人気ブログランキング |
ブログトップ

磨墨(するすみ)の秘密基地

surusumi.exblog.jp

<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

家作り備忘録308 A selfbuilder’s note

ソロソロ、秋も深まり、立冬を迎えようとしているが、今年は一向に寒波が来る気配すらない。
b0229636_23305395.jpg
台風が残した爪跡は、薪ストーブユーザーにとって、棚ぼたでもある。普通じゃ、なかなか出ない直径60cmの桜の大木。若干難しい伐倒になったが、折れて枝に引っかかった幹を降ろして、有り難く薪とした。
b0229636_23353337.jpg
家作りの方は、相変わらずののんびり作業で、今は、ひたすらドアを作る。一箇所を除き、全てのドアに採用しているVレールの扉用滑車は、受けのレールを床面に溝切りして、床面フラッシュさせて敷いて行く。出来るだけ真っ直ぐに溝を彫る為、厚手合板の端材を定規として床にネジ止めして、レールの溝切り機を走らせる。届かない部分だけ手彫りとする。
b0229636_23435387.jpg
Vレールを埋め込んだ状態。
b0229636_23470574.jpg
こちらは、洗面所の壁面を珪藻土で塗り、一本レールでドアを取り付けた状態。枚数作ると、段々手際が良くなってきた。
b0229636_23505948.jpg
角の柱は、壁面と同素材の端材で一本一本埋めて、細い垂木で角の化粧とする。コレも端材利用。
b0229636_23535129.jpg
洗面所の鏡は、貰い物の鏡の枠を組み直し、
b0229636_23551987.jpg
枠の縁をコーキング。
b0229636_23563588.jpg
取り付けは壁面の間柱のみがバックアップとなる為、受けを端材で加工して、センターに嵌め込み、コンセントを取り付けて完了。洗面台左側に隙間棚を取り付ける予定です。
b0229636_00013461.jpg
大阪の堺まで、日本刀の折り返し鍛錬を見学に。タタラから玉鋼を取り出し、鍛造で日本刀を鍛える工程は、いつか自分でも全ての工程をやってみたい。
b0229636_00051681.jpg
鉄を操る一環として、11月1日から職業訓練校に入学。来年の春まで溶接をみっちり半年間勉強します。コレもまた楽し。
b0229636_00082804.jpg
学校が休みの日は家作り。吊り扉の隙間に合わせてオフセットさせて、壁面を塞ぐ。ひたすら冬に向けて、隙間を塞ぐ作業が続く。やがて来る寒波に備えて。


by blacklabsurusumi | 2018-11-11 23:28 | セルフビルド | Comments(0)