るように生活環境を作り上げて来た。同じように尺寸法というコードが日本人の生活様式を知らず知らずに支配しているのだろう。

こんなん作ってる時が一番しゃーわせ。ワシ、長いこと会社の生産部門で縫製の加工管理の仕事してたから、寸法図見たら大体構造が理解出来ます。狩衣はかなり簡単な部類のガーメントだな。あっ、そう言えば、この装束もそうだけど、和装って型紙を使わないようですねぇ。色んなサイト調べたけど、出て来ない。マスプロの製品は知らないけど、多分グリッドが決まっているので、身長を聞いてオーダーメイドで職人が作るんだろうな。まぁ、開口部や横幅は誰が着てもユッタリしてるから問題無いか。後は下帯や小物でフィッティングを調整するようです。だから、着付けという服を人に合わせる事を目的とした技能が発達したんだろうね。これもヒューマンセントリックな考え方が面白い。
b0229636_10474339.jpg

b0229636_10474447.jpg

ついでに小物を2点。笏と高烏帽子。
b0229636_10474612.jpg

b0229636_1047473.jpg


足元はやっぱ浅沓が正式です。ついでに作っちゃいました。上下パーツの接合は接着剤と和紙に膠で固める方法じゃないかと思うんだけど、カヤックの接合方法と同じくシニュー(動物の腱で作った縫合用の糸)で固定、縫合ラインにグルーブを入れてフラッシュ。人工漆で固める。浄衣の共生地にパンヤを詰めて、足の甲を保護する枕を入れる。不恰好だけど、一応脱げない。ベースの型をウォルディーズから採ったのが正解だった^o^

b0229636_10475662.jpg



今回の装束は、浄衣と呼ばれる白い(実際は生成りだけど)装束で、神主なら大宮司から新米の禰宜さんまで皆同じに着れる、オールマイティな祭祀用の服装。スタイルは狩衣(かりぎぬ)で、広く祭礼で使われるモードだ。元々、その名前の通り狩猟用なので、袖口に上下共ドローコードが付いていて、絞れるようになっているし、動き易い。神官のそれはほぼ飾りになっているようだが、指貫(さしぬき:袴の一種)の裾はだいたい絞ってあります。蹴鞠の装束に似ていますね。下着として大帷(おおかたびら)という襟が表から単(ひとえ)の重ね着に見える服を着て、足袋を履けば衣装は出来上がり。後は、烏帽子と笏(しゃく)を持てばそれなりに見えます。今回使った生地は縮緬なので、本来は襦袢用かな?ちょっと腰が無いんで、仕上げに糊いっぱい使わないと張りが出ない。どうせ二度と使わない装束だからバリバリに仕上げましょう。!(^-^)/

b0229636_10474897.jpg

b0229636_1047496.jpg

b0229636_10475178.jpg

b0229636_10475464.jpg


装束類が出来たところで、祭祀用のサイト作り。祭壇を作り、北から南を向いて設置。小物を用意して、忌竹を調達。御幣を藁縄に差し込んで吊るす。祭壇の上は一番上が神籬(ひもろぎ)つまり、神の依代(よりしろ)。まぁ、御休み処のようなもの。その神を饗応する供物が並ぶ。簡単に言うと、神道は教義神道を除けば、基本アニミズムの世界だから、神は何にでも宿る。その神の力を借りて日常の困った事や、果ては政治までコントロールしようとする。まぁ、為政者の思惑は置いといて、我々庶民はこれから起こる大工仕事での無事と安全というささやかな御利益を、饗応と祝詞で神をもてなして、その対価として貰おうという儀式がこの地鎮祭。やってる本人は別として、家族はこれで日本人的に安心するかな?まぁ、するでしょう。今回の祝詞(のりと)はちょっと欲張って、関係各方面の神達かなりの数にお願いするので、結構長くなりました。祝詞(のりと)はその語義の通り「祝いのコトバ」。諸説あると思うが、そう理解するのが一番合ってると思う。これでもかというくらい褒めちぎっている。規模が大きくなると巫女の舞や雅楽までついておもてなしするけど、予算の関係で今回はカット。^_^;こんなもんかな?
b0229636_104752100.jpg


式次第と祝詞を書く。と言ってもワードのプリントアウト。^_^; 祓い詞(はらいことば)をカンペに書いて笏に貼り付ける。
b0229636_10475357.jpg


進行をリハーサルして準備オッケー。さあ、やりますか。(続く)

To begin with whole procedure of building my house, I've decided to hold a ground breaking rite.

Sounds pretty strange but I'm a certified Shinto priest. The lowest of rank though, I was certified being priest when attended one week course given at a big shrine in Kyoto. I took the course for learning Shintoism so that I could back up my knowledge on anthropological thesis.

To prepare the ritual, I had to sew my costume. They called Kariginu:jacket and Sashinuki:pants The style of jackets and pants were originally used for hunting in ancient time. Both had draw cord at cuffs on jacket and hem on pants.

My experties with garment production supervisor helped me sewing this ritual garments. The construction of the jacket is rather simple. Traditional Japanese sewing style do not require patterns. Since fabric width determines basic grids of garment styling, the rest of sequence of garments sewing are length adjustment and fine tuning of openings unless user were Sumo wrestler. While simplicity of garment required specialist for fitting to be presentable. Garments must be adjusted for user in formal situation. Sounds quite human centric tradition, doesn't it?

Sourcing fabric wasn't so difficult. Bidding on yahoo auction, I've got 5 rolls of white kimono fabric. Made of silk with textured surface. Traditional fabric in northern Kyoto prefecture. Chirimen the name stands for shrunk surface. Very drapy. So soft that I needed corn starch glue when ironing to give it a little stiff touch.

Some ritual accessories needed to make. Wood stick Shaku. The stick replaced sword originally expected as formal during ritual. Probably rulers scared their inferior's coup. Then Eboshi the hat. This hat shows his rank among peers or priests. And the shoes. Shoes for formal occasion is wooden one called Asagutu. Which also hand made by me. Cutting out from good smell of Japanese cedar. Glossy lacquered with black paint. Inserting instep pads called Makura as pillow.

As for the color of ritual clothing. I've chosen the one I can use at any ritual. So the garment color must be white or non-scoured natural cream which is the color of undyed silk. Whatever the rank you are, white is omnipotent in Shintoism like yellow garment for Buddhism. Dalai Lama shares same color with a neophyte kid.

Shintoism is basically animism. So gods reincarnate everywhere. We invite gods to our site. Praise them, feed them, then ask for what we desire. Writing Norito as god praising song without melodies. Cutting white papers to determine sacred crease. The white paper also cut to shape for Himorogi where gods' reincarnate.

Then, everything seems to be ready. OK. It's show time!

(To be continued)
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-02-19 08:29 | セルフビルド | Comments(2)

家作り備忘録25 A selfbuilder's note

基地地方は今週も雨または雪の天気。でも、まあ例年に比べれば少ないし、根雪にならない。

b0229636_2255497.jpg


外からデッキまで材木を運んで、一本づつ刻み作業を地味に続けている。刻み始めた頃に比べれば、ずっと手際も良くなっているし、仕上がりも綺麗になってる。今は横架材の刻みだから、柱などの垂直材の配置を決めるホゾやカマを一本に沢山彫らないといけない。その為、横架材の刻みが常に垂直材の刻みをリードする。土台を刻み終えると、1階部分全ての垂直材の番地が決まる。管柱だけで84本。これに間柱などの壁面補強材が入り、開口部の枠材が納まる。まだまだこれからだ。

b0229636_22555169.jpg


構造材の刻みをやる朝の定番メニュー。朝からガッツリ食べて、一日中刻みマシーンになる。それでも4本彫れればいい方。ここで間違えると後が大変なので、土台伏図とにらめっこしながら、番地を一つ一つやり終えたら消し込んで行く。間柱の要不要と継手の形状を確かめながら、納まりを都度ゲージに合わせて嵌合をチェックして行く。地道な作業だが、土台がもうすぐ刻み終えるところまで来た。

b0229636_22555392.jpg


後、4本。勝手に設計士に修正を加えられた南北方向の刻みは、墨付けをやり直してから刻みに入るので来週かな?

b0229636_22555467.jpg


夜には車で20分位の山の中にある温泉に入るのが、唯一の楽しみ。そこはドカ雪が降ってた。4駆の軽トラは圧雪路を軽快に登る。一日の疲れを癒してくれる温泉に翌日のパワーを充電してもらおう。

b0229636_22555695.jpg


恭一さんの倉庫に窓や戸口等の開口部が出来上がってた。もうすぐ完成?

We have less snow than average year.

Nothing new. I've been working on cutting joints on the base beams. These beams accept pillars every 910mm. Supporting pillars slides in between pillars. According to this 910mm grid, the basic scheme of Japanese houses are constructed. We do not use nails for joints of pillars with beams done only by tenon and mortise. These joints must be precise and secure. To check firm joints, apply mold for each shape after cutting tenon or mortise. So cutting beams takes more time than pillars. Thus a mortise decides location of each pillar. Several more beams left, finally.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-02-17 22:52 | セルフビルド | Comments(0)

家作り備忘録24 A Selfbuilder's note

3連休なので金曜日の夜から基地へ。時間に余裕があるこんな時に、いつもあったら便利だけど、後回しになってたモノを。先ずは、デッキの電源取り付け。
b0229636_20442225.jpg

壁に導入管の穴空けて、
b0229636_20442441.jpg

電線剥いて
b0229636_20442512.jpg

防水タップ取り付け。通電チェックして、103ボルト。OK。
b0229636_20442681.jpg

出来上がり。^o^

この程度の配線工事、サッサとやっといたら良かった。これでイチイチ延長コードのドラム持って回らんで済む。

思ったより早く出来たんで、調子こいて、便利グッズをもう二品。
b0229636_20442886.jpg

丸ノコ保管ベース。いつも斜めに置かれて、安全カバーと刃に負担が掛かってる丸ノコもこれで安心。
b0229636_20442942.jpg

刻み作業の定番メンバー、ノミ3本、玄能、手鋸、墨壺が収まるお道具箱。

この二品は新しい作業台で作成。快適!細工物はワークベンチに限る。(^-^)/
b0229636_20443173.jpg


現場監督は朝から全開!

b0229636_2044325.jpg

その後、監督業を放棄して昼寝。

b0229636_20443337.jpg


この3連休、基地地方の予報は雪マーク。確認図面で変更が無かった東西方向の土台を刻む。この作業やってる時に一番大工さん気分が味わえる。管柱や間柱、継手の位置関係を図面と確認しながら、フンフン鼻歌混じりになってやってたら、
b0229636_20443577.jpg

あちゃーっ!失敗こいた〜っ!切らんでもいいとこ切ってもた〜。今回もラッキーな事に軽傷で済んだから良かったけど、注意せな。

ようやく確認図面との照合も終わり、柱、桁、梁の発注が出来る運びとなった。実は、柱の長さを計算していたら、ここにも建築士のおにーさん勝手に寸法変えてて、せっかく3mの定尺に収まるよう歩留まり考えて図面引いてたのに、7cm程足りないっ!慌てて建築士に連絡取ったところ、「7cmくらい低くなっても問題ありませんよ。」だって。大丈夫かなこのおっさん。まぁ、結構適当に建ててもええことが判って、気が楽になったのは良しとしようか。これも建築士と相談出来るメリットか?全部自分でやってたら、細かい事気にし過ぎて、胃に穴が空くかも。ただでさえ胃潰瘍持ちやのに、いい加減にして欲しいで、ホンマ。

b0229636_20443668.jpg


作り付け家具のええ本見つけた。日本では伝統工芸の指南書で素人に解りやすく書いたものは皆無に近い。あったとしても、職業訓練校の教科書くらいで、およそ懇切丁寧とは言い難い。文化の違いか?英文のものなら、いくらでも出て来る。ただし玉石混交だが。ネットの書評を丁寧に読むとほぼ間違い無く欲しいレベルの本に行き当たる。治具の作り方や精度の簡単な出し方が沢山載ってて写真の解説が多い本が良いと思っている。残念ながら日本ではお目に掛かることは稀だ。

3days off. Fixing something you can't touch while busy. I've installed waterproof outlet on the pillar of my wood deck where I usually spend during my carpenter job. Drilling a hole for protective tube. Peeling off sheathed cord. Connecting with outlet tap. Checking voltage. There! As a certified electric engineer, this kind of rearrangement of circuit connection is easy.

To make things easy around working space, I've fixed 2 pieces of goodies. One is chip saw base. Without this base, fragile plastic safety cover and saw itself hitting ground. Another is a simple tool box for cutting equipment such as chisel, hammer, hand saw, and ink pot.

Finally, reconciliation with registration data, I've requested estimation for pillars and beams. Before finalizing pillar length, I was shocked with the architect has changed my scheme on pillar sizing about 3inches longer. Called him up and asked why. He said about 3inch shorter will not be any problem for final evaluation of building my house. Oh, well. Then I don't have to worry about minor change. Probably less than 1% allowance tolerated.

On searching fixture textbook, Amazon provided me a good one. To find a good textbook for traditional fixture building technique in Japanese is literally impossible. It's just a cultural difference. Japanese only transfer technical knowledge through oral interpretation not by written text. So, if you want to learn the technique, you have to be an apprentice of a master builder. No other choice. However, in English, you can choose the best fit out from variety of books. I think good textbook contains how to make various jigs and many visual introduction of technical detail. I was lucky to have this one.
[PR]
by blacklabsurusumi | 2013-02-11 12:56 | セルフビルド | Comments(0)